<   2015年 05月 ( 54 )   > この月の画像一覧

トヨタ レクサスIS/RCに2Lターボエンジン搭載

0000000
【 画像はこちら 】

[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-24 10:12 | トヨタ | Comments(1)

トヨタ 新型シエンタのチラシ配布中


[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-23 21:59 | トヨタ | Comments(2)

トヨタ 新型プリウスはドアノブがありません

みんからで見つけた、新型プリウスの情報です。
これまでと違う内容みたい。



「 ディーラーから伺いました。 上記動画で決定とのことです。 
新型はドアノブがありません。・・・・・  」
http://minkara.carview.co.jp/userid/2157728/blog/35729491/
え? Σヾ( ̄0 ̄;ノ

[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-23 20:09 | トヨタ | Comments(3)

三菱自 助けて!。゜゜(´□`。) ミラージュが売れないのっ

2014年12月末のMCでミラージュに1.2Lを追加。
2015年1月 386台
2015年2月 661台
2015年3月 621台

2月、3月はMC前の倍近く売れましたが・・・・・
2015年4月 170台
いきなり過去最低の販売台数となる自体に。
エコカー減税の見直しもあるでしょうが、根本的な原因は外観なのでは?
発表の席で、 「 外観・内装をどうにかして欲しい 」 という要望があったことは認めていたのに、無視してんだもん。 そりゃこうなるわな。

000000


一方、インドネシア仕様が
こんなに格好いいのはどういうことよ?! (゚Д゚)


[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-23 09:10 | 三菱自動車 | Comments(3)

トヨタ・マツダ包括提携の衝撃


トヨタとマツダが業務提携で合意し、豊田章男・トヨタ社長、小飼雅道・マツダ社長による緊急記者会見が、5月13日の夜に行われた。マツダのメインバンクは三井住友銀行だが、三井家は豊田家の姻戚関係にもあたるため、こうしたところにも縁を感じる。 つまり、マツダがトヨタとの包括的業務提携に進むことで、「トヨタグループ入り」を明確にすることが、今回の発表のポイントと言えよう。 ・・・・・・・・・
http://diamond.jp/articles/-/71943
[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-23 07:52 | トヨタ | Comments(0)

スズキ 生姿MC後のスペーシアカスタム

000000


【 画像元はこちら 】


[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-22 19:44 | スズキ | Comments(2)

競合他社と比較してトヨタ車が勝っているのはHVだけ。

「両社で愛情を注げる“子ども”をつくりたい」  
マツダの小飼雅道社長は意味深にこう語った。
13日、トヨタ自動車とマツダの両社社長が記者会見し、環境技術や安全技術などの幅広い分野で、中長期にわたり業務提携することで基本合意したと発表した。 今後、マツダは虎の子の技術「スカイアクティブエンジン」、トヨタは燃料電池車の技術を相互に供給しあうことなどが検討されている。  熱心に「求婚」しているのはトヨタの方だ。
2015年3月期決算では過去最高となる2兆7505億円もの営業利益を計上したが、実は社内ではクルマ造りへの危機感が強まっている。  極秘資料では 「 競合他社と比較してトヨタ車が勝っているのはハイブリッドだけ。  デザイン、走り、燃費、初期品質、コストの面ですべて負けている」と指摘。 このため、トヨタは「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」と呼ばれる設計・生産手法を導入、仕事の進め方を全面的に見直す社内改革を展開中だ。  

000000

トヨタの豊田章男社長も決算会見では「変わらなければならないのはトヨタ自身。バッターボックスに立つ人が評価される会社になる」と述べ、「挑戦」という言葉を繰り返し使った。発言の背景には社内のリスクをとらない風潮に、「豊田社長は相当苛立っている」(トヨタグループ首脳)ことがあるという。  
一方のマツダは、2000年には経営危機に陥ったが、「モノ造り革新」を展開、ヒット車を連発し、2年連続で過去最高益を更新している。  「トヨタには縁のないカーオブザイヤーを、私の在任中にすでに2回も獲得した」と豊田社長に言わしめるほど、走りやデザインで洗練された車を送り出している。  20日に発表したスポーツカーのロードスターも、デザイン、走り共に、業界関係者をうならせた。  ただ、業績が回復したとはいえ、マツダの全世界でのシェアは2%程度。 かつては業績不振で米フォード・モーターの傘下に入ったこともあり、財務基盤が弱く、弱肉強食の自動車業界では呑み込まれてしまいかねない。  今回の業務提携は、「結婚(資本提携)」にまで発展する可能性を秘めている。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5105
[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-22 19:32 | トヨタ | Comments(1)

日産 次期リーフに採用。「超小型パワーコントロールシステム」

カルソニックカンセイは、「人とくるまのテクノロジー展2015」(2015年5月20~22日、パシフィコ横浜)において、電気自動車向けに開発中の「超小型パワーコントロールシステム」を披露した。 日産自動車の次期「リーフ」への採用を目標に開発を進めているもので、インバータとDC-DCコンバータ、車載充電器、ジャンクションボックスを一体化している。 これら各ユニットの一体冷却や平滑用のフィルムコンデンサーの共用、パワーデバイスの損失低減、スイッチング周波数の高周波化によるコンデンサーの小型化などさまざまな施策を盛り込むことで、現行リーフと比べた場合で容積を約4分の1に削減することを目標としている。 外形寸法は480×370×130mmで、インバータの最高出力は130kWとなっている。

000000

 超小型パワーコントロールシステムの開発完了時期は2017年を目標としている。カルソニックカンセイは、この他にも電気自動車向けの空調システム関連の部品も2016~2018年をめどに開発を進めており、電気自動車やハイブリッド車向けへの提案活動を強化する狙いがある。
monoist.atmarkit.co.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-22 15:32 | 日産 | Comments(4)

リチウムイオン電池と同じかそれ以上の性能を得る、夢の素材

「リチウムイオン電池と同じかそれ以上の性能を得ることができる」

東京大学の山田淳夫教授らはこのほど、ある素材を用いた2次電池の試作品開発に成功した。 容量などは明らかにしていないが、わずか10分で充電を完了できるという。 
一体どんな素材を使っているのか。・・・・・・・・・
【 続きはこちら 】


000000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-22 12:20 | ニュース・その他 | Comments(0)

僕が総理になったら・・・・ 「 景気対策① 自動車購入意欲を沸かす 」

うちの職場で働いている若い人たちの車はみな軽自動車に乗っています。
僕もパジェロミニに乗っていますが、なぜフィットより車体が高く、燃費も悪いのに選んだのか? そりゃ、一言で軽だと税が安いからですよ。 年間7200円ですからね。 以前乗っていたシビックは34500円。 軽にして税金払ったときの安さを一度でも味わってしまうと、なかなか乗用車には戻れないものです。
それを総務省、財務省は、2015年登録から軽の増税を決めました。
確かに軽の優遇は乗用車と比べ、されすぎている感はあります。 増税することで乗用車を買わせたいという狙いもあるのでしょうが、格差が大きくなり、平均年収が下がりつつある現在、この策は間違いと言えます。

7e81d5a2

僕が総理なら・・・・・
「 税を排気量100ccごとに、軽も乗用車扱いに 」
車が日本で売れなくなったのは、人口減少とか、若い人が車に興味が無くなったのではなく、税が高いため、維持するのが楽ではないからと考えます。 また、三菱自の1.1Lエンジン、インプレッサの1.6L、スイフトの1.2L・・・ なんとも半端な排気量の車種がたまにみかけますが、開発する側にとってベストな排気量で、燃費にも有利らしいです。 ただ1.1Lなら税は1500ccと同じ、1.6Lは2000ccの税を払うこととなり、買い手側としては「 ? 」でどうしても損した気分になり、これが財布の紐を鎖に変えてしまっているのが少なからずあります。 今の500ccで区切っている自動車税を100ccごとにするのです。 そして軽も乗用車扱いとし、白ナンバーにします。
そうなると・・・・ 700cc以下は7000円、800cc以下は7500円、900cc以下は8000円、1000cc以下は8500円、1100cc以下は9000円、1200cc以下は9500円 ・・・・・ 細かく区分することで、不満を解消でき、ダサい軽の黄色のナンバーを乗用車の白色に変えることが出来るわけです。 鈴木修社長が「 軽は800ccがいい 」と言っていたことがあったので、この制度にした途端、660ccの排気量車はなくなるでしょう。

「 20歳以下は自動車学校の学費を3分の1に 」
親父の時、自動車学校は歳と同じくらいだったそうです。 つまり18万で講習が受けれたようで、今の額28万円は高すぎますよ。 大抵は親から出してもらえると思いますが、自分で出すとなったらバイト何時間分? ちょっと無理ですねぇ。 これで都会の人は免許はいいやってことになりませんか? 各メーカーがそれぞれ出し合って、学費の3分の2はみてあげましょうよ。 毎年130万人受講して額で3640億。このうち2600億は国とメーカーで出してあげ、20歳未満までとすれば、若い人も免許を取りに行こうと思うのでは?

「 新車購入から3年以内に買い替えれば免税! 」
日本では5年が買い替え時らしいですね。 これ以降は下取りが安くなるからということですが、3年以内に買い替えれば、消費税も含めて税を全て免税とします。 3年以内の中古車なら下取りもいいし、程度のいい状態で新興国で高く売れるでしょう。

なんか自動車ばかり優遇されているじゃないかと
批判をうけそうですが、日本の主たる産業は自動車ですよ。
自動車メーカーが潤えばパナソニック、ソニーなどの電装品も売れるし、税収も大きい。
国がこんな突き放し政策立ててどうするのかと思いますよ。 今じゃ、生産を海外で行い、軽しか売れなくなったこの日本で、乗用車を売ろうと思うなら、軽を増税するのではなく、減税で維持費を安くすることで車を購入しやすく、税収を確保するというのがベストではないでしょうか? カーシェアリングも都心なら許しますが、こんなの地方まで広めちゃ駄目ですよ。 
財務省はすぐに減税するなら代わりの財源を求めてきますが、
八百屋で大根を50円値下げしたから、トマトを50円引き上げろといっているようなもの。
お前らに国任せてたら、破綻まっしぐらだっつーの!
[PR]

by ganbaremmc | 2015-05-22 09:52 | 管理人のボヤキ | Comments(4)