カテゴリ:マツダ( 443 )

トヨタとEV開発を進めるマツダ

7e5d5a16-

マツダがトヨタとEV(電気自動車)を共同開発している。
マツダが手がけるEVは、アクセラ級のボディを持ち、スカイアクティブシャシーにも電動系テクノロジーが組み合わされるはず。KODOデザインもしっかりと織り込まれて、マツダファミリーの一員に見える容姿に仕立てられるだろう。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-27 20:20 | マツダ | Comments(1)

マツダ 今秋、次世代スカイアクティブを公開

中国新聞 6月23日

7e5d5a2-
www.chugoku-np.co.jp

7e5d5a3-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-23 08:09 | マツダ | Comments(0)

マツダ 新型CX-5のパトロールカー

7e5d5a20-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-19 00:59 | マツダ | Comments(1)

マツダ藤原常務「リーマンショックに大震災・・・赤字の垂れ流しで死ぬって言う状況でした」

7e5d5a5-


2017.6.15 プレジデントオンライン
「CX-5まで耐えろ」マツダが挑んだ離れ業

日本25%、アメリカ25%、ヨーロッパ25%、その他25%。今は中国が入ったので全部が5分の1ずつになりましたが、いずれにしても「ここ」という強いマーケットがないんです。全部大事。それを全てカバーしようとすると、デミオからCX-9までどうしても作らなくてはならない。必要なクルマは8車種ある。さあどうやって作ろうかと。その当時フォードから出向してきた経営企画責任者がまだ残っていて、当然「プラットフォーム流用でやればいい」というんですよ。・・・・・・・・・・・・・続きは下のリンクへ

藤原清志専務インタビュー(前編)

藤原清志専務インタビュー(後編)

[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-15 20:50 | マツダ | Comments(1)

「人気のコンパクトSUV!乗りたいのはどれ?」マツダ CX-3が首位

AUTOBLOG 公式Twitter にてアンケート調査
「 人気のコンパクトSUV!乗りたいのはどれ?」
洗練されたデザイン性と走行性能をあわせ持つ、コンパクトSUVモデル4車種の人気投票を行った結果は、次のようになった。
1位 マツダ「CX-3」(40%)
2位 トヨタ「C-HR」(29%)
3位 ホンダ「ヴェゼル」(19%) 
4位 日産「ジューク」(12%)
jp.autoblog.com/2017

7e5d5a4-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-11 21:16 | マツダ | Comments(8)

【6/8更新】マツダ CX-3のガソリン仕様についての情報


7e73d5a1-

 さんがツィートで得た情報をまとめてくれました。
・発表日は6/29
・2Lガソリンエンジン搭載
・新色「ソウルレッドクリスタル」追加
・AWD設定あり、MT設定なし。
・価格はXDより30~33万安くなっている。
・ 全車速MRCCやEPBについては記載なし
・暫定版価格表は4/30から各ディーラーに配信されている。
詳細はこちら

★★価格.comより
発売は、7月20日頃の予定とのこと。
6月には各販社に営業用資料が届くようでそのタイミングから事前予約が出来るようになるそうです。
2.0G搭載以外では安全装備のちょっとしたアップデート(デミオなどで標準化されたような感じ)くらいで、他に大きな変更はない予定だそうです。 価格は・・・聞き忘れましたw

2017/05/19 13:50 すっちー787 さん

【 追 加 】
★★某掲示板より
今日ディーラーで新型の資料見せてもらった
20Sで200万ちょっと、20SLパケ4WDが278万だって
スタイルは現行と全く同じ、装備もほぼ一緒
今回はマイナーチェンジではなく単なるガソリン車の追加みたいだ
2017/06/08(木) 22:11


[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-08 22:15 | マツダ | Comments(21)

マツダ関連企業 次世代エンジン搭載車に向けて投資を加速

日本経済新聞 6月8日
車部品、設備投資を加速 マツダ関連 販売好調で より

マツダへの部品供給を手掛ける中国地方の自動車部品メーカーが拠点の新増設や新しい設備導入など投資を加速する。ダイキョーニシカワは今期(2018年3月期)の設備投資額を約190億円と前期の2.6倍に増やす。本社や研究開発など分散する拠点を集約する検討に入った。
nikkei.com

7e5d5a3-


2019年3月期にも市場投入する、次世代スカイアクティブエンジン搭載車の準備が本格的に動いたということです。 また日本での販売は低迷していますが、世界全体での販売は160万台と前期より、増加する見込みで、サプライヤーもそれに合わせた投資という事らしいです。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-08 07:27 | マツダ | Comments(0)

マツダが他社に先駆けWLTCモード燃費を発表は話題作り

マツダが「未発売の車種の新しい計測モードに於ける燃費」を公表してきた。
もう少し具体的に書くと「ガソリンエンジンを搭載した新型CX-3のWLTCモード燃費」である。こういったプレスリリース、今まで見たこと無し。

どういった理由で公表したのか? 様々な事情を勘案してみた。
まずWLTCモード燃費だけれど、2018年10月以降に発売される新型車について義務づけられる、世界基準となる燃費モードであり、現在使われているJC08モードより若干実燃費に近づくというのが特徴だ。その前段階として、今年の夏以降は、WLTCモードの認可を受けることが可能。マツダは売れ行きが伸び悩んでしまっているCX-3にガソリンエンジン搭載車を追加するタイミングでWLTC燃費をアピールし、話題にしてもらおうという作戦なんだと思う。 マツダの関係者に聞くと、皆さん「CX-3の販売不振の要因はディーゼルエンジン車しかなく割高に感じるため」だという。かと いって普通にガソリンエンジン車を追加しても、ユーザーの多くは「地味だし燃費悪い」と感心を持ってくれない可能性大。そこでWLTCの初認定を前面に押し出せばメディアが取り上げてくれると考えたのだろう。その狙いはバッチリで、だからこそこのニュースになっている?

WLTCモード燃費で興味深いのが、『市街地・郊外・高速道路』という、三つの異なったモードの燃費を表示する点にある。JC08モードだと一つの数字しか無く、実際の使い方とかけ離れてしまう。3つのモードがあれば、自分の使い方に近い燃費をイメージ出来るから有り難い。なかでも目新しいのは市街地。

下表に挙げられた新型CX-3 (FF)のJC08モードを見ると、17km/L。こんな燃費、市街地だと絶対に出ないため、全く参考にならない。一方、WLTCの市街地モードなら12.2km/Lで、ずいぶん実燃費に近づく。郊外モードや高速道路モードも、流れに乗って走っていれば妥当だと思っていいだろう。

という観点でガソリンエンジンを搭載するCX-3の数値を見ると、なかなか優れている。これでリーズナブルな価格設定なら、CX-3のガソリンエンジン車もいいな、と考えるかもしれない。

これまでディーゼルエンジンに埋もれ、存在感薄く伸び悩んでいたマツダ車のガソリンエンジンも話題になる?

Text:国沢光宏


[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-07 08:15 | マツダ | Comments(1)

マツダ エンブレムを外した謎のテストカー

みんからのブログより

59a4cc2298

中国地方の某所で見かけました。
某自動車メーカーの実研車と思われる車両です。
既に市販されているので、エンブレムを装着していた方が逆に目立たないかと思いますが・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-06 07:30 | マツダ | Comments(1)

マツダ CX-3のガソリン仕様は2.0L

マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、『マツダ CX-3』のガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車(今夏発売予定)が、「WLTCモード*1」の認可を取得したことを発表しました。

WLTCモードは、3つの走行モード「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」で構成された国際的な試験方法です。従来のJC08モードに比べ、冷機状態での走行時間割合の増加、アイドリング時間比率の減少、運転者以外の乗員や積載物の重量考慮などにより、実際の使用実態を意識した内容となっています。

今夏以降、WLTCモードの認可を取得した車種から、同モードに基づく燃費「WLTCモード燃費」と、3つの走行モード毎の燃費値がカタログなどに表示されます。お客様は、自身の走行環境にあわせて、実態に近いモード燃費を確認することが可能です。なお、2018年10月以降に販売する新型車については、省エネ法*2に基づきWLTCモード燃費表示が義務化される予定です。

研究開発・MDI・コスト革新を統括する取締役専務執行役員の藤原 清志(ふじわら きよし)は、「マツダは、実質的なCO2削減とお客様価値の最大化に向けて、従来から実際に運転する状況での性能を重視して開発を行ってまいりました。地球や社会と永続的に共存するクルマをより多くの人々に提供することを追求し、さらなる省資源化や地球環境保護への貢献を目指してまいります。」と述べています。
mazda.com

7e5d5a1-

今号のベストカー「地獄耳」でも1.5だといってた
遠藤さん・・・・・・


[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-02 22:03 | マツダ | Comments(5)