<   2015年 09月 ( 142 )   > この月の画像一覧

三菱自 欧州をビックチェンジで迎え撃つ、新型アウトランダー!

日本で本格プラグインハイブリッドといえば、
従来型のアウトランダーPHEVという印象が強いと思います。
実際、ショッピングモールや高速のSAなどで充電している姿を良く見かけるようになりました。ただ登場からまだ2年半なのに、ビックチェンジというのは随分早いですよネ。実はこのタイミングで踏み切ったのは、背景に世界的な事情があります。欧州のCO2規制と米国のEV規制が厳しくなる中、欧州プレミアムメーカーが、プラグインハイブリッド開発を戦略的に推進しているのです。当然、本格プラグインハイブリッド車の先駆者たる三菱も負けてはいられません。新型アウトランダーは、新デザインを採用するとともに、i-MiEVとランエボとパジェロで培った技術や伝統を融合して、ブランド力と商品力を大幅に高めてきたのです。

0000000000


000000000


0000000


新型アウトランダー開発責任者・岡本PX(プロダクトエグゼクティブ)のミッションは
「欧州プレミアムSUVに負けないものをつくれ!」。

そのためにはクルマの基本性能の源泉となるボディの高剛性化や足回りの性能アップ、更に遮音対策が欠かせません。そこで開発陣は、本場ドイツでテスト走行を繰り返し、操縦安定性や乗り心地、快適性の質的向上に取り組みました。岡本PXの「アウトランダーは、i-MiEVに端を発するEV技術、ランサーエボリューションで培ってきたAWD技術、そして、パジェロの伝統を受け継ぐSUV…という3つの技術を融合しいたクルマ。つまりは三菱の強みをすべて集めたクルマなのです。」のコメントに、三菱の世界戦略車としての強い覚悟を感じた次第です。

新型アウトランダーは、基本性能向上に向けてボディ各部の補強と足回りの大改良を施しました。

特に足回りでは、フロントサブフレームを刷新して高剛性化をはかるとともに、ダイナミックダンパーの採用によって走りの上質感を向上。またダンパーも前後とも大径化して、操縦安定性と乗り心地の質感を大幅に改善しました。また静粛性対策にも、力が入っています。ルーフやリアフェンダー等の大型パネルに制振シートを配置するとともに、フェンダーやピラー内部に発砲ウレタンを注入。更にドアトリムの吸音材を4倍の厚みに増やしたり、PHEVの駆動用バッテリーパックに低周波振動対策としてダイナミックダンパーを追加するなど、徹底した対策が施されたのです。
http://clicccar.com/2015/09/27/328729/


[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-27 17:15 | 三菱自動車 | Comments(0)

【動画】トヨタ プリウスベースの新型SUV 「 CH-R 」走行シーン



00

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-26 10:46 | トヨタ | Comments(0)

日産 新型マーチ?のテストカー

0000000000


http://paultan.org/2015/09/25/new-nissan-on-test/


000000000

0000000

000000

00

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-25 22:08 | 日産 | Comments(1)

マツダ 燃費50キロエンジン開発へ

マツダが燃料1リットル当たりの燃費で
現在最も良い37キロを大幅に上回る45~50キロのエンジン開発に
着手する方針を固めたことが24日、分かった。

0000000000

得意の低燃費技術を発展させ、
二酸化炭素(CO2)の総排出量も電気自動車(EV)並みに減らす。
2020年以降に完成にこぎ着ける目標だ。

ガソリンやディーゼル車に搭載する従来型エンジンの性能を上げることで、EVや水素を燃料とする燃料電池車(FCV)が本命とされる次世代エコカーの座を狙う。金井誠太会長が共同通信のインタビューで明らかにした。

金井会長は簡易な「ハイブリッドシステム」を採用する可能性にも言及した。
47news.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-25 21:30 | マツダ | Comments(0)

スズキ VW提携解消の判断だが神すぎると話題に

ドイツの自動車会社フォルクスワーゲン(VW)によるディーゼル車の排ガス不正操作問題が、欧米で大スキャンダルに発展しているが、この事件発覚直前に提携を解消していたスズキが「神回避」とネット上で大きな話題となっている。

スズキは8月30日にVWとの2009年に結んだ包括的提携を解消、国際仲裁裁判所を通し、VWが保有する19.9%の株を取り戻していた。スズキは2011年にイタリアのフィアットからディーゼルエンジンの技術を購入することを決定したことで、クリーンディーゼルエンジンの技術提供を含むVWとの提携関係も悪化し、VW社とのパートナーシップが破断のきっかけになったことでも知られる。

0000000000

VWのディーゼルを提供してもらうはずだった
スズキは以前から不正に気づいていた?
もともとスズキの軽自動車のノウハウと、VWのディーゼルエンジン技術の技術交換による提携とも言われた2社の関係だが、結局のところVWから技術の提供が行われなかったことが提携解消の裏側にあったと言われているが、不正発覚によりネット上でも「クリーンディーゼル技術が嘘だったため提供することができなかったのが正直なところでは?」との意見も。

事件発覚後には「VWと手を切ったスズキの会長、タイミングが神がかりすぎ」「ひょっとして国際仲裁裁判所に仲裁を求めてまで提携を切ったのは、スズキは以前からこの不正を知っていたか気がついていたのかもしれない」「巨額の資金を捨ててまで提携解消した理由は、鈴木会長の凄い眼力なのか?業界ではすでに有名な不正行為だったのか」「スズキが提携切った途端にVWの排ガス偽装バレるとか凄え」「良いタイミングでVWのグループから抜けたな。いつもながらヒラリと危機をかわすスズキは強運の持ち主だな」など、泥舟から間一髪で脱出した鈴木会長は強運なのか?もともと知っていたのか?と議論は続く。

いずれにしても今後VWには、米国の大気汚染化法の違反による48万2000台を対象に、最大で180億ドル(2.1兆円)という前代未聞の制裁金が課せられることも明らかになっている。日本国内では軽自動車の好調を支えリードしてきたスズキだが、もしVWグループ傘下に残っていた場合、売却など多かれ少なかれダメージを負っていたのは確実。VWの大量のスズキ株を取り戻したタイミングといい、まさに危機一髪の神回避といえるだろう。
http://news.livedoor.com/article/detail/10630461/

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-25 21:20 | スズキ | Comments(6)

車の排ガス試験で独仏英が「抜け穴」要求、文書流出

排ガス規制逃れの不正が発覚した
自動車大手フォルクスワーゲンの母国ドイツの外交官らが、
重大な抜け穴が指摘されている従来の排ガス試験の継続を
裏で働きかけていたことが24日、
AFPの入手した流出文書から明らかになった。 

0000000000

この文書はドイツの政策方針書で、欧州連合(EU)の規制機関に対し、
最新の車両試験でも重大な抜け穴を残し、
実際の二酸化炭素(CO2)排出量が公式結果として発表される排出量より多くなるよう要請している。 

この文書について最初に報じた英紙ガーディアンは、
同様の要求を記した政策方針書がフランスや英国にも存在すると伝えている。 流出した技術文書の日付は今年5月で、内容はフォルクスワーゲンの不正問題で焦点となっている窒素酸化物(NOx)ではなく、CO2排出量の測定検査に関するものだ。従来の試験NEDCから厳密な新試験WLTPへの変更点に、制限を加える方策を具体的に論じている。 ドイツはこの文書内で、相関試験の際にEUがこれまでに提案してきた以上の例外を認めるよう求めており、下り坂で試験を行うことも例外対象に含まれている。 市民団体「交通と環境(Transport & Environment)」のグレッグ・アーチャー氏は、EU主要国がフォルクスワーゲンの不正を批判する傍ら、秘密裏に試験の緩和を実現しようと工作していたと指摘。「VWの不正に対しEUの捜査を要求しながら、同時に新検査を甘くするためのロビー活動を裏でやっているとは、まったくの偽善だ」と批判している。
http://www.afpbb.com/articles/-/3061227

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-25 20:07 | ニュース・その他 | Comments(0)

マツダ 当社は法令を順守している

日本国内では、現在の排ガス規制に対応したディーゼル乗用車を、トヨタ自動車やマツダ、三菱自動車のほか、メルセデス・ベンツやBMWなどの海外メーカーが販売していますが、各メーカーからは、今のところ販売に大きな影響はみられないといった声が出ています。

000000000
動画の閲覧はこちら


業界団体によりますと、ガソリン車と比べた燃費の良さなどから、ことしのディーゼル乗用車の販売台数は去年のおよそ2倍のペースで増えているということで、この団体では、ことし1年間の販売台数が15万台に達すると見込んでいます。この見込みどおりの場合、軽自動車を除いた乗用車の新車販売に占めるディーゼル車の割合は5%となり、過去最高の水準になるということです。
フォルクスワーゲンは、国内でディーゼル車を販売していないこともあって、各メーカーの間からは、今のところ今回の問題がディーゼル車の販売に与える影響はみられないという声が上がっています。
このうち、ディーゼル専用車種を販売するなど主力車種にディーゼルエンジンを搭載しているマツダは、「国内販売への影響は確認されておらず、当社は法令を順守しているので、今後、販売に大きな影響があるとは考えていない」と話しています。 ・・・・・
続きはこちら

0000000000

000000000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-25 19:47 | マツダ | Comments(1)

スズキ iM-4テストカー

0000000000

000000000

000000

no title

1


http://www.carscoops.com/2015/09/suzukis-im-4.html


[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-25 11:54 | スズキ | Comments(1)

【9/25更新】マツダ 「 越 KOERU 」テスト車両。内装も

0000000000

http://news.16888.com/a/2015/0923/1870889.html

こちらのブログではタイヤサイズ、搭載エンジン、発売時期が記載。
既に中国の工場で生産作業が云々と書かれています。広州モーターショー(2015年11月20日から)でも披露され、来年3月に生産開始し、そして、市場投入は2016年北京モーターショー以降(2016年4月下旬)になると書かれています・・・・・・
続きはこちら

0000000

000000

000000000


[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-25 09:37 | マツダ | Comments(1)

【9/25更新】ホンダ 新型フリードはハイブリッドに注力

価格.comの書き込みより

0000000000

「 ホンダは、シエンタの売れ行き、性能を見て、
HVの先行発売にシフトしたみたいですね。
Dにも、連絡がされているようで、先週Dの営業マンにターボいつなのと、聞いたら、
今秋から来年春に一旦延期され現在は、来期以降になっており、未定ですと。
現行車であれば、お買い得車種がありますとのことで、色が限定で、茶色のパールで、30万引き、グラスコートサービス、他小物サービスのかなり、お買い得車でしたが、色がどうしてもきにいらないので、丁重にお断りしました。さらに、4月生産だったのもきになりました。 」
ケイン@ さん

こんな情報も・・・・
俺 「フリード、来年の7月のモデルチェンジ 情報はあります?」 
営 「話が来ましたよ、来年3月中にビッグマイナーチェンジで決まりです」 俺 「えっ、フルモデルチェンジではなく… 」
営 「ええ、マイナーチェンジで… 」
俺 「…」

[PR]

by ganbaremmc | 2015-09-25 09:10 | ホンダ | Comments(0)