<   2015年 10月 ( 153 )   > この月の画像一覧

トヨタ )「RAV4」の国内販売を終了

トヨタ自動車は2016年に、
スポーツ多目的車(SUV)「RAV4」の国内販売を打ち切る。

000000000

国内向けモデルの生産を、16年春をめどに停止する。
海外では人気のRAV4だが、国内は販売が伸び悩み足元は月産100台超にとどまる。ただ国内SUV市場は拡大しており、トヨタは16年末に国内生産を始める新型小型クロスオーバー車で巻き返しを図る。

 RAV4は国内ではトヨタ高岡工場(愛知県豊田市)と豊田自動織機長草工場(同大府市)で生産する。このうち豊田織機長草工場で生産する国内向けモデルの生産をやめる。同工場の海外向けモデルの生産は続ける。
 RAV4は街乗りしやすいコンパクトなSUVとして、94年に日本市場に投入した。その後、海外でも販売を始めた。現在でも北米など海外では人気が高い。海外向けは両工場とも月産1万台を超えるペースで生産している。しかし国内向けは「サイズが中途半端」(ネッツ店幹部)と低迷を続けている。RAV4の打ち切りに伴い、トヨタは国内市場向けに、新型の小型クロスオーバー車を投入する。コンセプト車「C―HRコンセプト」をベースにする新型車で、RAV4よりも小ぶり。
nikkan.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-27 09:02 | トヨタ | Comments(7)

車大手が相次ぎ最高益 4~9月、北米好調・円安で

自動車大手の業績拡大が続いている。2015年4~9月期は本業のもうけを表す連結営業利益が富士重工業は前年同期比約5割増、マツダやスズキも1~2割増え、そろって過去最高を更新したようだ。日産自動車も5割程度の増益となり最高益に迫る。国内や新興国市場が減速する中、収益源の北米で販売を伸ばし、円安効果も利益を押し上げた。自動車の好調は部品や素材など幅広い取引先にとって恩恵となりそうだ。

000000000


富士重、マツダ、スズキの営業利益はいずれも会社計画を上回り、4~9月期予想を示していない日産も05年4~9月期の最高益(4115億円)に迫りそうだ。トヨタ自動車も営業最高益を更新した公算が大きい。 車7社合計でみても2年連続で最高益になったとみられる。軽自動車増税で低迷する国内やインドネシア、タイなどアジア新興国の減速を補ったのが北米の好調だ。 15年の米新車販売は低金利やガソリン安を追い風に14年ぶりに1700万台に達する見通し。とくに利幅の厚い多目的スポーツ車(SUV)が売れており、富士重は「フォレスター」、日産は「ローグ(日本名エクストレイル)」など競争力の高い新車を投入して稼ぐ力を高めている。スズキはシェア首位のインドでの販売増がけん引した。 各社とも金融危機後に増産投資を極力抑制してスリムな収益体質になっており、販売増が利益の伸びに直結しやすい。欧州勢などと比べても増益率の高さは目立つ。
円安効果も大きい。今4~9月期は1ドル=121円程度と1年前より約18円円安になり、各社の収益を押し上げた。対ドルの円安効果は富士重と日産で1000億円規模に膨らんだとみられる。ロシア・ルーブルやブラジル・レアルなど新興国通貨安のマイナスを上回ったようだ。 世界最大市場の中国では減速懸念も強まっているが、今のところ影響は軽微だ。1~9月の中国販売は日系でシェア首位の日産が2%増、マツダも13%増えている。中国事業の利益は経常利益以下に反映される。 新興国景気が減速するなかでも車各社は好調を維持した。自動車関連は上場企業全体の利益の2割程度を占める最大の稼ぎ頭であり、取引先への波及効果も期待できそうだ。 先行きには不透明感も漂う。中国市場のさらなる減速懸念に加え、独フォルクスワーゲンの排ガス不正問題がディーゼル車の販売などにどの程度影響を与えるかは見通しにくい。各社は11月上旬に4~9月期決算を発表するが、下期の収益計画は上期に比べ伸びが鈍る可能性がある。
日本経済新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-27 08:55 | ニュース・その他 | Comments(0)

国沢氏 VWの件でNHKに出演

000000000

「 フォルクスワーゲン不正問題と自動車の未来 」 

10/27 (火) 4:20 ~ 4:30 (10分) 
NHK総合・神戸
【出演】自動車評論家…国沢光宏
http://tv.so-net.ne.jp/schedule/143008201510270420.action

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-26 20:45 | 海外メーカー | Comments(3)

ホンダ 新型NSXは来春に販売延期か

ホンダNSXの販売計画に遅れが出てきている。
本来、今年の末から販売が開始される予定であったが、
現時点ではその発売開始時期は2016年の春になるようだ。


000000000


アメリカではアキュラ名義で販売予定であるが、
その延期の理由は開発プロセスで生じたエンジン・レイアウトの変更だとされている。

スポークスマンいわく、アキュラNSXの販売延期は、当然ながら欧州版(ホンダ名義の)NSXの延期にも影響するとのこと。25年前にデビューしたホンダのアイコニックなスポーツカー、NSXの第2世代となるモデルが初めて公開されたのは2012年のデトロイト・モーターショーでのこと。このモデルは、アメリカで開発されたもので、その製造はオハイオのメアリズビル工場が担当することとなっている。

新しいNSXと、先代のNSXとの大きな違いのひとつにボディ・ストラクチャーがある。
先代NSXはオール・アルミニウム製のボディにV6ユニットを搭載するミドシップ・リア・ホイール駆動のモデルだったが、新しいNSXは非常に強度の高いカーボンファイバー製のフロアにハイブリッド・ユニットを搭載する4WDモデルなのだ。
そのパワー・ユニットは、ツインターボの75°V6。
そして9速デュアル・クラッチ・トランスミッションと迎合される。
それに、エンジンに加えて3台の電気モーターが追加される。ホンダは現時点でもパワートレインのパワー、トルクを公表していないが、合計でおよそ560ps程度になると予想されている。V6ガソリン・ユニットは、できる限り低くマウントされるようにドライサンプを採用。また、バルブトレインも可能な限りコンパクトに設計されており、その重心はかなり低い。9速のデュアル・クラッチ・トランスミッションは、ホンダが言うには脳のシナプスの反応のように早いギア・チェンジが可能で、回転を合わせるためのブリッピングも行うという。

モーターのうち1台はエンジンとギアボックスの中間にレイアウトされ、加速、ブレーキング、トランスミッション・シフティング・パフォーマンスを補助する役割。残りの2台はフロント・アクスルに取り付けられる。このフロントのモーターは瞬発的なトルクを供給するだけにとどまらす、ダイナミック・トルク・ベクタリングの役目を果す。このモーターは左右それぞれ異なるレベルのトルクを発生することが可能で、加速および、マイナスのトルク(減速力)を発生させブレーキングの強化の役目をも果す。ホンダによれば、全く遅れを感じさせないラウンチとブレーキング・パフォーマンスが確保されたという。
http://www.autocar.jp/news/2015/10/26/143013/


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-26 19:12 | ホンダ | Comments(0)

三菱自 新顔ekカスタム ラリーアート

000000000


アクアランサーさんが
新顔となったekカスタムをベースに
ラリーアート仕様をカーコラしてくれました。
画像はこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-26 15:36 | 三菱/日産NMKV | Comments(1)

クルマでいこう! ダイハツ キャスト

000000000


動画の閲覧はこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-26 15:05 | クルマでいこう! | Comments(0)

スバル インプレッサXVのアクセサリーカタログ


00


いわっき さんのツィートで見つけたXVのアクセサリーカタログです。
https://twitter.com/iWAKKI_555
デビューは10月28日。明後日っ

000000000

0000000

000000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-26 14:46 | スバル | Comments(0)

スバル 「XV」PHV米投入 環境規制に対応

000000000

富士重工業は同社初の家庭で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を、小型多目的スポーツ車(SUV)の「XV」に設定する。2017年秋をメドに群馬製作所(群馬県太田市)で生産を始め、まず同社の主力市場である米国に投入する。米で厳しくなる環境規制に対応する。
日本経済新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-25 20:49 | スバル | Comments(0)

トヨタ 新型プリウス全裸でテスト走行 ②と価格

価格.comの加藤三郎 さんより
 
000000000

10/23 マイカーで伊豆へ旅行中に新東名高速 駿河湾沼津SA上りで 
新型プリウスのテスト車2台発見!!写
真添付します。写真を何枚か撮影しようと思いましたが、
見張りもいるし にらまれたので 1枚だけ撮影しました。
仮ナンバーでトヨタのロゴ(バレバレ)を隠しています。

細かい価格が分かりました。
242万 E
247万 S
262万 S Touring
277万 A
292万 A Touring
310万 A Premium
319万 A Premium Touring

E、Sの差が5万。Eは法人向け。 自動ブレーキなど先進の装備が標準なのはA以上。
TSS-PのMOP価格は27日に出る予定です。

[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-25 20:42 | トヨタ | Comments(1)

【動画】三菱自 販社で撮影。新顔ekカスタム



 


[PR]

by ganbaremmc | 2015-10-25 19:46 | 三菱/日産NMKV | Comments(0)