<   2015年 10月 ( 153 )   > この月の画像一覧

【10/31更新】スバル 新型インプレッサはほぼこの姿で

いわっき さんのツィートより

000000000

0000000

次期インプレッサに関して関係者は
 「 これまでも量産モデルの発売前にデザインコンセプトを発表しましたが、多くはデフォルメされていたのも事実です。しかし、今回のインプレッサ 5-DOOR コンセプトは量産型にかなり近い 」
とのこと!!!!!
https://twitter.com/iWAKKI_555/status/6425257985

予想CGです
http://www.carscoops.com/subaru-impreza

000000000

0000000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-31 21:56 | スバル | Comments(7)

スバル sti S207完売か

000000000

0000000

http://sti.jp/product/s207/index.html 
ちなみに応募総数は674でございました。
三菱エボが無くなったので完全にライバル不在というやつです。
誰が悪い? そりゃ益子ですよマスコ


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-31 21:24 | スバル | Comments(2)

奇妙な車列の光景

みんからで見つけたこんな記事。

000000000

電気店廻りをしている時、不思議な光景に遭遇しました。
車好きの私でもこの車は何か解りません??
画像はこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-31 21:02 | ニュース・その他 | Comments(2)

三菱自 「eX コンセプト」相川社長が説明

三菱自動車工業は、東京モーターショー2015でEV(電気自動車)で航続距離400kmを達成する次世代コンパクトSUV「eX コンセプト」を世界初公開。ブースでは「Driving Beyond SUVと電気の力で、一歩先へ。」をテーマに同社の電動化技術などをアピールした。

000000000

公開された「eX(エレクトリック・クロスオーバー) コンセプト」のボディーサイズは、4240×1780×1575mm(全長×全幅×全高)で、乗車定員5名のコンパクトSUV。駆動方式にツインモーター4WDを採用して、最高出力は前輪用モーターが70kW、後輪用モーターが70kW。また、駆動用バッテリーにリチウムイオン電池を搭載して、バッテリー総電力量は45kWh。航続距離(JC08モード)は400kmを達成する。
10月28日のプレスカンファレンスでは、同社取締役社長の相川哲郎氏がステージに登壇し、eX コンセプトについて「駆動用バッテリーはエネルギー密度が現在の2倍に進化したリチウムイオンバッテリーを搭載しています。小型高出力モーターを前後に搭載するツインモーター4WDとして、軽量化を推進することで、航続距離は従来のEVを大幅に上まわる400kmを実現します」と紹介。 加えて「高度な車両運動統合制御システム“S-AWC”(スーパー・オール・ホイール・コントロール)とツインモーター4WDを組み合わせることで、機敏なハンドリングと安心感を提供します」と特徴を示した。


また、プレゼンテーションでは、1982年の初代「パジェロ」から始まる同社SUVの歴史やこれまでのEVへの取り組みなどを紹介。 相川氏は「私たちが得意とする“SUV”と“電動車両”に力を置き、グローバルで三菱自動車のブランド力を高めていこうと考えています」と述べ、三菱自動車が目指すクルマについて、「様々な走行条件において、ドライバーの期待を超える走りを発揮できるクルマ。これを実現するためのキーテクノロジーとして“SUVのノウハウ”“4輪制御技術”“電動化技術”を今後も強化していきます」との考えを示した。

 同ブースでは、プラグインハイブリッド「アウトランダーPHEV」の展示のほか、PHEVシステムやツインモーター4WDの技術特長を紹介するシャシーモデルや、「アウトランダーPHEV」のクロスカントリーラリー参戦車、電気自動車研究開発50年を紹介するパネルなどを展示して、同社の電動車両への取り組みをアピールする。
car.watch.impress


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-31 20:52 | 三菱自動車 | Comments(1)

トヨタ 東京モに出品 新型プリウス Aプレミアム

25b544

251b5

58ff

458ff

62c14

811

2015-nissan-murano-spied-again-rear-06

12242

12642

8211

2015-nissan-murano-spied-again-front-three-quarters-01

6519

25b544

58ff

62c14

251b5

458ff

811

2015-nissan-murano-spied-again-front-three-quarters-01

2015-nissan-murano-spied-again-rear-06

8211

12242

12642

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-31 20:23 | トヨタ | Comments(0)

トヨタ 東京モに出品 新型プリウス ツーリング

25b544

811

251b5

458ff

58ff

62c14

2015-nissan-murano-spied-again-front-three-quarters-01

2015-nissan-murano-spied-again-rear-06

6519

8211

12242

12642

62c14

25b544

58ff

811

458ff

2015-nissan-murano-spied-again-front-three-quarters-01

251b5

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-31 18:58 | トヨタ | Comments(0)

右翼街宣車が「鳩山由紀夫」元総理を包囲

田小川町の攻防戦.「神田祭」は「山王祭」、「深川祭」と並ぶ、「江戸三大祭」の一つ。例年、半被(はっぴ)を纏った男女が神輿を担いで練り歩く千代田区・神田小川町の交差点で“事件”は起こった。
10月4日の夕方、鳩山由紀夫元総理(68)が乗った高級車が、
複数の右翼団体の街宣車に包囲されたのだ。警察と右翼が繰り広げた攻防戦の顛末とは。

000000000

「夕方の4時半頃かな、騒々しいと思って外に出たら、交差点の真ん中で黒塗りのフーガが6台ほどのワンボックスやRVタイプの街宣車に取り囲まれていてね。聞いたところでは、追走していたSPの車も別の街宣車によって止められていたそうです。その間も大きなスピーカーからは大音量の軍歌が鳴り響くし、そこにダミ声でがなり立てるもんだから、何を言ってるのか分かりゃしない。でも、時折り“ハトヤマ~!”と言うのは何とか聞き取れました」  と、振り返るのは小川町交差点近くの商店主だ。 「近づいて行くと、窓ガラス越しにチラッと由紀夫さんの顔が見えた。それで、総理大臣をやったお兄さんの方だと分かったんです」  近くの飲食店に勤務する女性は興奮気味。 「街宣車から降りて来た屈強な男性が、鳩山さんが座っている後部座席のドアを開けると、中に向かって何やら叫び始めたんです。するとすぐにスーツ姿の警察官が覆面パトカーから飛び出して、男性を引き離しました。その聞もパトカーが続々到着して、5~6台が拡声器で“車を動かしなさい!”、“速やかに退去しなさい!”と怒声混じりに呼びかけていましたね」  歩道には野次馬が集まり、車道は完全にストップした。渋滞に苛立つ一般車は右翼団体に抗議をするようにクラクションを鳴らし続け、周囲はしばらく騒然とした空気に包まれたという。
もちろん、その間も街宣車は軍歌を垂れ流し、加えて、 「日本の恥さらし!」 「売国奴!」 「日本から出て行け!」  などと、元総理を悪しざまに罵り続けたのである。
思わぬ豆鉄砲を食らった鳩山氏は、この日、13時30分から明治大学の研究施設で開かれたシンポジウムに出席していた。明大関係者によると、 「テーマは『日中友愛外交の道を探る』で、鳩山氏はゲストとして招かれていました。15分ほどの講演で、“13年に南京の大虐殺記念館に行ったら国賊と言われた”とか、“南京大虐殺は30万人と言われていますが、たとえ1人でも中国の民間人を殺(あや)めたら謝罪するのは当たり前”などと、悪びれる様子もなく滔々と話をしてました」  その間にも“獲物”のニオイを嗅ぎつけた右翼の街宣車は続々と集結していた。公安関係者によると、6団体の50人が25台の街宣車に分乗していたという。さて、攻防戦の行方は、 「街宣車は20分くらいで走り去りました。その際、“警察諸君はどうして売国奴の肩を持つのか!”と捨て台詞を残していきましたけど……」(先の商店主)  時間にして約30分。が、鳩山氏にはその何倍も長く感じられたことだろう。
http://www.gruri.jp/article/2015/10270815/

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-31 18:11 | ニュース・その他 | Comments(1)

日産 ゴーン社長「ディーゼル車は米国では駄目」

28日の東京モーターショーの報道陣向け事前公開では
各メーカーの経営陣からもフォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題で
注目を浴びたディーゼルエンジン車を巡る発言が相次いだ。 

no title

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は
「ディーゼル車が米国で人気を集めることはないだろう。欧州はよくて横ばい。グローバル販売は減る」
 と指摘。年約100万台のディーゼル車を販売しているトヨタ自動車の豊田章男社長は「乗用車ではハイブリッド車や燃料電池車の優先度が高い。しかし、ディーゼル車も独自の良さがあり全てを否定すべきではない」と話し、戦略を見直す考えはないことを強調した。 VW日本法人のスヴェン・シュタイン代表は28日、10月の新車販売が前年同月比で2割以上落ち込む見通しを明らかにした。2016年初めを予定していた中型車「パサート」のディーゼル車発売は夏以降に延期する。来日したVW乗用車部門トップのヘルベルト・ディース氏は「失った顧客の信頼を取り戻すには時間がかかる」と述べた。 VW車の失速懸念は部品メーカーにも波紋を広げる。フジクラは生産する自動車用ワイヤハーネス(組み電線)の多くがVW向け。「VWの減産規模によっては一部工場の閉鎖も視野に入れねばならない」(幹部) 自動車用電動パワーステアリング大手の日本精工は27日に16年3月期の連結業績の見通しを下方修正した。原因の一つは中国でVW車の販売が落ち込んだあおりで受注が減ったためだ。
nikkei.com

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-30 19:58 | 日産 | Comments(5)

【10/30更新】マツダ 米国ディーゼル車投入は予定通りに

マツダ の藤原清志常務執行役員は29日、ロイターのインタビューで、
米国市場にディーゼルエンジン車を投入する方針に変更がないことを明らかにした。

000000000

独フォルクスワーゲン の排ガス規制逃れ問題の影響から、ディーゼル車の環境性能に対する信頼が揺らいでいるが、マツダとしては技術に「価値がある」として予定通り投入する。 藤原常務は米国市場にディーゼル車を「出しますよ」と明言した。 ただ、VWの不正問題発覚で米当局が検査の厳格化を進めることから「試験期間がのび、自動車各社の認可取得に時間がかかり、どんどんずれ込んでくるかもしれない」と指摘。 
投入の時期は米当局の認可次第になるため「我々がいつとは言えない」とした。
マツダとしては2016年にも投入することを計画していたが、投入の時期は遅れそうだ。今回の不正問題はディーゼル車の弱点をあらためて浮き彫りにし、ディーゼル車市場の存続を危ぶむ声も出ている。だが藤原常務は、その弱点を克服させる技術を開発するのがエンジニアの使命であり、米国でも「あれだけトルクフルな走りと燃費の良さ」に価値を見い出して購入している顧客はいると指摘。特に農業トラクターやトラックなどに適しており「農業をしている地域には絶対に重要」としてディーゼル車がなくなることはないとの考えを示した。
ロイター

ホンダとマツダ 米市場に小型ディーゼル車投入を断念
英経済紙フィナンシャル・タイムズは28日、
マツダとホンダが米国市場に小型ディーゼル自動車を
投入する計画を断念したと報じた。
米国の排ガス規制が厳しく、対応が難しいと判断したという。 同紙によると、両社は欧州で採用しているディーゼルエンジンを改良し、米環境保護局(EPA)の厳しい窒素酸化物(NOx)排出量規制に対応させる方針だった。しかし、マツダはこの基準に合わせると車の性能が著しく低下すると判断。ホンダは改良に必要なコストなどを考慮し、米国投入を断念することにした。
ロイター
[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-30 19:52 | マツダ | Comments(8)

ホンダ オデッセイHV、2016年春頃発売

ホンダが、ミニバン全車種にハイブリッド車(HV)を
展開する方針を明らかにした。
今年度中にも主力の「オデッセイ」に設定し、
さらに今春に全面改良した「ステップワゴン」にもHVを加えることを検討している。
燃費向上で、細かい支出に敏感なファミリー層にアピールする。

2

ホンダは、東京ビッグサイト(東京都江東区)で30日から一般公開される東京モーターショーに「オデッセイハイブリッド」を出展する。ホンダとして初めて、バッテリーと制御装置を一体化させて前列シート下に収めることに成功。ミニバンならではの広い室内空間を保っているという。 この車の売れ行きをみながら、ステップワゴンをHV化して投入する時期を見極める。すでに「ジェイド」「フリード」にはHVがあり、ミニバン全車種からHVを選べるようにすることで競争力を高める狙いがある。
asahi.com

7e8d5a2

no title

今回モーターショー会場に展示されているのは市販予定のプロトタイプモデルだが、ガソリンエンジン搭載車との外見上の違いはごくわずかで、フロントライト下に青白いLED風のあしらいが見られることと、フェンダーなどに「HYBRID」のエンブレムが付くことくらい。インテリアには変更点は見られない。ボンネット内に搭載されるのは、エンジンをかけずモーターのみで走行できる距離が多い2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」。気になる燃費数値は未発表だが、これまで多くのハイブリッドモデルをリリースしてきたホンダだけに、優れた燃費性能と走行性能を両立しているのは間違いないだろう。

バッテリーはフロントシート下に搭載され、オデッセイの武器でもある広大な室内スペースを無駄にすることもない。気になるデビュー時期は、来年春頃の予定となっている。
autoc-one.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-30 19:47 | ホンダ | Comments(1)