カテゴリ:スズキ( 357 )

スズキ 新型ワークス開発者「当初はターボRSへのMT車の追加を考えた」

スズキが昨年12月に発売した
軽スポーツ車「アルト ワークス」が注目を集めている。
主力軽「アルト」の派生モデルとしてターボエンジンを搭載し、5速マニュアルを設定してクルマを操る楽しさや走行性能を追求した。平成12年まで約13年間で約26万6000台を販売した人気車種の復活となる新型車について、開発を指揮した水嶋雅彦氏に聞いた。 

00000

画像元 (株) 南海スズキ泉州南営業所

--復活の経緯は 
「 昨年3月にアルトの派生モデルとしてターボエンジンを搭載した『ターボRS』を発売し、好評だった。 ただ、顧客から 『 マニュアル車を追加してほしい 』 という声とともに、『 ワークスを発売してほしい 』 という反響が予想以上にあった 」 
「 当初はターボRSへのマニュアル車の追加を考えたが、どうせやるならば走行性能を追求したワークスをつくって楽しんでほしかった 」

--開発のポイントは 
「 かつてワークスに乗っていたファンの期待を裏切れないので、まず加速感を最優先にした。ターボRSよりもトルクを高め、アクセルを踏んだら加速感を感じられるようにした 」 
「 また、操作を楽しむスポーツ車の醍醐味(だいごみ)として、肩を動かさずに手首で変速できる 『 ショートストロークシフト 』 を開発した。 足回りもサスペンションは専用のチューニングで踏ん張りがきき、コーナリングの楽しさを最大限に味わってもらえる仕上がりだ 」 

--デザインや内装のこだわりは 
「 ターボRSはバンパーに赤のラインを入れるなど派手さを出したが、本物志向のワークスは加色をぬいて質実剛健なデザインにした。 内装はスポーツ走行でも体をしっかり支える 『 レカロシート 』 を採用して基本は黒地だが、シフトに赤色のステッチを施すなどおしゃれに仕上げた  」

--どんな人に乗ってもらいたいか 
「 昨秋の東京モーターショーに出展した際に、40~50代の来場者から 『 かつて乗っていた 』 『 いつ発売するのか 』 など多くの反響をもらった。 そうした往年のファンに加え、若年層にマニュアル車でクルマを操る楽しさを味わってもらいたい 」 
「開発でも30代の中堅技術者をリーダーにして、自分たちとともにみんなに楽しんでもらう気持ちだった。 価格は150万9840円からとターボRSより約21万円高いが、レカロシートなど装備を考えるとお買い得だ。 若年層にも手が届き、買ってよかったと思える価格になっていると思う 」
sankeibiz.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-21 18:59 | スズキ | Comments(2)

スズキ 新型イグニス マイルドハイブリッド 公道試乗


[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-21 18:17 | スズキ | Comments(4)

【動画】スズキ寺男の試乗レポ スズキ 新型イグニス


[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-19 18:56 | スズキ | Comments(0)

スズキ 販社で新型アルトRSをバージョンアップしてもらおう

アルトワークスが出る前、
知らずにターボRSを買われて悔しい思いをした方に、
ちょっとした朗報です。 
エンジン関係のバージョンアップがディーラで可能らしいです。
書き換え可能なコンピュータは4種類あるようです。

・ECM (エンジンコントロールモジュール)
 エンジン制御コンピューター。別名ECUなど。
・TCM (トランスミッションコントロールモジュール)
 話題のAGS改善はこれ。トランスミッション制御コンピューター。
・ESP (エレクトリックスタビリティープログラム)
 横滑り防止装置の制御コンピューター。
・BCM (ボディコントロールモジュール)
 上記を除いた、電装系全般の制御コンピューター。
 オートライトやウィンカーなど灯火類、イモビライザーやキーレスなど鍵系、
 メーター類、パワーウィンドウ等々の制御コンピューター。

00000


0000


TCMを最新のVer.4にすると、どうなるか・・・
「 1→2速のシフトアップが劇的に改善されていることに直に気がつきました。さらにスムーズさを増し、若干変速の速さも上がったようです。 」 価格.com My Fair Lady さん
「 ワークスAGS開発でフィードバックされたのかな?この内容ならAGSを毛嫌いする人は居なかったのではと思われるほど進化してます。 」
「 1速から2速へチェンジする際のギクシャク感は、かなり改善されています♪ 」

ちなみにバージョンアップは
3600円ほどお金がかかるみたいですね。


[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-16 20:17 | スズキ | Comments(8)

【動画】スズキ 新型イグニスをチェック





スズキ 新型イグニスを販社まで見に行かれた方のブログも見つけました。
内装の出来など、正直にわかりやすくレポートされています。
「 家の近所のDにイグニス有ることが判明。
新型出ると「質感高い。」を馬鹿の一つ覚えのように連発する玄人素人評論家の方々。
価格なりって言葉も有るんですから、ちゃんと評価しましょうよ。
非常に好感が持てたのはシート。・・・・・ 」

続きはこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-15 22:59 | スズキ | Comments(2)

スズキ 新型アルト ワークス 試乗インプレッション





[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-08 19:38 | スズキ | Comments(0)

S寺男さんのスズキ 2016型スイフトRS 5MT 試乗動画


[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-05 19:16 | スズキ | Comments(3)

スズキ、エコカー攻勢でタイの販売2倍へ 

スズキは3日、タイの四輪事業の販売台数を 2020年 に現行から約2倍の5万台に引き上げる目標を明らか にした。足元では市場が低迷しているが、向こう5年で 100 万台市場に回復すると予測。現地生産する小型低公 害車「エコカー」優遇策の適合モデルを中心に販売を増 やし、シェアを5%台に乗せる。

00000


今年1月にタイ法人スズキ・モーター・タイランドの社長 に就任した室坂陽二氏は「エコカー政策第2弾の適合モデル 投入も計画しており、手ごろな小型車に強いスズキとして販 売を伸ばしていく」と抱負を語った。スズキは、エコカー政 策の適合モデルとして 12 年3月に「スイフト」、14 年5月に 「セレリオ」、15 年7月に「シアズ」を投入している。  今年の販売目標は前年比 13%増の2万 4,000 台。市場規模 は80 万台と予測しており、シェア3%を目指す。室坂氏は 「市場の停滞などで各セグメントが横ばいになるが、昨年半 ばに投入したシアズ分が上積みされる」との見解を示した。

販売目標の内訳は、スイフトとシアズが各 9,000 台、小型 トラック「キャリイ」が 3,000 台、セレリオが 2,000 台、小 型多目的車(MPV)「エルティガ」が 1,000 台。新モデル の投入も予定しているが、詳細は明らかにしていない。  今年は販売・サービス拠点を前年の 99 カ所から 110 カ所 に増やす。特にバンコク首都圏や地方の主要都市を拡充する意向だ。
news.nna.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-04 17:55 | スズキ | Comments(0)

スズキ 新型ワークスは軽最速か?!筑波サーキットで対決




CARトップ誌の企画で行った
スポーツ軽自動車でミニサーキットを全開アタック。
1番速かったクルマはドレだ!?

00000

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-02 06:25 | スズキ | Comments(0)

【動画】国沢氏 スズキ 新型アルトワークスを試乗


[PR]

by ganbaremmc | 2016-01-22 19:57 | スズキ | Comments(13)