<   2016年 03月 ( 142 )   > この月の画像一覧

三菱自 「アウトランダーPHEV」の米国導入を発表。今春「ミラージュG4」を発売


00000























ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ(MMNA)は3月24日、米国で開催のニューヨークモーターショーで「アウトランダーPHEV」2017年モデルの導入を発表。2016年秋より米国でプラグインハイブリッド車を販売していくことを明らかにした。  同社はこれまで「ランサー」「アウトランダー」「アウトランダー スポーツ」、電気自動車の「i-MiEV」といったラインアップを展開。ニューヨークモーターショーの会場では、今春より発売する4ドアセダンの「ミラージュG4」、秋より販売を開始するプラグインハイブリッドモデル「アウトランダーPHEV」を披露した。  同会場で行なわれたプレゼンテーションでは、ステージ上に「アウトランダーPHEV」が登場。寸劇を交えてプラグインハイブリッド車の魅力を紹介。新たに発売される「ミラージュG4」と合わせて販売台数10万台達成をするうえで重要な役割を果たすモデルとの位置付けが示された。
car.watch.impress.co.jp

0000
















なぜかランエボも展示

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-25 15:44 | 三菱自動車 | Comments(3)

三菱自 各販社にSUVの走破性を体感できる設備を配置

三菱自動車は中・小型SUVと電動車両に注力するのにともなって、
国内販売店のリニューアルに乗り出す。

00000

画像元 http://minkara.carview.co.jp

ディーラー各社の拠点に急速充電器と普通充電器を整備するとともに
「V2H」(ビークル・トゥ・ホーム)を紹介するコーナーや、
SUVの走破性を体感できる設備を配置する。
フルラインアップを前提とした店舗から転換、新生・三菱自として店舗づくりを進めて他社との差別化を図る。  同社は、2017年度から20年度までに投入するラインアップを見直し、中・小型SUVと電動車両に開発資源を集約する。これに合わせて国内の販売拠点の見直しに着手する。直営販売会社の関東三菱自動車が今夏、都内の店舗を電動車両とSUVに特化した店舗に改装、三菱系ディーラーに紹介して全国展開する。  同社では、電気自動車「i―MiEV」やプラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」を販売していることから販売店舗にEV/PHV用充電器を整備してきた。今後、軽自動車EVや主力モデル「RVR」のEVモデル、小型SUVのPHVなど電動車両を投入していくため、販売店舗にEV/PHV用充電器の整備を加速する。  すでに充電器を稼働している拠点も、店舗の休日や夜間・早朝にも顧客が充電できるように利用しやすい環境にしていく。加えて、災害などで停電となった際、自動車から家に電力を供給できるV2Hなどを紹介するコーナーをショールームに設ける。電力小売事業者と提携して電力小売事業について紹介することも検討する。  また、中・小型SUVの販売にも注力するため、簡易型の登坂路を駐車場などに整備する。来店した顧客に、三菱のSUVで簡単な登坂路を体感してもらい、購買意欲を高めてもらう。  同社の既存の販売店舗は、乗用車をフルラインで販売する店づくりとなっている。電動車両やSUVを販売戦略の前面に打ち出すため、店舗デザインを変更することも検討、ブランドイメージを確立して他社との差別化を図る。
日刊自動車新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-25 15:28 | 三菱自動車 | Comments(0)

三菱自 NYショーでミラージュG4公開





ミラージュのセダン「 Mirage G4  」がニューヨークモーターショーで公開。
エンジンはおなじみ1.2L 三亀頭を搭載。
MMNA 執行副社長、ドン ・ スウェアリンジェンは、「 ミラージュのハッチバックとミラージュ G4 セダン、小型車セグメントでワンツー パンチを繰り出します。 」 とコメント。
記事では2017年米国で発売予定。
ちなみに新顔ミラージュは4月に発売されます。
carscoops.com

0000


no title

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-25 03:23 | 三菱自動車 | Comments(3)

【動画】マツダ 新型ロードスターがワールドカーオブザイヤー受賞



世界各国の自動車評論家らが選ぶ2016年の「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」が24日、「ニューヨーク国際自動車ショー」の会場で発表され、最優秀車にマツダの「MX−5」(日本名ロードスター)が選ばれた。優れたデザインの車に贈られる賞も受けた。 環境性能が優れた車の賞は、トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」が受賞した。広告inRead invented by Teads ロードスターは2人乗りオープンカーで昨年、4代目モデルとして約10年ぶりに全面改良された。楽しく運転できる車として評価された。 日本車が最優秀車に選ばれたのは、11年の日産自動車「リーフ」以来。
毎日新聞

マツダ米子会社の毛籠勝弘社長は「非常にうれしい。
(MX—5は)マツダブランドの象徴だ」と喜びを語った。
時事通信

00000

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-25 03:02 | マツダ | Comments(1)

【動画】三菱自 アウトランダーPHEVをNYで公開



三度も米国での販売を延期された三菱アウトランダーPHEV。
ついに今年秋、発売されます。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-25 02:45 | 三菱自動車 | Comments(1)

ホンダ、ダイハツ、マツダ オープン2シーターモデルが好調

オープン2シーターモデルの勢いが続いている。
趣味性の高い同モデルは従来、発売直後にピークを迎え、一巡すると一気に落ち込むのが通例だった。昨年4月に発売したホンダの「S660(エスロクロクマル)」は、次回の受注受付5月分の納車が9月から11月になる見込みで発売当初からの受注ペースが持続している。マツダも4代目「ロードスター」の販売開始から約1年が経過した現在も「予想を上回る販売」としている。1年早く投入したダイハツ工業の「コペン」もこれまでの平均で当初計画の月販700台を上回っている。オーナー向けの各種イベントも好評で、販売台数は少量ながら各社のブランド力強化に貢献しているようだ。

00000

S660は、3カ月ごとの生産分を受注する方式を採用している。
生産を担当する八千代工業四日市製作所は1日当たり48台のフル生産状態が続いているが、2月に行った前回の受付時には開始直後に向こう3カ月の生産分が埋まった。購入希望者は次回5月の受注受付を待っている状況だが、「納期待ちが長いという理由で受注を取り消す人はいない」(ホンダ)と指名買い状態が続いている。  発売1周年を記念して八千代工業は4月1日、S660オーナーを工場に招くイベント「S660ミート アンド グリート」を開催する。同社初の試みだが、100台の募集枠がすぐに埋まった。またホンダが4月2日から全国5カ所のサーキットで開催するS660の「オーナーズパレード2016」も受付開始から短期間で定員に達するという状況だ。  
マツダがブランドアイコンとして投入したロードスターもこれまで月販500台の計画に対し平均で1千台近くを販売。1、2月ともに500台以上というペースを維持している。さらに16年度はクーペのようなルーフラインの新モデルを追加。「潜在的な新規客を含めより多くのユーザーが興味を示してくれると期待している」(マツダ)と、さらなる販売増を見込む。  ダイハツもコペンの着せ替えボディーの追加や各地域でのイベント開催など、途切れることなく話題を提供。需要を喚起するとともに、ファン拡大につなげている。
日刊自動車新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-24 22:47 | ニュース・その他 | Comments(1)

日産 新型セレナに初採用?今年中に自動運転機能

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は23日、
高速道路に限定した自動運転機能を
「 今年発売する新モデルに採用する」 と明らかにした。

00000

車種は明言しなかったが、
全面改良するミニバン「セレナ」に搭載する見通し。 
世界に先駆けて日本で今年導入する。  米ニューヨークで23日始まった「ニューヨーク国際自動車ショー」の会場で、共同通信などとのインタビューで語った。  この機能は、高速道路での走行で、搭載したカメラやレーダーなどを使って道路の白線や前方を走る自動車を検知し、ハンドル操作や加速、減速を自動的に行う。  日産は、搭載する車種を徐々に拡大。2018年に高速道路での自動的な車線変更も可能な機能を導入し、20年には交差点を含む市街地での自動運転機能の実用化を目指している。(共同)
sankeibiz.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-24 17:00 | 日産 | Comments(0)

TV東京「WBS」 スバル社長を独占インタビュー

3月23日、ワールドビジネスサテライトより

00000


0000


no title


6


7e8d5a0


7e8d5a1

NYモーターショーに遊びに来ていた、スバル吉永社長にインタビュー。
新型インプレッサについて話してくれました。
米国販売は絶好調で、販売も過去最高となる見通しですが、
想定を上回る円高をどうみているか、
また、2018年モデルからスバルも対象になる「 ゼロエミッションビークル規制 」。
70万台販売で、PHVなどの車種を1万5,000台販売する義務が生じるわけです。
できない場合は罰金などが課せられわけですが、スバルはどう対応するのか?
動画はこちら
※14分40秒~ご覧ください 

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-24 08:38 | スバル | Comments(0)

スバル 新型インプレッサ5ドアHB公開とPV






[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-24 07:07 | スバル | Comments(7)

トヨタ、EV走行距離60km以上の新型「プリウス PHV」を出展

トヨタ自動車は3月23日、ニューヨーク国際自動車ショー(プレスデー:3月23日~24日/一般公開日:3月25日~4月3日)に今秋からの市場導入を予定する新型「プリウス PHV」を出展した。
詳細はこちら






[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-24 07:00 | トヨタ | Comments(2)