<   2016年 05月 ( 167 )   > この月の画像一覧

【動画】中国ではバスを怒らせるとこうなるらしい他




転倒した一台のバイクが後続車を次々巻き添え


中国 道路でブルドーザが大暴れ。

7e8d5a1

トラックに挟み撃ちされた小型車

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-31 20:55 | 衝撃的動画 | Comments(0)

三菱自 軽生産再開が早まりそうなのは国交省への圧力

燃費データ偽装の影響で軽自動車の生産・販売を停止している三菱自動車工業が、
早ければ7月にも再開する方向で動きだした。
当初、国土交通省が燃費データを偽装していた軽4車種の型式指定を取り消す方針を示し、生産・販売の再開は今秋頃にまでずれ込むとの見通しもあった。しかし、生産停止による経済的な打撃も大きいことから、これまで強気な姿勢を貫いてきた国交省も高まる圧力に屈せざるを得なくなっており、関係者の思惑が入り乱れている。

型式指定が取り消されるなどしない限り、現行モデルの生産・販売を継続することは可能だが、三菱自ではカタログに表示された燃費を偽っていたことから、「自主的」に軽の販売を停止、日産も追随していた。国交省も軽自動車の販売停止は「三菱自が自主的に行っているもので、指導したことは一度もない」としていた。それでも仮に正しい燃費データを計測して型式指定を取り直すとなると、時間がかかる。
まず、正確な走行抵抗データを取得するのに1カ月ほど要する。
原則、型式指定の取得は申請した順になっており、型式指定を取り直す場合でも、申請した時点で最後にまわされる。さらに、型式指定には通常、申請から2カ月を要する。しかも、国交省は型式指定を取り消して再申請しても 「 全容解明と再発防止策が先 」 との姿勢で、三菱自の軽の生産・販売再開は、早くても秋頃にまでずれ込むとの見方が有力だった。

ただ、5月の連休明け頃から風向きが少し変わり始めた。
三菱自は、軽を生産している水島製作所で従業員1300人を自宅待機とした。さらに、軽生産停止の影響は下請けにも広がっている。水島製作所の周辺には、体力の弱い中小・零細規模の2次・3次のサプライヤーが多い。岡山県が4月末に調べたところ、県内のサプライヤー15社が操業停止に追い込まれている。三菱自の生産停止が長引けば、これらサプライヤーが 「 バタバタと倒産する 」可能性もある。

7e8d5a0


これに敏感に反応したのが政界だ。
日本全体の経済から見れば、水島製作所の軽生産停止の影響は大きくはない。ただ、デフレ脱却による経済成長を重視する安倍政権にとって、自宅待機や倒産が増えるなど、経済にマイナスの影響が出る問題は無視できない。しかも、今夏には参院選も控えている。業界関係者によると中国地方の議員を中心に、経済産業省に対して、軽自動車の早期生産再開を働きかけるよう要請しているという。 「 三菱自は自主的に生産を停止している。指導したことは一度もない 」 と訴える国交省だが、外から見れば国交省が軽の生産・販売停止を認めないのは明らかだ。国交省には、永田町や経産省からの圧力が日に日に高まっていた。しかも、その後にスズキも燃費データの取得で不正を行っていたことが発覚すると、「 国交省の目は節穴か 」と長年にわたる不正を見抜けなかった国交省に対する批判も高まってきた。  
追い詰められた国交省は、軽自動車の型式指定を取り消さずに、データの修正で事態の収拾を図ろうと調整に乗り出した模様だ。三菱自に対しては、国交省の機関が測定した走行抵抗データを示した。三菱自は自社の試験で、このデータと整合がとれれば燃費の修正を申請する。これによって早ければ7月にも軽自動車の生産・販売が再開される見通しとなった。
強気の姿勢を貫いてきた国交省だったが、四面楚歌の状況に追いやられ、批判の矛先が自らに及ぶに至って落としどころを探るしか道がなかったようだ。
biz-journal.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-31 20:27 | 三菱自動車 | Comments(3)

国沢氏 日産から三菱自への技術的なアドバイスは不要な気がする

熱しやすく醒めやすいのは普通のこと。
三菱自動車の問題も日産が出てきた途端、話題に上がらなくなった。
されどクルマ好きとしちゃ気になる。どうなっているのか?
日産の副社長だった山下さんが中尾副社長の後任になるという人事を発表している。
三菱自動車に技術的な問題があるかと言えば無い。これは山下さんも解っている様子。

無いのは予算です。 ・・・・
続きはこちら

7e8d5a0



[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-31 19:22 | 三菱自動車 | Comments(1)

スズキ 燃費を計りなおしたら、カタログより良かった ( ´Д`)=3 フゥ

スズキは5月31日、5月18日に
国土交通省から受けた調査指示について報告書を提出。
その調査結果を発表した。
car.watch.impress.co.jp

マガジンXさんのツィートより
会見に先立って燃費について社内測定値が、
カタログ燃費を上回っていたとの資料が配布されました。
https://twitter.com/CyberMagazineX

7e8d5a0

スズキはジムニー、ジムニーシエラ、エスクード2.4を除く13車種、生産を終了したアルトエコ、OEM車12車種除く合計26車種で、装置ごとの数値積み上げにより測定した走行抵抗値を使用していたことを明らかにした。故意の不正はなかった。実測の結果、カタログ値を下回る車はなかったとした。
販売自粛や広告自粛の考えはないそうです。

鈴木修会長
「 テストコースがどうあれ、ヨーロッパがどうではない。理由が成り立たない。不正は不正。いろんな不正があった。測定法に不正があったことはお許しをいただいて、不正を正直に申し上げて、細かい点はあろうかと思いますけど、法律に反したことをやったんだなということでお許しいただきたい 」

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-31 18:40 | スズキ | Comments(11)

日産「ねえ。三菱自株譲ってよ」三菱重工「え。やだ」→第三者割当増資へ

今後もまだ新たな問題が発覚する可能性があるわけだが、
そのような状況にも拘わらず、ゴーン社長が出資を決断したのはなぜだったのか。
問題の軽自動車の燃費データに不審点があることに日産が気付き、三菱自動車に通知したのは昨年11月のことである。
「 実はその段階から、早くも日産側は三菱自動車や三菱グループの経営状況などを調べ始めていたのです 」
そう明かすのは、自動車専門誌記者。

「 具体的には2つのチームに分かれて調査が行われた。西川(さいかわ)廣人・副会長兼CCOのグループが銀行を通じて財務状況などを調べ、川口均・専務執行役員のグループが官公庁や政治家の反応を調べていた。川口氏は霞が関や永田町との渉外担当で、不正が発覚した場合、三菱がどのようなペナルティを受けるのか、日産との提携を政府がどう受け止めるか、といった点を探っていたようです 」
日産のナンバー2でゴーン社長の右腕と称される西川CCOは、三菱自動車との提携発表会見の席にも同席していた。やはりゴーン氏が絶大な信頼を寄せる川口専務執行役員は、提携発表会見が行われた日の午前中、首相官邸を訪れて菅義偉官房長官と面会。三菱を傘下に収めることを事前に報告した、と新聞に報じられた人物である。共にゴーン社長の懐刀を任ずる2人は、提携が明らかにされる半年以上も前から密かに水面下で動いていたのだ。

特に西川CCOのグループの調査範囲は広く、
「 不正を発表した場合、三菱自動車の株価はどの程度下落するのか。三菱を傘下に収めた場合、どのようなメリットがあるのか。綿密にシミュレーションしながら戦略を練っていた 」  と、先の専門誌記者。
「 まず、三菱グループとの付き合いが出来て、三菱商事の販売網が使えるのは大きい。ルノーと日産の統合でも約40億ユーロ(約5000億円)もの効果があったと言われている。そこまでではないにせよ、日産と三菱自動車も事業統合を進めることで相当な効果があると考えた。例えば、両社のタイでの事業を統合するだけでも5億ドル(約500億円)の効果が出るという試算もしていました 」
そうしたことを調べ上げた上で日産が動いたのは、今年3月中旬頃。三菱自動車が不正を発表する1カ月ほど前のことである。

「 日産の幹部が三菱重工の幹部と会談を持ち、こう聞いたのです。
“ 三菱グループの御三家が保有している三菱自動車の株を日産に譲渡するつもりはないか ” 
ところが重工側はそれに難色を示したのです 」


「 日産としては三菱自動車を三菱グループから切り離して完全に自社のコントロール下に置きたかったのですが、重工側は “待ってくれ” と。 で、第三者割当増資という案が出てきたのです。 あとは三菱が不正を発表し、日産としては、十分にうまみのあるレベルまで三菱の株価が下落したタイミングを見計らって提携発表、という流れです 」

7e8d5a0
画像元 clicccar.com


こうした日産との水面下の交渉において、
三菱自動車側の窓口となったのは益子会長である。
「 相川社長は交渉にはノータッチ。 日産との提携発表会見の席に相川社長がおらず、益子会長が1人で取り仕切ったのも、資本業務提携に関しては自分が責任者だということをアピールしたかったのでしょう。 益子会長と相川社長の明暗はくっきり分かれましたね 」
「 また、益子会長は不正発表の前にすでに今後の展開を睨んだかのような動きをしていた。 4月1日付で、三菱商事から自分の元部下を三菱自動車に引っ張ってきて常務に据える人事を行っていたのです 」

一方、三菱自動車内には次のような声もある。
「 一番問題なのは、会社全体に上にモノが言えない雰囲気があるということ。 益子会長が怖くて経営陣の誰もモノが言えない雰囲気が、会社全体に伝播しているのです 」 ( 幹部社員 )
提携発表会見の翌日、東京・丸の内の三菱商事本社ビルでは三菱グループ約30社の首脳による例会「金曜会」が行われた。会の冒頭、お歴々を前にして謝罪する役目を務めたのは相川社長だったが、 「 彼はすぐに退席し、その後は普段通りの金曜会だった。この日出された食事はオムライス。それを食べた後、専門家による、世界経済についての講義を皆で聞いた 」 (三菱関係者)
この状況下でも平然とオムライスを口に運び、世界経済についての講義を拝聴する、浮世離れした三菱グループの首脳たち。徹底した合理主義者であるゴーン社長と衝突する日はそう遠くないかもしれない。
週刊新潮

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-31 18:25 | 三菱自動車 | Comments(5)

三菱自 役員報酬が何故か前年比二割増


2014-Nissan-Pathfin12

三菱自動車が燃費不正を公表する前の2016年3月期に
取締役14人に払った報酬総額が4億7000万円だったことが30日、
株主総会の招集通知で分かった。  
社外取締役4人を除く10人には計4億2200万円を支給。こ
の金額を人数で単純に割ると、1人当たりの報酬は4220万円と、前期比2割アップした計算になる。15年3月期は社外取締役を除く12人に計4億1900万円を払い、有価証券報告書によると報酬1億円以上の取締役はいなかった。 
時事通信

ん? 新型RVR開発遅れで、
役員は報酬下げたのではなかった?

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-30 22:35 | 三菱自動車 | Comments(4)

三菱自 新型SUVは予定通り来年に

燃費計測不正がおこって、三菱自が予定されている新型車はどうなるのか?
販社がメーカーに問い合わせたところ、
来年春に予定されている、
現行RVRをベースに開発されている新型SUVは、
予定通りだすつもりのようです。 でも若干遅れるかも。

7e8d5a0

ただ、益子会長は相変わらず車種削減にご熱心なようで、
新計画で公表していた、他の新型車は先遅れか凍結・中止もあるでしょう。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-30 21:31 | 三菱自動車 | Comments(7)

日産、ホンダ、マツダ期間工経験者のブログ


自動車メーカーの派遣・期間工をされた方のブログを見つけました。
確認したところ、ホンダと日産・・・ 現在はマツダの期間工をしているようです。

7e8d5a0


その一文がです。
「 日産車体九州へ来て3か月が経過したところです。ようやく仕事と暮らしになれました。いや~長かった! 最初の1ヶ月は本当に『地獄だ』とつぶやきながら出勤してましたからね。 大雪の影響などで遅れた生産もようやく追いついたらしく、 今月から休出はなし。さらに先週から残業もどんどん減ってきてます。つぎの給料で入社祝い金もなくなるし、こりゃ困ったわ~というわけで、次の仕事を探してます。 次は派遣ではなく、期間従業員でいこうかと思います。 派遣は満了金がないですから。あと、期間工より時給よくてもピンハネされているという事実が腑に落ちない・・・ とりあえずエクセルで一覧を作成してじっくり検討してみます。 」

7e8d5a0


そのメーカー別、給与一覧表をみると、
以外といすゞがトヨタより多いことにびっくり。
minkara.carview.co.jp

  • ホンダ期間工ブログ ( 1 )
  • 日産車体九州の派遣工ブログ ( 13 )
  • マツダの期間工ブログ ( 4 )
    期間工に興味がある人には参考になりそうです。

  • [PR]

    by ganbaremmc | 2016-05-30 19:21 | ニュース・その他 | Comments(1)

    週刊現代 主要100車種「実際の燃費」をすべて公開

    7e81d5a1-

    7e81d5a2-

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48755


    [PR]

    by ganbaremmc | 2016-05-30 18:51 | ニュース・その他 | Comments(12)

    三菱重工は三菱自から手を引く見通し

    「 日産側の人選は、最初から山下光彦・日産上級技術顧問さんで決まっていた 」
     ( 三菱自動車関係者 )
     
    5月25日、日産と三菱自は資本業務提携を前提とした契約を締結し、
    6月末に発足する新経営体制を固めた。  

    7e8d5a0


    益子修会長(67歳)は社長職を兼務して留任し、副社長に山下氏 ( 開発担当。63歳 ) 、三菱商事出身の白地浩三・三菱自常務執行役員 ( 海外担当。62歳 ) 、池谷光司・三菱東京UFJ銀行 ( BTMU ) 専務執行役員 ( 財務・経理担当。58歳 ) の3人が就いた。 同時に、燃費不正問題の責任を取り、相川哲郎社長が退任するなど、取締役会メンバーは大幅に入れ替わる。  
    今回の幹部人事は、二つのことを示唆している。  
    一つ目は、日産が出資を完了するまでの暫定政権では、三菱自の経営グリップを握るのは益子会長であり、日産は三菱自を“遠隔統治”する体制になっていることだ。  山下氏は、日産では一貫して開発畑を歩み、副社長まで上り詰めた人物。電気自動車の開発や、メーカーの枠組みを超えた規格標準化を推進するなど、実績は十分ではある。だが、日産副社長の職を解かれて2年。今春には藍綬褒章を受章するなど、「いわば、過去の人」 ( 日産幹部 )。 開発現場の第一線を仕切る、現役のエース級を送ったわけではない。  
    この背景には、日産側の意図がありそうだ。
    日産は、山下「副社長」を落下傘として据えながらも、燃費不正問題には直接的には関与しない。あくまでも三菱自と三菱グループに不祥事の片を付けさせる算段なのだ。 燃費不正による損失規模が見えない中、日産が三菱グループをリスクヘッジの緩衝剤として利用している。  二つ目は、これまで足並みをそろえて三菱自を支援してきた三菱グループの対応が割れて、三菱重工が一歩引いたことだ。  三菱商事とBTMUが「副社長ポスト」に派遣するのに対して、三菱重工は幹部派遣を見送った。 常勤の役員以上で残る三菱重工出身者は、野田浩専務執行役員ただ一人となってしまう。  三菱グループが持つ三菱自株式約34%のうち、三菱重工は20%を保有する筆頭株主。 だが、「三菱重工が匿名組合を経由して保有している7.37%については、組合解消で手放す方向」 ( 三菱グループ幹部 ) だ。人事だけではなく、資本においても、三菱重工はフェイドアウトしていく方向だ。

    リスクは三菱グループに引き受けてもらい、
    果実は自らで搾り取る──。
    今回の三菱自買収に対する日産の姿勢は徹底している。経営手法が“遠隔統治”だからといって、今後、日産が三菱に生易しい態度を取るわけではない。  「 三菱グループの“進駐軍”のように大勢の人を出向・転籍させなくとも、話し合いベースで協業効果を得られるのは仏ルノーで実証済み 」 ( 日産幹部 ) なのである。  今秋にも日産は、三菱自株式の34%を約2370億円で取得することになっている。この買収金額は、不正発覚前の株価水準からすれば半値に近い。この絶妙なタイミングで支援を買って出るほどに強かな日産が、三菱自に厳しい改革を迫らないはずがない。  
    実際に、日産社内では果実を搾り取るための、三菱自プロジェクトが立ち上がっているという。  ある日産幹部によれば、「 ( 軽自動車の開発・生産や燃費不正を除く ) 協業分野として、四つの重要テーマと、二つのサブテーマというふうに、優先順位をつけて議論が始まっている 」。  具体的には、重要テーマは、(1)共同購買、(2)開発 ( プラットホームの共有、内燃機関や電気自動車のパワートレイン、新規技術 ) 、 (3)生産、(4)ASEANであり、サブテーマとは販売金融とアフターサービスである。  「 日産だって、慈善事業で三菱自への投資を決めたわけではないのだから、その方針は理解できる 」 ( BTMU幹部 ) としながらも、「 三菱商事ががっぽりもうけてきたASEAN地域での販売分野では、商売がバッティングする。 日産は脅威だ 」 ( 同 ) という。  このように、日産が改革を迫る途上では、三菱自のみならず、三菱商事のビジネス領域でもあつれきは避けられないだろう。  
    6月末には、カルロス・ゴーン・日産会長兼社長が、初めて三菱グループの首脳3人 ( 垣内威彦・三菱商事社長、小山田隆・BTMU頭取、宮永俊一・三菱重工社長 ) と顔を合わせる機会が予定されている。 三菱グループ側は、三菱自だけではなく、競合自動車メーカーや自動車部品メーカーなど商圏を生かしたプランをゴーン会長に提案する見込みだ。
    週刊ダイヤモンド編集部

    [PR]

    by ganbaremmc | 2016-05-30 18:27 | 三菱自動車 | Comments(0)