カテゴリ:マツダ( 443 )

広島企業団体 マツダとトヨタの提携に期待と不安

7e5d5a1-
chugoku-np.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-06 20:28 | マツダ | Comments(1)

山本氏「マツダは内燃機関にこだわっているわけじゃない」

山本晋也さんのブログより

7e5d5a1-

トヨタとの業務資本提携によってEVの開発をスタートさせるといったイメージで報じられているマツダですが、すでに2012年にデミオEVをリリースしているなど電気自動車の基礎研究は済んでいる状態。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-06 08:11 | マツダ | Comments(3)

マツダ 次世代エンジンを搭載車はアクセラ?

7e5d5a1-

海外の自動車情報サイト carscoops.com で、
マツダが開発中の次世代スカイアクティブエンジンを搭載したコンセプトカーが
東京モーターショーに出品するとありました。
そのコンセプトカーは 「 MAZDA3 」と記載されているところから、次期アクセラですね。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-05 09:00 | マツダ | Comments(0)

トヨタ、マツダと資本提携へ EV共同開発など取り組み

トヨタ自動車がマツダと資本提携することが4日、分かった。トヨタがマツダに数%出資する方向で調整している。世界的に強化されている環境規制に対応するため、電気自動車(EV)の共同開発などに取り組むとみられる。午後にも東京都内で会見する見通しだ。両社は2015年5月、環境や安全技術を中心に業務提携することで合意。具体策を詰めてきた。 朝日新聞

トヨタ自動車マツダは資本提携する方向で最終調整に入った。トヨタがマツダに5%前後、マツダもトヨタに出資する案を軸に協議している。電気自動車(EV)の共同開発や米国内で新工場の建設を今後検討する。EVシフト、自動運転など自動車技術が大きな転換点を迎えるなかで、トヨタは全方位での提携で生き残りを図る。日本経済新聞

7e5d5a1-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-04 07:53 | マツダ | Comments(3)

マツダ 北米ディーゼル車投入は延期?

本日、マツダ決算発表で気になったのがこちら

7e5d5a3-
http://www.mazda.com/pre170802_j.pdf

資料、2018年3月期通期見通しで、進捗状況を記したページをみると、
北米にクリーンディーゼル車投入のことがありませんでした。

7e5d5a2-
http://www.mazda.com/pre170428_j.pdf

2017年3月期通期決算のプレゼンでは、
しっかりと今年後半に出すと記載されているのに。
延期したのかな?

7e5d5a11-


マツダ ディーゼルに取り込む姿勢に微塵の変化はない
マツダの第1四半期決算で、販売好調が伝えられた同社の主力SUV「CX-5」だが、今年度後半には、北米市場向けにディーゼルエンジンモデルの投入計画がある。昨今の情勢が、ディーゼルエンジンのイメージ悪化につながれば販売に影響が出かねないが、マツダとしては北米向け車種展開の計画変更は考えていないそうだ。
マツダは8月8日に小飼雅道社長が都内で会見し、技術開発に関する新長期ビジョンを公表する予定になっている。 carview.

[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-02 20:40 | マツダ | Comments(9)

いち早く新燃費基準WLTCに対応したマツダの理由

7e5d5a11-

車種によっては3割以上、4割近く実用燃費が下がることもあった。
1Lあたり10km/L以上も低い燃費が実情となり、カタログ燃費の存在意義が希薄化してきていた。マツダでエンジン開発を率いてきた常務執行役員の人見光夫氏は当初から、・・・・・・・・・・・・・続きはこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-01 20:53 | マツダ | Comments(1)

マツダ 新型CX-8は9月発表。価格は

マツダの3列シート6~7人乗りSUV「CX-8」は9月の発表、1
0月の発売が有力になっています。

7e5d5a11-

CX-8は、CX-5ベースで全長を延長、3列目シートを設置した多人数乗り仕様となります。パワーユニットは当面2.2Lディーゼルのみで、1年程度遅れて2.5Lガソリンエンジンを搭載する見込みです。CX-5に比べると全幅は同じで、全高は30mm程度高い1730mm、全長は300mm程度長くなり4900mmのサイズとなります。3列目シートは大人が比較的ゆったり座れるスペースを確保します。2列目シートは2人乗りキャプテンシートと中央にスライド方式の補助シートをつけた3人がけシートの両タイプを設定します。
本体価格は約320万円、330万円、340万円の3グレード構成で、比較的買い得な価格設定となります。販売目標は月販2000台程度を目指す見通しです。年内に生産中止するプレマシー、ビアンテ両ミニバンの後継モデルの位置づけとなり、8月上旬にも予約受注をスタートさせると思われます。bestcarweb.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-29 20:14 | マツダ | Comments(3)

マツダ 新型CX-8公開

マツダは、2017年中に発売予定の、国内向け新世代商品として初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-8」の外観を一部公開しました。

7e5d5a2-

7e5d5a11-

「CX-8」は、マツダの新世代商品群の最新モデルであり、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなります。「CX-8」は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客さまに向けた、マツダの新しい提案です。 デザインについては、「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」をコンセプトに、時を経てもお客さまの感性を刺激し続ける先進性を目指し、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」をより高い次元へと深化させました。国内における最上位SUVとして、風格や質感にこだわり、インテリアも色や素材の一つ一つにまで吟味を重ねています。 マツダは今後も継続的な進化を続けながら、すべてのお客さまに走る歓びと優れた環境安全性能をお届けすることで、お客さまとの間に特別な絆をもつブランドを目指してまいります。mazda.com

7e5d5a3-


まんまCX-5ですが、
比較すると、後ろの窓が延びているのが明らか。

7e5d5a1-

7e5d5a3-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-25 13:05 | マツダ | Comments(6)

マツダ 2017年第一四半期は営業減益

中国新聞 7月25日 記事より

7e75d5a1-



7e5d5a19-


chugoku-np.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-25 08:35 | マツダ | Comments(1)

マツダが部品調達見直し 為替リスク減へ

マツダは為替リスクを減らすため、部品調達の方法を見直す。海外の大手メーカーから調達したり、ドル建てで買う部品を増やしたりする。2017年3月期は対ドルで1円の変動で営業利益が14億円増減したが、18年3月期は9億円にしてピーク時より7割少なくする。 ・・・・・・・・
日本経済新聞

7e5d5a2-

対策として海外からドル建てで部品を購入し、日本で組み立て、そこからアメリカへ輸出するという手法。特に車体価格の高いCX-5などは効果絶大で、今後、ユーロなども同様に取り組むそうです。
スバルは相変わらずですが、
他メーカーは為替による影響を最小限にしつありますね。


[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-22 08:43 | マツダ | Comments(0)