三菱自が1.5L直噴ターボを新開発、ポート噴射併用のワケ

日経テクノロジーオンライン
三菱自が1.5L直噴ターボを新開発、ポート噴射併用のワケ


13ebbcb5e2

新エンジン「4B40」は、ジヤトコ製のCVT(無段変速機)と組み合わせる。最高熱効率は約37%と高い。 IHI製のターボチャージャーを1基装着する。過給圧は150kPa程度と大きくなく、軽自動車に使うような小さなターボにした。三菱自動車の技術者は、「最大トルクではなく、低速トルクを速く高めることを重視して選んだ」と語る。・・・・・・・・・続きはこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2017-12-14 20:44 | 三菱自動車 | Comments(3)

Commented by mtip at 2017-12-14 23:24 x
あんまり関係ないけど、近いうちにガソリンエンジンにもフィルターを採用せざるを得ないような規制になるんですね。
へー。
Commented by sukabu650 at 2017-12-15 00:46 x
もしかして喫煙率が下がっても、肺がんが増えているのは、PM(粒子状物質)が原因かも。
車では、ポート噴射でいった方が、PM対応でもいいのでは?
Commented by ぉぅ at 2017-12-15 01:06 x
メーカーオプションでハイフロータービンも用意してください
コルトターボは頭打ちターボで全く面白くなかったです