カテゴリ:トヨタ( 653 )

トヨタ、燃料電池コスト半減。20年以降に新型車

トヨタ自動車は燃料電池車(FCV)の次期モデルを
2020年以降に発売する方針を決めた。

20e5d5a8-

現行の量産型FCV「ミライ」は価格が割高で、想定より普及が進んでいない。
次期FCVは燃料電池車のシステムなどの製造コストを現行の半分以下に下げ、販売価格を抑える。FCVを中距離以上の走行を得意とする電動車の品ぞろえの一つとして市場を開拓する。

トヨタはFCVの開発を1992年に始め、14年にミライを発売した。

次期FCVは燃料電池車のシステムなどの製造コストを現行の半分以下に下げ、販売価格を抑える。
日本経済新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-19 03:09 | トヨタ | Comments(6)

【動画】トヨタ Lexus LF-1 concept





LEXUSは、米国・デトロイトで2018年1月14日(日)から開催されている2018年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)でクロスオーバーのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開しました。

2025年頃までに、グローバルに展開する全てのLEXUSモデルを電動専用車、電動グレード設定車とすることを見据えており、「Lexus LF-1 Limitless」は、従来のガソリンエンジンやハイブリッドに加えて、プラグインハイブリッド(PHV)、さらには電気(EV)や燃料電池(FCV)を含めたパワートレーンの搭載を想定しています。
・・・・・・・・・続きはこちら



[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-16 00:18 | トヨタ | Comments(6)

【追加】トヨタ TNGAベースの新型オーリス?

17e5d5a8-

13ebbcb5e2

18e5d5a8-

20e5d5a8-

19e5d5a8-

59a4cc2299

掲載元の記事を自動翻訳してみました。

また、TNGAベースのAuris
トヨタは現在、Aygoの改装を準備するだけでなく、まったく新しい世代のAurisの開発にも忙しいばかりです。それは今パックされ、浮上しているCセグメンタです。
2度前に、新しいAurisはカモフラージュスーツに登場しましたが、以前にスナップされたコピーは一致しませんでした。プリウスで最初に登場したバージョンは、現在の世代Aurisからは後部が多かれ少なかったようだが、最初は非常に強いようだった。ミュール。この記事の主役であるパックドテストモデルは、後に出現する新しいテストAurisに最終的なキャリッジが提供されたことを確認します。
新しい第3世代のAurisのリアウィンドウは、現在のモデルの場合よりもフラットになりそうです。リアライトは、すでに述べたプリウスのように、リアライトが低く、フロントマウントトヨタがかなり広いライトユニットになります。
PriusとC-HRのように、AurisはToyotasモジュラーTNGAプラットフォームも備えています。トヨタはまた、現在のカムリにその基礎を広げた。エンジンリストはAurisをC-HRと共有する可能性が高い。つまり、1.2ガソリンのバージョンとよく知られている1.8ハイブリッド。間もなく、C-HRにはより強力なハイブリッド・バリアントが登場します.Aurisのメリットもあります。現Aurisが最初に利用可能だったD-4Dディーゼルは、いかなる場合でも返還しません。 Aurisは後でTouring Sports(TS、ステーションワゴン)としても利用可能になるという期待に沿っています。
ベルギーの登録簿は、このAurisに、トヨタが欧州本部をベルギーに設立したばかりでなく、技術センターを設立したという事実に借りています。
autoweek.nl

13ebbcb5e2

17e5d5a8-


[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-15 19:52 | トヨタ | Comments(2)

東京オートサロン2018 トヨタ新型クラウンTRDカスタム


[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-14 19:56 | トヨタ | Comments(1)

トヨタ 新型カローラのテストカー

13ebbcb5e2

17e5d5a8-

18e5d5a8-

19e5d5a8-

※記事を自動翻訳
2020年トヨタカローラが初めてアメリカでスパイした
それが見えなくなってから数ヵ月後には、次世代のトヨタカローラがやってきました。北極点検を行うのではなく、ミシガン州、アンアーバー周辺の道にあるこの試験場は、今年の北極と同じくらい冷たく感じることができます。
残念ながら、トヨタは車両のスタイリングの詳細を完全に隠しているクラッドのセダンをカバーしています。しかし、カバーが体に付着する方法は、いくつかの手がかりを提供します。正面には、2段の筋膜の証拠があり、それらを分離する水平バーがあります。フードはモデルのグリルに向かって下方に湾曲し、その形状はレーキされたフロントガラスにうまく流れます。 Honda CivicのライバルであるHondaと比較して、Corollaはより平らな屋根を備えており、室内空間の見栄えを犠牲にしています。後ろに見ることはあまりありませんが、ビニールの切り抜きは逆光を明らかにします。これはテールライトが水平方向を持っていることを示しています。
新型カローラは、プリウスやC-HRのようなトヨタの新グローバル・アーキテクチャに乗る。噂によると、BMWとトヨタのパートナーシップは、BMWのパワープラントを使用してCorollaにつながる可能性があります。
トヨタは、アラバマ州のマツダとの合弁工場で次世代カローラを建設する予定で、2021年に開業する予定だが、その工場は米国で既にカローラを工場に建設しているため、ミシシッピで4,400万件以上の販売台数を誇るカローラは、11世代にわたる世界で最も成功した自動車銘板です。人気があるにもかかわらず、まだ改善の余地があります。 Motor1.comシニアエディターのJake Holmesが2017モデルを更新したとき、彼はホイールの背後にある経験について次のように述べています。「その間、コーヒーグラインダーのようなベッドとドローンを出すという緊急性で加速します。ハードウッドの床にラブラドールをスクラブとして "
motor1.com


[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-13 18:57 | トヨタ | Comments(5)

国沢氏「新型LSの後席は狭いぞ!」

新しいLS、まだジックリ試乗していないのだけれど、
とりあえずリアシートを試す機会があった。
結論から書くと 「 驚くほど狭い! 」 になります。・・・・・・・・・続きはこちら

17e5d5a8-


[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-10 16:05 | トヨタ | Comments(6)

トヨタ 今秋に新小型SUV「レクサスUX」を投入

トヨタ自動車は、2018年秋に新小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「レクサス・UX」を投入する。高級車ブランド「レクサス」のエントリーモデルと位置付け、国内外の高級SUV市場で顧客の裾野を拡大する。足元では海外の高級車メーカーとの競争激化によりレクサスの販売が伸び悩んでいるが、人気のSUVのラインアップを拡充して巻き返しを狙う。 chukei-news.

13ebbcb5e2


[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-04 17:20 | トヨタ | Comments(0)

トヨタ相談役、自動就任廃止 顧問も、社外取締役らが審査

トヨタ自動車が、退任した役員を
自動的に相談役や顧問に就任させる慣例を廃止したことが分かった。
経営の透明性を高めるため、
社外取締役などが業務上必要だと認めた人材だけを起用する新制度を導入した。

17e5d5a8-

企業の相談役・顧問は、職務や権限、報酬のあいまいさが指摘されており、投資家や東京証券取引所が透明化を求めている。 トヨタでは一般的に、副社長以上の役員が退任すると四年間、相談役を務め、専務以下の役員は一~二年間、顧問に就くのが慣例だった。 昨年十月の取締役会で決議された新制度では、会社が相談役・顧問の起用案を作成し、社外取締役が半数を占める「役員人事案策定会議」に諮る。職務や権限、報酬の妥当性などを審査し、会社に必要と判断された元役員に限って取締役会の決議を経て契約する。任期は一年間と定め、毎年、契約を結び直すか審査して判断する。 現在、トヨタの相談役・顧問は計約五十人が在籍。今後、任期満了時に退くほか、残りの任期が長い相談役・顧問については今年六月時点で役員人事案策定会議の審査を踏まえ、続投の可否を決める。 トヨタはグループ会社に新制度の趣旨と概要の説明を始めた。今後、各社で見直しが進む可能性もある。 東証は二〇一八年一月から、上場企業に対してコーポレートガバナンス(企業統治)報告書で相談役・顧問の情報開示を求める新制度を始めた。開示は任意だが、トヨタは六月に提出する報告書から元副社長以上の相談役などの情報を記載する。 相談役・顧問は会社法に定められた正式な役職ではなく、日本独自の制度。経済産業省の調査では、上場企業の約六割が相談役・顧問を置いている。不正会計問題が表面化した東芝では、元経営者が相談役としてトップ人事などに影響力を行使していたとされ、資生堂が廃止を決めるなど見直しの動きが出ている。 chunichi.co.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-04 10:01 | トヨタ | Comments(0)

トヨタ、19年めどに新型商用バン。ハイエースとは別

7c

トヨタ自動車は、2019年をめどに新型商用バンを発売する方針だ。発売50年を迎えた主力商用バン「ハイエース」とは一線を画した構造で、セミボンネットタイプで衝突時の安全性を大幅に高めるのが特長だ。ハイエースと同等の広い荷室空間も確保する。生産はトヨタ車体のいなべ工場(いなべ市)で行うもよう。「働くクルマ」に欠かせない安全性と機能性を打ち出した新型車を投入し、海外を中心に拡大する商用バンの需要を取り込む。
chukei-news.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-03 08:18 | トヨタ | Comments(9)

トヨタ レクサスCTにEV、RAV4にPHV、新型FCVを生産

トヨタ自動車が検討している電気自動車(EV)や
プラグインハイブリッド車(PHV)などの生産計画が明らかになった。

13ebbcb5e2

2020年にも高級車ブランド「レクサス」の小型車「CT」ベースのEVと、スポーツ多目的車(SUV)「RAV4」ベースのPHVの生産を始める。21年からはセダン型の新型燃料電池車(ミライの後継車種)を生産する。
30年に同社の世界販売全体の約半分にあたる550万台の電動車を販売する目標に向け、電動車両の商品拡大と生産体制構築を急ぐ。レクサスCTベースのEVは、生産子会社のトヨタ自動車九州(福岡県宮若市)で20年半ばをめどに生産する。クロスオーバーと呼ばれる小型SUVタイプで、まずは中国への輸出を想定する。トヨタは新エネルギー車(NEV)規制を導入する中国を皮切りに世界各国でEVを導入する。 日刊工業新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-01 20:00 | トヨタ | Comments(2)