米国 2040年からガソリンとディーゼル車の販売を禁止か

ついにアメリカも燃料車販売禁止に踏み込むか?
海外情報サイト carscoops で見つけた記事です。
以下、本文を自動翻訳。

2018-suzuki-jimny-leaked2-official-image

2040年までにガスとディーゼル車を禁止する法案に取り組むカリフォルニア議員
カリフォルニア州の民主党は、2040年からガソリンとディーゼル車の販売を禁止する法案を州に導入する計画だ。 ブルームバーグによると、議会予算委員会の議長を務めるフィル・タン議員は、法案の背後にいる人物だ。 2040年以降、州の自動車部門は、二酸化炭素を排出しない車両、すなわち完全電気および水素燃料電池車を登録することを望んでいます。カリフォルニア州では、2050年までに排出量を1990年比80%削減する予定であり、Tingはそのような法案の導入がこの目標を達成する上で非常に貴重な方法であると考えている。実際、輸送部門は最近、米国で温室効果ガスの排出源のトップに選ばれました。"締め切りを設定するまで、何もできません。 23年前に締め切りを設定するのは私たちの責任です。9月、カリフォルニア大気資源局は、ジェリー・ブラウン知事の関心を表明した後、このような車両の禁止について話し合ったと述べた。
[PR]

by ganbaremmc | 2017-12-07 09:11 | ニュース・その他 | Comments(2)

Commented by スバル軽乗り at 2017-12-07 12:51 x
カリフォルニアならいっそ『ソーラーカー以外禁止』にしても、むしろ面白いかも。
Commented by 名無し at 2017-12-07 21:39 x
カリフォルニア州って、某朝鮮カルトに
侵食されて乗っ取られてる状態でしょ。
例えばカリフォルニアロールって奴、
作った寿司屋(?)は日本人ではなく、
朝鮮カルト経営の海鮮料理屋。
カリフォルニア州のやる事に追従すると
おかしな事になると思うよ。