カテゴリ:ニュース・その他( 220 )

デンソー、カタログ燃費と実燃費との乖離を半減する空調技術を開発へ

デンソーは2025年に向け、自動車のカタログ燃費と実燃費との乖離を
現状比半減する空調技術開発を進める。
ハイブリッド車(HV)の場合、実燃費はカタログ値より40%落ちるとみられるが、それを20%にまで抑える方針。乖離の要因のひとつはカーエアコンの作動とされる。カーエアコン世界シェア首位のデンソーは、より効率的なシステムを開発しユーザーの関心が高い実燃費低減に寄与する。

000000


乖離を半減するため、ドライバーを感知し自動で集中空調に切り替えるカーエアコン「1席集中エアコン」の効率を、より高める。同エアコンはユニット内の空気を冷やす部屋を吹き出し口ごとに区分けし各部屋を独立して使うことで無駄なエネルギーを省く。
すでにトヨタ自動車の高級車「レクサスGS」などに採用されているが、新たに実燃費低減に向け制御を改良する。これによりエネルギー負荷を低減する。小型の冷媒噴射装置であるエジェクタの性能も高め、エアコンシステム全体で実燃費を低減する。 さらに少ないエネルギーで外気から熱を回収するヒートポンプの技術開発も進める。現在トヨタ、日産自動車、三菱自動車のEVに採用されている。高性能化、低コスト化を進めHVへの搭載を目指す。
www.nikkan.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-08 08:20 | ニュース・その他 | Comments(0)

EV電池の挑戦。コスト3割減目標

当初の期待ほど販売台数が伸びていない現行の電気自動車(EV)。 
しかし、2017~2019年ごろにその状況が大きく変わる可能性が出てきた。  充電1回当たりの航続距離で300~400kmを実現する、手ごろな価格のEVが続々と登場しそうだからだ。実現のカギとなるのが、EV用の「第2世代リチウムイオン電池(LIB)」である。 ・・・・・ 続きはこちら

000000


日本経済新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-07 15:21 | ニュース・その他 | Comments(0)

環境省「 自然のために一人一日1円の税をとろう 」

000000

環境省は6月30日、新たな自然保護策を公表し、その資金源として新たな税負担などを提案した。広告 環境省が30日に公表したのは、国内の豊かな自然の恵みを、将来にわたって保つための対策の中間取りまとめ。この中で、森林を災害対策に活用することや、ウナギやアサリの減少を防ぐため干潟や湿地を再生することなどを提案しているほか、一人一人が自然に対する意識を高めることなどを訴えている。一方、これらを実施する資金源としては新たな税金や寄付を提案していて、例として個人1人あたり、1日1円から2円程度の税負担案を提示している。環境省は今後、国民的な合意を得ながら、関係省庁などと共に、具体的な制度設計を進めていく方針。
ニュースの閲覧はこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-30 15:27 | ニュース・その他 | Comments(1)

破たん寸前のギリシャで高級車がバカ売れ

ギリシャ国内では高級外車の売り上げが急増している。
財政破綻が現実味を増す中で、
富裕層に不安が広がっていることが背景にあるとみられる。 

000000

今月19日、アテネ郊外の自動車販売店は客でにぎわっていた。
価格が約7万ユーロ(約980万円)にも達する高級車が並ぶ同店の販売員は、「5月以降、『今すぐにでも買いたい』という客が増えた。顧客の7割が現金一括払いだ」と明かす。 ギリシャ自動車輸入協会(SEAA)によると、5月の新車登録台数は9070台で、前年同月比で2割増。中でも目立つのは独メルセデスで販売台数は346台(前年同月比69%増)と高級車の躍進が目立つ。 外車販売躍進の背景にあるのは、預金課税や引き出し制限に対する不安だ。近隣国のキプロスでは2013年の金融危機で、預金引き出しが制限された。ギリシャのバルファキス財務相は5月、現金自動預け払い機(ATM)からの現金引き出しへの課金や、申告漏れの預金への課税を検討中だと語ったことも影響しているとみられる。 自動車販売店を訪れた経営者男性(58)は、「政府は預金を差し押さえることはできても、車の差し押さえはできないはず」と語り、こう言って肩をすくめた。「万が一の時のための『保険』だよ」
yomiuri.co.jp

じつはギリシャにとって三菱自はお得意様。
「 ギリシャ消防庁、三菱自動車の4WDを正式採用 」

[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-21 20:28 | ニュース・その他 | Comments(1)

フロントガラスの曇りは「猫砂」で即解決



車のフロントガラスの曇りは、
猫砂を入れた靴下を車内に置いておくと防げるそうです。
http://news.livedoor.com/article/detail/10244340/


[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-18 09:09 | ニュース・その他 | Comments(0)

駐車場にメガソーラー設置。車も止めれて一石二鳥

双葉電子工業本社工場(長生村)に従業員駐車場を生かした
カーポート型メガソーラーが完成し、16日稼働を始めた。

000000

電気設備工事業の国光施設工業(東京都大田区)が敷地を借り受け、発電事業を展開。
同社によると駐車スペースの上を活用する同型の施設は国内初で、本年度中にさらに5、6件(合計出力10メガワット程度)の建設を目指す。 駐車場は1100台分の2・6ヘクタール。そのうち約8割に、屋根のようにソーラーパネルを配置。駐車場の機能を残したまま発電ができる仕組みにした。最大出力は1・7メガワットで、年間発電量は一般家庭470世帯分に相当する170万キロワット時を見込む。

国光施設は羽田空港内に本社を構え、空港や工場、病院など大型施設の電気設備工事を主力とする。近年はメガソーラーの建設事業にも注力。全国の発電事業者から30件超の建設を受注してきた。今回のカーポート型は自社が発電事業者となる初の事業。駐車場を20年間借り受け、子会社の国光エナジーサービス(東京)が事業者として運営する。

カーポート型に目を付けた背景には、メガソーラーの用地不足がある。従来は何もない敷地などに設置することが多かったが、再生可能エネルギーの買取制度が整備されて以降、新規参入が相次ぎ全国的に用地が不足。そこで同社は、駐車場としても利用を続けられ、土地の有効活用につながる同型の導入を決めた。

担当者は「電力需要の高い工場や商業地などでこのタイプが必要になってくるだろう。自社運営の施設をモデルケースにして工事の受注を進めたい」と語り、全国展開する姿勢を示す。

 一方、施設を受け入れた双葉電子の担当者は「従業員が駐車場をそのまま使えて負担にならず、土地を貸すことで賃料が入るメリットもある」と導入効果に期待した。
chibanippo.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-18 08:38 | ニュース・その他 | Comments(0)

三菱重工 電動2段階ターボチャージャーを開発、燃費さらに改善へ

三菱重工業は自動車用の電動2ステージ(2段階)ターボチャージャー(過給器)を開発し、
日本と欧州の自動車メーカー合計5社にサンプル出荷を始めた。

00000

2020年頃の量産を目指す。
従来の排気過給器に、電動過給器のアシストを加えることで、一段の燃費改善を図る。
二酸化炭素(CO2)排出規制が強まり、排出ガスの試験方法について世界統一試験サイクル(WLTC)の採用も検討される中、新たな環境技術として注目される。
電動2ステージ過給器は、排気過給器、電動コンプレッサー、バイパスバルブなどで構成される。従来の排気過給器では、車両発進・加速時などに過給器が性能を発揮するまでの遅延時間(ターボラグ)や排気ガス再循環装置(EGR)の遅れなどが指摘される。モーターの高速応答性を生かすことで、ターボラグを解消。低速性能の改善などを図る。
社内試験では大・小二つの排気過給器による二段過給システムに比べて約43%の過応答性向上を達成した。また、排気過給器1基を取り付けた排気量1600ccガソリンエンジンと比較して、電動2ステージ過給器搭載エンジンでは、出力を維持したまま排気量を1200cc級へと下げられ、10%程度の燃費改善につながる。
一般的にエンジンを小排気量化すると、燃費は改善する。出力を落とさず、小排気量化する手法を「ダウンサイジング」と呼び、ガソリン車を中心に広がっている。典型的な走行条件から世界共通の試験サイクルとして導入検討が進むWLTCでは、実際の走行状態を想定し、高負荷・高回転領域での計測が多く、電動2ステージ過給器需要が拡大する契機になる可能性が高い。 

 <  関連記事=IHI、米国で攻勢  >
IHIは2016年までに自動車用ターボチャージャー(過給器)の米国生産を現状比6倍の年30万台規模に引き上げる。欧州の大手自動車メーカーがメキシコで立ち上げるエンジン工場向けに受注したもよう。燃費規制強化などを背景に、小型ガソリンエンジン車へのターボチャージャー搭載率は高まっている。IHIは10億円前後を投じて米国工場に組み立てラインを増設。16年度の米国でのターボチャージャーの生産量は過去最高を更新する見通しだ。
 IHIは独フォルクスワーゲン(VW)の乗用車用の小型低燃費ガソリンエンジン向けにターボチャージャーを受注したとみられる。「センターセクション」と呼ばれる中核部品をタイ工場から輸出し、生産子会社のIHIターボアメリカ(ITA、イリノイ州)で完成品に組み上げる。
 IHIターボアメリカは、米ボルグワーナーとの共同出資会社だったが、90年代に合弁を解消。ピーク時に年15万台を手がけたが、現在は船外機大手のマーキュリーマリン向けのスーパーチャージャーや少量のターボチャージャーなど、年産5万台規模にとどまる。今後はVW向けに加え、米クライスラーの大型乗用車向けのスーパーチャージャーなども受注したようで、生産量が一気に増える。
 ターボチャージャーは高圧力の空気をエンジンに供給し、出力向上と高効率化を図る部品。低燃費、排ガス清浄化に貢献する。一般的にディーゼルエンジンに装着されているが、近年の燃費規制強化を受けて、欧州や中国、北米でガソリンエンジンへの装着率が急増している。三菱重工業も近く米国でターボチャージャー工場を稼働する。
 IHIは自動車用ターボチャージャーで世界シェア約3割を握る。事業規模は1500億―1600億円とみられ、16年―17年度には2000億円に達する見通しだ。
http://newswitch.jp/p/970

[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-15 13:18 | ニュース・その他 | Comments(3)

増税大好きな大臣が消費税引き上げを撤回?

00

動画と詳細はこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2015-06-12 23:17 | ニュース・その他 | Comments(3)

ウンチで走るバス、最高速度を記録



イギリスで、ウンチを燃料とするバスが自己最高速度を記録しました。 Ars Technicaによると、そのバスはベッドフォードシャーにあるMillbrook Proving Groundで、この種のバスとして最速の時速123.57kmを出したんです。 「トラックを走り抜ける光景は素晴らしかった」チーフエンジニアのJohn Bickerton氏はBBCに語りました。 「まるで爆撃機バルカンみたいな音だったよ。」飛行機的なヒュゴォォォという音を立てて疾走しています。  このバスはイギリスの超音速車Bloodhoundにちなんで「Bus Hound」と名付けられていて、牛のフンを原料とするバイオメタンをエネルギー源にしています。牛のフンはバイオリアクターで、臭いが出ないよう嫌気性消化処理されています。バイオメタンになった牛フンは圧縮・液化され、バスの屋根に取り付けられたタンクに収まっています。バスの外装はホルスタインっぽく白地に黒でペイントされています。牛と人間、どっちのウンチがより強力なんでしょうか?
http://www.gizmodo.jp/2015/05/post_17203.html
[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-27 09:21 | ニュース・その他 | Comments(0)

リチウムイオン電池と同じかそれ以上の性能を得る、夢の素材

「リチウムイオン電池と同じかそれ以上の性能を得ることができる」

東京大学の山田淳夫教授らはこのほど、ある素材を用いた2次電池の試作品開発に成功した。 容量などは明らかにしていないが、わずか10分で充電を完了できるという。 
一体どんな素材を使っているのか。・・・・・・・・・
【 続きはこちら 】


000000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-22 12:20 | ニュース・その他 | Comments(0)