カテゴリ:スバル( 251 )

【動画】スバル 新型フォレスター レポ





エンジン始動時にライトがキョロキロ動くっ ( °o°)
「 最新型のライトはステアリングに同調して向きが変わり、
ハイビームでも対向車にまぶしくないよう
自動で照射しない部分を作るそうです。 」
minkara.carview.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-24 14:49 | スバル | Comments(0)

スバル 新型インプレッサ コンセプトカー





次世代のスバル・インプレッサがロサンゼルス・モーターショーで公開された。

4ドア・セダン・タイプに関しては、東京モーターショーにて5ドア・ハッチバックのコンセプトカーが公開されてから数週間後のデビューとなる。製品化は2016年。スバルのインディアナ工場で行われる予定であり、スバルの新世代モデルのうちの最初のモデルとなる。2014年5月に発表した新中期経営ビジョン ‘際立とう2020’ の第1弾としても位置づけられる。あたらしいプランの基軸となるのは、インプレッサからアウトバックまでのすべてのモデルの適合を目指す新型プラットフォームの採用である。これにより、車体は従来よりも遥かに軽くなることが期待される。スバルがファミリー・ハッチバック市場で有力なフォード・フォーカスやマツダ3(日本名:アクセラ)をベンチマークとしているのは明らか。最新のスクープ写真からは、ハッチバックとセダンの両方が確認されており、なかにはフォード・フォーカスと一緒に走行している写真もあった。偽装した状態ではあるが、これまでよりも大きなエア・インテークがフロントに組み込まれリアの大型リップ・スポイラーも確認されている。ヘッドラインの形状もコンセプト・モデルのものを使用する可能性が高い。「ダイナミックxソリッドと呼ばれるあたらしいデザイン言語を将来的に採用していく予定です」と語るのはデザイン・チームを率いる石井守だ。「このコンセプトはあたらしいデザイン・テーマのもとに作られました。硬くがっしりとした素材からインスピレーションを受けています」「今回ロサンゼルス・モーターショーで公開したモデルは、スバルのエンジニアリングのシンボルだと考えていただいて構いません」スバルUSのチーフであるトム・ドールは、「新世代のエンジンにはシリンダー・カット技術も採用しています」とも語っている。販売は2016年終盤ではないかとAUTOCARは予想しており、値段も現行モデルからは大きくかけ離れたものにならないのではないかと見ている。
autocar.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-19 17:02 | スバル | Comments(6)

スバル 吉永社長インタビュー

富士重工業の吉永泰之社長は日刊自動車新聞社とのインタビューに応じ、
日本市場で先行している先進安全運転支援システム「アイサイト」の
導入市場を拡大する方針を明らかにした。

000000000

世界市場で「安心と愉しさ」という統一したブランドイメージを訴えかける活動の一環。今年3月に欧州で発売した「アウトバック」に採用したのに続き、近く台湾に導入することも決定しており、今後も順次市場を拡大する。2016年に発売する新型「インプレッサ」から全世界の最新衝突安全性能に対応する「スバルグローバルプラットフォーム」の導入と合わせてブランド力向上につなげる。

 ブランド戦略の世界統一に注力する考えは新中期経営ビジョンで掲げている。アイサイトについては、日本で「レガシィ」「アウトバック」に標準装備しているほか、「フォレスター」や「XV」でも装着率は約9割と普及している。米国でもモデルによっては約6割が装着しており、競争力の一つとなっていることから、他の市場でも導入を急ぐ。
 また、吉永社長は北米での販売についても触れ、当初20年をめどに年販60万台を計画していたが、15年暦年ですでに61万台に達する見通しを示した。ただ、中期販売計画の修正は「販売に勢いがあるからと台数目標を大きく上げると、新興国に出ようとか、コンパクトカーをつくろうという話になりビジネスモデルが崩れてしまう」と大幅には行わない方針。
 一方で、値付けの見直しも進める考えだ。従来は「販売台数が少ない市場では、高めの価格が設定されていた」ため、欧州で「他銘柄との競合状態が日米と同じようになるよう調整した」。これをはじめ「世界中どこでも同じようにする」方針だ。中国など価格競争が激化している市場においても「乱売は疲弊するだけ。個性をわかってもらえる人に買っていただければ」と、台数を追わないマーケティング重視の活動に切り替えている。他の地域においても北米や日本での展開と同様に、安全性や使用する価値を訴求するマーケティング活動に注力していく方針だ。
日刊自動車新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-17 13:13 | スバル | Comments(0)

スバル、米工場で新型クロスオーバー車生産へ

000000000

富士重工業は、米インディアナ州ラファイエットの工場で、
3列シートの新型クロスオーバー車を生産する計画を発表した。
生産開始は2018年の見通しという。
jp.reuters.com

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-10 14:05 | スバル | Comments(0)

スバル ボクサーエンジンは今後どうなる?

水平対向エンジンは生き残れるのか。富士重工では、
経営幹部も開発陣も「水平対向エンジンが我が社のカンバン」だと思っているようで、
まだしばらくは採用が続きそうだ。

000000000

しかし、問題も山積みとなっている模様。 
富士重工の開発陣は今、次世代の水平対向エンジンのコンセプトを考えている。最新の機構を使ったOHVヘッドの採用や、ダウンサイジングターボなどが検討されたが、現在は「エンジンの排気量カットとハイブリッド化」が本命となっている。水平対向エンジンを縦置きで前輪の前に配置し、後輪はモーターで駆動する方式を模索中だ。 ・・・・・・・・・
続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-06 08:58 | スバル | Comments(7)

スバル 2016年に米生産を倍増

富士重工業は米国工場の生産能力増強を半年ほど前倒しし、
2016年夏から始める。好調な北米販売に生産が追いついていないためで、
年間能力を現在のほぼ2倍にあたる39万4000台に引き上げる。

000000000

1つのラインで異なる車種を製造する「混流生産」を広げて需要の変動に対応しやすくし、
今後の北米展開に備える。

米生産子会社であるスバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ(SIA、インディアナ州)の工場を増強する。2本ある生産ラインのうち1本が自社のスバルブランド用で、もう1本は07年からトヨタ自動車の北米向けセダン「カムリ」の製造を受託している。スバル車の生産能力は現在20万台で、多目的スポーツ車(SUV)「アウトバック」やセダン「レガシィ」を生産している。

カムリの受託生産は16年秋に終了し、生産ラインを同年末からスバル車用に切り替える予定。これにより約12万台の生産能力が上乗せとなることが決まっている。さらに同じタイミングで約7万台の増強に向けて設備更新を始める計画だったが、これを16年夏に前倒しし、北米販売の4分の1を占める人気車種、アウトバックを中心に増産する。

増強後は混流生産を広げる。既に自社用ラインではアウトバックとレガシィを混流生産しているが、もう1本のラインも混流できるようにする。車種ごとの需要変動に合わせ、柔軟に生産量を調整できるようになる。富士重はSIAの生産能力を当初は20年度までに40万台程度に増強する計画だった。北米の需要が想定を上回って推移したため、今年5月には16年末に前倒しすると発表していた。今回で2度目の計画前倒しとなる。

富士重にとって北米は世界販売台数の6割を占める主力市場。16年の販売台数は初めて60万台を超える見通し。ただ富士重の北米依存度は年々高まっており、市場が変調すれば業績への影響が大きい「一本足」のリスクもある。米国に続く収益市場の開拓が急務になる。
日本経済新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-05 17:30 | スバル | Comments(1)

スバル 新型インプレッサ セダンがスクープ


no title

00

7e8d5a2

000000000

000000

2

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-04 05:59 | スバル | Comments(0)

【10/31更新】スバル 新型インプレッサはほぼこの姿で

いわっき さんのツィートより

000000000

0000000

次期インプレッサに関して関係者は
 「 これまでも量産モデルの発売前にデザインコンセプトを発表しましたが、多くはデフォルメされていたのも事実です。しかし、今回のインプレッサ 5-DOOR コンセプトは量産型にかなり近い 」
とのこと!!!!!
https://twitter.com/iWAKKI_555/status/6425257985

予想CGです
http://www.carscoops.com/subaru-impreza

000000000

0000000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-31 21:56 | スバル | Comments(7)

スバル sti S207完売か

000000000

0000000

http://sti.jp/product/s207/index.html 
ちなみに応募総数は674でございました。
三菱エボが無くなったので完全にライバル不在というやつです。
誰が悪い? そりゃ益子ですよマスコ


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-31 21:24 | スバル | Comments(2)

【更新】東京モーターショー 富士重工ブース








[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-28 20:01 | スバル | Comments(0)