<   2016年 03月 ( 142 )   > この月の画像一覧

日産 新型セレナ?テストカー目撃 ②


0000

ブログ仲間の T.T 君が、
新型セレナと思われるテストカー画像を見つけてくれました。
詳細はこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-31 20:26 | 日産 | Comments(0)

マツダ SKYターボの採用車種拡大は無い

海外サイト 「 paultan.org
Mazda not planning on adding more turbo models
マツダは多くのモデルにターボを追加しないと訳せます。

0000


先のモーターショーで公開された新型CX-9で、
はじめて採用されたターボエンジン、SKYACTIV-G 2.5 t 。
今後、アテンザ、Cx-5など多くのモデルに搭載されると期待されていたのですが、
マツダのチーフ デザイナー 中山雅史氏はこれを否定。
理由はやはり燃費のようで、ターボで走りを追及するより、燃費を大事にしたい様子。
http://paultan.org/2016/03/30/mazda/

訳せる方、お願いします 汗

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-31 20:22 | マツダ | Comments(0)

【動画】「あなたの生活を支えるクルマ、三菱eKカスタム 」


[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-31 19:18 | 三菱自動車 | Comments(0)

スバル 新型「インプレッサ」開発主査に聞く


内外装、シャシーともに大幅に進化した新型インプレッサについて、
開発を取りまとめた阿部一博PGM(プロジェクト・ジェネラル・マネージャー)に
特徴や求めた方向性を聞いてみた。

no title


── インテリアについても大幅に質感がアップしましたね。
阿部氏: インテリアについては、ドアを開けた瞬間に買いたくなる品質を求めました。グローバルプラットフォームの全貌が見えてきた4年くらい前に、インテリアの品質が進化しないと置き去りになることが明確になりました。そこで、製造も含めて・・・・・
続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-31 18:42 | スバル | Comments(3)

スズキ寺男さんの新型イグニス試乗 第二弾



2016年2月に発売した、Aセグメントコンパクトクロスオーバー新型イグニスの4W­D車を高速道路でインプレッション!同時に、前回はワインディングだったインプレを市街地に移し、2WDと4WDの違いや­おすすめポイントなどを総合的にお伝えします。
[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-31 15:38 | スズキ | Comments(0)

スズキ ついに激写!新型スイフト

00000


http://www.carscoops.com/suzuki-swift-hatch.html

0000

no title

7e8d5a0

7e8d5a1

7e8d5a2

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-31 05:05 | スズキ | Comments(4)

車間距離警報システムを初めて導入したのは三菱


0000


00000


1992年、三菱自動車工業は主力製品の高級乗用車「デボネア」に、最先端の車間距離警報システムを初めて導入した。この技術は、今後10年間で500億米ドル規模の市場を形成することが見込まれる自動運転技術の基礎を築いた。・・・・
続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-31 03:41 | 三菱自動車 | Comments(1)

日産 次期セレナ?米国で目撃


ブログ仲間で帰国子女の T.T 君が、
日産 次期セレナと思われるテストカーを見つけてくれました。

0000

7e8d5a2

7e8d5a1

掲載もとの記事ではどこのメーカーでどの車種かは不明。
ですが右ハンドルであること、車体や窓の形、時期からして、
日産 次期セレナであることが濃厚なようです。
詳細・他の画像はこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-30 20:36 | 日産 | Comments(6)

トヨタ MIRAIを 北欧の寒国でも今夏発売

トヨタ自動車は 29 日、今夏から新型燃料電池車「MIRAI(ミライ)」を
スウェーデンとノルウェー で販売すると発表した。

00000


同モデルは欧州ではこれまで、 英国とドイツ、デンマークに投入されている。  
「ミライ」は、セダン型FCVとしては世界初の量産 車。水素を使った電気を燃料とし、蒸気以外は一切排出 しない。わずか5分で水素を充填(じゅうてん)し、約 500 キロ走行できる点などが特徴。研究機関の独自動車 マネジメント・センター(CAM)は先に、同車種を 「過去10 年間で最も革新的な自動車技術」に選んでい る。  ノルウェーでは近く、東部に5つの水素スタンドが設置される予定。2020 年までに 20 カ所の建設が決まって いるほか、政府の2018~2029 年の交通計画でも優先項 目に加えられる見込みだ。一方、スウェーデンでは既に 再生可能エネルギーとして水素の生産・利用が進んでお り、首都ストックホルムをはじめ、第2の都市イエーテ ボリ(Goteborg)や南部マルメ(Malmo)に多くの水素 スタンドが設置されているという。  「ミライ」の欧州輸出は昨年8月に開始。今年6月ま でにベルギーで発売するほか、年内にはオランダへの投 入も決まっている。トヨタは 2017 年には全世界で 3,000 台、2020 年には3万台を販売する目標を掲げている。
NNA

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-30 18:23 | トヨタ | Comments(13)

【動画】スバル雪上試乗会2016


[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-30 17:47 | スバル | Comments(0)