カテゴリ:スズキ( 310 )

スズキ 新型ジムニーの市販姿はこうなる?

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

indianautosblog.com/2017/09/2018-suzuki-jimny

2018-suzuki-jimnyleaked-official-image

2018-suzuki-jimny-leakedofficial-image

2018-suzuki-jimny-leaked-official-image


[PR]

by ganbaremmc | 2017-09-04 22:46 | スズキ | Comments(15)

スズキ 新型ジムニーか?ハスラーワイドか?

読者の サンさんが、
2chで見つけてくれた画像です。

7e5d5a1-

ホィールからして新型スイスポがありますね。
それより気になったのが、その隣にある車。
シートで覆っていますが、SUVに間違いなく、サイズもスイフトと同じにみえます。
スクープされた新型ジムニーか、
噂されているハスラーワイドのどちらかになるでしょう。

なんでも出せるスズキがうらやましいです。
一方でエクリプスクロスですら、スマートに出せない三菱自に
そろそろ限界が近づいています。
[PR]

by ganbaremmc | 2017-09-03 22:39 | スズキ | Comments(7)

スズキ 新型スイスポのオプションカタログ画像

2ch掲示板より

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

2018-suzuki-jimnyleaked-official-image

2018-suzuki-jimny-leakedofficial-image


[PR]

by ganbaremmc | 2017-09-02 21:32 | スズキ | Comments(5)

スズキ 新型ジムニーのテストカー ②

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

www.motor1.com/2018-suzuki-jimny-spy-shots/

2018-suzuki-jimny-leaked-official-image

2018-suzuki-jimny-leakeofficial-image

2018-suzuki-jimnyleaked-official-image

d5a18-

2018-suzuki-jimny-leakedofficial-image

a9a275c0


[PR]

by ganbaremmc | 2017-09-02 01:28 | スズキ | Comments(37)

スズキ スペーシアカスタム在庫のみ

7e5d5a1-

読者様のコメントより
Zを除くスペーシアカスタムが生産調整または在庫のみになっている様です。
2017/08/31 00:58 ちんさん

そういや、マガジンXだっけ?
カスタムもZに近い顔になるとか書いてなかった?
[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-31 10:51 | スズキ | Comments(1)

スズキ ハスラーワイドを年内投入

スズキは軽自動車「ハスラー」の第2弾と位置付ける新小型車を開発し、
早ければ年内にも市場投入する。
ハスラーは軽ワゴンとスポーツ多目的車(SUV)を融合した個性的なデザインで新市場を切り開いた。排気量1000ccクラスの新型車の投入により、注力する国内小型車販売に弾みをつける。  

7e5d5a1-

新型車は軽自動車より排気量が大きい1000ccクラスのエンジンを搭載。
マイルドハイブリッド車の設定も検討する。
デザインはハスラーを踏襲するが、車名は別とする案が有力。
小型車の主力工場である相良工場(静岡県牧之原市)で、12月に量産開始する計画だ。  
軽自動車の乗車定員が4人であるのに対し、小型車版は5人の乗車が可能になる。エンジン出力が高まり、室内空間や荷室も拡大するため、用途がさらに広がりそうだ。  2014年1月の発売以来、17年4月末までの累計販売台数は約32万台。日本自動車殿堂カーオブザイヤー、RJCカーオブザイヤーなどを受賞し、スズキを代表する車種となった。競合メーカーからも同様のカテゴリーの車種が投入されている。ニュースイッチ
[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-28 11:43 | スズキ | Comments(7)

静岡新聞でも新型ジムニーを取り上げ

スズキは軽四輪駆動車「ジムニー」を約20年ぶりにフルモデルチェンジする。

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

4代目となる新型車は10月の東京モーターショーで公開し、
2018年2月ごろに発売する方向で調整を進めている。  
ジムニーは1970年4月に発売。軽量でコンパクトな車体ながら本格的なオフロード性能を備え、山岳地・積雪地の業務用からレジャー用まで幅広い用途の車として国内外で高く評価されている。  これまで「小さく、軽く、使いやすく」のコンセプトを守りながら進化を重ね、現行モデルは98年に全面改良して発売した。その後、細かい改良は行っているが、数年程度でのモデルチェンジが主流の自動車業界の中では、極めて珍しい存在となっている。新型車は車体が現行モデルよりも角張ったデザインになるもようだ。  1000㏄前後の本格的な四駆は世界でも珍しく、98年に誕生した登録車(軽自動車を除く小型車)の「ジムニーシエラ」を加えたシリーズの累計販売台数は国内が80万台以上、海外が180万台以上に上る。根強い人気があり、利用者の任意団体「日本ジムニークラブ」も全国的な広がりを見せている。  同社の2016年度軽自動車販売は前年比3・1%減の約53万2千台と2年連続で前年を下回った。同社は主力の軽自動車販売増の起爆剤として新型ジムニーに期待を寄せる。. 静岡新聞社
[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-26 21:51 | スズキ | Comments(2)

日刊工業新聞「スズキ 新型ジムニー全面改良へ」


000000000


2016年12月の記事です。
日刊工業新聞 
「 スズキは軽4輪駆動車「ジムニー」を約20年ぶりに全面改良する。2018年の発売を目指し、4代目となる新型の開発をスタートした。 」
[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-25 22:05 | スズキ | Comments(1)

スズキ 新型ジムニーのスクープ。国内でも話題に

2018-suzuki-jimny-leaked-official-image

世界でも高い評価を得ているスズキの本格軽自動車オフローダー『ジムニー』次期型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。3代目にあたる現行モデルは1998年に発売。以来これまでフルモデルチェンジは行われておらず、これが20年振りの新型となる。強度や耐久性に特化した最新版のラダーフレームを採用する次期型。そのエクステリアデザインはキープコンセプトだが、よりスクエアなデザインを採用。グリルやバンパー、テールライト、リアクォーターウィンドウが刷新されており、全体的によりオフローダー色を濃くした印象だ。その姿はまさに「ベイビーGクラス」。コックピットは、中央に最新のインフォテインメントシステムディスプレイが装備されている他、メーターもオフロード色が強調されたデザインに変更されているとの情報が入っている。パワートレインは、660cc直列3気筒ターボ+「S-エネチャージ」マイルドハイブリッドが予想されている。駆動方式はローレンジ付きAWD、またはFRを選択可能になるという。 レスポンス

ジムニー新型 インテリア画像

AUTOCARの記事より
インテリアは、“優雅さ” とはほど遠いダッシュボードに、タッチスクリーン式のインフォテインメントシステムを備えた。スイッチ類については、手袋をしていても操作できるように、設計されている可能性が高い。
技術的なスペックに関する情報は入手できていないが、われわれの情報筋は、
・1.0ℓブースタージェット3気筒ターボ
・1.2ℓ自然吸気エンジン(エントリーグレード用)
というラインナップを予想している。

先ごろアップデートされたビターラ(日本名:エスクード)は、公道走行向けにソフトな仕立てとなっている。しかしジムニーの方は、変わらぬ魅力を追い求めて、オフロード走破性に特化するはずだ。
autocar.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-25 21:33 | スズキ | Comments(1)

スズキ 新型ジムニー日本仕様予想図

7e5d5a12-
https://twitter.com/kome_hitotsubu/status/900583061254922242

7e5d5a13-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-24 20:39 | スズキ | Comments(1)