<   2016年 04月 ( 178 )   > この月の画像一覧

三菱自 「 新中併売 」で中古車事業の底上げを

三菱自動車は、中古車事業の底上げを通じて
ディーラーの体質強化を図っている。
新車販売で漸減傾向が続くなかで、三菱自の中古車販売は年間3万台の水準を維持している。なかでも、「 新中併売 」 の推進は、顧客数と収益の増大に寄与している。中古車戦略について国内営業本部の深澤潔本部長に聞い た。

◆自銘柄・他銘柄問わず小売り
― 中古車販売の現状は
 「 新車販売が前年実績を割るなかで、中古車販売は前年実績を上回る実績で推移している。 自銘柄と他銘柄を問わず、どんな車でも小売りをしている。 小売りの中で他銘柄の販売比率は現状で2割を占める。 自銘柄の方が販売しやすいが、後の顧客とのつながりを考えると、業販よりも小売りをした方が大きな利益につながる 」

― 現在の中古車市場について
 「 1990年代までは車はどんどん売れる一方だった。 成熟市場になってきた現在、効率化が求められる時代になった。 中古車に関していえば、新車と中古車を同一店舗で販売していかなければならない。 新車、中古車のそれぞれの強みを掛け合わせながら販売を行わなければ、厳しい環境を勝ち抜いてはいけない 」

― 「 新中併売 」を進めている
 「 2009年から直営販社で進めていたが、13年頃から本社主導で現在の形態を推進している。 最近では、各販社の幹部に新中併売の重要性が伝わっており、導入店舗が増加してきた。 新車拠点が640拠点近くあり、そのうちの約7割の店舗で新中併売を実施している。 まだまだ伸ばす余地はある 」

◆成功事例を全国展開
 「 車の画像情報だけでも販売は可能で、土地の確保が厳しい地域でも中古車の販売ができる。 関東三菱の目黒店は展示在庫はほとんどないにもかかわらず、画像による販売で実績を出している。 全国の中でも関東三菱が新中併売で大きな成果を収めている。 関東三菱の目黒店をはじめとした成功事例を全国に横展開すれば、必ず成功する 」

― 三菱オートオークション(MAA)日本を定期開催している
 「 三菱自の各販社から出品車両を募って実施している。 毎回、高い成約率になっているのが特徴だ。 AA当日は、販社の中古車事業担当者が集まることになるが、その機会は人材交流の場ともなっている。 普段は全国の担当者同士が集まることは少ないが、お互い顔を知ってもらうことでグループ内のつながりを強固なものにしたい。 販社間などの流通も活性化されると期待している 」

― 20年までの中古車の戦略は
 「 『 新中併売 』 を推進しながら、現状年間の小売り台数が3万台のところを、20年までに1・5倍の台数を目指したい。 必達のためにも下取りを積極的に取ることをはじめ、顧客との接触頻度を増やすことが重要。 また、中古車だけでなく整備も含めたトータルのサービスを顧客に訴求することで体質強化を加速したい。 バリューチェーンの拡充を図り、収益率を向上していきたい 」
日刊自動車新聞

0000

深澤さんはかつて、国内30万台販売を目標にしていたのですけどね
まさか10年後、10万台まで落ち込むなんて・・・・

「 リコール隠しなどの問題で販売台数を大きく落とした三菱自動車は、販売台数の回復を図っている。2004年の国内販売台数は22万7000台。今年度は30万2000台を目標に掲げる。目標達成のために、特別仕様車や新型車の投入を予定しているが、商品力に加えて、営業現場の強化も不可欠と判断した。国内販売本部の深澤潔・販売企画部長は、「自信を無くしてしまっている営業の現場に、積極性を持たせたい」と意気込む。・・・ 」
nikkeibp.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2016-04-02 19:26 | 三菱自動車 | Comments(0)

【動画】シャア大佐が三菱自販に登場

某ロボットアニメ、シャアの姿をしたひとが
三重三菱自動車販売(株)四日市センター店に来店。



店長を捕まえて、アウトランダーPHEVの商談が始まります。
さあ、購入するのか? 単なる冷やかしで終わるのか?

0000

no title

[PR]

by ganbaremmc | 2016-04-02 06:43 | 三菱自動車 | Comments(0)

三菱自動車入社式 338名が入社

三菱自のフェイスブックより

0000


no title


各地で桜が満開を迎えるとともに、新年度がスタートしました。
4月1日の今日、三菱自動車には338名の新しい仲間が加わりました。入社式では、社長の相川から「三菱自動車の目指していることは、お客さまと社会に役立ち喜ばれる商品とサービスを提供すること。常に夢や目標を持ち、失敗をおそれずに挑戦をし続けてほしい。そして、三菱自動車にイノベーションを起こしてほしい」とエールが送られました。また新入社員代表が決意表明を行い、緊張しつつも未来への期待・抱負を力強く述べました。新しい門出にたったみなさん、今日の気持ちを忘れずにがんばってください!
facebook.com/MitsubishiMotors.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-04-01 19:19 | 三菱自動車 | Comments(2)

ホンダ アコード改良近い?


ホンダサイト、アコードのページで、

0000

※一部のタイプ・ボディカラーがお選びいただけない場合がございます。
詳しくは販売会社にお問い合わせください。

中国では新型が来年発売となります。
1.5ターボ搭載?
blog.livedoor.jp/ganbaremmc

[PR]

by ganbaremmc | 2016-04-01 19:04 | ホンダ | Comments(3)

スズキ 軽の燃料電池車を開発

スズキが軽自動車の燃料電池車(FCV)を
開発していることが31日、わかった。

0000

同社は2020年の市販化を目標に、燃料電池2輪車を開発中。
軽FCVは燃料電池2輪車に搭載する空冷式燃料電池ユニットを応用する。小型、軽量、低コスト化が可能なことから、先行するトヨタ自動車やホンダと差別化を図る。 トヨタのFCV「MIRAI(ミライ)」などに搭載されている燃料電池ユニットは冷却水で冷やす水冷式。これに対し、スズキが採用する空冷式は出力密度で水冷式に劣るものの、ユニットの大幅な小型、軽量化が可能という。 燃料電池2輪車の技術を応用することで、低価格なFCVの開発を目指す。市販化すれば世界初となる燃料電池2輪車は年内に公道走行試験を始める計画。 ミライなどとは水素充てん方法も異なることから、社会基盤整備と同時進行で、燃料電池2輪車と軽FCV開発を進める方針だ。
日刊工業新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-04-01 18:32 | スズキ | Comments(4)

三菱自 PHEV中国投入早く!補助金減額に

上海市が今年、市のエコカー補助金を
削減するとの見 方が強まっている。

0000


販売が好調なメーカーに対しては、
一定の販売台数を超えると補助金を打ち切る方針のよ うだ。  
自動車サイトの第一電動網が入手した草案によると、 電気自動車(EV)の補助金額は航続距離に応じて 100 キロメートルから 149 キロまでが1万元(約 17 万 3,000 円)、150 キロ以上が3万元となるもよう。50 キロから 99 キロまでは補助金対象外となる。これまでは一律4万 元だった。  
プラグインハイブリッド車(PHEV)は
以前の3万元から1万元(航続距離50 キロ以上)に引き下げる。

そのほか燃費など3つの基準を満たしている場合、別途 1万 4,000 元を支給する。具体的な基準はエンジンの排気量 1500 cc以下、100 キロ走行当たりの燃費 5900c c以下、燃料タンクの容量 40 リッター以下となってい る。  メーカーの販売台数に応じた段階的な補助金制度も 導入するもよう。2014 年1月から起算して、同一のメー カーが同市で販売している車種が累計で4万台を超え た部分は、6万台まで補助金を半額にする。6万台以降 の部分は補助金を打ち切る。  中国政府はエコカー向け補助金を段階的に縮小する 方針を示しており、上海市の草案もこの流れに沿った内 容となっている。補助金を削減することで、これまでの 補助金依存を改め、メーカーに対し生産コストの引き下 げと技術改良を促す狙いがあるとみられる。
NNA

[PR]

by ganbaremmc | 2016-04-01 18:24 | 日産 | Comments(0)

三菱自水島「桜祭り」始まる

三菱自動車水島製作所(倉敷市水島海岸通)は31日、
約100本のソメイヨシノがあるグラウンドで「桜祭り」を始めた。

0000

地域貢献事業の一環で、8日まで。  
水島製作所の野球部の練習などに使っているグラウンド(約1ヘクタール)を一般開放。1~3日は午前10時、4~8日は午後5時からで、いずれも午後9時まで。夜間はちょうちん約200個をともす。  3日はステーキ丼、ラーメン、焼きそば、ハワイで人気の揚げパン「マラサダ」などを販売。 カラオケ大会や、益子修三菱自会長の裸踊り、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」、小型車「ミラージュ」といった三菱車の展示もある。雨天中止。  担当者は「今は二分咲きで、これから見ごろになる。地域の皆さんに喜んでもらえれば」と話している。
sanyonews.jp
※一部誤り有り

[PR]

by ganbaremmc | 2016-04-01 10:23 | 三菱自動車 | Comments(4)

日産 自動運転技術の第1弾は次期セレナ

日産自動車は、今夏に投入する新型ミニバン「セレナ」に
自動運転技術の第1弾を実用化する。

7e8d5a2

新型セレナでは、停止状態から高速走行まで自動運転する機能を設定する。
車線変更時以外に車線を逸脱しないようにハンドルを自動補正する機能も盛り込む。他社に先駆けて自動運転技術を実用化することで、日産の先進技術をアピールし、商品差別化を図る戦略だ。  新型セレナに採用するのは、自動運転技術「パイロットドライブ1・0」の第1弾となる技術。主に高速道路での自動運転を想定しており、カメラなどのセンサーを使って、渋滞を含め完全停止から高速走行まで、ハンドルやアクセル、ブレーキを操作しなくても自動で走行する。前方を走行する車両がある場合、安全な車間距離を保持したまま追従走行を自動で制御する。渋滞している一般道でも使用できる。  また、ウインカーを操作しない状態で車線から逸脱する危険がある場合、車線の中央を走行するようにハンドルを自動で補正する機能も実用化する。自動ブレーキや踏み間違い衝突防止アシストなどの先進的な安全装備も採用する。同様の自動運転技術は今後、他のモデルにも順次、設定していく計画。  
同社は自動運転技術の実用化に積極的で、セレナで実用化する技術をベースに2018年には高速道路での車線変更も自動で行う技術を実用化し、20年までには一般道での自動運転技術の導入を目指している。  電気自動車「リーフ」などによる電動化と自動運転に代表される知能化の二つの技術力の高さを“ブランドの顔”にすることを狙っている。このため、他社に先駆けて自動運転を実用化し、幅広いモデルに採用を拡大する構え。
日刊自動車新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-04-01 07:22 | 日産 | Comments(0)