カテゴリ:スズキ( 263 )

【動画】スズキ 新型ワゴンR販社で撮影


[PR]

by ganbaremmc | 2017-02-02 21:31 | スズキ | Comments(0)

「スズキはどうして中国ではダメなのか」=中国メディア

昨年1年間における日本の大手自動車メーカーの中国国内販売台数で、
トヨタ、ホンダ、日産、マツダがいずれも前年比で増加した一方、
スズキは同16.2%減と大きなマイナスになった。

7c

中国メディア・今日頭条は「スズキはどうして中国ではダメなのか」とする記事を掲載した。 
記事は、スズキが中国国内で販売不振に陥っている原因として「スズキが小型車の質を追求しているのに対し、国内消費者のニーズが見栄え、スペース、外観にあり、とにかく大きさを求めている」、「国内の合弁企業の製造レベルが、特に精密度において世界先進レベルに達していない」、「合弁による中国国内生産より質が高い輸入車は税金が高く、消費者の食指が動かない」という3点を挙げた。 また、現在の合弁生産車はかつての品質重視路線とは異なり、中国国産車同様に「消費者のニーズに迎合する形で、可能な限り品質を抑えている」とも説明している。 記事は、販売が低迷する一方で「中国国内にはそれでも真のファンがおり、特に一部のベテラン修理技師にはスズキのブランドに対してもはや忠誠心というべき感情を持っている」と説明。その未来について「自動車市場の成熟に伴い、SUVブームが一段落した後、都市では小型車が再び注目されるようになる。小型車を選ぶのであれば、真っ先にスズキということになる」と予測。「ゆえに、スズキは来るべき時のために力を蓄積しておくべきだ」と論じた。 そして最後に、「実際、スズキは中国でダメと言うよりも、スズキは消費者のニーズに合わせて変わっていない。スズキが追い求めているのはなおも、小型車部門における王座なのである」と締めくくった。 SUV華やかなりし現在の中国自動車市場。いくら国土が広いとはいえ、爆発的な自動車の増加は各都市において渋滞や駐車スペースの問題を引き起こす。消費者の興味がコンパクトなクルマへとシフトすることがあれば、他のメーカーもニーズに追随して小型車の生産に注力することだろう。そのなかで「小型車はやっぱりスズキだな」と消費者に再認識させられるかどうか。そこがスズキブランドにとっては真の勝負だ、というのが記事の見方のようだ。
news.livedoor.com

[PR]

by ganbaremmc | 2017-02-01 21:55 | スズキ | Comments(5)

【画像追加】スズキ 販社で目撃。新型ワゴンR

7e81d5a10-


7e
twitter.com/x201yunox/status/8266022752

7c
instagram.com/p/BP7wCCLlv3d/?taken-by=aml

7d
twitter.com/estimind7735/status/82624


[PR]

by ganbaremmc | 2017-02-01 17:46 | スズキ | Comments(6)

スズキ 新型ワゴンR・スティングレー動画いろいろ




[PR]

by ganbaremmc | 2017-02-01 17:30 | スズキ | Comments(0)

スズキ 新型ワゴンRとスティングレー発表

スズキは1日、約4年半ぶりに全面改良した主力の軽自動車「ワゴンR」を発売した。同社の軽自動車販売は、2015年の軽自動車税増税や16年に発覚した燃費データ不正問題の影響で2年連続のマイナス。スズキは新型ワゴンRの投入で販売回復を目指す。 鈴木俊宏社長は1日、東京都内で開催した発表会で「ワゴンRはスズキの軽にとって大変重要な車種で、大きな期待をしている」と強調した。 6代目となる新型の燃費は、簡易ハイブリッドエンジンを搭載したモデルが最高で、ガソリン1リットル当たり33.4キロとワゴンタイプの軽自動車としては最高水準。上級グレードの「ワゴンRスティングレー」も同時発売する。価格は107万8920~177万9840円。
月間販売目標は1万6000台。
news.cube-soft.jp

7e


[PR]

by ganbaremmc | 2017-02-01 13:47 | スズキ | Comments(2)

スズキ 新型スイフトRS(5MT)試乗 by.河口まなぶ


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-31 21:24 | スズキ | Comments(0)

スズキ 新型ワゴンR配車中 ②

7a

7c

https://twitter.com/YuuReedSmith/08511887364

7d

https://www.instagram.com/p/BP44KEoji18



[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-31 08:42 | スズキ | Comments(2)

国沢氏「スズキがトヨタと提携したのはソリオ潰しのミニバンを出したから」

昨年スズキは『イグニス』と『バレーノ』なる白ナンバーの普通車を新規車種として発売している。
軽の新型車ゼロに対し、スズキの主力と思えない新型普通車を2車種も出したワケ。ここから想像出来る通り、スズキとしては軽自動車に頼る一本足打法から抜け出そうとしていたのだった。結果惨敗。スズキというブランドイメージ、普通車市場だと無いに等しい。ユーザーのショッピングリストにスズキの名前は上がらない、と言い換えれば解って頂けるだろうか。スズキが売っているのは「移動の道具としてのクルマ」なのである。実際、イグニスに乗ると明らかに質感という点で厳しく、それでいて価格だって安くない。インドの工場で生産されるバレーノは、到底日本人が納得出来る仕上がりレベルに達しておらず。ドアを開けてシートに座っただけで「なんでこんなに安っぽいの?」と感じるほど。

7a

鈴木修会長がトヨタのお友達グループ入りを決断したのは、
普通車の失敗に加え、唯一の売れ筋モデルだった『ソリオ』の対抗として
トヨタ・ダイハツグループがソリオ潰しの新型ミニバンを出すという情報を得たためだと言われている。
いずれにしろスズキにとって極めて難しい環境になってきた。新型ワゴンRで巻き返せるだろうか?スズキを取りまく事情は、トヨタのお友達グループに入る前と大きく変わった。今までならダイハツに殴りかかっても全く問題なし。むしろユーザーにとって好ましい戦いだった。けれど今や、ダイハツ=トヨタである。ダイハツに遠慮しなければならない。ムーヴに代表されるダイハツ車を仮想ライバルとするような展開は難しいと考える。もちろんワゴンRもフルモデルチェンジ直後は売れるだろうけれど、ラパンやハスラーのユーザーをある程度持っていかれると思う。スズキが元気を取り戻す唯一の方法は「魅力のあるクルマ作り」しかない。果たして新型ワゴンRは、ダイハツやホンダ、日産の軽自動車を買っているユーザーを引っ張り込めるだろうか?
国沢光宏

[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-30 20:11 | スズキ | Comments(13)

【動画】スズキ 新型スイフトXL、HV試乗 by.河口まなぶ






[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-30 20:00 | スズキ | Comments(0)

【1/29更新】スズキ 新型ワゴンR配車中

7atwitter.com/wankonyan/562882/photo/1


7a
instagram.com/p/BPwzwJNDIeU5Pke98tY0/

新型はワイパーは上につくのですね。


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-29 20:58 | スズキ | Comments(8)