カテゴリ:ニュース・その他( 273 )

人の排泄物で発電した電力を動力源にしたQUUの電気自動車

QLD州南東部で下水道事業を手がける州政府機関
「クイーンズランド・アーバン・ユーティリティーズ」(QUU)は23日、
人の排泄物で走る自動車をオーストラリアで初めて公開した。  

7e74d5a1-

QUUはブリスベン南部オックスリーにある下水処理施設の敷地内で、住民約30万人分の排泄物から発生させたバイオガスを燃料に発電し、電力と熱を同時に取り出す「コージェネレーション」(熱電供給)を行っている。この日は、その電力だけで充電した市販の小型電気自動車「三菱アイ・ミーブ」を走らせた。  現時点では、人の排泄物から精製した濃度60%のガスで発電した電力を電気自動車のエネルギーとして使用しているが、濃度を98%に高めれば通常のエンジン車のガス燃料としても利用できるとしている。  QUUは現在、下水処理工場の消費電力のおよそ50%を排泄物を原料にした電力でまかなっており、年間約250万ドルのコストを削減している。排泄物を原料にした電力を電気自動車に使えば、同じ大きさのガソリンエンジン車と比較して1台当たり年間1,900ドルを節約できるという。将来的には、QUUの300台の車両をすべて再生可能エネルギーでまかなう計画だ。
nichigopress.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-23 21:10 | ニュース・その他 | Comments(0)

今年の東京モーターショー、米・英・伊の車が姿消す

日本自動車工業会(自工会)は二十二日、
東京ビッグサイト(東京都江東区)で十月二十七日から十一月五日まで開催する
第四十五回東京モーターショー の出展企業を公表した。

7e74d5a1-


外国メーカーのうち米大手三社(ビッグスリー)は一社も出展せず、
英国とイタリアの車も姿を消す。
世界の主要モーターショーの一つとされるが、外国勢の関心の低さが鮮明になった。 
二〇一五年の前回、外国勢は十四社二十六ブランドだったが、今回は十三社十九ブランド。米国の乗用車はリーマン・ショック後の〇九年以降ほぼ出ていない。前回はジープが二台登場したが、再びゼロになる。ジャガーやランドローバーなどが出展していた英国車は〇五年以降で初めて、フィアットなどが出展していたイタリア車は四年ぶりに出展をやめた。 米伊の両ブランドを扱うビッグスリーの一角、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)日本法人の広報担当者は「独自に開く新型モデル発表会に集中したい」。米ゼネラル・モーターズ(GM)日本法人も「他国と違い東京では商談の機会がない」とし、東京モーターショーが販売に直結しないことを不参加の理由に挙げる。 これに対し自工会の西川(さいかわ)広人会長(日産自動車社長)は、二十二日の定例会見で「コンセプトカーを出すだけでは、どこのモーターショーでも注目を浴びない。技術の先進性が注目される傾向になっていく」と指摘。購入のきっかけではなく、自動車業界の枠を超えた新技術発表の場にする考えを強調した。
tokyo-np.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-23 08:21 | ニュース・その他 | Comments(12)

3億8000万円強奪事件 逃走のワゴン車押収か

先月、福岡市で、現金3億8000万円余りが奪われた強盗傷害事件で、
逃走に使われたと見られる白いワゴン車が福岡県内で見つかり、
警察に押収されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。

7e73d5a1-

警察は、車を乗り換えて逃走したと見て車内の遺留物などを分析して犯人につながる手がかりをさがしています。先月20日の昼すぎ、福岡市中央区天神の銀行近くの駐車場で、貴金属を売買する東京の会社の男性社員が、スプレーのようなものを顔に吹きつけられてけがをし、引き出したばかりの現金3億8000万円余りをスーツケースごと奪われました。警察は、複数の男らのグループによる犯行と見て現場から逃走した白いワゴン車の行方を捜査していました。その後の捜査で、逃走に使われたと見られるワゴン車が福岡県内で見つかり警察に押収されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。車内からは、現金が入っていたスーツケースなどは見つかっていないということです。警察は、車を乗り換えて逃走したと見て車内の遺留物などを分析して犯人につながる手がかりをさがしています。nhk.or.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-19 08:06 | ニュース・その他 | Comments(1)

国沢氏が選ぶ国産SUV ランキング

国沢光宏
C-HRやXVは何位!?国産コンパクト&ミディアム SUV ランキング

コンパクトからミディアムクラスまで全15台の個性豊かなSUVをランキング。「SUVはほしいけど、砂利道を走る機会はそんなに多くない」という人向けに、今回はオンロードでの性能で評価!!・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

ちなみにアウトランダーは7位でした。

7e73d5a1-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-18 20:15 | ニュース・その他 | Comments(3)

シンガポールでは自販機で「車」が買える

今回ご紹介するのは、シンガポールに設置された高級中古車専用の自販機だ。
あまりにも大規模なその自販機の姿は圧巻! 
世界一高価といっても過言ではない豪華な自販機をぜひ動画でご覧いただきたい。



耳を疑うような自販機をオープンさせたのは、中古車販売会社「Autobahn Motors」だ。高さ15階に及ぶ自販機型のビルに収容可能な車の数は、なんと60台! フェラーリやランボルギーニといった高級車の数々をその場で購入できるという。そして購入方法がこれまたとってもユニーク。客はビルにあるタブレットと専用アプリで商品を選択し、購入手続きを実行。支払いが確認されると、たった約2分程度で自動車がピックアップされ、自分の元に降りてくるのだそう。
rocketnews24.com

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-18 07:35 | ニュース・その他 | Comments(0)

山本晋也「燃費性能で価格差の元を取る」という発想のナンセンスさ

山本晋也氏のブログより

7e73d5a1-


同じ車種でコンベなエンジンとハイブリッドが用意されているケースにおいて「エンジン車とハイブリッドの価格差を燃費性能(燃料代)で埋めるには●●万kmを走る必要がある」といった文言を見かけることもありますが、こうした比較は理知的なようでいてナンセンスだと思う次第。・・・・・・・・・・・・・・続きはこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-12 20:26 | ニュース・その他 | Comments(10)

セレナe-POWER、CX-3ガソリン車追加、シビックなど遠藤徹の地獄耳スクープ

毎月200店舗の自動車ディーラーを訪問し、そこで聞いた「生の情報」をお届けする、
流通評論家・遠藤徹の地獄耳スクープ。
今回は日産注目の新車「セレナe-POWER」の発売情報や「レクサスLSのフルモデルチェンジ時期」、「CX-3のガソリン車追加」など、耳よりな情報が入ってきました! ・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e73d5a1-


気になったのが、
「 CX-3はこれまで1.5Lディーゼル車のみでしたが、このマイナーチェンジで1.5Lのガソリン車もグレードに加える見込みです。 」
ネットの書き込みでは2.0Lガソリンという事でしたが?
1.5なら安価で喜ぶ人が多いかな

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-10 20:14 | ニュース・その他 | Comments(1)

「第2集団に落ちてしまった」上海自動車ショーにみる日系企業の停滞

フランクフルトモーターショーとならび世界最大級の自動車ショーである上海国際自動車ショーが4月28日に閉幕した。まだ最終の入場者数は発表されていないが、おそらく100万人規模だったのではないだろうか。やや旧聞に属するかもしれないが、筆者が感じたことを述べてみたい。

7e73d5a1-


自動車メーカーを見て回った筆者の感想であるが、
一言でいうと、「ドイツと中国が先頭集団を形成し、米国と日本は第2集団に落ちてしまった」という印象である。
ドイツ勢はフォルクスワーゲン(VW)、アウディ、BMW、メルセデス・ベンツとも、これまでの車のみならず、EV(電気自動車)/PHEV(プラグインハイブリッド車)を惜しげもなく投入し、VWのEVコンセプトカー「I.D.CROZZ」など次世代を予感させる車が多く、会場の熱気はすさまじいものがあった。 同様に、中国メーカーは、BYDや長安汽車、上海汽車など、大小含めて多くの自動車メーカーがEV/PHEVの量産車、コンセプトカー含めて出展し、中国でこれほど新エネ車(EV/PHEV)が多かったのかと驚かされることが多かった。また、中国新興メーカーが多数のEVスポーツカーを出展しており、これまたすごい熱気で盛り上がっていた。
一方、ひるがえって日系メーカーは、幾つかのコンセプトカーは発表しているものの、既販のガソリン車やハイブリッド車展示がメインであり、新エネ車などはなく、どちらかと言えば停滞しているように見えた。

米国メーカーも同様である。中国で数多く販売されているBuick(ビュイック)なども展示車数は多いものの、テスラが出展していないこともあり、これと言って話題となるものはなかった。 それにしても、世界最大級の自動車ショーにて既販車を中心に据え、マーケットへの提案を打ち出していない日系メーカーに対して、フラストレーションを感じたのは私だけであろうか。中国自動車市場は、昨年2800万台を超え、今年は3000万台に達しようとする勢いである。また新エネ車(EV/PHEV)は昨年で約50万台、今年は80万台規模になろうとしている。 この世界最大のマーケットに対して、新しい提案が打ち出せない、もしくは打ち出したくても打ち出せる玉(EV/PHEV)がないということになれば、とても将来が明るいとは言えない。ただ時期的には、10月27日より東京モーターショーが開催予定であり、これに注力しているため、上海国際自動車ショーまで力が及ばなかったとみることもできる。

また、日系メーカーと言えば高品質とのイメージがあるが、中国地場メーカーもひたひたと追い上げている印象である。例えば、BYDはドイツの著名デザイナーを引き抜き、デザイン、エクステリア、インテリアなど、日米欧と比較しても引けを取らないレベルまで向上させてきている。クルマにはダイナミック(動的)評価とスタティック(静的)評価があるが、静的にはほぼ互角か、僅差まで近づいている印象であった。 くしくも、中国ではNEV規制と呼ばれる、米国ZEV規制と同様なゼロエミッション規制を2020年から前倒し、18年から実施と聞く。市場の成長促進と規制による罰金など、硬軟織り交ぜた政策を実施しており、この市場から目をそらせると、あっという間に置いてきぼりをくらってしまう、そんなことを感じさせる上海国際自動車ショーであった。
和田憲一郎
sankeibiz.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-06 08:24 | ニュース・その他 | Comments(4)

国沢氏「TBS安藤アナに怒られた」

GazooというトヨタのWebサイトでTBSの安東アナはコラムを書いているのだけれど、WRC番組(Jスポーツ)での私のコメントがダサいと怒られちゃいました~。 ・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e73d5a1-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-04 08:20 | ニュース・その他 | Comments(2)

「軽自動車に白ナンバー」受付開始→大人気に。

2019年ラグビー・ワールドカップ日本開催を記念し、特別仕様の”応援”ナンバープレートの受付が開始されていますが、これは普通乗用車、軽自動車の両方に取り付けが可能。ただしデザインは「一種類」、正確に言うと「白ナンバー」しかなく、よって軽自動車がこのラグビーワールドカップ仕様のナンバープレートを選択すると「軽でも白ナンバー」ということに。これが話題となってか時事通信によると、4月末までの申込みは34,134件で、うち78%が軽自動車である、とのこと。

7e73d5a1-

4/3から受付がスタートしていて、概要はこちらのとおり(国土交通省の発表のPDF)ですが、交付料金は都道府県によって異なります。図柄は一番上の画像の通り「二種類」で、右のナンバープレートはナンバー右上に大会ロゴマークが入り、左のナンバープレートは左端にラグビーボールの図柄入り(1000円以上寄付をするとラグビーボールが入る)。申し込み一ヶ月で34,134件の申し込みが多いのか少ないのかは不明ですが、国土交通省によると「予想以上」。なお2017年4月の軽自動車(貨物用除く)の販売は101,412台。 上記申込みの31,134台のうち78%が軽自動車とのことなので、26,624台が「軽の申し込み」ということになりますが、単純計算だと「一ヶ月の軽自動車の販売数の26%に相当する台数(オーナー)が白ナンバーへの交換を希望」しているということになりますね。これを見るとやっぱり「黄色ナンバーはイヤ」という人がかなりいたんだなあ、と思いますが、逆に「お金を払えば白ナンバーになる」ということを知る人からすると「白ナンバーを付けている軽自動車」というのはまた色々な見方がされるのだろうと考えられ、ちょっと複雑な気持ちです。 intensive911.com


[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-02 20:49 | ニュース・その他 | Comments(9)