カテゴリ:マツダ( 370 )

マツダ 新型CX-6はロサンゼルスモーターショーで披露

マツダ幹部は、3列シートSUVの“CX-6”の市場導入を公言している。
日本国内市場での新型CX-6導入はあるのか? 結論から言えば、『ある』。

その理由は、マツダのミニバン『MPV』の今後への対応だ。
ディーラーでは、「お客さんから、MPVのディーゼルが出れば、すぐに買いたいと言われているのですが、いったいいつ出るか?」という声をよく聞く。・・・・・・・続きはこちら

5e81d5a1-

この新型車は今年のロサンゼルスモーターショーで披露するとのことです。
詳細はこちら 


[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-05 20:39 | マツダ | Comments(0)

なぜ教習所は「アクセラ」ばかり?マツダに聞く

普通自動車運転免許の教習で乗ったクルマは何でしょうか。
15年ほど前に運転免許を取得した記者の場合、
タクシーなどでよく見かけるトヨタ「コンフォート」や日産「クルー」だったと記憶しています。
ところが近年に取得した人と話をしていると、多くの人がマツダ「アクセラ」だったといいます。その「アクセラ」を普通車の教習車として導入している東京都葛飾区の平和橋自動車教習所に話を聞きました。
・・・・・・・続きはこちら

5e81d5a1-
画像元 lawson-drive.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-02 10:18 | マツダ | Comments(8)

国沢氏「車貸して」ホンダ「OK!」マツダ「やなこったw」

日本じゃ依然としてツマらないクルマ路線を続けるようだけれど、
そろそアメリカでマツダ車を売るディーラーからモンク出てきたようだ。

手始めに出してきたのがアクセラの2,5リッターモデル。
カートップ誌で「 フィットとデミオ1300ccの実用燃費比較をしよう 」となり、ホンダとマツダに広報車借りようとした。ホンダは「 いいですよ 」。 けれどマツダは広報でなく開発部門から「 イヤだ 」という返事。
・・・・・続きはこちら

5e


[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-31 20:24 | マツダ | Comments(11)

マツダ 国内販売3か月連続減。理由は新型CX-5

マツダは3月29日、2月度の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同月比0.6%増の13万0655台で、2か月ぶりのプラスとなった。国内生産は『CX-5』や『アクセラ』などが減少し、同9.7%減の7万8319台で3か月連続のマイナス。海外生産はアクセラの増加や『CX-4』の生産開始などにより、同21.3%増の5万2336台で、2か月ぶりのプラスとなった。国内販売は『デミオ』などの減少で、同10.1%減の1万9439台と3か月連続のマイナス。登録車のシェアは同1.6ポイントダウンの4.7%となった。輸出も北米、欧州、オセアニア向けが減少し、同15.3%減の5万6768台で、3か月連続のマイナスとなった。 レスポンス

中国新聞によると・・・

5e
chugoku-np.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-30 06:59 | マツダ | Comments(1)

マツダ 新型CX-6の市販姿を予想

5e81d5a1-
twitter.com/OER3264F/565026304


twitter.com/NCP131_Seiyan/status/4747904

先日ブログでも紹介させていただいた、
マツダ新型3列シートのミニバン、「 CX-6 」のテストカー。
これをもとにnobutaCG さんが、
市販姿を作成してくれました。




[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-28 20:54 | マツダ | Comments(3)

マツダ 新型CX-5を防府工場でも生産追加

マツダは、現在、本社工場で生産しているクロスオーバーSUV「マツダ CX-5」を、
今年(2017年)11月から防府工場(山口県防府市)でも生産することを決定したと発表した。

5e

これにより、グローバルに高まるSUV需要への柔軟かつスピーディーな対応を強化する。マツダは、中期経営計画「構造改革ステージ2」(2017年3月期?2019年3月期)で掲げているグローバル販売台数165万台の達成に向けて、クロスオーバー系車種を需要に応じて柔軟に生産できる体制の構築に取り組んでおり、2016年12月には、本社工場に加え、防府工場においてもコンパクトクロスオーバーSUV「マツダCX-3」の生産を開始。2017年の2月に国内で販売を開始した新型「CX-5」は、発売から約1カ月で月間販売計画台数の約7倍にあたる1万6639台を販売する好調ぶり。「CX-3」に続き、「CX-5」も防府で生産することで、工場間・車種間のフレキシブルな生産体制のさらなる強化を図り、ユーザーのクロスオーバー系車種への要望に、迅速に応えられる体制となる。carview.
[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-28 07:14 | マツダ | Comments(0)

マツダ 小飼社長「セダンも必要だ」

マツダ 小飼雅道社長のインタビュー記事

5e

多目的スポーツ車(SUV)が人気だが、セダンの販売も伸ばしたい。欧州の高級車にも勝る車を造るには、車の基本であるセダンで技術を鍛える必要がある マツダのSUV販売台数は全体の4割を占めているが、小飼雅道社長は「セダンにもしっかり開発資源を投入する」と強調する。SUVも小型車もセダンを開発のベースにしている。「SUVの商品力を高めるためにも、セダンの性能が重要になる」と話す。 
日本経済新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-28 07:09 | マツダ | Comments(11)

マツダ 新型CX-5台湾での販売告知が本気すぎる

5e
価格.com sanfresco さんが撮影

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-27 20:12 | マツダ | Comments(3)

対照的なSUV、快適なティグアンと一体感のCX-5

CX-5が、2017年2月に全面改良を受けて2代目となった。
ほぼ時を同じくして、2017年1月にCX-5と同じ欧州Cセグメントに属するフォルクスワーゲンのSUV(多目的スポーツ車)の「ティグアン」も全面改良を受けて国内で発売されている。この両車は同じセグメントに属するクルマでありながら、極めて対照的だったのである。 ・・・・・続きはこちら

5e


[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-24 20:19 | マツダ | Comments(16)

マツダ、米国でレンジエクステンダーEVとロータリーエンジンの特許を取得

5e


Autoblogは、マツダがアメリカで取得したレンジエクステンダーEVと
ロータリーエンジンに関する特許に関して伝えています。・・・・・
詳細はこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-23 09:12 | マツダ | Comments(2)