<   2015年 10月 ( 153 )   > この月の画像一覧

トヨタ アイシス、ウィッシュ等7車種廃止

日刊自動車新聞によると、

00

2016年にトヨタが販売終了する車種
FJ・アイシス・ラクティス・ルミオン・イスト・bB・ウイッシュ・IQ
以上があげられていました。
https://twitter.com/beach80/status/659575713037611008

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-30 13:31 | トヨタ | Comments(5)

公道でドリフト → おっさんがマジギレ → 逃走


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-29 19:59 | 衝撃的動画 | Comments(1)

三菱自のPHEVはこんな坂道も登る

000000000

三菱ブースの坂の途中にディスプレイされているクルマです。
車両はアウトランダーPHEV。 誰でも購入できる市販車ですね。
そして坂道は、近づいてみるとかなりの傾斜です。ところで気になりませんか? アウトランダーPHEVは実際にこの角度の坂道を登ることができるのだろうか?と。正解は、登れるんです。この坂の角度は35度。アウトランダーPHEVで実際に登ることができる角度で作っているのだそうで。勢いをつけてとかではなく、一時停止してもそこから再スタートできるというからクルマって凄いですね。ちなみにCMでおなじみのトラックの荷台に設置した坂を登るデモンストレーションの角度はなんと、これより10度も傾いた45度。パジェロやデリカならそんな角度でも、途中で一時停止して再び発進できるとか。いずれにせよ、三菱ブースではこの坂道を要チェックですよ。
carview.yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-29 19:32 | 三菱自動車 | Comments(3)

日産 ゴーン社長が報道ステーションに出演

000000000


動画の閲覧はこちら

動画は30分05秒から


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-29 19:21 | 日産 | Comments(2)

TV東京 WBS「東京モーターショー公開」

000000000


動画の閲覧はこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-29 19:10 | ニュース・その他 | Comments(0)

三菱自 スズキ会長が新型EVに興味。VWブースはスルー

まるで水戸黄門の諸国漫遊――。
29日午前、「東京モーターショー2015」(30日から一般公開)の報道向け内覧会が開かれている東京ビッグサイトに、スズキの鈴木修会長(85)の姿があった。白髪に長い眉毛、のっさり歩きながら、声をかけられると手を上げて笑顔で返す。ライバル各社のブースを2時間近くかけて回り、エコカーに触れたり、最新デザインに感心したり。電気自動車(EV)や衝突を防ぐ技術については、他社の担当者に構わず質問をする姿も見られた。名物経営者を一目見ようとライバル社の担当者や記者らが囲んだため、移動するたびに大きな人だかりがあちこちにできる光景がしばらく続いた。

000000000

三菱自動車のブースでは、家庭のコンセントから充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)の充電方法について三菱自の担当者に質問。EVの試作車の前では内装の仕上がりなどについても説明を受けた。衝突予防の技術に定評のある富士重工業では、自動運転の取り組みについて尋ねた。担当者から「ドライバーを助ける技術を重視しています」といった説明を受け、鈴木会長は「やっぱり主役は人間なんだよね」などとうなずきながら返していた。
軽自動車で競い合うダイハツ工業のブースも訪れ、低燃費を強調する展示車などを見た。ほかのメーカーのブースより、明らかに車それぞれを見る目が違う。スズキが大ヒットさせている「ハスラー」の対抗車とされる新型車「キャスト」の前に来ると、車両の周りをぐるりと歩き、点検するようにしっかりと真剣に見学した。一方、トヨタ自動車のブースでは、スタッフに笑顔で「小さいメーカーをあんまりいじめちゃ駄目だよ」などと話しかけていた。
鈴木会長は、こうしてちょくちょくショー会場に現れては他社ブースを見て歩くのが、名物化している。この日午前に回ったのは、ヤマハ発動機やダイハツ、トヨタなどがブースを構える東京ビッグサイトの東展示棟。この秋に長年の願望がかなって資本提携を解消した独フォルクスワーゲンなどがブースを構える西展示棟は回らなかった。(山本知弘)
朝日新聞デジタル
[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-29 18:36 | 三菱自動車 | Comments(0)

日産 航続距離500km超えのリーフ

000000000

東京モーターショーに出品された多数の日産リーフ。
近々30kWhのバッテリーを搭載し、EV航続距離280kmのモデルが出ますが、
出品された中で、倍の60kWhのバッテリーを搭載したモデルがありました!
単純な計算で、EV航続距離は560kmになるということです。
ちなみに価格も倍ということに・・・?!

三菱自のMitsubishi eX concept は400km走るそうですが、
こちらのバッテリー容量はいかほど?

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-29 13:32 | 日産 | Comments(5)

マツダ RX-VISIONはエンジンが・・・・

マガジンXさんのツィートより。
お披露目されたロータリースポーツコンセプトのマツダRX-VISION。
関係者に確認したところ、展示されているクルマに、
ロータリーエンジンは搭載されていないことが分かった。
https://twitter.com/CyberMagazineX 

え?。

000000000


本日、お披露目されたクルマは、あくまでもデザインスタディと言うのだ。
ショーモデルには走りに関係ない目途で、駆動系が付いていなかったり、ビデオ撮り用のクルマを作っても展示車両は走りに耐える状態になっていないことはある。 が、マツダRX-VISIONは、ロータリーエンジン搭載がウリのRE搭載車を世に問う目的のクルマなのに、実はデザインスタディと言うのでは見るものを欺いていはしまいか? デザインスタディで、REが搭載されていないのであれば、ボディの脇にエンジン単体などを置いて、デザインスタディですと正直に説明するべきだ。 

エンジンスペックをアナウンスできないのは、何も決まっていないから。
だったら、デザインスタディの横にRE単体を置いて、堂々とそう言えば良いのです。ロータリーエンジンとその走りを想像させるのが目的のコンセプトカーです。 デザインを裏付けるエンジンの配置、ローターの数とサイズ、駆動系などのイメージが、FRレイアウトと言う以外、何も示されていないと言うことは、あのボディがどうしてRE搭載車なのか説得力がないと言うことです。
観る者に要らぬ誤解を与えるやり方は褒められません。

000000

カタログの中で小飼社長は、マツダにとってロータリーエンジンは走る歓びの象徴と言える技術です、とわざわざ強調しています。デザインスタディと言ってしまうとインパクトに欠けると思ったのかも知れませんね。明日取材します。

マツダ広報担当者によると、
エンジンに関してのスペック等は一切公表しないし、
パネル展示などもないとのことでした。
ボディデザインは、ロータリーエンジン搭載を前提に作ったとのことです。

マツダRX-VISIONにエンジンが載っていないことについて、他のメーカーと話す。
開口一番、 「 えっ?載ってないの 」
どのブランドでもハリボテや走らないクルマが展示されていることはあるが、
訴えたい部分で、ユーザーの誤解を招くようなことは、
他社も違和感をおぼえるようだ。
[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-29 13:09 | マツダ | Comments(6)

【更新】三菱自 アウトランダーPHEV、作業員のミスでリコール

アウトランダーPHEVの燃料ホースのジョイント不具合で
リコールがありました。

000000000


この件について三菱自から釈明がありました。
「 当該時期に作業員がホースの両側を引っ張って結節すべきところを誤って片手で作業したために、結節不良が起きた。当該箇所にはカバーが付いているため、検査工程でも見過ごされてしまった。現在は、結節とカバー装着を別の作業者が分かれて作業しているという。購入者のお客様には、申し訳ありませんとのことでした。 」
https://twitter.com/CyberMagazineX/status/42459344898
https://twitter.com/CyberMagazineX/status/11143279104

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-29 12:38 | 三菱自動車 | Comments(3)

【動画張替え】三菱自 Mitsubishi eX concept





三菱自動車工業は10月28日のプレスブリーフィングで相川哲郎社長が、ワールドプレミアとなったEV(電気自動車)のコンパクトSUVコンセプトである『eXコンセプト』などを披露した。今回のテーマは「Driving Beyond SUVと電気の力で、一歩先へ。」とし、経営資源を集中しているSUVと電動化技術に焦点を当てている。eXコンセプトは次世代のEVシステムなどを提示しており、相川社長は「ドライバーが自信をもって1歩先に踏み出せる走りを実現するイノベーション」とアピールした。エネルギー密度を2倍に高めたリチウムイオン電池を採用、駆動系は前後に2基の高出力モーターを配した4WDとしている。また、軽量化の推進によって「航続距離は従来のEVを大幅に上回る400kmを実現する」(相川社長)という。 レスポンス
[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-29 12:29 | 三菱自動車 | Comments(2)