カテゴリ:スバル( 243 )

スバル 次期BRZ、3年後の2020年に登場か!?

現行モデルは2020年にビッグマイナーチェンジを受け、さらに歩み続ける予定だった。だが、ここに来て急転直下、フルモデルチェンジが敢行される方向に。目新しさを引き出すことも理由のひとつに含まれているようだ。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e5d5a1-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-12 15:18 | スバル | Comments(0)

スバル、新型2.4Lターボエンジン量産

SUBARU(スバル)は2018年3月に、
同社初となる排気量2400cc新型エンジンの量産を始める。

18年に北米に初投入する3列シートの大型スポーツ多目的車(SUV)「ASCENT(アセント)」に搭載する。
新型エンジンはターボチャージャー(過給器)付きとし、高い走行性能と燃費性能を両立。スバルの世界販売の6割を占め、燃費規制の厳しい米国市場での販売増を確実にする。新型エンジンは群馬製作所大泉工場(群馬県大泉町)で基幹部品を生産し、アセントを生産予定の米国工場(インディアナ州)で組み立てる。18年3月に生産を立ち上げ、最初の1年間は7万基前後を生産する計画。大泉工場で生産準備を進めているほか、米国工場ではエンジンの組み立てラインを増設した。新型エンジンは排気量2400ccの4気筒水平対向直噴ターボエンジン。エンジンと過給器を組み合わせて排気量を小さくしつつ出力を維持する。 日刊工業新聞

7e5d5a1-

そのアセントですが、
3列シート、7人乗りの大型SUVで北米でのみ販売する戦略車。
スバルにとって最大サイズの新規車種で、月販約5000台を計画しているとか

[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-09 13:04 | スバル | Comments(6)

【動画】スバル 新型レヴォーグD試乗 by.河口まなぶ



スバルのレヴォーグが年次改良を受けて、アプライドDへと進化を果たした。今回のレヴォーグはかなり手を入れているのが特徴。まずサスペンションはダンパー/スプリングをロングストローク化して、乗り心地を向上。加えてボディにも補強を与えるなどして剛性を高めて、運動性能とコンフォート性能の両立を図った。さらにガラスの板厚アップや遮音材、吸音材を増やして静粛性も高めている。そしてステアリングはECUとモーターを一体としたKYB製へとチェンジして、優れたステアリング・フィールも実現した。さらにエンジンも細かく改良して、フィーリングと燃費を向上している。またスバルのお家芸であるアイサイトには、新たにツーリング・アシストと呼ばれる機能が盛り込まれる。これは高速道路において、ほぼ自動運転を実現したもの。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-08 20:44 | スバル | Comments(0)

スバル 新型フォレスターのテストカー

7e5d5a10-


www.autoblog.com/subaru-forester-spy-shots

7e5d5a11-

7e5d5a12-

7e5d5a13-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-06 07:59 | スバル | Comments(8)

スバル フォレスターのテストカー?

7e5d5a2-
twitter.com/kmr_krm/status/892713286034046978

7e5d5a1-


7e5d5a3-


7e5d5a11-

ちょっと明るくしてみました



[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-03 07:26 | スバル | Comments(0)

スバル 次期フォレスター、PHVを設定

5代目にあたる次期フォレスターは、当然ながら新世代プラットフォーム、SGPの上に成り立つ。海外からの要望を受けて、ボディサイズはいちだんと拡大され、全長、全幅ともに現行モデルを上回る見通しだ。パワートレインで興味深いのは、・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e5d5a11-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-01 21:04 | スバル | Comments(0)

【動画】スバル 新型WRX STI 試乗 by.マリオ高野



アプライドD型となり大幅な変更が施されたWRX STI(Type S)をクローズドコースで試乗してきました!スバルのビッグマイナーチェンジは内容が濃いことで有名なので、今回もある程度予想はしていたものの、期待をはるかに超える仕上がりに悶絶するほかありません!新しいDCCDとサスペンションがもたらす甘美な操縦性に参りました!試乗中、また後半の説明において「シフトフィールとクラッチが変わっている」との言及がありますが、これは私の勘違いにてお詫び申し上げます。シフトとクラッチが変わったのは輸出仕様の6MTの方で、国内WRXの方は変更ありませんので、お詫びと訂正をさせていただきます。申し訳ありません。ただ、精度の向上などにより、シフトの操作フィールやクラッチの踏み応えが良くなったと感じることはあり得るとのことでした。WRX STIに続き、WRX S4やレヴォーグのリポートも順次お届けします!

[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-15 21:16 | スバル | Comments(0)

スバル 新型レヴォーグ試乗記 by.小川フミオ

マイナーチェンジしたスバル・レヴォーグの試乗記です。
「総合安全性能」と「ツーリング性能」を強化したとスバルは言いますが、
実際に乗ってみて、感じることができるのでしょうか? 
1.6Lと2.0Lの両方に乗りました。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e5d5a1-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-15 20:47 | スバル | Comments(0)

【動画】スバル 新型WRX S4試乗 by.河口まなぶ



年次改良が施されたスバルWRX S4に最速試乗! 
300ps/400Nmというスペックは変わらないものの、今回の年次改良ではパワステの変更、サスペンションの熟成および改良、そして静粛性向上など、実に細かな変更が徹底的になされているのが特徴だ。そしてスバルのお家芸であるアイサイトには、ほぼ自動運転を可能とした「ツーリング・アシスト」が備わったのがトピック。これによって高速道路等では、ほぼ自動運転も実現されている。しかしながら走りはさらにスポーツ性を高めたS4。伊豆サイクルスポーツセンターで、自動車ジャーナリスト・河口まなぶが徹底的に試す。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-13 20:42 | スバル | Comments(0)

スバル テストカー目撃。新型アセントか?

7e5d5a6-
https://twitter.com/shigenozo/status/880553175127777280

7e5d5a7-

7e5d5a9-

7e5d5a8-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-06 21:12 | スバル | Comments(6)