カテゴリ:スバル( 273 )

スバル 冴えない決算。現状の戦略では「限界が近づいている」

快走を続けてきたSUBARU(スバル)の業績が「内憂外患」に見舞われている。6日、2018
年3月期の連結純利益が、前期比27%減の2070億円になりそうだと発表した。従来予想(19%減の2285億円)よりも悪化する。10月下旬に公表した国内工場での無資格検査の問題の費用が膨らむ。
下方修正の要因は主に2つ。まずは・・・・・・・・・続きはこちら

7e5d5a13-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-11-07 07:54 | スバル | Comments(1)

スバル社長 アメリカはセダン系が想定以上に厳しい

7e5d5a13-

スバルが発表した今年度第2四半期決算は、売上高1兆6863億円、前年同期比6.9%増、営業利益2121億円、同1.7%増、経常利益2127億円、同6.6%減だった。期中の世界販売台数は、53.1万台、同3.8%増だった。
これにともない、通期見通しを前回発表予想から下方修正した。通期の売上高3兆3800億円、前年同期比1.6%増、営業利益3800億円、同7.5%減、経常利益3820億円、同3.1%減。2017暦年の世界販売台数は、年初計画の109万台、前年比8%増から105.1万台、同4%増に下方修正した。配当計画に変更はない。完成検査不正に伴う引き当ては年度全体で100億円とした。
質疑応答はこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2017-11-06 14:42 | スバル | Comments(2)

スバル、「 エクシーガ クロスオーバーセブン 」 生産終了

スバル、「 エクシーガ クロスオーバーセブン 」 生産終了。
2018年3月末で生産終了。
注文締め切りは12月18日
後継の多人数乗車モデルは 「 投入予定なし 」

スバルは11月1日、7人乗りクロスオーバーモデル「エクシーガ クロスオーバーセブン」の生産を2018年3月末で終了すると発表した。販売店での注文締め切りは12月18日となり、エクシーガ クロスオーバーセブンの後継となる多人数乗車モデルは「投入予定なし」としている。
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1089509.html

7e5d5a8-


エクシーガ クロスオーバー7は、3列シート車「エクシーガ」をベースとしたクロスオーバーモデルとして、2015年4月に登場。ベースとなったエクシーガも含めると、モデルライフは今年で10年目という“ご長寿モデル”だった。

現在、スバルがラインナップする3列シート車はエクシーガ クロスオーバー7のみ。また第45回東京モーターショーにおいて、吉永泰之社長が「『アセント』(北米向けの3列シートSUV)の日本導入は検討していない」と述べていることから、同車の生産終了後、しばらくはスバルのラインナップから3列シート車が消滅することとなりそうだ。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-11-01 22:35 | スバル | Comments(5)

山本晋也氏「ランエボで追求した四輪制御の理想像が、電動化によって完成する!」

第45回 東京モーターショーにおける三菱自動車ブースの主役は、紛れもなく『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』。世界初公開された、このクロスオーバーモデルは3つのモーターを持つ電動4WDの駆動系を持っているのが最大の特徴でありましょう。左右のトルクベクタリング(トルク移動)により、・・・・・・・・・続きはこちら

7e5d5a8-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-10-31 09:12 | スバル | Comments(10)

スバル 新型S208 WRX STIのカタログ

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

59a4cc2299

7e5d5a13-

13ebbcb5e2

7e5d5a8-


https://twitter.com/56major/status/922432490605723648
https://twitter.com/xd9TpJD7lV4I2ts/status/924488512535015424
https://twitter.com/subaru_hanter/status/923190213479776257


[PR]

by ganbaremmc | 2017-10-29 19:17 | スバル | Comments(1)

スバル無資格検査 販売店「どう答えれば…」

SUBARU(スバル)で起きた無資格の従業員による完成検査の発表から一夜明けた28日、消費者や販売店で困惑が広がった。スバルは30日に国土交通省に調査報告を提出し、1週間以内をめどにリコール(回収・無償修理)を届け出る予定で、対象は25万台にのぼるとみている。
28日、神奈川県内の販売店では訪れたユーザーに吉永泰之社長名のおわびの文書を手渡した。
店員も陳謝した上で「車の走行には影響ない」と説明した。多目的スポーツ車(SUV)のスバルXVのユーザーには「恐らくリコール対象」と理解を求めていた。別の販売店幹部は「(届け出前のため)個別にリコール対象車が特定できず、顧客に正確に答えられないのがつらい」と漏らす。・・・・・・
日本経済新聞

7e5d5a10-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-10-29 09:28 | スバル | Comments(3)

スバル 完成車検査お詫び会見での質疑応答。「発表が遅れたのは?」

スバル吉永社長のお詫び会見での質疑応答等です。

7e5d5a8-

Q 発表が今日になったのは?
Q 東京モーターショー時点でも認識していたのか?
Q 代行押印について。
Q いつ気がついたのか?
Q 消費者へのメッセージは?
Q 資格を持っていない人が完成検査工程をやっていた理解で良いのか。
Q なぜ発表に時間がかかったのか?
Q 改善時期のめどは?
・・・・・・・・・・・・など。
回答や他の質問はこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2017-10-27 21:42 | スバル | Comments(7)

スバル 無資格検査で社長が謝罪。他メーカーは適正に検査

スバルは27日、自動車組み立て工場での完成車検査で、
無資格の従業員が業務に携わっていたと発表した。
資格がない従業員が検査を行い、資格がある従業員の印章を借りて押印していた。



30日に問題を国土交通省に報告し、無資格の従業員が検査した車についてはリコール(回収・無償修理)を申請する方針。対象は22・5万台の見込みで、トヨタ自動車向けにつくるスポーツカー「86(ハチロク)」も含まれる。リコール費用は50億円にのぼる見通しだ。27日夕方に都内の本社で記者会見した吉永泰之社長は「多大なご迷惑をおかけした。心よりおわび申し上げる」と謝罪し、「30年以上前からこういう仕組みでやっていた」と、問題が長期にわたって常態化していたことを明らかにした。吉永社長は「会社としての感度が鈍いのかもしれないが、悪意は全くなくやり続けてきたんだと思う」と述べた。  スバルでは、検査をする資格がある「完成検査員」になる前でも、十分な技能があると判断した従業員を検査にあたらせており、同社が国交省に申請したルールに反していた。さらに、これらの従業員が完成検査員の印章を借りて押印する行為を続けていた。同社には10月1日時点で「完成検査員」が245人、資格取得前の無資格の従業員が4人いる。無資格の従業員は最大で17人、平均10人いたという。  スバルは群馬県太田市に二つの車両組み立て工場があり、「インプレッサ」や「レヴォーグ」、スポーツカーの「BRZ」(トヨタ「86」)などを生産している。
朝日新聞社

トヨタ自動車など大手自動車6社は27日までに、完成車を検査する自社工場の体制に問題がなかったと国土交通省に報告したことを明らかにした。6社はトヨタのほか、ホンダ、マツダ、スズキ、ダイハツ工業、三菱自動車。9月に日産自動車が無資格者に検査をさせていたことが発覚し、国交省が自動車各社に対して10月末までに報告するよう求めていた。 朝日新聞社

[PR]

by ganbaremmc | 2017-10-27 19:27 | スバル | Comments(0)

【追加】スバルも無資格検査。書類の偽造も

スバルが国内の工場で、自社が認定していない従業員に、
出荷前の完成車の検査をさせていたことがわかった。

7e5d5a9-


日産自動車が無資格者に車の検査をさせていた問題を受けて実施した社内調査で判明。不正が相次いで発覚し、日本の車メーカーの管理体制への信頼が揺らぐ事態だ。  スバルは近く国土交通省に報告し、リコール(回収・無償修理)を届け出るかどうか検討する。日産は、無資格者が検査に携わった車のうち、購入後、一度も車検を受けていない車約120万台についてリコール(回収・無償修理)を届け出ている。  無資格者が検査に関わっていたのは、群馬県太田市の群馬製作所。小型車の「インプレッサ」や、スポーツ用多目的車(SUV)の「XV」などを生産する主力工場だ。  スバルでは、社内の規定で、知識や実務訓練を踏まえ、筆記試験を受けさせたうえで、完成検査にあたる従業員に資格を与えている。自動車整備士の資格を持っているかどうかなどを考慮し、認定までに2~6カ月の期間をかけている。
朝日新聞社

30年以上前からの可能性も首脳、事実を認める
SUBARU(スバル)が自動車の完成検査員の資格がない従業員に検査をさせていた問題で、30年以上前から常態化していた可能性があることが27日明らかになった。有資格者の判子を使った書類の偽造が行われていた。日産に続き他社でも検査工程の不正が明らかになったことで、日本車の品質管理への信頼が揺らぎそうだ。 日本経済新聞

7e5d5a8-

7e5d5a9-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-10-27 09:33 | スバル | Comments(21)

【動画】スバル 「S208 WRX STI」「BRZ STI Sport 6MT」特別仕様チェック



7e5d5a17-



13ebbcb5e2


[PR]

by ganbaremmc | 2017-10-26 08:50 | スバル | Comments(0)