マツダ、国内で年内に次世代車量産 19年3月期発売へ

マツダの小飼雅道社長は4日、広島市で開いた記者会見で
年内に「第7世代」と呼ぶ次世代商品の量産を国内工場で始めると語った。

13ebbcb5e2

2019年3月期に発売を計画しており、同社長は「生産、開発、取引先企業と一体となって量産する最後の造り込みをしている。今のところ順調に進んでいる」と述べた。 同社は17年2月に多目的スポーツ車(SUV)の新型「CX―5」、12月に国内専用車として3列シートの「CX―8」を発売した。18年は先進安全技術を高めた商品改良車をアテンザなどで発売する計画。 小飼社長は野球の打順になぞらえ「先頭バッターの新型CX―5がグローバルに評価されてヒットした」。2番のCXー8に続き「(クリーンナップと位置づける)3番以降の次世代商品につなぐ年にしたい」とした。 日本経済新聞

17e5d5a8-


[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-05 14:23 | マツダ | Comments(0)