カテゴリ:ホンダ( 339 )

ホンダ 次期NSX走行動画。内装も

0000000


動画の閲覧はこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-27 09:19 | ホンダ | Comments(0)

ホンダ 新型NSXは来春に販売延期か

ホンダNSXの販売計画に遅れが出てきている。
本来、今年の末から販売が開始される予定であったが、
現時点ではその発売開始時期は2016年の春になるようだ。


000000000


アメリカではアキュラ名義で販売予定であるが、
その延期の理由は開発プロセスで生じたエンジン・レイアウトの変更だとされている。

スポークスマンいわく、アキュラNSXの販売延期は、当然ながら欧州版(ホンダ名義の)NSXの延期にも影響するとのこと。25年前にデビューしたホンダのアイコニックなスポーツカー、NSXの第2世代となるモデルが初めて公開されたのは2012年のデトロイト・モーターショーでのこと。このモデルは、アメリカで開発されたもので、その製造はオハイオのメアリズビル工場が担当することとなっている。

新しいNSXと、先代のNSXとの大きな違いのひとつにボディ・ストラクチャーがある。
先代NSXはオール・アルミニウム製のボディにV6ユニットを搭載するミドシップ・リア・ホイール駆動のモデルだったが、新しいNSXは非常に強度の高いカーボンファイバー製のフロアにハイブリッド・ユニットを搭載する4WDモデルなのだ。
そのパワー・ユニットは、ツインターボの75°V6。
そして9速デュアル・クラッチ・トランスミッションと迎合される。
それに、エンジンに加えて3台の電気モーターが追加される。ホンダは現時点でもパワートレインのパワー、トルクを公表していないが、合計でおよそ560ps程度になると予想されている。V6ガソリン・ユニットは、できる限り低くマウントされるようにドライサンプを採用。また、バルブトレインも可能な限りコンパクトに設計されており、その重心はかなり低い。9速のデュアル・クラッチ・トランスミッションは、ホンダが言うには脳のシナプスの反応のように早いギア・チェンジが可能で、回転を合わせるためのブリッピングも行うという。

モーターのうち1台はエンジンとギアボックスの中間にレイアウトされ、加速、ブレーキング、トランスミッション・シフティング・パフォーマンスを補助する役割。残りの2台はフロント・アクスルに取り付けられる。このフロントのモーターは瞬発的なトルクを供給するだけにとどまらす、ダイナミック・トルク・ベクタリングの役目を果す。このモーターは左右それぞれ異なるレベルのトルクを発生することが可能で、加速および、マイナスのトルク(減速力)を発生させブレーキングの強化の役目をも果す。ホンダによれば、全く遅れを感じさせないラウンチとブレーキング・パフォーマンスが確保されたという。
http://www.autocar.jp/news/2015/10/26/143013/


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-26 19:12 | ホンダ | Comments(0)

ホンダ 燃料電池車・EV・PHV車台を共通化

ホンダは燃料電池車(FCV)と電気自動車(EV)、
プラグインハイブリッド車(PHV)のプラットホーム(車台)を共通化する。
2016年春に日本で発売予定のFCVと同じ車台を使うEVとPHVを開発し、
18年をめどに日米欧で投入する。

000000000

次世代環境車の柱に据える3つのエコカーの車体設計や部品の大部分を共通化し、
開発スピードと価格競争力を高める。 
来年3月に発売予定の同社初の量産型FCVは、燃料電池などの動力機構を小型化しフロント部分に収めた。1度の水素充填で走れる距離が700キロメートル以上と、トヨタ自動車のFCV「ミライ」より50キロメートル以上長い。販売価格は766万円の見通しだ。 
3種類のエコカーはまず本田技術研究所の四輪R&Dセンター(栃木県芳賀町)で少量生産から始め、18年をめどに主力の狭山工場(埼玉県狭山市)で本格生産を始める。FCVは年間約400台で生産を開始し、20年に約1500台、EVとPHVを合わせて約3万5千台超をつくる。このうち7割前後は米国に輸出する計画だ。 
新型エコカー3車種は車台を統一し、EVは大容量バッテリー、FCVは燃料電池など、動力部分のユニットを積み替えることで車種を区別する。共通構造にすることで車台などに使う多くの部品を共用できるほか、同じ製造ラインで組み立てられるなど開発と生産の両方で規模のメリットを得られる。 FCVの販売価格はミライ(723万円)より40万円以上高くなる見通し。ただ、発電装置を車体下部に収容しているトヨタのミライはFCV専用の車台が必要だが、ホンダは車台を共通化するためFCV以外の車種も開発しやすい。将来的にはEV、PHVとの車台の共通化により開発・生産コストを抑え、価格競争力を高める。 
エコカー市場を席巻したトヨタのHV「プリウス」は、従来のガソリンエンジン車を大きく上回る燃費性能に加え、200万円台という手ごろな価格が普及を後押しした。 現行のFCVは国の補助金なども合わせると実質500万円程度で購入できるが、まだ普及価格とは言い難い。次世代エコカーの本命の座を射止めるには、インフラ整備とともに開発・生産コストの低減が欠かせない。 ホンダは小型車「フィット」のEV仕様と中型セダン「アコード」のPHV仕様を生産しているが、販売地域や台数は限られている。欧米市場も見据えた燃費性能の高いEVとPHVをそろえ、先進国で強まる環境規制に対応する。
日本経済新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-24 14:31 | ホンダ | Comments(0)

ホンダ社長 「車種は増やせんよ」

ホンダの八郷隆弘社長は日刊工業新聞社のインタビューに応じ、
2016年度の4輪国内生産を、年80万台超とする方針を明らかにした。

000000000

15年度計画に続き低水準が続くことになる。
「国内市場の環境が悪く輸出モデルも簡単に増やせない」と厳しい見通しを示した。エコカー戦略についてはプラグインハイブリッド車(PHV)の開発を強化し、18年に米国で発売する計画も明らかにした。
ホンダの国内生産は1年前の消費増税の駆け込み需要の反動や販売不振で、競合他社よりも落ち込みが目立っている。国内からの輸出を減らしたことも国内生産の足を引っ張っており、対策として今夏から輸出モデルの生産を始めた。
八郷社長は「輸出モデルの生産増が年度を通して効いたとしても、80万台超を確保できたらいい」との見通しを示した。17年度以降についても、軽自動車の全面改良で生産増の効果が期待されるが、「軽自動車の競争は激しく簡単に生産は伸びない。当面は80万台強を維持したい」と述べた。
ホンダは世界で年560万台の生産能力を持ち、今期の世界販売計画が470万台。生産能力の過剰は国内だけでなくグローバル規模の課題。「生産と販売の乖離を埋めるには4―5年はかかる」とも述べ、グローバルの生産能力を地域間で補完する方針を改めて示した。
一方、エコカー戦略について「燃料電池車が普及するまでの期間は、電動化を軸にする」と、これまで強化してきたハイブリッド車に加え、プラグインハイブリッド車の開発を推進する方針だ。
nikkan.co.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-19 14:01 | ホンダ | Comments(3)

【動画】ホンダ 新型シビック北米仕様 ②


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-06 14:50 | ホンダ | Comments(0)

ホンダ 新型シビック北米仕様 青空撮影

0000000


www.carscoops.com/2015/10/new-2016-honda-civic



000000000

000000

2

no title

00


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-02 18:09 | ホンダ | Comments(3)

【9/25更新】ホンダ 新型フリードはハイブリッドに注力

価格.comの書き込みより

0000000000

「 ホンダは、シエンタの売れ行き、性能を見て、
HVの先行発売にシフトしたみたいですね。
Dにも、連絡がされているようで、先週Dの営業マンにターボいつなのと、聞いたら、
今秋から来年春に一旦延期され現在は、来期以降になっており、未定ですと。
現行車であれば、お買い得車種がありますとのことで、色が限定で、茶色のパールで、30万引き、グラスコートサービス、他小物サービスのかなり、お買い得車でしたが、色がどうしてもきにいらないので、丁重にお断りしました。さらに、4月生産だったのもきになりました。 」
ケイン@ さん

こんな情報も・・・・
俺 「フリード、来年の7月のモデルチェンジ 情報はあります?」 
営 「話が来ましたよ、来年3月中にビッグマイナーチェンジで決まりです」 俺 「えっ、フルモデルチェンジではなく… 」
営 「ええ、マイナーチェンジで… 」
俺 「…」

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-25 09:10 | ホンダ | Comments(0)

ホンダ 2018年までに新型EV投入

アメリカで新型プリウス発表のニュース中で、
ホンダの方が2018年にEVを出すとコメントされています。
3分25秒~



アメリカホンダ 小林英莉子広報担当 
「 2016年には新型燃料電池車、そして 2018年までに新型EV(電気自動車) 、新型プラグインハイブリッドを投入する予定 です。 長期的に見ると、エコカーは拡大していく市場ですので、私たちも力を入れて取り組んでいます 」 
yahoo.co.jp/videonews

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-21 17:19 | ホンダ | Comments(0)

【動画】ホンダ 新型NSXが全裸でニュルを走行


[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-20 09:11 | ホンダ | Comments(1)

ホンダ 新型シビックセダン公開

 

ホンダ、新型シビックセダンが公開されました。
[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-17 17:13 | ホンダ | Comments(3)