カテゴリ:ニュース・その他( 208 )

4月から軽自動車でも白いナンバーが取れます

軽自動車のナンバープレートといえば、目立つ上、ボディカラーとのコビネーションが難しい「黄色」になってしまう。しかし! 4月から交付を開始する『ラグビーワールドカップ2019』の特別仕様ナンバープレートを選ぶことにより、普通車と同じ白ナンバーになる。しかも手続き簡単。詳しく紹介したい。 特別仕様ナンバープレートは、ラグビーワールドカップ2019の応援のため企画されたもの。上の如くナンバープレート右上にピンク基調のエンブレムが入る。交付料金は地域によって異なるものの、東京の場合7000円。全国的に同じくらいだと考えていい。どうやって手続きしたいいだろうか?

6

申し込みサイト

まず車検証など用意し、上のリンクから申し込みサイトに行く。必要な項目を記入。料金を振り込めば終了である。オーダーしてからプレートの生産を行うため、おおよそ10日間程度掛かるという。ちなみにナンバーの数字などは現在使っているものと全く同じ。ETCなどの内容変更をしなくてOK。

さらにワールドカップを応援したいという人は、1000円以上の寄付をすることにより「寄付金付き」のプレートにグレードアップ出来る。こちらはラグビーボールをイメージしたグラデーションが加わるのだけれど、デザイン的にはイマイチ。カッコ良かったら、寄付をする人も多かったと思う。

さらに金額により色を変えたら(1万円以上は金とか)、一段と寄付金が集まるかもしれない。ちなみに普通車の場合、後部ナンバープレートを交換すると自動車検査登録事務所の担当官による封緘が必要なので、車両を持ち込まなければならない。軽自動車は封緘不要のため、ナンバーと書類のみ持っていけば良い。

すでに受付は始まっている。交換したいならぜひどうぞ。唯一の注意点は、軽自動車の場合、有料道路で適正な料金かどうか確認しなければならないこと。有人の収受ゲートは、ナンバーの色で軽自動車を判別している。しばらく普通車と間違われるケースも出てくると思う。
国沢光宏


[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-24 07:46 | ニュース・その他 | Comments(1)

高齢ドライバー、車で歩道橋を登る

16日午後4時すぎ、那覇市与儀の与儀十字路にある歩道橋に軽自動車が進入し、立ち往生した。歩道橋の一部が一時立ち入り禁止となった。運転していた70代の男性に代わり、那覇署員がハンドルを握り、バックで歩道橋から車を“脱出”させた。  那覇署によるとけが人はなく、車体を若干こすった単独の物損事故として対応するという。今後、歩道橋内に迷い込んだ原因を調べる方針。  歩道橋にはスロープが設置されており、運転手の男性はスロープから歩道橋内に進入したとみられる。. 琉球新報社

5e81d5a1-




[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-18 07:35 | ニュース・その他 | Comments(0)

立体駐車場に規格外の車を入れた結果

5e81d5a1-


6


6e


皆さん立体駐車場に車止めるさいは駐車場の規格にあった車を入庫しましょう
でないとこうなります。
alfalfalfa.com/articles/179512.html

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-17 19:52 | ニュース・その他 | Comments(0)

中国人が嫌いな外国車ブランド、日本が上位独占

2017年3月16日、中国のインターネット上でこのほど行われた
「嫌いな外国車ブランド」調査で、
日本が上位を独占した。環球網が伝えた。

5e81d5a1-

調査は、環球網と環球時報の世論調査センターが毎年、国内外のブランドの好感度について、中国の主要なポータルサイトやニュースサイト、ニュースアプリなどを通じて行っているもの。今年の調査は2月20日から26日まで行われ、1万2167の有効回答を得た。 「好きな外国車ブランド」の上位は、メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、アウディ、ボルボの順で、上位3ブランドの言及率はともに30%を超えた(順に35.7%、33.7%、31.2%)。アウディは28.8%、ボルボは17.2%だった。 「嫌いな外国車ブランド」の上位は、トヨタ51.1%、ホンダ48.5%、日産46.7%、三菱39.1%と4位までを日本が占めた。5位は韓国の現代で29.1%だった。(翻訳・編集/柳川) recordchina.co.jp

じゃー、買うな。来るなっ
(# ゚Д゚)
[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-16 21:15 | ニュース・その他 | Comments(8)

米トランプ大統領 やっぱり日本メーカーはお嫌い



アメリカのトランプ大統領は、大手自動車メーカーの幹部との会合を開き、トヨタ自動車の幹部に対し「ここに新しい工場を建設しなければならない」と述べ、アメリカの雇用を増やすために国内で工場を建設するよう改めて促しました。アメリカのトランプ大統領は15日、自動車産業が盛んな中西部ミシガン州のデトロイト近郊で大手自動車メーカーの幹部と会合を開きました。この中でトランプ大統領は、自動車メーカーに大幅な燃費の改善を義務づける規制を見直すことを明らかにしたうえで、「あなたたちとすばらしい仕事をするので、今度はあなたたちが雇用を作らねばならない」と述べました。会合では、出席していた北米トヨタのジム・レンツCEOがアメリカ国内で巨額の投資をしていくと説明したのに対し、トランプ大統領は、「ここに新しい工場を建設しなければならない。厳しいことはわかっているが、そういうことだ」と述べ、雇用を創出するためにもアメリカ国内に工場を建設するよう促しました。また、日産自動車の幹部に対しても、「アメリカでの車の現地生産の割合はどの程度なのか」と質問する場面も見られました。トランプ大統領の就任後、日本の自動車メーカーは、アメリカへの投資や雇用を拡大させる方針を相次いで明らかにしていますが、トランプ大統領は改めて対応を求めた形です。一方、トランプ大統領は、先月の日米首脳会談にも言及し、「安倍総理大臣はすばらしい人物であり、私の友人となった」とたたえました。
nhk.or.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-16 21:06 | ニュース・その他 | Comments(2)

トランプ政権、日本市場の改革要求 WTOに意見書を提出

トランプ米政権が、日本の自動車と農産物の市場開放を求める意見書を
世界貿易機関(WTO)に提出したことが9日、分かった。

5e81d5a1-

自動車の非関税障壁や農産物の高関税を問題視し、
安倍政権による「大胆な改革」を求めている。
4月中旬にも始まる日米経済対話で、米側が自動車と農産物の市場開放を日本に迫る可能性が一段と高くなった。意見書は8日付。日本の貿易政策を審査するWTOの会合に合わせて提出した。他のWTO加盟国に日本市場が閉鎖的だと訴えるのが狙いとみられる。日本市場に関するトランプ政権の具体的な問題意識が明らかになるのは初めて。
山陽新聞

それなら米国からの輸入車は
消費税ゼロにしてあげましょう。
フォードさん、日本でまた再開しますか?
しないでしょ?

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-10 08:46 | ニュース・その他 | Comments(7)

森友学園問題 産廃埋め戻し、財務局が促す

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題で、
財務省近畿財務局が平成27年秋、同学園の小学校の建設予定地にあった産業廃棄物を「場内処分」するよう業者に促していたことが3日、分かった。

5e81d5a1-

産経新聞が入手した協議記録にやりとりが記されていた。
産廃の処理費用が膨らむことを懸念し、予定地にいったん埋め戻すことで、手続きを急ぐ意図があったとみられる。  入手した資料は「(仮称)森友学園小学校新築工事に伴う土壌改良工事」との件名が記された「打合わせ記録」。27年9月4日午前、近畿財務局内で同局と国土交通省大阪航空局、法人側の設計業者や工事業者の4者が、建設予定地の地下にあった産廃の処理方法を話し合った際のやりとりが記されている。  それによると、設計業者が「予算がつかないのなら、(産廃を)場外に出さない方法を考えるしかない」と発言。財務局は「できれば場外処分を極力減らす計画を考えてもらえないか」と依頼した。  さらに財務局は「建築に支障ある産廃および汚染土は瑕疵(かし)にあたるため、(国に)処分費用負担義務が生じるが、それ以外の産廃残土処分(の価格)が通常の10倍では到底予算はつかない」と指摘。「借り主との紛争も避けたいので、場内処分の方向で協力お願いします」と述べていた。  国は28年4月、産廃の処理費用などとして1億3200万円を法人に支出。この後、国が払い下げる際は8億2200万円を値引きし、1億3400万円で売却している。  民進党の玉木雄一郎幹事長代理は3日の衆院国土交通委員会で、27年9月4日の面会記録の開示を求めたが、石井啓一国土交通相は「打ち合わせの類いのものは、事案の終了後に廃棄している」と述べた。
産経新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-04 09:01 | ニュース・その他 | Comments(1)

米国自動車販売、カムリもシビックもセダン系が前年割れ

国の新車販売台数が2カ月連続で減少した。
米Autodata社の2017年3月1日(現地時間)の発表によると、2017年2月の販売台数は前年同期に比べて1.1%減少の133万3637台である。1月と2月の合計でも、同1.4%減少の247万7186台だった。  米国では現在、「乗用車」から「ライトトラック」へと需要がシフトしている。SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)やピックアップトラックなどのライトトラックは販売を伸ばすが、セダンなど乗用車の販売は苦戦が続く。

5e81d5a1-



日本メーカーでは、総販売台数で4位のトヨタ自動車は小型SUV「RAV4」の販売台数は好調だったが、主力の中型セダン「カムリ」は13カ月連続で減少した。小型車の「カローラセダン」の販売台数も、3カ月連続で減少した。 5位の日産自動車は、主力の小型SUV「Rogue」の販売台数を大きく伸ばしたが、主力の中型セダン「Altima」(日本名:ティアナ)や小型セダン「Sentra」の販売が苦戦した。  6位のホンダも同じ状況である。新型車の投入によって中型SUV「CR-V」の販売は好調だったが、主力の中型セダン「アコード」や小型車「Civic」は3カ月連続で販売台数を減らした。 techon.nikkeibp.co.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-03 19:51 | ニュース・その他 | Comments(1)

メキシコ経済相が米訪問へ、フォード・GM幹部と会談

メキシコのグアハルド経済相は3日、米ミシガン州のデトロイトを訪問し、フォード・モーター(F.N)やゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)の幹部らと会談する。デトロイトとメキシコで事業を展開する自動車部品メーカー関係者とも会う予定だ。メキシコ経済省が明らかにした。 同省は「北米自由貿易協定(NAFTA)のおかげで、メキシコとミシガン州は活力に満ちた貿易関係を築いてきた」と説明。ミシガン州からメキシコへの輸出規模は昨年約120億ドルと、第2位の貿易相手国とも指摘した。jp.reuters

5e81d5a1-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-03 06:30 | ニュース・その他 | Comments(0)

【動画】国沢氏が語るアメ車が日本で売れないわけ



「 アメリカでは日本車が山ほど走っているのに、東京でシボレーを見たことがない 」 
選挙戦当初から日本に対してこのような発言を繰り返してきたトランプ大統領が、1月23日の財界人との会合であらためて日本の自動車市場の閉鎖性をやり玉にあげたことで、日本では日米自動車摩擦の再燃が懸念される事態となっている。 日本の政府や経済界は、日本は輸入自動車に関税をかけていないことなどを理由に、日本の自動車市場は完全に開放されており、アメ車が売れないのは日本側の問題ではないと主張している。 しかし、日本の自動車市場は本当に開放されているのだろうか。だとするとなぜ日本でアメ車は売れないのだろうか。これはアメリカ側だけの問題なのか。 
モータージャーナリストの国沢光宏氏はアメリカ側にも問題は多いが、
日本側にも問題はあると指摘する。 
特に国沢氏は、日本の大排気量の自動車に対する懲罰的な課税が非関税障壁となり、アメ車の普及の足枷になっていると語る。もともとこの制度は、日本の自動車産業がまだ十分に成熟していない時代に、国内の自動車産業を守り育成するために、アメリカ車の輸入を制限する目的で導入されたものだったが、その制度はパワフルな大排気量が魅力のアメ車の立場を不利にしていると国沢氏は指摘する。 実際、日本の自動車は現地生産分も含めるとアメリカの自動車市場全体の37%を占める一方で、アメリカ車は日本市場のシェアは0.3%にも満たないという有様だ。しかも、アメリカの自動車市場は外国車が55%のシェアを持つのに対し、日本の輸入車のシェアは6%に過ぎない。「日本でアメ車は売れていないがドイツ車は売れているではないか」と指摘する向きもあるようだが、それもあくまで程度問題で、実際のところ日本の自動車市場における輸入車のシェアはアメリカのそれとは比べものにならないほど小さい。これだけを見ると、日本の自動車市場が無条件にオープンとは言いにくい根拠もあるようだ。 確かに日本の自動車メーカーが米国の消費者の嗜好に合うようにデザインや性能を改良するなど、涙ぐましい営業努力を続けてきた一方で、アメリカの自動車メーカーは日本で本気で車を売ろうとしているようには見えないところも多分にある。 しかし、その一方で、実際は上記の税制の他にも、アメ車を日本に持ってこようとすると、日本独自の安全基準や環境基準に適合させるために大きなコストがかかってしまうなど、様々な障壁が残っていることも事実だ。そうした制度を残したままでは痛くない腹を探られ、結果的に数値目標などの無理難題を押し付けられるのがオチだ。特にトランプ大統領との親密ぶりを隠さない安倍政権としては、トランプ政権からの求めはそう簡単にノーとはいえそうにない。 アメ車が日本で売れないのはなぜか。日米間では車に対する考え方にどのような違いがあるのか。国沢氏とともにジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

マル激トーク・オン・ディマンド


[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-02 20:28 | ニュース・その他 | Comments(10)