<   2015年 12月 ( 142 )   > この月の画像一覧

派遣先から三菱自の社員になった男性の自叙伝

自動車メーカーの男性社員が、
児童養護施設に預けられてから困難を乗り越え、
同じ境遇の子どもたちのために
新たな人生を歩もうと決意するまでをつづった自伝「キミはボク」を出版した。
男性は「この本が子どもたちの希望になれば」と話している。

000000


男性は、三菱自動車名古屋製作所(愛知県岡崎市)で働く福島茂さん(31)。
長崎市に生まれ、九人の子を連れて父親と事実婚した母親は、四歳の時に病死。五歳のとき、きょうだいで一人だけ児童養護施設に預けられた。 施設では自由がなく、上級生や先生から暴力を受けたこともあるという。「親に捨てられ、誰も味方がいない。一人で生きていこう」と心を閉ざした。 十八歳で高校を退学し、パチンコ店に住み込みで働き始めた。しかし、パチンコにのめり込み、借金を重ねることに。ついには職場の後輩の財布を盗んでしまった。 「あなたはそんな人じゃないはずや。目を覚ませよ」。パチンコ店は解雇されたが、後輩はそう言って示談にしてくれたという。「今まですべて親や施設のせいにして現実から逃げてきた。もう逃げてはいけない」。閉じた心に光が差し込んだ。 翌年、愛知県の派遣会社に就職。派遣先の三菱自動車名古屋製作所で仕事ぶりが認められ、二十三歳で正社員になった。 つらい時、気持ちを詩に書いて部屋の壁に張った。「苦しい時は空を見上げよう」「神様は乗り越えられない壁は与えない」-。それを見た同僚から「本にしたら」と勧められたのがきっかけで、自伝の出版を決意。四年間でA4判用紙約八十枚を書き上げた。 二〇一一年夏に知人の紹介で長野県小布施町の出版社「文屋」に持ち込み、今月、初版四千部の発刊にこぎ着けた。「過去を受け止め、同じ境遇の子どものために生かしたい」。タイトルにはそんな思いがこもる。 福島さんは年内で三菱自動車を退職する。故郷の九州に戻り、自分で児童養護施設を開設する夢に向かうためだ。当面は施設の職員として働きながら、一歩、一歩、具体化を目指す。 不遇な子どもたちは、大人につらさや寂しさに気付いてほしくて小さなサインを出している。「同じ経験をしたからこそ、ちゃんと見ているよと伝えたい。そうすれば子どもにとっての世界の見え方は全く違ってくると思う。その先に夢を見つけてほしい」 「キミはボク」は税別千五百円。アマゾンや書店で注文できる。
tokyo-np.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-27 14:24 | 三菱自動車 | Comments(0)

マツダ 改良デミオ、CX-3「DE精密過給制御」って

山本晋也さんのブログより

000000

マツダのデミオとCX-3がマイナーチェンジで、
特徴といえる1.5リッター4発ディーゼルをリファイン。
そのディーゼルエンジンについて注目なのは、
こちらの進化点。

「 SKYAVTIV-D 1.5搭載車にエンジンのトルク応答を緻密にコントロールする「DE精密過給制御」を行い、軽負荷領域でのアクセル操作に対してのクルマの反応がよりダイレクトになるよう設定。 」

実車を見ていないので、どんな進化なのかまったく不明ながら、精密過給制御といっても電気モーターのアクチュエータを採用しているといった話ではないと予想するところで、ハードウェアを変えていないとすればターゲットトルクとブーストのマップをリンクさせているような進化を遂げているのかなあ? と想像するほかないのですが。 おそらく、ヒントはリリースにある『軽負荷領域』という言葉。エンジン回転数というよりは排気のエネルギーでターボチャージャーを回すという風に見ると、軽負荷でブーストが上がらないのは納得できるところでありましょう。 で、その領域でのリニアリティを求めるというのは、ターボチャージャーを回すために排気の熱エネルギー量を増やすための、何らかの工夫をしているということを想像させるわけですが、さて?
blog.livedoor.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-26 18:49 | マツダ | Comments(0)

【12/26更新】ホンダ 新型フリード、あのエンジンは断念?

価格.comのカキコです。

000000

「 本日発売の「BC誌」に、次期フリードの事が、掲載されていました。エンジンは、1.5i-DCDハイブリッドと1.5NAの2本立て。1.0ターボは、見送られたそうです。なんでも、ステップワゴンの1.5ターボの販売が思わしく無いのが一因とか。ターボはコストが高くなりますし、メンテナンスにも気を遣う。そして何より日本では、「車格」=「排気量」が重視されますからね。「なんだ1000ccか」と言われるとつらいですからね。やはり、こうなりますね。ホンダの「ダウンサイジングターボ構想」早くも、先行き不透明ですかね。でもあくまで、たかが「BC誌」の情報ですので勿論100%ではありません。 」
関電ドコモ さん

別の方のお話では・・・ 12/26追加
「 
エンジンは1.0のダウンサイジングターボと1.5のハイブリッドの二択で、ノーマルはなし。あと、スパイクブランドがなくなり、フリードの二列モデルという位置付けになるそうです。1.0のターボは初ものということもあり、先のリコールの影響で相当慎重になっている感じでした。以上、ご参考になれば。 」
えるきゃぴたん さん

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-26 18:33 | ホンダ | Comments(5)

完売続く高性能スポーツカー、低迷新車市場の起爆剤に

国内の新車販売が低調な中で、なぜか高額な高性能スポーツカーが飛ぶように売れている。富士重工業が10月29日に400台限定で受注を始めたセダン「WRX STI」の特別仕様車が即日完売、ホンダが国内750台限定で発売した「シビック タイプR」に10倍以上の注文が殺到した。低燃費車やスポーツ用多目的車(SUV)などに販売台数は遠く及ばないが、限られた台数だからこその特別感と中高年齢層の男性を中心とした熱狂的なファンが人気を支えている。

000000

即日完売した富士重の特別仕様車「S207」は、専用チューンを施して最高出力を328馬力まで上げ、路面からの衝撃の大きさによって吸収力を変える最新サスペンションを採用するなど足回りにもこだわった。希望小売価格は599万4000~637万2000円と同社として史上最高値。専用部品が多く通常モデルより170万円以上も高いが、「高い走行性能と、家族でも使える乗り心地の良さを両立したところが支持された」(広報部)。
ホンダの「シビック タイプR」は、2010年10月に国内で限定販売した3ドア車「ユーロ」以来の復活だ。新開発のターボエンジンを搭載し、最高出力は310馬力。ドイツの有名サーキット「ニュルブルクリンク北コース」での評価で、前輪駆動の量産車トップのラップタイムを記録するなど実力は折り紙つき。注文は10月29日からの1カ月弱で10倍以上に膨らんだため、異例の抽選販売に。高倍率の争奪戦となり、購入を希望していた八郷隆弘社長も「お客さんが優先」と、涙をのんで諦めたという。

三菱自動車が四輪駆動セダン「ランサーエボリューション」の最終モデルとして8月に発売した「ファイナルエディション」も人気を集めた。先行予約を始めた4月から約3カ月で限定1000台の枠が埋まり、「ランエボ」の愛称で親しまれた名車の存在感を改めて示した。ランエボは1992年の初代からモデルチェンジを重ねて10代目まで国内累計約10万台の販売を誇る。しかし、三菱自は開発目的の一つだった世界ラリー選手権から撤退。今後はプラグインハイブリッド車(PHV)やSUVに経営資源を集中する方針で、ランエボは“引退”を余儀なくされた。
ファイナルエディションの購入者をみると40代男性が30%、50代男性が19%と約半分を占め、30代男性(18%)も加えると約7割に上る。「高額なので資金に余裕のある中高年齢層が中心」(広報部)のため、市場の先細り懸念は拭えないという事情もある。

だが、走りの魅力や技術を末永く支持してくれる顧客の存在は貴重だ。そこで、スポーツカーの新たなファン開拓を模索する動きもある。走りを重視した軽スポーツ車「アルト ワークス」を今月24日に復活させたスズキだ。同車は1987年からの約13年間で約26万6000台を販売。ピーク時にはアルトシリーズの販売の約2割を誇った。ターボエンジンを搭載した5速マニュアル車の新型は価格も150万9840円からに抑えた。「往年のファンに加え、若者にマニュアル車でクルマを運転する楽しさを知ってほしい」(開発担当者)との狙いだ。
さらに、トヨタ自動車も走行性能を大幅に向上した限定100台の「86 GRMN」(来年2月発売)の受注を来年1月4日~22日にウェブサイトで行う。心をくすぐる魅力的な車で、コアな自動車ファンの裾野を広げることができるか。スポーツカー人気の行方は国内新車市場の将来にも影響しそうだ。
sankeibiz.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-26 15:55 | ニュース・その他 | Comments(4)

三菱「パジェロ」次期型開発中止の観測が浮上した背景を探る

30~40代以上の読者で「パジェロ」の車名を知らない人は少数派だろう。三菱自動車が1982年から製造・販売する大型SUV(スポーツ多目的車)である。悪路走破性の高い本格的なオフロード4WD(4輪駆動)車として認知され、バブル景気やレジャーブームに後押しされて販売台数を伸ばし、1991年にはトヨタ「カローラ」などを抑え、国内月間販売台数で1位に輝いたこともある。

000000

そのパジェロの新規開発が中止へ――。
12月初めに一部で報じられたところによれば、三菱自動車は、2006年から展開する4代目パジェロの次期型に当たる新規モデルについて開発をやめ、今後はエコカーや中型SUVに開発資源を集中するという。この件について、三菱自動車は肯定も否定もしていないが、このような観測報道が出るほど、かつての栄光と今の苦戦は対照的だ。  初代パジェロが登場した当時は、苗場スキー場に年間300万人が訪れるなど、スキーブームの真っ只中だった。  当時、人気が高かったTBSのゲームバラエティ番組「東京フレンドパーク」では、番組の最後にゲストがダーツに挑戦するコーナーの豪華商品としてパジェロが用意されたことも有名だ。番組観覧者による「パジェロ!  パジェロ!」の大合唱を覚えている人も多いだろう。あの時代、パジェロは確かに主役の1台だった。. 人気を受ける形で、三菱自動車は軽自動車規格の「パジェロミニ」や、それと親パジェロ(当時はこう呼ばれた)の中間に位置する「パジェロイオ」を相次いで誕生させた。生産を担当する岐阜県の会社は、名称を東洋工機からパジェロ製造に変えた。今の自動車業界で重視されているブランド戦略を、日本車でいち早く導入した一例かもしれない。

ただパジェロは、単にブームに乗って売れたわけではない。
SUVとしては日本初の機構を率先して投入した、先駆の1台である。  
三菱自動車はそれまでジープのライセンス生産を行っており、オフロード4WDには豊富な経験があった。しかしジープはライセンス契約のために輸出できず、快適性を度外視したような作りは時代にそぐわなくなっていた。こうした事情から開発されたのがパジェロだった。  当初はジープ同様、4ナンバーの商用車登録で、トランスミッションはMT(手動変速機)のみだった。それが当時の国産SUVの常識だった。しかしその後、ほかに先駆けて5ナンバー車やAT(自動変速機)を導入。ディーゼルターボエンジンはトラック用ではなく、同社のセダン、ギャランΣ(シグマ)と共通だった。筆者も競合車と比較試乗したことがあるが、快適性では群を抜いていた。  「パリダカ」ことダカールラリーでの活躍も、人気を後押しした。初出場の1983年に市販車無改造クラスで優勝すると、3年目の1985年には早くも総合優勝を達成。  以降も優勝争いの常連となり、通算12度の総合優勝を記録するまでになっている。当時のパリダカはその名のとおり、パリをスタートしており、その影響で欧州でもパジェロ人気は高まっていった。
1991年に登場した2代目も先進的だった。4WDシステムは2WDと4WD、センターデフのロック/フリーを切り替え可能で、直噴ガソリンエンジン、ABS、エアバッグなどを、ライバル車に先駆けて導入した。2代目では「エボ」も登場した。パジェロ・エボリューションだ。パリダカ優勝という明確な使命のもと生まれた車種で、サスペンションを4輪独立懸架に換え、トレッドを広げ、ボディは迫力のブリスターフェンダーを装着。3.5リットルV6エンジンは当時の自主規制値上限の280ps(馬力)までパワーアップしており、砂漠を時速200キロメートルで安定して走れる性能を持っていた。この間、日本ではバブルが弾ける。にもかかわらず、3代目パジェロは商用車仕様を廃止し、ボディサイズは大幅に拡大。持ち前のオフロード走破性を堅持しつつ、フレームとボディを一体化したモノコック構造、四輪独立懸架サスペンションなどを採用し、高級乗用車としても通用する車種として開発が進められ、1999年に発表される。

しかし、3代目パジェロには逆風が吹いていた。
1997年にトヨタが送り出した「ハリアー」が、SUVの新しい流れを築きつつあったのだ。ハリアーは前輪駆動乗用車のプラットフォームとパワートレインを流用することで、腰の低いスマートなスタイリングを実現するとともに、舗装路での走行性能や快適性能で、既存の多くのSUVに差をつけた。  当初は懸念されたオフロードでの走破性も、その後の電子制御の進化によって、パジェロのような本格派にさほど劣らないポテンシャルを持つに至った。それ以前に多くのユーザーが、そこまでの性能は不要と見切って、デザイン優先でSUVを選ぶようになった。  レジャー人口の減少も、パジェロには逆風になった。1993年には1770万人だったスキー人口はスノーボードの登場で1998年には1800万人に達するが、その後は徐々に減少し、2013年には770万人と、20年間で1000万人も減ってしまった。
いつしかパジェロは「伝統的」という形容詞とともに紹介されるSUVとなった。しかし多くの日本車は、モデルチェンジごとにプラットフォームを一新することはなく、2回に一度のタイミングで刷新する。パジェロもそうで、2006年発表の現行4代目は顔つきを初代や2代目に近づけ、クリーンディーゼルエンジンを投入したが、プラットフォームは3代目を踏襲していた。

ゆえに流れを上向かせることはできず、
最盛期には8万台以上を記録した年間販売台数は、
2014年には約2000台にまで落ち込んだ。
これでは次期型開発中止の噂が流れても仕方がない。
しかし三菱自動車工業周辺の人間に聞くと、次期型の方向性が定まっていないというのが正直なところらしい。確かに進化の選択肢はいくつかある。ASEAN地域で人気の「パジェロスポーツ」の導入は考えていないそうだが、日本だけでなく欧州でも人気のアウトランダーPHEVとプラットフォームやパワートレインを共有する手法も考えられる。完全移行がリスキーであるなら、スズキ・エスクードのように新旧を併売することもできる。2013年に生産中止したパジェロミニについても、旧型のような専用設計ではなく、スズキ・ハスラーのように前輪駆動乗用車とのプラットフォーム共有という手法で復活するという噂がある。当然ながら日産自動車との共同開発となり、日産版も登場するだろう。つまり現行パジェロの次期型の開発がストップしても、違う形でパジェロが登場してくることは十分考えられる。パジェロのルーツといえるジープは、オリジナルの系譜を継承するラングラーを作り続ける一方で、フィアット500Xとプラットフォームやパワートレインを共有するレネゲードを発売し、人気を得ている。その一方でジャガーやベントレーなど、新たにSUVに参入するブランドも多い。
現代のブランド戦略とは、そういうものだ。
パジェロも時代の流れに合わせて、もっと柔軟に展開して良いのではないかという気がする。
toyokeizai.net

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-26 15:51 | 三菱自動車 | Comments(0)

三菱自 主力二車種の新CM




[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-25 18:15 | 三菱自動車 | Comments(3)

国沢氏「 アルトワークスのMTは装備を考えると高価 」

国沢さんの記事より

000000

「 スズキは 「 5速マニュアルを選ぶ客はクルマ好きだから、多少高くても売れるだろう 」 と判断したのだろう。マニュアルとATを同じ価格にするケースは珍しくないけれど、スズキのように自動ブレーキやアイドリングストップまで落として同じ価格というのは無い。あまり良心的と言えない価格設定だと考える。・・・・・ 」
http://allabout.co.jp/gm/gc/461304/

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-25 18:09 | スズキ | Comments(4)

【動画】スズキ 新型アルトワークス試乗「速っ(゚д゚lll)」

 

000000

[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-25 17:40 | スズキ | Comments(0)

【動画】清水和夫氏 スズキ 新型アルトワークス試乗


[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-24 21:44 | スズキ | Comments(3)

スズキ 新型アルトワークス発表と試乗レポ

 

スズキ、最大トルクを100Nmに高めた“軽ホットハッチ”新型「アルト ワークス」
価格は150万9840円から。5速MTに加え、5速AGSや4WDも選択可能

car.watch.impress.co.jp

すで試乗された方の感想はこちら
「 軽とは思えない加速であっという間に法定速度を少しオーバー・・・・・ 」 続きはこちら
「 走り始めると トルクあるねー!ターボRS寄よりも ちょっとギア比低くなって高速よりになってるけど普通に楽々2速発進できるレベル・・・・ 」 続きはこちら

000000
[PR]

by ganbaremmc | 2015-12-24 19:29 | スズキ | Comments(0)