カテゴリ:スバル( 213 )

【動画】スバル 新型SUV「ASCENT CONCEPT」公開



スバルは、米国・ニューヨークで開催された「2017年ニューヨーク国際オートショー」(プレスデー:4月12日~13日、一般公開日:4月14日~23日)で、現在開発中の新型3列ミッドサイズSUVの名称が「ASCENT(アセント)」に決定したことを発表するとともに、同モデルをイメージした7名乗車が可能なデザインコンセプトカー「SUBARU ASCENT SUV CONCEPT」を公開した。
公開されたデザインコンセプトカーは、スバル共通のデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」の下で、3列SUVに求められるゆとりあるサイズ感に加え、スバルらしい機能性を内外装で提示。北米市場専用車種として米国生産拠点のSUBARU OF INDIANA AUTOMOTIVEで生産され、次世代プラットフォームであるSGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)や新開発の水平対向直噴ターボエンジンなどを採用し、2018年に市場導入予定であることを明かした。

ボディサイズは5050×1990×1840mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2970mm。タイヤサイズは275/50 R21となっている。
car.watch.





[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-13 06:48 | スバル | Comments(0)

国沢氏「新型XVは1.6Lもいいが、俺は2.0Lを選ぶ」

国沢さんの新型XV試乗レポより

7e

新型XVから追加された1.6リッターを試す。巡航時の回転数は若干高くなり、結果的にカタログ燃費も落ちてしまうが、動力性能とバーターなら納得出来るだろう。インプレッサの1.6リッターより元気よく感じるほど。1.6リッターでも納得出来るけれど、雪の広場をアクセル全開で走りながら「自分で買うなら2リッターを選びますね」と思った。ちなみに実用燃費は同等らしい。・・・・・・・続きはこちら


さらっと愛車のアウトランダーPHEVの四駆性能も誉めてるとこが
国沢さんらしいとこ kunisawa.net


[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-12 20:35 | スバル | Comments(1)

スバル新型XVがスゴすぎる!アクセル全開で雪上ドリフト!



スバル新型XVは、フルモデルチェンジでAWD制御システムの「X-MODE」を初搭載。
最低地上高も200mmを確保し、本格SUVに引けを取らない性能を手に入れた。
今回、季節外れの大雪の中、クローズドコースで走行する機会を得た。
深い雪にはまっても難なく脱出できたり、アクセル全開でドリフト走行もこなすほど!
新型XVの高いAWD性能を垣間見ることができた。
オートックワン TV!

[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-11 22:50 | スバル | Comments(5)

スバル 新型XVの動画いろいろ



みんからの方でXVの発表会に行かれた方のブログを見つけました。
写真がたくさんあって見ごたえありますよ。
minkara.carview.co.jp/userid/109646/album/240742/




[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-06 20:18 | スバル | Comments(0)

スバル 新型XVのカタログ画像



社名が「SUBARU」に変更してからの新車第一弾。
新型XVのライブ中継が、4月6日午後1時にされます。

6588278

加えて、某掲示板で新型XVのカタログ画像が投稿されていました。
投稿された方に感謝。
たくさんあるので、姉妹ブログでご覧ください。 
残りの画像はこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-03 20:14 | スバル | Comments(0)

新型XVに火山灰コーティング?愛妻ト?焼酎HV

新型XVに火山灰コーティング???
焼酎HVに、3Dプログラムで愛妻と・・・・・
笑うところですか??

5e
twitter.com/uzim1104/0471597318146

5e81d5a1-

6

6e

さすがにまずいと思ったのか?
南九州スバルのHPでは「 架空のもの 」と、伝えています。
minamikyushu.kyushu-subaru.jp/


[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-01 20:24 | スバル | Comments(6)

スバル 新型XV販社で撮影 ③

価格.com にょろぽん さんが撮影

5e

6

5e81d5a1-

6e

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-30 20:24 | スバル | Comments(3)

スバル 新型XV販社で展示

某掲示板で、スバル販社で撮影された新型XVの画像がありました。

6

5e

5e81d5a1-

6e

https://twitter.com/kobysun/status/845865228281638912


[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-29 21:30 | スバル | Comments(2)

スバルはなぜ「無人自動運転」を目指さないのか

「運転支援システム『アイサイト』を軸に究極の運転支援の実現を目指す。
この延長線上にあるのが自動運転だ」。
取締役専務執行役員の武藤直人は富士重工業が目指す自動運転技術開発の考え方をこう表現する。  

5e

ぶつからない技術―。
2008年5月に投入したアイサイトはスバルブランドの代名詞だ。世界で初めてステレオカメラだけで車や歩行者を検知し衝突事故を防止する機能を実現した。  国内におけるアイサイト搭載車は非搭載車に対し、1万台当たりの人身事故発生件数が6割減、車両同士追突事故に限ると8割以上減少。アイサイト搭載モデルの世界累計販売台数は昨年末に100万台を突破した。  米グーグルなど自動運転車の開発を進めるメーカーの中には、ドライバーが運転に関与しない無人自動運転車の実用化を目指す企業もある。公道での無人自動運転車の走行実験を認める各国の動きも活発化してきた。  
だが富士重は「無人運転が可能なくらいの技術レベルまで高めてはいくが、ドライバーの不在を想定した自動運転車は目指さない」。武藤はこう強調する。  ドライバーに“安心と愉(たの)しさ”を提供するスバル車にドライバー不在の自動運転はそぐわないからだ。  自動運転技術の高度化を巡っては日系メーカーでは日産自動車がミニバン「セレナ」にイスラエル・モービルアイの画像処理技術を使い、渋滞時の自動走行を実現。海外競合なども経営資源を集中させ開発を進めている。  これに対し武藤は「アイサイトはまだまだ進化する。自信がある」と断言する。アイサイト自体の性能向上はもちろん他のセンサーも使用し、対象物の認識精度を一段と高める。16年4月には日本IBMと組み、アイサイトが取得した走行データを効率良く管理できるインフラを構築。開発を円滑に進める土台もできた。20年には高速道路で車線変更できる自動運転技術の実現を目指す。
newswitch.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-27 07:17 | スバル | Comments(3)

スバル 新型XVが販社に到着

5e
twitter.com/yuta2437oku/675653632/
@yuta2437oku

5e

6e

5e81d5a1-

6


[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-25 19:25 | スバル | Comments(2)