EVが増えたらガソリン税はどうする?「走行税」が浮上

「 EVもガソリン車と同じ道を走っているので、相応の負担をしてもらう必要がある。
ガソリン税がなくなったらどうするのか 」
このため、EV所有者らにも負担を求める方法として、
「 最終的には走行距離に比例して税金をかける走行税に変えるしかない 」 との声が上がる。
・・・・・・・・・続きはこちら

2018-suzuki-jimny-leaked2-official-image

[PR]

by ganbaremmc | 2017-12-07 10:16 | ニュース・その他 | Comments(6)

Commented by スバル軽乗り at 2017-12-07 12:49 x
要するにロードプライシングか。

これでクルマの走行量が減って自転車が増えたら自転車税、歩行者ばかりになったら歩行税、公共交通が繁盛したら公共交通利用税が運賃に転嫁される…引きこもりにならない限り逃れられない。
Commented by GIN at 2017-12-07 14:09 x
そんな事するより、「電気税」を作って
新たな税収の柱を作りそう…
Commented by norm at 2017-12-07 14:43 x
石油連盟の会長さんが言いたいことはわかるけど、揮発油税は一般財源となっているから
公平も不公平もないですよ。「受益者負担の色合いは依然としてある」(業界関係者)と
あるけど、業界関係者が勝手に言っているだけのこと。

そもそも財務省が一度手にした金づるを手放すと思うのが間違い。「走行税」を導入しても
揮発油税は名目を変えて(環境保全税とか)今までどおり徴収されるのがオチだと思う。
Commented by sukabu650 at 2017-12-07 17:23 x
根本的問題は、ガソリンの税金高すぎ!
105円で、税金が約61円とは。
ガソリン高騰で、消費税も高くなる!(何重取りだい)
車が売れなくなったり、若者の車離れは、これを見ると当然でしょうと思える。
Commented by 名無し at 2017-12-07 18:45 x
自民党は増税のことしか頭にないからな。
Commented by すーぷスプ at 2017-12-08 12:33 x
電気自動車だけに走行税を課すならわかるけど、ガソリン車にも走行税を課したら、さらに税負担ってことでしょうかね?
公共交通機関の未発達な田舎に住む人がいなくなるな。