<   2015年 05月 ( 54 )   > この月の画像一覧

マツダ 新型デミオは米国で売らない

2016 Mazda2 won't come to the US
「 2016年型マツダ2が米国に来ることはありません 」
海外の情報サイト autoblog.com によると、
日本、欧州、アジアでは新型となったデミオは、米国では販売しないようです。
記事の内容から察するに、同車ベースのSUV、CX-3の販売に注力、デミオより利益が大きいというのも理由かもしれません。 要は二車を同時に米国で売るメリットは少ないとみているのですね。 
ひょっとして、サイオンにOEM供給するので、親会社であるトヨタから、なんらかの圧力があった?

0000000

ちなみにデミオの4月米国での販売は 21台 。
前年同月の752台と比べたら、大変な落ち込みです。
ミラージュの販売が好調な三菱にとってはありがたいことですが。
[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-26 10:34 | マツダ | Comments(5)

三菱自に追い風か。中国でEV、PHVに最高108万円の補助金

中国財政省や科学技術省など政府4部門はこのほど、「2016~20年の新エネルギー車普及に関連する財政支援政策に関する通知」を共同で下達。 16年以降、消費者が電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を購入した場合、最高で5万5000元(約108万円)の補助金を受けられる見込みだ。 

0000000

給付対象車種は「新エネルギー自動車普及応用工程推薦車種目録」に
挙げられているEVやPHV、燃料電池自動車(FCV)。

補助金額は走行距離に応じてEV乗用車は1台当たり2万5000~5万5000元となっている。

補助金を受けるには(1)性能が安定して安全であり、新エネ車の関連基準に適合している(2)アフターサービスや保証が整っており、販売地域にアフターサービス店がある(3)駆動用バッテリーやモーターなどの重要部品の品質が保証されている。乗用車メーカーは生産後8年以上または走行距離12万キロ以上の品質保証期限を設けなくてはならない(4)工業情報省の「車両生産企業および製品公告」および推薦車種目録における製品と一致している-の条件に適合していなければならない。

大気汚染対策や省エネ・排出削減の促進に向けて、中国政府はこれまで、新エネ車購入税の免除や充電施設の建設奨励など一連の措置を実施。市場は急成長している。
sankeibiz.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-26 08:02 | 三菱自動車 | Comments(0)

スズキ 新型アルトRSはコペンと比べてどうか?

みんからで見つけた試乗レポ。

0000000

「 
新型コペンを借りて、ターボRSと走り回って来ました。
亀石峠に始まり、6つの峠道を走り回って350kmほどのドライヴで見えたものは… 元初代オーナー、現ターボRSオーナーとして進化点そして違いについて体感して来ました。・・・・・・・・・ 
結果はこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-26 07:10 | スズキ | Comments(1)

トヨタ 改良ランドクルーザプラドの新価格表と諸元表

6月27日改良、ランドクルーザプラドの諸元表、価格表です。
同車のプチ情報は こちら を参照

三菱パジェロと比較してるっ!!

0000000


0000

0000000


000


000000

000000


[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-25 18:47 | トヨタ | Comments(2)

【5/25更新】スズキ 生姿MC後のスペーシアカスタム


[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-25 13:13 | スズキ

国沢氏 ジェイド253万円から・・・ ホンダの商品戦略は変

旧体制下でのホンダの商品戦略は明らかに大きなカン違いしていたと思う。
どう考えても1,5リッターターボ積むジェイドの253万円はお買い得感という点で薄い。  100歩譲って普通のジェイドが人気車なら十分通用する価格設定かもしれません。 されどジェイド自身、新車効果バリバリに残っているハズの4月ですら3桁の販売台数に留まってしまった。 ・・・・・ 続きはこちらのブログで

0000000

ストリームってこんなに高価な車でしたっけ?
思っていたのですが、マツダ1.5DEでプレマシーに載せたらいくらでだせますかね? 
燃費は多分、マツダの方が一割いいでしょう。 価格で20万円下回ることができたら、
ガソリン仕様の過給機ターボはいりませんよね。 
でも米国でDEを売ることができないのはきついなぁ。
[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-25 07:07 | ホンダ | Comments(0)

スズキ 新型アルトの車体開発は2010年から

スズキが昨年12月に発売した軽自動車「アルト」は、ガソリン車で首位の1リットル当たり37.0キロメートルの燃費性能を実現した。  原動力となったのが、初めて採用した「次世代軽量プラットホーム(車台)」だ。 スズキが次世代軽量プラットホームの開発に本格的に着手したのは2010年。法制度の変更に対応し、強度を高めるために補強部材を追加するなどしてきた従来のプラットホームは重くなる一方だった。 ・・・・・・ 続きはこちら

000000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-25 06:52 | スズキ | Comments(1)

【5/24更新】マツダ CX-3米国仕様、NAだけど2800回転で最大トルク

こちらのサイトで  米国仕様CX-3のエンジンのことが書かれていました。

000000

「 グレード構成は3つ。 CX-3 Sport2、 CX-3 Touring3、 CX-3 Grand Touring。 エンジンは、SKY-G 2.0一つで、スペックは148PS/20.2kgfmと、米国Mazda3の157PS/20.7kgfmよりも抑えられています。 しかし、2,800rpmの低回転からMAXトルクを発揮できるようになっています(Mazda3は4,000rpm)。・・・・・ 」
http://super.asurada.com/cars/mazda/2015/20168/

ただ、燃費はアクセラより悪いみたい・・・ 詳細はこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-24 20:55 | マツダ | Comments(0)

スバル WRX年次改良

プチ情報。
スバルのWRXが年次改良されるみたいですよ。

0000000

 スバルホームページのWRXのページを見ると現在は生産を止めて、受注は在庫のみになりますと… どーもこれはマイチェンの前振りらしい車買って一ヶ月で新型告知(・_・; しかしまぁ、こうもキッチリ一年でマイチェンするとは( ̄▽ ̄) 
minkara.carview.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-24 19:07 | スバル | Comments(1)

マツダ 新しいマツコネってどうよ?

不評であるマツコネのソフトウェアが現行の外国製から日本製に 「 無償で変更 」 。
ついにその作業が全国で行われました。

0000000

新仕様のマツコネはどうなのか?
感想をあつめてみました。
 起動したら違いがハッキリと、画面が見やすくなっていました。 
「 鉄道の駅や線路もわかりやすくなっているのがいいです。 
「 自宅登録も番地まで登録できる用になり自宅周辺の道路も対応となり自宅までまともにルート案内が出来るようになっていました。 
 案内音声も片言の若い中国人の声から日本人のおばちゃんの声に変わりました 

しかしこのようなご意見も
 今回のアップデートで収束手打ちにして欲しくないところですが・・・・ 
 更新したことを激しく後悔しています。 
[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-24 18:59 | マツダ | Comments(5)