<   2015年 07月 ( 129 )   > この月の画像一覧

トヨタ 次期86はマツダと共同開発?



2015年5月、トヨタとマツダが両社の経営資源の活用や商品・技術の補完など、新しい協力関係を構築する包括提携を発表してから間もない今、ここへ来て次期トヨタ86のプラットフォームは現行NDロードスターをベースに開発されるとの噂が上がってきた。

000000

現在トヨタでは、86より下のセグメントに軽量・コンパクト、価格は150万円程度の小型FRスポーツを検討・先行開発中で、この小型FRスポーツのプラットフォームを発展させたものを次期86にしたい考えのようです。ここで利用したいのが、マツダのSKYACTIV-TECHNOLOGY。ライトウエイトスポーツとして素性の良いNDロードスターのフラットフォームを流用すれば、トヨタはシャシー開発期間の短縮に、マツダは製造コストの削減へ繋がる可能性があり、両社にとっては非常に有益な事です。よって、もし前述の案が採用されれば、このプラットフォームに搭載されるエンジンは直4となるシナリオが描けます。水平対向搭載前提で考えるならば、現行のプラットフォームを改良するか、別に新規開発するしかありません。このことから現行86の水平対向エンジンは次期型のプラットフォームに搭載されずに廃止されてしまう可能性が高いです。
http://cartube.jp/articles/2422

[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-30 08:44 | マツダ | Comments(0)

ダイハツ 「 キャスト 」 国沢氏 の評価


国沢さんがダイハツの新型軽 「 キャスト 」 について語られていました。

000000

「 ・・・・・・・ Webや誌面でも写真が出回っているけれど、もはや 「 ココまでやりますか! 」 という感じ。ハスラーとN-ONEを足して二で割ったようなスタイルをしているのだった。 ダイハツからすれば、ネイキッドやミラ・ジーノの後継ということなんでしょうけど‥‥。
ダイハツ関係者によれば、売れ筋となりそうなのが 『 アクティバ(ACTIVA) 』 というSUV風のグレードで、ハスラーを強く意識したのだろう。 やや車高を上げ、黒い樹脂製のフェンダーアーチも付けた。 ただSUVとして考えれば、少し迫力不足か。

2つ目が 『 スタイル(STYLE) 』 とネーミングされた白いルーフでホンダのN-ONEっぽいモデル。 あまり売れてないクルマなのになぜマネを? と思うだろうけれど、ダイハツからすれば、N-ONEはもっと人気になると判断したのだろう。 まぁ、ミラ・ジーノもミニのパクりだったから、DNAを引き継いだ? 3つ目のバリエーションは、ローダウンしてスポーティ感を持たせた 『 スポーツ(SPORT) 』。 ドアミラーを赤く塗ったり、リップスポイラーに赤いラインを入れたりしたもんだから、アルトターボRSのようになっちゃいました。 これまたパクり上等といった雰囲気。

本来ならスズキを超える燃費技術や、自動ブレーキなど本質で勝負しなければならない時に、バリエーションの拡大で対抗しようという作戦なんだろう。 ホンダのようなブランドイメージも無く、クルマ好きも顧客層じゃ無いと判断しているダイハツがどういった生き残り戦略を見せるか大いに楽しみだ。
http://autoc-one.jp/daihatsu/special-2284480/
[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-29 20:20 | ダイハツ | Comments(4)

【動画】トヨタ 新型シェンタHV試乗レポ


[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-29 15:49 | トヨタ | Comments(0)

中国版テスラ? 航続距離460kmのEVを発売



中国のニュースサイト中国新聞網が27日伝えたところによると、
電気自動車(EV)を開発・製造するベンチャー企業・游侠汽車(上海市)は26日、
北京で試作車「游侠X」を公開した。

000000

2016年に公道テストを実施し、17年をめどに商品化する計画。
インターネットと常時接続する「コネクティッド・カー」機能を備え、中国版テスラモーターズを目指すという。 游侠Xはクーペのようなルーフやサッシュレスドアを備えながら、セダンの機能性とスタイリッシュなデザインを兼ね備えた。駆動電気モーターの最大出力は270キロワットで、停車から5・6秒で100キロまで加速することができる。パナソニック製リチウムイオン電池を搭載し、1回の充電で460キロメートルまで走行可能。ダッシュボードにはテスラのように17・5型のタッチパネルを備えたほか、計器板も10・2型液晶パネルを採用した。
nikkan.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-29 09:19 | 海外メーカー | Comments(0)

三菱自 米工場の賃金水準は他の日本車工場より高かった



全米自動車労組(UAW)は27日、
三菱自動車が米国生産から撤退すると発表したことについて
「 米工場の適切な買い手を探すことで三菱自と協力することで一致した 」
とする声明を出した。

000000

三菱自の生産撤退に関して、まずは協力する姿勢を表明した。

三菱自はイリノイ工場の操業を11月にやめ、生産を日本に移管する。同工場は1988年に操業を始めており、UAW幹部は「熟練の従業員による高度な運営」が可能な競争力の高い工場として、売却先探しに自信を示した。だがイリノイ工場は日本の自動車大手で唯一、UAWに加盟している。かつて提携先だった米クライスラー(現FCAUS)との合弁で建設したためだ。UAWは米自動車大手3社に対し、12年ぶりの賃上げを要求しており、米3社の警戒感は強い。賃金水準も他の日本車工場より高いとみられ、売却交渉が難航する可能性もある。
nikkei.com


[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-28 18:07 | 三菱自動車 | Comments(3)

トヨタ 期間従業員の人手不足深刻化。10万円支給



トヨタ自動車は、深刻化する国内工場の人手不足を緩和するため、
契約期間を延長する期間従業員に対し、
10万円の特別手当を支払う制度を今月から2年ぶりに復活させた。


000000


正社員に登用する期間従業員も2015年度は
14年度の約3倍の300人以上に増やす。

トヨタは今秋以降、看板車種のハイブリッド車(HV)「プリウス」の全面改良などに伴い、約1400人の人員が不足すると予測しており、待遇改善で優秀な従業員の確保を図る。トヨタは国内の工場で3800人の期間従業員を雇用している。特別手当は3か月の契約期間を終えた期間従業員が初めて契約を更新する場合に支払う。制度復活は消費増税前の駆け込み需要が見込まれていた2013年7〜12月以来。
news.biglobe.ne.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-28 13:47 | トヨタ | Comments(0)

トヨタ 次期レクサスCTはSUVテイストを模索

000000


レクサス CTがモデルチェンジに向けて動き出した。
CTはレクサスのエントリーモデルを兼ねる5ドアハッチバックだが、
次期型では流行りのSUVテイストも取り入れられるようだ。
http://www.carsensor.net/contents/editor/_30711.html
 


[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-28 13:38 | トヨタ | Comments(3)

アップルがBMWと電気自動車で提携交渉



独BMWの話題の電気自動車(EV)「i3」をめぐり、
米アップルが密かに進めているEVプロジェクトのベース車にするべくBMWと交渉中だと、
独マネジャー・マガツィーン誌が25日に報じた。
ただ、i3は1回の充電で80マイル(約130km)しか走れないこともあり、アップルがこのEVをベース車に採用したとしても、「アップルならではの革新的な製品に仕上げるのはかなり大変だろう」(アップル専門ニュースサイトの9to5Mac)と報道内容を疑問視する見方もある。

000000

 マネジャー・マガツィーンによれば、ティム・クックCEOはじめアップルの幹部が最近、独ライプチヒにあるBMWの工場で同社幹部と会談を持ち、i3の炭素繊維製のボディーに関心を寄せたとされる。両社の交渉は2014年秋から始まったものの、まだ合意には至っていないという。
アップルの自動車参入プロジェクトが明らかになったのは、今年初めのこと。「タイタン」のコードネームのもと、EVを開発中というニュースが世界を駆け巡った。WSJは、元フォード・モーター幹部のスティーブ・ザデスキー製品デザイン副社長がプロジェクトを率い、今年初めの段階で数百人の社員がかかわっていると報じた。
一方で、EV専業のテスラモーターズやバッテリーメーカーのA123システムズなどから、アップルによるエンジニアの大量引き抜きが表面化し、テスラとは関係が悪化。さらにA123による訴訟にまで発展した(5月に和解)。FTによれば、アップルはダイムラーのメルセデスベンツ研究開発部門のトップもスカウトしたという。
http://newswitch.jp/p/1487
[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-28 08:17 | 海外メーカー | Comments(0)

車中堅、進む選択と集中 三菱自が米生産撤退を発表

三菱自動車は27日、米イリノイ州の工場を売却し米国生産から11月末に撤退すると正式発表した。自動車業界ではトヨタ自動車など上位企業が年1千万台規模の販売を競い合うなかで中堅メーカーは生き残り策が問われている。米四輪車販売から撤退しアジアにシフトするスズキ、軽自動車生産をやめて北米に注力する富士重工業など「選択と集中」に解を求める動きが広がりつつある。


000000


 三菱自が米イリノイ州の工場で乗用車生産を始めたのが1988年。2000年には年22万台超を生産していたが14年は約7万台にとどまっていた。27日記者会見した三菱自の相川哲郎社長は「工場を維持できる規模ではない。選択と集中を進めるために工場売却を決めた」と説明した。

 三菱自の米生産撤退は10年来の懸案だった。背中を押したのは経営再建と円安だ。14年には累積損失を一掃、円安効果もあり15年3月期の連結営業利益は過去最高だった。リストラ費用を吸収できる余力ができた。

 米工場の従業員は1250人。売却先はこれから探すが「買い手がいなければ閉鎖も検討する」(相川社長)。同工場で生産する多目的スポーツ車(SUV)「アウトランダー・スポーツ」(日本名RVR)は岡崎工場(愛知県岡崎市)からの輸出に切り替える。

 自動車業界では大手と中堅の戦略の違いが鮮明になりつつある。トヨタや独フォルクスワーゲン(VW)、米ゼネラル・モーターズ(GM)などの大手は世界販売を年1千万台前後まで伸ばし、なお生産拠点の拡大競争を続ける。世界販売120万台の三菱自などは戦略の強弱を付けざるを得ない。すべての地域で展開するよりも得意分野に絞り込む戦略を急ぐ。

 一つは地域の絞り込みだ。スズキは12年に米四輪車販売から撤退した。「中小メーカーが米国市場に合わせて新車をそろえるには限界がある」(鈴木修会長)。代わりに増強するのがアジア。今春にインドネシアに2番目の新車組み立て工場を稼働させた。17年にはインドで3カ所目の工場を開設する。同社のアジア販売比率は6割を占め、さらに増える見通し。

 三菱自はすでに欧州生産から撤退した。今後はインドネシアやフィリピンの生産を伸ばす。

 車種の絞り込みに成功したのが富士重だ。12年に軽自動車生産から撤退し、同社に16.5%出資するトヨタ傘下のダイハツ工業からOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受ける。自社では収益力のあるSUVを北米中心に販売する。

 富士重の世界販売は三菱自よりも少ない年90万台超にすぎない。しかし事業構造を見直した結果、16年3月期の連結営業利益率は17%と自動車業界で最高水準となる見通し。円安効果も加わり営業利益では初の5千億円台を視野に入れる。吉永泰之社長は「北米とSUVに絞った戦略が奏功した」と強調する。

 中堅規模では、燃料電池車や自動運転車といった次世代技術開発などは自力で補えない部分も多い。大手の経営資源を効率よく活用できるかがカギとなる。中堅勢の次の一手が自動車の世界再編を動かす可能性もある。
nikkei.com


[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-28 08:11 | 三菱自動車 | Comments(0)

スバル 「XV」にPHV設定。17年から群馬で生産へ



富士重工業は小型SUV「XV」にプラグインハイブリッド車(PHV)を設定し、2017年秋をめどに群馬製作所(群馬県太田市)で生産を始める。米国の環境規制に対応するため、18年モデル車から販売を始める。米カリフォルニア州のZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)規制をはじめ、環境規制の厳格化に対応する。

000000

同社は13年から「XV(北米名・XVクロストレック)」にハイブリッド車(HV、写真)を設定。日本に加え、北米でも販売している。14年の北米での販売台数はXVクロストレック7万7878台のうちHVは8231台で、約1割強にあたる。日本でのHV比率に比べると低いが、XVは電動車としての認知も広がりつつあるようだ。
 XVのPHVはトヨタ自動車のシステムをベースに開発する。世界各国で環境規制が厳しくなる中、特にPHV設定を後押しするのは米カリフォルニアのZEV規制だ。18年モデルから同社を含む中規模メーカーも一定の割合でZEVを販売する必要があり、HVはZEVの定義から除外されることになる。
www.nikkan.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-07-28 07:57 | スバル | Comments(0)