カテゴリ:スバル( 230 )

太田市ふるさと納税者にスバル車贈呈っ 富士重「 え。やだ 」

群馬県太田市が予てから検討していたふるさと納税の返礼品として
スバル車を贈呈する計画を断念したことが12日、わかった。

0000000000

富士重工側が提供の見送りを通達し断念
これは太田市長が記者会見で導入の意向を表明していたもので、東京都23区や政令指定都市、中核市の住民で500万円以上のふるさと納税を納めた場合、同市に大規模な工場を持つ富士重工業のスバル車を贈呈する計画だった。御存知の通り各自治体が様々な物を用意しているが、自動車が返礼品となるのは極めてレアケースで、動向が注目されていた。10月からの運用開始を目指していた太田市だったが、10日になり富士重工側が市に対し提供の見送りを通達したと地元新聞社が報じた。これにより、この計画を断念せざるを得なくなった模様だ。計画が大々的に報じられた際には「車種はどうなるのか」、「新車なのか」など疑問も多く「本当に実現するのか」と言う声も多かったが、期待する声もあっただけに無念の断念となった。スバル車については断念したものの、太田市はふるさと納税の推進に積極的な立場をとっており、今後別の返礼品の検討に入るものと思われる。ちなみに6月にはスバル車共に地元メーカーの携帯型発電機を返礼品とする案も検討中と報じられている。但し現在の状況については不明だ。インパクトの大きい計画だっただけに断念は残念だが、現実問題無理ではないかと言う指摘もあっただけに、致し方ないと言うところなのかもしれない。
http://irorio.jp/gt1999/20150912/260410/
[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-14 13:37 | スバル | Comments(0)

スバル 主力モデル在庫薄で一部改良発表前倒し

富士重工業の主力モデルで8月から在庫が薄い状況が続いている。
新モデル切り替え時期としては通常より早い段階で販売店での在庫対応となっている。
グレードやオプション、車体色など顧客の要望に応えられないケースも生じており、こうした状況が長引くと、販売活動へ影響することから10日、10月1日から販売開始する「レガシィアウトバック/B4」の一部改良モデルを前倒して発表した。

0000000000

現行レガシィシリーズは昨年10月末に発売。
月間1千台の販売計画に対し、7月末までの販売では月平均1381台と計画を上回っている。さらに、北米市場においても販売好調が続いており、米国の8月の総販売台数ではすべての月を通じて過去最高となる5万2697台を達成している。米国における生産能力増強計画を前倒すことを発表しているが、車両供給が逼迫(ひっぱく)した状況はまだ解消されていない。それによって「国内向けの供給量を減らすことはない」(富士重)としているが、新型レガシィシリーズの納車時期は12月以降となる見通しだ。
現在、レガシィシリーズをはじめ、「フォレスター」「XV」「インプレッサ」シリーズで同様の現象が起きており、ホームページにことわりを掲載している。その他の車種についても発表を早めることになりそうだ。
日刊自動車新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-11 07:17 | スバル | Comments(0)

スバル 来年導入の新プラットホームを全車相似形構造に

富士重工業は2016年から導入する新プラットホーム(車台)で、

全車を相似形の構造とすることで、

共通部品の拡大や生産体制の柔軟化を加速する。

開発初期から部品各社と連携し、多様なコスト削減施策を盛り込んだ。



0000000000


16年に小型車「インプレッサ」から導入する新車台「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」は、各国の安全や環境規制の全てに対応できるよう開発した。対象はインプレッサからSUV「アウトバック」まで。具体的には、新車台は全長を長くする場合や重くする場合のそれぞれで、どの部品を変更するか細かく設定し、モデル間の共通部品を増やす。また、現行車は規制に対応するため当てパッチ(追加の部品)していたが、新車台では余計な部品がなくなる分、軽くできる。材料が減る軽量化は原価低減に直結する。
生産ラインへの投資も削減する。

例えば、現行では車種によって前から溶接するか、横から溶接するかによってロボットの配置場所の違う部品もある。新車台は溶接方向を統一して同じラインで全車を生産できる設計とし、車種ごとの設備投資を減らす。よりフレキシブルな混流生産もできるという。

nikkan.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-10 13:06 | スバル | Comments(0)

スバル インプレッサ1.6Lにもアイサイト搭載

00000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-02 09:52 | スバル | Comments(1)

スバル アイサイト装着車、フロントガラスの傷で大変な出費に


00000

フロントガラスのほぼ真ん中に約2cmほどの飛び石傷を発見しました。
大きくなる前にリペアをお願いしようとディーラーにすぐに持ち込みました。
そこで、聞いたのは 
「 アイサイト装着車はこの位置のフロントガラスのリペアはできません。交換となります。 」 
という真夏なのにゾッとするような現実でした。 ・・・・・・・
http://clicccar.com/2015/09/01/32/

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-02 09:20 | スバル | Comments(0)

ふるさと納税500万円超、謝礼にスバル車1台

群馬県太田市は、故郷や応援したい自治体に寄付する「ふるさと納税」で
500万円以上の寄付をした都市住民に、10月から謝礼品として、
市内に本工場を持つ富士重工業のスバル車1台(350万円相当)を贈る。

00000

清水聖義市長が31日、定例記者会見で明らかにした。

市長は「地方と都市部の税収格差の是正」を掲げ、500万円以上のふるさと納税については、寄付者を東京23区や政令指定都市、中核市の居住者に限定。今春、税控除が1割から2割に引き上げられたことを受け、主に2500万円以上の住民税を払う富裕層を想定している。

市の謝礼品はこれまで、数万円の寄付に対し、地ビール数本(数千円相当)を贈る程度だった。スバル車の代金を引いた寄付金は、市が東武太田駅北口に建設中の文化施設「おおたBITO 太田市美術館・図書館」に収蔵する世界の絵本を購入する資金に充てるという。清水市長は「ふるさと納税は金持ち優遇で、貧窮者に冷たい制度だ。(税控除拡大で)国が推進しているのに、過熱だとブレーキをかけるのはいかがなものか。スバル車を謝礼品に加えたのは、総務省への抵抗だ」と話している。

高崎経済大の増田正教授(政治学)は「住民税は本来、住民サービスを受ける自治体に納めるべきだ。競争が激化すれば有力な物産品のない自治体は不利。地方創生を掲げる国も、小手先ではなく、抜本的な財源確保に努めるべきだ」と指摘している。
yomiuri.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-02 09:13 | スバル | Comments(0)

スバル インプレッサのテストカーは次世代PHV?

新たに米国でスクープされたインプレッサのテストカーです。

00000

000

0000

何度もあちこちで目撃された同車ですが、
フォードのプラグインHV車と一緒に走らせているところから、
新しいシステムを採用した  XVハイブリッド ではないでしょうか。
autoguide.com

[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-30 12:36 | スバル | Comments(0)

スバル 軽を買うと初回車検代無料 (°д°)

00000


http://www.subaru.jp/campaign/area


[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-28 20:26 | スバル | Comments(6)

スバル 時期インプ?それともレヴォーグのセダン版か?

0000

高速道路のPエリアで駐車されていたスバル車です。
ターボ車の象徴であるボンネット上のエアインテーク、内装をみたところ
レヴォーグのセダン仕様のようです。
他の画像はこちら

読者の いわっき 君からの見立てでは、
「 これは次期インプレッサのテストカーだと思われます。 レヴォーグのセダン版は実質的には現在のWRX S4です。 現行インプレッサG4にレヴォーグのフロントを付けたテストカーですね。 内装もインプレッサのままです。 エアインテークやフェンダーの感じからターボではないと思います。 次期インプレッサは現行よりも、よりワイドになると思われます。 」

[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-19 11:35 | スバル | Comments(2)

スバル ハイブリッド機構が世代交代

スバルのハイブリッド機構が世代交代を果たすという。

0000

同社のハイブリッドカー第1弾は2013年6月にデビューしたXVハイブリッドで、2015年7月にインプレッサに同システムが移植されて第2弾が発売されたばかりだが。 ずばり、そのユニットとはトヨタが次期プリウスから用いるTHS-IIIになるようだ ・・・・・・・・・・
carsensor.net

[PR]

by ganbaremmc | 2015-08-18 17:39 | スバル | Comments(0)