カテゴリ:ダイハツ( 69 )

ダイハツ 新型軽キャストのCM始まる

 

00000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-20 19:50 | ダイハツ | Comments(0)

ダイハツ 新興国用SUVモデルを世界初公開

ダイハツ工業のインドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モーター(以下 ADM)が、8月20日(木)~30日(日)にジャカルタで開催されるガイキンド インドネシア国際オートショー2015(GIIAS 2015)に、 世界初公開となる2台のコンセプトカーや「セニア」などを出展する。

00000

0000

コンセプトカーはFFベースのクロスオーバーモデル「FX Concept」、本格的SUVを目指した「FT Concept」の2つ。また、日本で販売している軽自動車「ムーヴ」、「ウェイク」、「ミラ ココア」、「ハイゼット トラック」を出展する。
8月20日にマイナーチェンジし発売した7人乗り多目的乗用車「セニア」は車両だけではなく、新型エンジンを搭載した新開発プラットフォームについても展示を行うことてで、燃費性能や基本性能の進化をアピールするという。他にも市販車の「コペン」「テリオス GIIAS2015限定特別仕様車」、「アイラ新グレード」を出展する。
carview.yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-20 19:46 | ダイハツ | Comments(4)

【8/16更新】ダイハツ 新型軽「 キャスト 」情報 ③


ダイハツ新型軽 「 キャスト 」
発売は 9月9日 決定
http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel

00000

このなかでハスラー対向は 「 ACTIVA 」 かと。 
全高もハスラーと同じ。
ちなみにMTは用意されておりません。
価格がわかりましたので掲載します。

【 ACTIVA / STYLE 】
2WD 全て税込価格
X ¥1,220,400
X“SAⅡ“ ¥1,285,200
G“SAⅡ“ ¥1,414,800
Gターボ“SAⅡ“ ¥1,517,400
【 SPORT 】
スポーツ“SAⅡ“  約163万

[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-17 06:10 | ダイハツ | Comments(8)

【8/3追加】ダイハツ 新型軽「 キャスト 」内装画像

0000

000

0000

000

000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-03 15:16 | ダイハツ | Comments(4)

ダイハツ 新型軽キャストのティザー広告

000000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-30 09:46 | ダイハツ | Comments(2)

ダイハツ 「 キャスト 」 国沢氏 の評価


国沢さんがダイハツの新型軽 「 キャスト 」 について語られていました。

000000

「 ・・・・・・・ Webや誌面でも写真が出回っているけれど、もはや 「 ココまでやりますか! 」 という感じ。ハスラーとN-ONEを足して二で割ったようなスタイルをしているのだった。 ダイハツからすれば、ネイキッドやミラ・ジーノの後継ということなんでしょうけど‥‥。
ダイハツ関係者によれば、売れ筋となりそうなのが 『 アクティバ(ACTIVA) 』 というSUV風のグレードで、ハスラーを強く意識したのだろう。 やや車高を上げ、黒い樹脂製のフェンダーアーチも付けた。 ただSUVとして考えれば、少し迫力不足か。

2つ目が 『 スタイル(STYLE) 』 とネーミングされた白いルーフでホンダのN-ONEっぽいモデル。 あまり売れてないクルマなのになぜマネを? と思うだろうけれど、ダイハツからすれば、N-ONEはもっと人気になると判断したのだろう。 まぁ、ミラ・ジーノもミニのパクりだったから、DNAを引き継いだ? 3つ目のバリエーションは、ローダウンしてスポーティ感を持たせた 『 スポーツ(SPORT) 』。 ドアミラーを赤く塗ったり、リップスポイラーに赤いラインを入れたりしたもんだから、アルトターボRSのようになっちゃいました。 これまたパクり上等といった雰囲気。

本来ならスズキを超える燃費技術や、自動ブレーキなど本質で勝負しなければならない時に、バリエーションの拡大で対抗しようという作戦なんだろう。 ホンダのようなブランドイメージも無く、クルマ好きも顧客層じゃ無いと判断しているダイハツがどういった生き残り戦略を見せるか大いに楽しみだ。
http://autoc-one.jp/daihatsu/special-2284480/
[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-29 20:20 | ダイハツ | Comments(4)

【画像追加】ダイハツ 新型軽「 キャスト 」情報 ②


000000

0000

000

000000

000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-25 18:17 | ダイハツ | Comments(14)

ダイハツ版Sエネチャージ?HVを開発か

ダイハツ版Sエネチャージ?HVの特許公報
今年四月に特許庁から公開されたダイハツの特許公報。
発明の名称をみると、 ハイブリッド と記載されています。

000000


価格が高くなると懸念していたダイハツもいよいよ軽HVを出すか?
第一弾はキャストでしょうか。
【 他の画像はこちら 】
読者のタカさん、教えてくれてありがとうございます。

[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-14 09:40 | ダイハツ | Comments(0)

ダイハツ 排ガス熱で燃費を5~7%改善に成功

ダイハツ工業は長岡技術科学大学、日本原子力研究開発機構と共同で、
自動車の排熱を利用して燃費を向上させる技術を開発した。

000000


排ガスの熱を受けて発電できる素子を活用。
エアコンやモーターなどに電力を供給し、燃費を5~7%改善するメドがついた。
数年後の自動車搭載を目指す。 
新技術を搭載すると、ガソリン1リットルあたりで35.2キロメートル走る軽自動車の場合、走行距離を最大2.5キロメートル上乗せできる見込みだ。 自動車は補給したガソリンの約5%を燃やして発電に使っているため、ガソリンを大幅に節約できる。

研究チームは、自動車が走ったり止まったりするときの排ガスの温度が大きく変化する特徴に注目。 温度によって大きさが微妙に変化することで発電できる素子に排ガスを当て、電力を取り出すシステムを考案した。 新開発の素子と制御システムを軽自動車用のエンジンに取り付け、実験室内で公道を20分間走るのを模した試験を実施。 素子1立方センチメートルあたり2.3ミリワットの電力を取り出せた。 さらに性能を高められると見ており、現在の自動車の電力の一定程度をまかなえる見通し。 発電用に使っていたガソリンを節約し、その分走行用に回せるため、燃費向上につながるという。

これまで自動車会社などでは、排ガスなどの熱を使った発電に取り組んできたが効率が悪かった。

国際的に自動車の燃費規制が厳しくなり、自動車各社はエンジン制御や回生ブレーキなど省エネ技術の開発に力を入れている。新技術はガソリン車の燃費の効率をあげるほか、燃料電池車や電気自動車にも応用できるという。
日本経済新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-03 17:37 | ダイハツ | Comments(0)