カテゴリ:マツダ( 443 )

1000万円超か?マツダ新型「RX-9」が2019年発売へ

世界初のロータリーエンジンを搭載し、
1967年に発売された「コスモスポーツ」から50年の節目となる2017年、
マツダは東京モーターショーにおいて
新型ロータリーエンジン搭載の「RX-9」を初公開するとの情報を得た。

7e5d5a1-

しかも発売は2019年、価格は安くて800万円、マツダ初となる1千万円超えともいわれる。その姿は2015年の東京モーターショーで公開された「RX-VISION」を踏襲し、マツダ独特のライン形状と押出の強いフロントエンドが特徴で、高級感溢れるデザインという。気になるパワートレインは、450psを発揮するという新開発のロータリーエンジン「SKYACTIVE-R」でFR、ボディサイズは全長4440mm、全幅1910mm、全高1180mm、車重は1300kg~1350kgと予想されている。news.livedoor.com

中国新聞 7月20日記事より

7e5d5a2-
chugoku-np.co.jp



[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-20 07:49 | マツダ | Comments(9)

マツダ CX-3ガソリン仕様、ディーラで試乗可?

マツダHP CX-3のページで、ガソリン仕様の試乗検索が可能になっています。
皆さんのところには配備されていますか? ・・・・・こちらで確認

7e5d5a3-



7e5d5a1-

7e5d5a2-

https://twitter.com/finalcrossfight/status/886100108563038208


[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-19 21:18 | マツダ | Comments(0)

マツダ 米国販売店数はスバルと同じなのに販売台数が少ない

7e5d5a11-


昨年、日本人として約20年ぶりに北米統括会社社長に就いた毛籠勝弘専務執行役員がこのほど、東洋経済のインタビューに応じた。 米国に着任した当初、販売網ではスバルを随分研究してきた。マツダとスバルの販売店舗数は600店強とほぼ同じだが、スバルは1店舗あたり年間平均でうちの倍以上の1050台を売る。スバルは2009年に経営破綻したGM(ゼネラルモーターズ)から ・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-19 09:30 | マツダ | Comments(0)

マツダ アクセラセダンに1.5DE追加か

価格.comより
ディーラーに行ったところ、営業マンからセダンの15XD系が追加されると言われました。検討中の方はご参考まで…

2017/07/14 11:27 amivaa さん

7e5d5a11-

ネット掲示板にもありました。
◆2017/07/14(金) 09:11
年次改良で15XDにセダン追加されるやん。9月28日まで待てればだけど
◆2017/07/14(金) 10:23
店や対応する店員次第かもしれないけど、 自分は先週末で15xdセダンの見積出してもらえたよ。
◆2017/07/08(土) 18:45
アクセラ、8月末発表でアラウンドビューモニターが付くとのこと。

【 追 加 】
読者さまのコメントより
◆2017/07/15 13:32  storMさん
今日聞いてきました!同時に色もソウルレッドプレミアムメタリックからソウルレッドクリスタルメタリックに変更されるそうです!あと全方位モニターが搭載されるとのこと!


[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-15 17:48 | マツダ | Comments(12)

国沢氏 CX-8予約開始?新型CX-5の販売が不振だからか

驚いたことにマツダのお得意さんを対象とした
新型CX-8の先行予約が始まっているようだ。
どうやらマツダは、新型CX-5の販売に大きな問題を抱えているらしく(予想を大幅に下回っている、という意味)、新型CX-8を早出ししようという戦略らしい。

7e5d5a3-


正式発表は9月で11月には納車開始。
8月に入れば受注を開始するようだ。すでに得意客に対し新型CX-8のスペック紹介を始めている。まず概要を。 何度も紹介してきた通り、CX-5の後ろを300mmほど延長して(全長4900mm)、前に倒して収納する3列目シートを追加する。2列目はベンチシートの3人がけ(7人乗り)と、キャプテンシートの2人がけ(6人乗り)。3列目シートが2人乗り。 気になる居住スペースだけれど、様々な情報をまとめてみたら、3列目のスペースはミニバンのマツダ プレマシーに若干届かない雰囲気。プレマシーの場合、身長183cmの私が何とか座れる(ウィッシュより足元のデコボコ多くて快適と言えない)。新型CX-8の3列目シート、170cmくらいまでを対象にしているようだ。おそらく少し大柄な人(背だけで無く横も含む)だと3列目に乗るのは厳しいかもしれない。子供や女性、小柄な人用だと割り切った方が良いだろう。衝突安全性を考えれば幼児や子供は2列目シートに座らせたい。衝突基準の無い3列目シート(追突されたら厳しい)の用途、個人的は祖父と祖母用だと思う。 搭載されるエンジンは、2200ccの4気筒ディーゼルのみで決定。直噴ガソリンターボ付きを含めた2500ccも検討中ながら、出るとしても1年後になるようだ。このタイプのSUVはディーゼルを基本に考えるべき。私も買うなら迷うこと無くディーゼルにする。絶対的な動力性能だって文句あるまい。 気になる価格は320万円スタートという情報が最も多い。マツダ式自動ブレーキであるプロアクティブが標準装備されるとすれば、新型CX-5の20万円高。無いとすれば50万円高。まぁ50万円高に設定したら最初から売れないと思うので、20~30万円高だと予想しておく。5年後に手放す時のリセールバリューを考えたら新型CX-5より得? 最
近のマツダは新型車に大きな期待をする傾向。好例が新型CX-5で、フルモデルチェンジしたら好調に売れると考えていたようだ。マツダの経営陣と話をしていると「売れない理由」をあまり認識していないように思う。おそらく今の販売戦略のままだと新型CX-8も厳しいかもしれません。
国沢光宏
[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-13 23:33 | マツダ | Comments(22)

マツダ メキシコ工場でSUV生産

7e5d5a11-

2017年7月8日 中国新聞

7e5d5a11-
chugoku-np.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-08 11:31 | マツダ | Comments(0)

マツダ 新型CX-5のDPFの進化ぶり

価格.comの書き込みより

新型CX-5ディーゼルのDPF再生時間が、旧型と比較しかなり短くなってないですか?
旧型は再生が始まってからなかなか終わらなかったような気がしますが、新型は気づかない間に少し走っただけで終わっています。 DPF再生自体も、エンジン音の変化が微妙なんで、わかりにくくなってます。
技術の進歩は早いですね~。
あきやんGOLD さん

全く同じ事を思っていました。 燃費の向上にも一役かっておりますね(^^)
静粛性の向上もあってかDPF時の音が分かりにくいですよね。笑
yamataku1031 さん

私は今回CX-5初めてのディーゼルでしたが、前情報ではDPFが始まったらかなり長く走らないといけないと言われていましたが、実際納車して走ってみると5分~10分もしないうちに終わってしまい最初は心配でしたが、皆さんも一緒のようで安心しました!
パイプマンZ さん

7e5d5a1-

旧型ほど煤が溜まらなければ天晴!
今後に注目

[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-02 07:55 | マツダ | Comments(6)

マツダ CX-3に1.5Lガソリンを採用しなかったのは?

7月1日 日刊自動車新聞 「 インタビュー マツダ 商品本部主査 冨山道雄氏 」 で、
7月27日発売予定のCX-3 ガソリン仕様についての話が記載されていました。

7e5d5a1-

●これまで国内ではディーゼルのみだったのは、CX-5の購入者9割がディーゼルだったから
●ガソリン仕様追加でも月販目標は2千台のまま。
●CX-3発売当初、女性ユーザーは2割ほど。今は4割。 
●価格、安全装備など女性ユーザーを意識した価格にした。
●ガソリン車は化けるとみている

そのなかで、皆さんが一番知りたかった質問がこちら
「 2リットルエンジンを搭載した理由は? 」
・・・・・・・ 1・5リットルでは我々が期待する走りにならない。
ガソリンは低~中速域のアクセルレスポンスが良いのが特徴。これに対し、ディーゼルはトルクの立ち上がりに時間がかかるが、いったん力が乗るとどこまでもトルクで伸びるので高速向きだ。ガソリンに2リットルを持ってくることで、走りでもディーゼルとガソリンの性格づけを明確にした。
netdenjd.com

7e5d5a2-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-01 14:53 | マツダ | Comments(6)

マツダ社長「水素ロータリーの開発?辞めたww」

7e75d5a1-
twitter.com/3ma4/status/879920776459190272



[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-28 18:20 | マツダ | Comments(5)

マツダ 次世代エンジンを秋に公表

自動車メーカー、マツダの株主総会が広島県の本社で開かれ、
環境技術の開発競争が激しくなる中、
小飼雅道社長は、燃費を一段と向上させた新型のエンジンをことし秋に発表し、
環境技術にさらに力を入れていく考えを示しました。

7e5d5a19-


マツダの株主総会は広島県府中町の本社で28日午前10時から行われ、411人の株主が出席しました。
この中で、小飼社長は、平均の燃費を平成20年と比べて50%向上できるという新型のガソリンエンジンをことし秋に公表し、来年度以降に市場に投入する考えを改めて示しました。
小飼社長は 「 環境保全や安心安全な社会という課題の解決につなげたい 」 と述べ、環境対応の技術開発にさらに力を入れていく姿勢を示しました。 また、株主からは、ことしで50年を迎えたマツダの独自技術、ロータリーエンジンを搭載した新車の発売時期を問う質問が相次ぎましたが、経営側は 「 引き続き開発を進めていく 」 と述べるにとどまりました。出席した株主は「 競争が高まっている自動運転や電気自動車の分野にも、積極的に取り組んでもらいたい 」 などと話していました。NHK

平成20年の燃費と比較して五割向上?
比較対象が古すぎませんか?

[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-28 18:13 | マツダ | Comments(6)