<   2016年 02月 ( 109 )   > この月の画像一覧

スバル マレーシアでSUV生産規模5倍に

富士重工業はマレーシアで多目的スポーツ車(SUV)の生産規模を、
従来に比べ5倍の年間約1万5000台に引き上げる。

00000

3月にも新たに「フォレスター」の生産を1万台規模で始め、
既に生産している「スバルXV」も増産する。
マレーシア、タイ、インドネシアの3カ国を中心に出荷し、高所得者層を中心に東南アジアで高まるSUV需要を取り込む。  提携先であるシンガポールのタンチョングループが運営する工場で、日本から基幹部品を供給して組み立てる「ノックダウン方式」で生産する。フォレスターの生産は年間8000~1万台程度を計画している。16年は9000台程度の生産を見込む。  スバルXVは2012年から同工場で組み立てを始め、15年は約3100台を生産した。16年は4500台程度に増やす計画だ。  東南アジアでは所得水準が向上し、SUVでスポーツ性の高い走りを楽しむ人が増えている。XVがけん引役となり、富士重は15年、東南アジア諸国連合(ASEAN)で前の年に比べ約7%増の約9700台を販売した。  米調査会社IHSオートモーティブによるとASEANやインドなどアジア地域のSUV需要は15年に約130万台と、この10年で2.5倍に拡大し、20年には約210万台まで膨らむ見通しだ。富士重は堅調な需要をにらみ、関税面で有利な現地生産を拡大する。
日本経済新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-27 19:53 | スバル | Comments(0)

三菱自 次期RVR水島で生産。ekシリーズは18年度に新型へ

三菱自動車は、主力の小型SUV「 RVR 」 の次期モデルについて、
水島製作所(倉敷市水島海岸通)で生産することを正式に決めた。
sanyonews.jp

00000


紙面がツィートされていました。
紙面上部に、
「 軽自動車の「ekワゴン」「ekスペース」の全面改良も18年度に決定 」
2019年の新型RVRのはなしより、こちらのほうが気になりませんか?
twitter.com/sojacci2014

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-26 23:03 | 三菱自動車 | Comments(10)

鴻海CEO、シャープ買収はEV参入が目的

日経ビジネスオンライン記事より
鴻海テリー・ゴウが描くシャープの「 使い道 」
4年越しでラブコールを送り続けた狙いはEVへの参入

00000


ゴウ氏の「未来」の野望は自動車だ。
ゴウ氏がこの数年、最も親しくしている起業家は電気自動車メーカー、テスラモーターズの創業者、イーロン・マスク氏である。ゴウ氏は「世界中のガソリン車を電気自動車に置き換える」という壮大な構想を掲げるマスク氏にぞっこんで、「いつかはテスラのEVをホンハイで作りたい」と周囲に漏らしている。・・・・・
続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-26 20:02 | ニュース・その他 | Comments(0)

マツダ タイで「CX―5」新モデルを投入

マツダは24日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「CX―5」の
新モデルをタイに投入した。

00000


CX―5は初めて新世代技術「スカイアクティブ」を全面導入した新世代モデルの先駆け的存在で、2013年11月にタイで販売を開始した。マツダは、タイの新車市場は今年も厳しい状態が続くとみているが、ラインアップの拡充などで販売目標である前年比10%増の4万4,000台を達成させる。
新モデルには、マツダが売りとする「4つの柱」(スカイアクティブ、「魂動(こどう)」デザイン、カーコネクティビティシステム「マツダ・コネクト」、安全技術「アイアクティブセンス」)を全て導入した。タイ販売モデルはマレーシアで生産する。
販売価格は、排気量2000ccのガソリンエンジン搭載モデルを122万~133万バーツ(約380万~420万円)、排気量2200ccのディーゼルエンジン搭載モデルを153万~169万バーツに設定した。燃料1リットル当たりの燃費性能は、ガソリンが14.5キロ、ディーゼルが17.5キロ。
首都バンコクを訪れた井上寛執行役員は「CX―5は世界で販売台数の25%を占める主力モデルだ」と指摘。スカイアクティブと魂動デザインを導入した旧モデルからの安全性向上などを前面に打ち出し、タイでのシェア拡大につなげる。

■市場停滞も成長
井上氏は「東南アジア諸国連合(ASEAN)では、2大市場(タイとインドネシア)が今年も10%ほど落ち込む可能性がある」と語った。タイでは今年初めに物品税が排気量別から二酸化炭素(CO2)の排出量別に変更されたため、税率が上昇した分野で昨年9月ごろから駆け込み需要が発生。影響は今年半ばまで続き、年央以降はまだ不透明との認識を示した。 ただ、「マツダは車好きに訴求するブランド」(井上氏)。タイでは今年に新たに7モデルを投入する予定で、小型乗用車「マツダ2(日本名デミオ)」、乗用車「マツダ3(日本名アクセラ)」などと合わせて販売を増やせるとみている。マツダのタイにおける1月の販売台数は前年同月比27%増の3,491台。新車市場に占めるシェアは6.7%だった。
news.nna.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-26 19:52 | マツダ | Comments(0)

山本晋也氏 三菱自デリカD5の燃費の良さを絶賛

山本晋也さんのブログより

00000


「 三菱デリカD:5。 ドライブしたのは、ディーゼルエンジン車でありましたが、その燃費性能は期待以上だったのでした。 」
livedoor.jp/yamamotosinya

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-26 19:43 | 三菱自動車 | Comments(0)

日産 リーフ、遠隔操作される恐れ

日産自動車は26日、電気自動車(EV)「リーフ」をめぐり、
スマートフォンの専用アプリが所有者以外の他人にハッキングされ、
エアコンやバッテリーの充電などを
遠隔操作される恐れがあることを明らかにした。

0000

日産は25日にアプリのサービスを停止し、欠陥を修正した上で再開する。
アプリで車を走らせることはできないという。
自動車各社は、ブレーキやハンドルなどの操作が不要な自動運転技術の開発を加速させているが、今回のようなハッキングに関する対策が、安全性を確保する上で大きな課題になりそうだ。
sanyonews.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-26 19:05 | 日産 | Comments(0)

トヨタ パッソ4月全面改良

トヨタ自動車は、軽自動車/小型車市場で攻勢を強める。
4月に全面改良して発売するカローラ店専売の新型「パッソ」で、
軽自動車の購入検討層に切り込んで新規客の獲得につなげる。

00000

近年は軽自動車の商品力強化や経済性を背景に顧客流出が増える一方、軽からの上級移行が減少傾向にあった。商品力に磨きをかけたトヨタ最小の5人乗りモデルの投入で、軽を含む“小さなクルマ”の本命を狙う。  約6年ぶりに全面改良する新型パッソのパワートレーンは、改良した1リットルエンジンとCVTを組み合わせる。全グレードに4WDを設定する。2WDのJC08モード燃費は28・0キロメートル/リットルの見通しで、現行モデルに続いてガソリン登録車トップの低燃費を実現する。全モデルでエコカー減税の適合車となる模様だ。  

外観は従来の女性視点のデザインから、男女問わないデザインへ刷新する。
全モデル、フロントシートに日本の乗用車では珍しいベンチシートを採用する。軽で採用が拡大している衝突回避支援システムもパッソとして初設定し、安全性能を高める。車両の開発と生産はダイハツが担当することから、同システムは「スマートアシストII」の採用となっている。  
ダイハツからOEM(相手先ブランドによる生産)調達する軽自動車「ピクシス」も扱うカローラ店は、パッソを軸に、軽自動車ユーザーとの接点拡大と若年層の獲得を図ってきたが、燃費性能や予防安全装備の搭載など他銘柄の軽自動車の攻勢を受けて販売台数は伸び悩んでいた。近年は、パッソから軽自動車への顧客流出台数がパッソの代替台数を上回る状況にあった。  
パッソは約40万台規模の保有客を抱える大きな代替源泉だけに、トヨタは顧客流出に歯止めをかけたいところ。新型でダウンサイズ志向のユーザーを含めた顧客防衛を徹底するとともに、軽自動車の購入検討層との接触拡大と商品訴求を積極化して増販に取り組む考え。
日刊自動車新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-26 07:15 | トヨタ | Comments(3)

ホンダがシビックの国内販売を再開する理由

ホンダは24日、国内で2018年までに
セダン型の「シビック」の発売を再開すると発表した。

00000

国内向けは販売の低迷で10年に生産を打ち切ったが、抜群の知名度を生かして国内市場の販売テコ入れを図る。 八郷隆弘社長は都内の本社で開いた記者会見で、シビックの国内再投入を決めた理由について、「北米で高く評価されている」と説明した。15年秋に全面改良したセダン型のシビックは、北米のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。室内空間が広く、内装で高級感を出したほか、スポーティーな走りにもこだわった。15年は米国でのホンダの新車販売の2割をシビックが占めた。 シビックはかつて日本でも人気を呼んだが、小型車やスポーツ用多目的車(SUV)に押され、セダンが若者の支持を得られなくなったことから、派生車を除き10年に販売中止を決めた経緯がある。 しかし、ここ数年は独BMWやアウディなど、海外勢の日本でのセダンの売り上げは堅調で、ホンダは「スポーティーなセダンを望む顧客は期待できる」(八郷社長)と判断した。 ホンダは中高年層を中心に高い知名度を持つシビックの国内販売再開により、低迷する日本市場を立て直したい考えだ。13年に発売した小型車「フィット」などのハイブリッドシステムの不具合で、リコール(回収・無償修理)が相次ぎ、他の大手に比べて新車販売の落ち込みが目立っている。14年末に発売したセダン「グレイス」も、月3000台という発売当初の目標を下回る状況が続いている。
toyokeizai.net/

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-25 18:20 | スバル | Comments(5)

三菱自本社にペッパー導入

三菱自フェイスブックより

00000

「 三菱自動車本社ショールームに「Pepper」が新しいスタッフとして仲間入りしました!本社ショールームに訪れたお客様に、三菱自動車のクルマやコネクティッド技術・サービスについて、説明を行います。デビューに先立ち、社長にも入社の挨拶をしました。皆さまもぜひPepperに会いに、本社ショールームへお立ち寄りください! 」
facebook.com/MitsubishiMotors.

(´・ω・`)

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-25 18:07 | 三菱自動車 | Comments(6)

ホンダ CR―V年内に販売終了

ホンダは、SUV「CR―V」の国内販売を
現行モデルで打ち切る。

00000


5代目の次期CR―Vは年内にも全面改良の予定だが、海外市場向けとなる。
CR―Vは北米を中心に販売が好調な一方で、国内の販売は1千台に届いていない。
すでにハイブリッド車(HV)を擁する「ヴェゼル」が量販SUVとして定着しており、CR―Vはいったん日本での役割を終える。  
近年、日本でのCR―Vの販売台数は、14年が前年比67・5%減の1750台で、15年は52・2%減の837台。国内仕様は2リットルFF車と2・4リットル4WD車のみの設定で、エコカー減税対象にはなっていない。  国内とは対照的に、米国でのCR―Vの15年販売実績は34万5千台に上る。1車種のみでホンダの日本における15年登録車販売38万1239台に迫る。北米のユーザーに照準を当てて開発されたとはいえ、日米での人気には大きな開きがある。  
ホンダはCR―Vを1995年10月にプリモ店とベルノ店(当時)で発売。
3代目からは北米専用車種のアキュラ「RDX」などと共通のグローバル・ライトトラック・プラットホームに変更してボディーサイズを拡大、グローバルカーに位置づけを変えた。現行の4代目は2011年12月に登場、日本仕様は12年10月のマイナーチェンジ以降、商品強化を行っていなかった。  日本市場で、CR―Vに代わりホンダSUVの代表車種に育ったヴェゼルは13年12月に発売。15年の販売は7万1021台と、2年連続で登録車SUVでトップになり、主役は完全に交代していた。  ホンダが近年、世界戦略車の国内販売に幕を引くのは、中型セダン「シビック/シビックハイブリッド」以来となる。CR―VとともにSUV市場を盛り上げたトヨタ自動車の「RAV4」も年内に日本市場向けモデルの生産と販売を終える予定となっている。
日刊自動車新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-25 08:25 | ホンダ | Comments(2)