<   2015年 11月 ( 136 )   > この月の画像一覧

【管理人の愚痴】三菱自 相川社長の管理能力を疑う

新型RVRの開発状況を正確に報告していなかった理由で、実質解雇された件で、三菱自に多くの苦情があり、大変難儀していると聞きました。 この件に関して、三菱自にメールで質問すると、客相から直に電話がかかり、マスコミ報道の内容を認め、お詫びしてきました。 
「 新車開発の過程において、適宜・適切に、重要な報告並びに対策を怠ったことを理由に、管理責任を含めて役員および管理職の異動・退職があったことは事実でございます。また、一部取締役および役員の役員報酬自主返納があったのも事実でございます。  」
加えて以下を強調。
「 社として、虚偽や不正行為があったわけではございませんので、その点はご安心下さい。 」

000000000

相川社長は早くから知っていたのではないか?
この質問に関しては、三菱自は知らなかったと答えます。
管理責任者として減給処分にしたと言いますが、どうも腑に落ちません。
だって、このRVRの後継ともいえる車種は、三菱にとって社運をかけた車でしょ。 そんな車なら、試作車とかも作っているだろうし、中間報告で何度も実車を確認し、試運転もしているはず。 技術者であり、PHEV好きな相川さんならなおさらでしょ? あのアウトランダーPHEVの開発現場の様子を、テレビでご覧になられた方なら皆そう思うはず。 そんな人が開発責任者の口頭と書類だけで、進捗状況を信じたというのか? しかもこの車の発売予定は 2016年春。 半年後ですからね。 いくら隠蔽していたとはいえ、気づくの遅すぎやしませんか?
相川社長が知っていようがいまいが、大問題であることに変わりなく、
知らなかったのなら、経営者として管理能力を疑わなくてはなりません。
そんなの必要がないというほど、開発責任者は信頼されていたのか?
そうでしょうね。 社運を賭けた車の開発を一任しているのだから。
技術も知識も相当なものであったはず。 そんな人を辞めさせて良かったのか?
事実を知れば、納得できる処分なのですが・・・・
ただ最近の東芝や不正建築のニュースをみても、三菱社内でも相当なプレッシャーがあるのでしょうね。 人も開発資金も減らされ、期日までに作れと言われるのですから。 悪意はなかったと思います。 むしろ風通しの悪いこの状況を作り出した会社にも責任があるでしょう。

ついでにこの一件で、
東京モーターショーにコンセプトXRが出せなかったのでは?
再度、三菱自動車に聞いてみました。

「 東京モーターショー2013にて出展しておりました「コンセプトXR」を、東京モーターショー2015で出展しなかったことにつきましては、一連の状況とは関連はございません。 モーターショーにおけるコンセプトカーは、都度、その時の状況に適していると判断したものを出品しており、必ずしも前回出品したコンセプトカーを継続して出品するものではございません。 先般開催されました東京モーターショー2015では、2020年頃を見据えた先進感で、デザインと技術をコーディネートした提案をすることが弊社として適切と考え、EVであるコンセプトeXを出品いたしました。 」

ん? この前同じ質問をしたとき、
「 発売が近いから 」 という理由で出さなかったのでは?

三菱重工さんは筆頭株主なんだから、
今の三菱自の状況を察して、開発に力を貸してもらえないですかね?
あんなすごいロケットと旅客機が作れるのだから、簡単だと思いますけどね。
株主といえども、他社メーカーに部品を出しているから、協力は無理なのか。
これじゃ配当減らされますよ。
いいんですか重工さん!

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-29 16:41 | 管理人のボヤキ | Comments(13)

トヨタ 86特別仕様車を限定販売

トヨタ自動車は、スポーツカー「86(ハチロク)」の特別仕様車を
元町工場(豊田市)で生産する。

000000000

2016年2月から100台限定で造る。
手作りで日当たり2台程度を生産する見通し。走りの技術を注ぎ込んだ、レーシング仕様のプレミアム車両になるもよう。クルマファンの裾野拡大に加え、スポーツ車の生産技術向上や若手社員の技能底上げをねらう。
chukei-news.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-28 19:27 | トヨタ | Comments(0)

三菱自 「諭旨退職」の件で毎日新聞に疑われている

三菱自動車は、2016年に予定していた主力車「RVR」の
フルモデルチェンジを延期した。
開発に失敗した担当部長2人を諭旨退職とし、相川哲郎社長の役員報酬の一部自主返納や執行役員ら2人を降格する処分を11月1日付で行った。「開発段階で上司への報告が不適切だった」ことを処分の理由としているが、「諭旨退職」とは相当な処分内容だ。
いったい何があったのか。 

000000000

スポーツタイプ多目的車(SUV)の「RVR」は、14年度の販売台数が21万台と、同社全体の2割を占める主力車だ。10年に行った前回モデルチェンジから6年となる来年に全面的なモデルチェンジを行い、燃費を向上させたガソリン車と、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド(PHV)の投入を予定していた。 今年3月に開催されたジュネーブのモーターショーで、試作車「XR−PHEVII」を発表し、これが新型RVRのベースになるとみられていた。
ところが、10月末に、開発を担当していた部長2人の諭旨退職や常務執行役員と品質統括本部長を11月1日付で降格させる人事を発表。社長の報酬一部返納を決めた。 同社広報は、「RVR」の開発を巡って、「車両の重量が想定より増え、結果的に燃費や二酸化炭素(CO2)排出量といった目標の達成が難しくなった」と説明する。さらに、開発段階で、上司に対して目標値の達成見込みやリスク情報が、正しく報告されなかったというのだ。
車体が重くなれば、その分、走行に必要なガソリンの消費量が増え、燃費が悪くなると同時にCO2排出量が増えてしまう。重量のコントロールは新車開発という自動車メーカーの将来を左右するプロジェクトのキーポイントの一つだ。 そして、開発に失敗したプラグインハイブリッドは、エンジンと電気モーターを併用し、家庭用電源で充電できるものだ。ますます厳しくなる世界の排ガス規制を、新しい技術でどう達成していくかも自動車メーカーの生き残りを左右する。独自動車大手のフォルクスワーゲンは、その排ガス規制で不正を働き、全世界でリコールという一大スキャンダルを起こしたのだ。 新型RVR開発陣は、その重量抑制に失敗しただけでなく、「計画通り達成できる」と上司に虚偽の報告をしていたという。
「諭旨退職」という重い処分が行われたということは、
「単に正しく報告しなかっただけではないのでは」という見方もくすぶる。


だが、三菱自動車の広報は 「 国への虚偽報告などの不祥事ではない 」 と、
法に触れるようなことが行われたとの見方を全面的に否定する。
そして 「 (三菱自の)数少ないラインアップ車種での開発の遅れに対するけじめをつけた 」 と説明する。 
新車発表の1年前の問題発覚は同社にとって大きな目算狂いだ。しかもRVRという看板車種の全面リニューアルと、プラグインハイブリッドという環境技術をアピールする場を失ったのは痛手だ。 このため、同社は販売ラインアップの見直しを進め、10月に開催した「東京モーターショー」に出展した「MITSUBISHI eX Concept」をRVRの改良モデルとして位置づけた。 「eX」は現行RVRと比べ、ひと回りコンパクトなサイズだ。 そして販売を3年遅らせて19年中の販売を目指す一方、当初16年に市場への投入を予定していた「XR」は、上級車種の「アウトランダー」と、次期「RVR」の中間に位置する「アッパークラス」として計画から1年遅れの17年度内の販売を目指すという。
三菱自動車は、09年6月に世界で初めて量産型電気自動車(EV)「i-MiEV」を発表した。相川社長は昨年8月、「20年には全販売車両の20%をプラグインハイブリッドか電気自動車にする」と意気込みを示したが、その出はなをくじかれた格好だ。
毎日新聞 経済プレミアムより

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-28 02:18 | 三菱自動車 | Comments(37)

ホンダ 新型オデッセイHV情報

000000000

ホンダ ディーラで、新型オデッセイHVの情報をタブレットで見れるようです。
 社内向けタブレット画面で見せてもらいました
比較車両はエスティマHV及びノア、ボクシー、エクスクアィアHVで、走りと燃費性能が図示されています。 燃費については、赤い★マークが、20~30㎞の丁度中心に記されていたので、恐らく 25㎞/L で間違いないところでしょう。 その2車を走行性能 ( 加速力 ) でもかなり上回っています。 他メーカーのガソリンエンジンミニバンの価格帯でオデッセイハイブリッドが購入できます!  という図式の価格帯説明図がありました。
感心したのは、助手席下に収められたバッテリーです。 一般床面よりも下面にえぐられた位置及び70㎜嵩上げして設置されたシート配置で実にうまく収められています。 三列目シートの 「 床下収納機能 」 をを維持するために、ホンダではあらゆる箇所が検討されたのではないかと思います。 ホンダの面目躍如たる世界初の最適解答が実現しています。 
価格.com F1KITAI さん


[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-27 20:19 | ホンダ | Comments(3)

スズキ 新型アルトワークス カタログ発見


読者の 匿名希望 さんからの情報です。
ありがとうございます。

000000000

0000000


0000000


000000


no title


https://twitter.com/status/670081926645071872
https://twitter.com/koichiro9423


[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-27 16:13 | スズキ | Comments(5)

VW車に新たなソフト不具合、燃費に影響と独紙

排ガス不正問題で揺れる独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が、
自動車の燃費に影響を与える
ソフトウエアの不具合を新たに発見したことが分かった。

000000000


独紙ウェルト(Die Welt)が26日、報じた。ウェルト紙は「フォルクスワーゲンに新たなソフトウエアの問題が見つかった。その一つは燃費に直接影響するものだ」と伝えている。  不具合がみつかったソフトは、ライトの点灯や走行時の冷暖房に不可欠なバッテリーの充電に使うことができるエネルギーの回生を制御するためのもの。車両のエネルギー回生システムに問題が生じると、より多くの燃料を消費することになる。  ウェルト紙によれば、フォルクスワーゲンの広報担当者は不具合を認める一方で、この影響を受ける車両は限定され、同型車種シリーズの全車両に影響するものではないと語った。
http://www.afpbb.com/articles/-/3068221

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-27 14:24 | 海外メーカー | Comments(0)

三菱自 開発遅れで「クビ」になるのは厳しすぎるのでは


三菱自動車工業の開発部門の管理職2人が、新型車開発の遅れを理由として諭旨退職となっていたことが明らかになった。新型車の開発担当者が「適切な報告を怠った」(広報部)ことで、戦略モデルの開発スケジュールの大幅な見直しを迫られた責任を明確化するためとしている。
諭旨退職とは社員の自主的な退職を求める一方、期限内に退職を申し入れなければ懲戒解雇するというもので、事実上の懲戒処分といえる。新型車の開発遅れで責任者が「クビ」になるのは「業界でも珍しい」(日系自動車メーカー開発担当役員)。

000000000

三菱自系サプライヤーなどからは、
今後の新型車開発で開発部門が「萎縮するのでは」と懸念する声も出ている。  
三菱自は、2016年にSUV「RVR」をフルモデルチェンジする計画だった。同社は「RVR」や「アウトランダー」などのSUVと、電気自動車・プラグインハイブリッドカーの電動化技術の2つに注力して事業の拡大を図っていく計画を策定していた。特に、SUVは新興市場から北米などの先進国市場まで、グローバルで成長が見込まれており、その中でも小型SUVであるRVRは戦略モデルとして重要な車種だった。  RVRはグローバル展開するモデルとして高い低燃費化目標を掲げており、これを達成するため、車両の軽量化がキーとなっていた。諭旨退職となった管理職2人は、RVRの軽量化の責任者だったが、三菱自によると「目標重量を達成できないことが明らかになったにもかかわらず、重要な機関決定の場でも開発の遅れを報告しなかった」(同社執行役員)。目標としていた車両重量や燃費の目標を達成できないことが明らかになり、同社は新型車の開発スケジュール全体の見直しを余儀なくされた。  燃費などが目標を達成できないと、各国の燃費規制やインセンティブにも影響するためだ。三菱自では、RVRの16年のフルモデルチェンジを先送りし、代わって現行RVRのプラットフォーム(車台)を使って小型SUVの新型車を17年に投入する。同時に、RVRの次期モデルは19年度までに開発して市場投入する計画に仕切りなおした。

●「厳しすぎる」との声も 
三菱自にとって重要な戦略モデルで新車開発スケジュール全体を見直すことになったとはいえ、これらを理由に退職を迫られるケースは珍しい。戦略モデルの開発計画の遅れは、同社の業績にも大きな影響を及ぼすことの重大性を考慮したと見られるものの、同業他社からも「処分は厳しすぎるのでは」との見方も出ている。. 経営責任を明確化するため、相川哲郎社長をはじめ役員数人が報酬の一部を自主返納することや、開発部門役員の降格も決めた。新型車投入計画の遅れで販売会社や顧客に迷惑をかけるためだ。  一方で、厳しすぎる処分に対して社内やサプライヤーからは「開発部門の自由度がなくなる」など、今後の影響を懸念する声も上がっている。新型車に設定している性能の目標や、開発スケジュールの厳守ばかりが先行し、「おもしろくない無難なクルマしかできなくなるのでは」(サプライヤー)との声も上がっている。
zasshi.news.yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-26 22:52 | 三菱自動車 | Comments(9)

マツダ 新型アクセラ英国仕様に1.5L ディーゼル追加


日本でも追加してくれませんかね?

000000000

マツダは、イギリスでMazda3にクリーンディーゼルSKY-D 1.5を
追加設定して12月はじめから発売を開始するそうです。・・・・
続きはこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-26 20:21 | マツダ | Comments(3)

MTで注文したS660がCVTだった…

実家から緊急連絡。
私が運転するまで大事に運転せずに、S660を置いといてくれた父上(*´ω`*)
いまエンジンの始動だけ父上が確認しようと、
S660のエンジンをかけるため乗り込んだら・・・

000000000


『 ・・・え?CVTじゃね? (゜ロ゜; 』
6MTで注文したし契約書にもちゃんと書いてあるのに、届いた車体がなんとCVT(# ゜Д゜)ふざけんじゃねええええええ!!!・・・・・・・・
続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-26 20:10 | ホンダ | Comments(10)

三菱自、新型パジェロスポーツの輸出開始

三菱自動車の現地法人ミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)は24日、
タイで生産するスポーツタイプ多目的車(SUV)の
新型「パジェロスポーツ」の輸出を開始したと発表した。

000000000


世界90カ国に輸出する。

東部チョンブリ県のレムチャバン港から第1陣が出港した。MMThは8月1日に新モデルを発表。MMThの一寸木守一社長兼最高経営責任者(CEO)は声明で、タイでは10月末までに1万5,000台以上の予約があり、10月の単月販売でも3,279台と過去最高の滑り出しを見せていると説明し、海外でも販売が好調に推移することに期待を示した。主に東南アジア諸国連合(ASEAN)、中東、オーストラリアに輸出する。

MMThは、2008年8月から今年10月までにパジェロスポーツを27万台輸出。マレーシア、インドネシア、インドではベストSUVとして広く受け入れられているという。
http://news.nna.jp/free/news/20151126thb005A.html


[PR]

by ganbaremmc | 2015-11-26 19:40 | 三菱自動車 | Comments(1)