カテゴリ:ホンダ( 439 )

【12/15更新】ホンダ ヴェゼルMC情報

ホンダ ヴェゼルの改良が近いようです。

ホンダカーズ行って店長に聞きました。
ホンダセンシング渋滞追従機能追加無し、オートハイビーム追加無し
横浜で研修があり、2018MODELのヴェゼル実物を見たが、ぱっと見2016MODEL と区別つかなかったそうです。 リアに関しては左右コンビランプの間をシルバーメッキで繋いだデザイン。
RSで覚えているのは、雨滴感知オートワイパー、ラゲッジハードボードが追加される。
2ch掲示板 2017/11/27(月) 19:57

ディーラーで資料見せてもらったけど、確かに2月発表発売って聞いたな
価格とかは1月に出てくるだろうとは言ってた
注文受付と同時に契約すれば3月納車らしい
営業が言うには、センシングの渋滞追従はクラス的に考えにくいけど、明確に発表が無いから付くとも付かないとも言えないらしい  とりあえずi-dcdが二世代目になるのと、エクステリアの変更、ライトのLEDにシート形状の変更辺りが大きな変更なんだろう
2ch掲示板 2017/12/02(土) 09:44:57

【 追 加 】
ホンダ ヴェゼル改良版がマレーシアで目撃されました。
https://indianautosblog.com/2018-honda-hr-v-facelift

13ebbcb5e2

17e5d5a8-

記事の一部を自動翻訳してみました。
正面では、マスクを突き抜けたラインは、フェイスリフトされたホンダHR-Vがスポーティなバンパーを得ることを示しています。 Hondaはおそらく「H」ロゴをより高い位置に配置し、より魅力的な外観のために大きくします。修正されたヘッドランプのグラフィックスも表示されます。グリルとフォグランプのハウジングへの視覚的な調整も同様に存在します。
後部では、スパイ写真からは何の変化も見られません。テールランプは部分的に見えるが、視覚的には変わらない。内部では、ホンダは新しいトリムと室内装飾品とアップグレードされたインフォテイメントシステムを提供するかもしれないが、劇的な視覚的変化は期待されない。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-12-15 11:47 | ホンダ | Comments(1)

【動画】ホンダ・シビックタイプR vs スバルWRX STI by.河口まなぶ



カタログモデルとなったホンダの新型シビック・タイプRと、2.0Lターボの名車スバルWRXSTIを袖ヶ浦フォレストレースウェイで直接比較! 果たしてどちらが速く、どちらが気持ち良いのか? 自動車ジャーナリスト・河口まなぶが試す!

[PR]

by ganbaremmc | 2017-12-14 20:42 | ホンダ | Comments(0)

ホンダ 来夏にN―VAN、来春新型N-BOX+を発売

日刊自動車新聞 2017年12月14日
ホンダ、「N―VAN」来夏発売 新型軽商用車
http://www.netdenjd.com/

17e5d5a8-


●発売は2018年夏
●低床化で使い勝手を高める
●後席左側をピラーレス。乗り降りしやすくする。 ( タントと同じ? )
●価格は130万円から
●ターボもあり
●カスタム仕様も用意
●新型N-BOX+を来春発売。福祉車両として


[PR]

by ganbaremmc | 2017-12-14 20:21 | ホンダ | Comments(4)

【12/10更新】ホンダ 2018年に新型インサイト投入

日刊自動車新聞 2017年12月08日
ホンダ、新型HV来年投入 インサイト後継、セダン需要を開拓
http://www.netdenjd.com

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

2018-suzuki-jimny-leaked2-official-image

●新型インサイトを来年、国内で発売。遅れる可能性あり
●セダンで出し、プリウスと異なるボディタイプで競合を避ける
●1.5L ハイブリッドエンジン
●荷室を500Lに拡大
●来年はCR-Vにハイブリッド、クラリティ PHEVも投入

【 追 加 】
ホンダが2018年11月、新たに開発したハイブリッド専用小型車を投入する……という新情報が入ってきました。「ホンダ新ハイブリッド専用車」は現行シビックをベースに、直噴1.5Lエンジンにモーターを組み合わせたパワーユニットを持つ。ボディは3ナンバーサイズを採用。・・・・・・・・・続きはこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2017-12-10 08:45 | ホンダ | Comments(9)

【12/9更新】ホンダ フリード今年中に改良

ホンダ フリードの改良が今年中に行われるようです。

★★価格ドットコムより
ディーラーの営業さんから情報もらいました。
今年中に発表予定だそうですが、変更点は以下の通りです。
・ボディーカラーにおいて、現行の赤と黒は廃止
・ボディーカラーにおいて、新たに赤と黒と緑が追加
※赤は忘れましたが、明るめの色です。黒と緑はSTEP WGNと同じ色で、プレミアムスパークルブラック・パールとフォレストグリーン・パール

2017/11/09 18:52 tumanet さん


モデューロXの販促資料を見せてもらえました。
ベースグレードはGホンダセンシング、ハイブリッド・ガソリンとも設定あり。
色はプレミアムスパークルブラックパール、ホワイトオーキッドパール(自信なし、白なのは確か)、コバルトブルーパールの3色設定。専用エクステリア&インテリアで、概ねステップワゴンモデューロXと同等の位置付けと考えて良さそうです。
価格と発売日は未定と言ってました…
ディーラーまで来ているということは発表も近そうですね。
2017/11/11 18:06 KBG_ さん

★★みんからより

19e5d5a8-

お店のパンフレットを探していると、なんと新型FREEDのModuloXがもうすぐだというではないですか!!早速友人のDラーマンにお話をしました。 ・・・・・・・・・画像はこちら

7e5d5a10-

画像は先週末にディーラーでもらった価格表で、特になんの説明もなかったのですが、良く見るとオプションカラーの説明が新色対応でした。モデューロXの追加とボディカラーの変更が行われるのは間違いなさそうです。

2017/11/14 08:01 価格.com KBG_さん


【 追 加 】


17e5d5a8-

2017/12/09 10:00 価格.com スターマイン1315さん


[PR]

by ganbaremmc | 2017-12-09 15:35 | ホンダ | Comments(5)

【12/2更新】ホンダ ヴェゼルMC情報

ホンダ ヴェゼルのサイトをみると、
「 一部タイプ・ボディカラーがお選びできない場合があります 」
と、記載されていました。
ベストカーにもありましたが、ヴェゼルのMCが近いようですね。

2018-suzuki-jimny-leaked-official-image

ホンダカーズ行って店長に聞きました。
ホンダセンシング渋滞追従機能追加無し、オートハイビーム追加無し
横浜で研修があり、2018MODELのヴェゼル実物を見たが、ぱっと見2016MODEL と区別つかなかったそうです。 リアに関しては左右コンビランプの間をシルバーメッキで繋いだデザイン。
RSで覚えているのは、雨滴感知オートワイパー、ラゲッジハードボードが追加される。
2ch掲示板 2017/11/27(月) 19:57

【 追 加 】
ディーラーで資料見せてもらったけど、確かに2月発表発売って聞いたな
価格とかは1月に出てくるだろうとは言ってた
注文受付と同時に契約すれば3月納車らしい
営業が言うには、センシングの渋滞追従はクラス的に考えにくいけど、明確に発表が無いから付くとも付かないとも言えないらしい  とりあえずi-dcdが二世代目になるのと、エクステリアの変更、ライトのLEDにシート形状の変更辺りが大きな変更なんだろう
2ch掲示板 2017/12/02(土) 09:44:57


[PR]

by ganbaremmc | 2017-12-02 20:01 | ホンダ | Comments(7)

ホンダ S2000 後継モデル、登場は2019年か…名前は「ZSX」が濃厚

ホンダが1999年から2009年までの10年間に販売したFRオープン2シーター『S2000』の後継モデルに関して、欧州のスクープエージェントから最新情報を入手。2019年の市販化に向け、開発が進んでいるという。その情報を元にレスポンスの兄弟サイトSpyder7では予想CGを制作した。

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

予想CGのベースとなっているのは、2016年7月に流出したモックアップ画像だ。ホンダは同時期に『ZSX』の名称を商標登録しており、数年前から「ベイビーNSX」とも噂されているモデルとリンクしている。またホンダは11月9日、「グランツーリスモ」とのコラボレーションモデルとしてミッドシップスポーツ、『スポーツ ビジョングランツーリスモ』を発表している。こうした動きから、S2000後継モデルは「スポーツ ビジョングランツーリスモ」の市販版として、「ZSX」という車名で登場する可能性が高いと予想される。これらの情報を元に予想CGでは、最新スポーツである『NSX』や「スポーツ ビジョングランツーリスモ」の流れを汲んだボディシルエットを取り入れた。フロントにはグリルから左右吸気口までつながる、ホンダ得意のソリッドウィングフェイスを大胆にデザイン、その中にコの字型LEDを配置している。またエアロダイナミクスを向上させる大型フロントスプリッターも装着させた。 「スポーツ ビジョングランツーリスモ」のスペックから予想される注目のパワートレインは、8速DCTと組み合わされる2リットル直列4気筒ターボエンジン+DOHC VTECだ。最高出力は400ps程度が目安となるだろう。ボディはカーボンファイバーを多用した軽量ボディとなり1000kg以下が想定される。2019年の市販化へ向け、開発が加速してきているのは間違いない。
レスポンス

[PR]

by ganbaremmc | 2017-11-28 19:49 | ホンダ | Comments(4)

【更新】K沢氏が「売れない」と断言するほど新型シビックが売れたわけ

ホンダ「シビック」が日本で復活するというストーリーは、
2016年2月の八郷隆弘社長の会見が発端だった。

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

日本復活が明らかになった際、メディアの反応は芳しくなかった。
一部ジャーナリストは「売れない」と断言するほどだった。ここで多くの専門家の予想を裏切る数字が公表された。3タイプを合わせた受注台数が1万2000台に達していたのだ。販売計画台数は月2000台だったから6倍である。ホンダ関係者も想定していた以上の出足になったようだ。なぜ新型シビックはこのような売れ方になったのか。・・・・・・・・・・続きはこちら

国沢さんのブログより
11月2日以降の受注台数を聞いてみたら「厳しいかもしれません」と多くの関係者。
まぁ1万2千人くらいは熱心なホンダファンです。私の「売れなかったら丸刈り」は発売後半年の2018年4月の受注台数である。4月に2千台の受注あれば丸刈りだ。ちなみに私の言いたいことの本質は・・・・・・・・・続きはこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2017-11-26 10:12 | ホンダ | Comments(9)

クルマでいこう!ホンダ 新型N-BOXの燃費は12.9km/L



18e5d5a8-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-11-16 08:44 | ホンダ | Comments(6)

ホンダ 新型オデッセイのカタログ 表紙

2ch掲示板より

7e5d5a10-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-11-13 21:06 | ホンダ | Comments(0)