<   2016年 05月 ( 167 )   > この月の画像一覧

衝撃的動画 防ぎようのない事故

6

動画はこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-11 20:39 | 衝撃的動画 | Comments(4)

岡山県知事 三菱自水島製作所の早期生産を国にもとめる



岡山県では関連企業などで、影響が出ているため、
伊原木知事が経済産業省や国土交通省などに緊急提案しました。
求めたのは、中小企業への早急な支援措置の実施などです。
動画はこちら

6

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-11 20:34 | 三菱自動車 | Comments(0)

三菱自現役社員、OB「原因は開発費の少なさ」

軽自動車の燃費を偽装していた問題で、
三菱自動車は11日、国土交通省に新たな調査内容を報告し、
記者会見を行った。なぜ長年にわたって不正が行われていたのか?
会見では新たな事実も明らかになった。

6

■三菱自動車は、これまでに軽自動車4車種で燃費を実際よりよく見せかける偽装を行っていたことを発表。
■11日の会見では、軽自動車4車種以外でも、燃費の計算に必要なデータを机上の計算で算出した可能性があることが明らかになった。さらに、社内調査の結果、今回の問題について経営陣の関与はなかったとしている。
■長年にわたる不正の背景に何があるのか。三菱自動車の現役社員やOB、18人を取材した。
■会見で経営陣は、開発現場へのプレッシャーが今回の偽装の原因の1つであったと発表。さらに、現場が訴えたのは“開発費の少なさ”だった。
■三菱自動車は社内調査の結果、今回の偽装を引き起こした原因について、プレッシャーの他に、組織の閉鎖性などをあげている。
動画はこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-11 20:25 | 三菱自動車 | Comments(9)

国沢氏 益子社長時代のような謹慎状態ではクルマは絶対売れない


6


本屋さんで以前から読んで見たかった『空飛ぶタイヤ』(池井戸潤)を。
この本、2002年に発生した三菱自動車のトラック脱輪事故をテーマにした小説。
これ読むと100%三菱嫌いになる。・・・・
続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-11 20:07 | 三菱自動車 | Comments(4)

三菱自 新型、改良車の販売を当面見直し

三菱自動車が今夏に予定していた主力スポーツタイプ多目的車(SUV)「RVR」の改良車など、新型車の発売を当面見送る方向で検討していることが11日、分かった。

6

燃費不正問題の調査が続いている状況下での新型車投入はできないと判断したが、落ち込んでいる国内販売に、一層の打撃となりそうだ。自動車メーカーは全面改良した新型車の発売後、1~2年おきに一部改良して販売をてこ入れするのが通例。三菱自動車は夏までに、RVRなど数車種で新型車の発売を予定していた。
sankei.com

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-11 19:51 | 三菱自動車 | Comments(1)

三菱自 益子会長「水島工場は維持したい」

本日、三菱自から調査結果の報告がありました。
出席されたマガジンXさんのツィートをまとめます。
https://twitter.com/CyberMagazineX

これまで相川社長に会見を委ねたが、
今日は益子会長がでた。社内調査にある程度がメドがたったので、
本日は益子会長が出席する。
三菱自動車記者会見の冒頭、益子会長から一連の騒動について陳謝がありました。
RVRも机上計算の可能性認める。
その他の現行9車種『i-MiEV』『ミニキャブ MiEV』『ミニキャブ MiEVトラック』『ミラージュ』『RVR』『アウトランダー』『アウトランダーPHEV』『パジェロ』『デリカD:5』および、販売終了車種については、ヒアリングの結果、正しく走行抵抗を算出していなかったり、RVRなどについて机上計算により算出したりしたものがあることが疑われるため、測定データによる裏づけや経緯などを現在、調査中。また、外部有識者のみによる特別調査委員会の報告と提言を受け次第、同社としての適切な対応を立案し、別途報告するとしている。

現場については、再発防止に努める。まだまだやることがたくさんあると痛感した。知らなかったという事で、経営の責任を免れるとは思っていない。会社の将来を安定させるのも経営責任。残りの会社生活の結果をみて評価してもらいたい。

6


【 質問 】
海外販売はの影響は?
・・・・・ 海外販売分は正しい方法で試験されている。
北米向け、欧州向け、とそれにならっているものはそれぞれの法規に則っている。

益子会長 「 なぜ日本向けで問題が起きたのか疑問に思っている 」
納得のいく説明を得られていない。

18日までになんとか報告したい。

【 質問 】
予定されている新型車の影響は?
・・・・・新型車については、具体的にお話し出来る状況にない。
遅れる。可能性もある。


【 質問 】
燃費目標が五回にわたって引き上げられたのは、
実現困難性を認識していたのではないか?
・・・・・ 通常、役員の会議に上がった時点では、極めて実務レベルにフォーカスされている点は上がってこない。 軽自動車4車種を除いて、他のモデルは届け出値と差がない値がでている。販売停止はない。

【 質問 】
5%から15%前後の乖離が出ている。
もともと乖離が大きかったはずなのに、なぜ他の部署はずなのに気づかなかったのはなぜか?
・・・・・それぞれの部署に走行抵抗値に関心がなかった。複数の関係者それぞれが上や下への関心がなかった。 相川社長

【 質問 】
三菱グループからの支援は?
・・・・・支援については、何かをお願いする状況ではない。
補償金の金額はまだ分からないが、自分たちでマネジメントできると考える。2016年度の決算でハッキリするが、キャッシュはやっていける。軽自動車は国内販売の4割を占める。販売店、ユーザーに取っても大切。撤退の考えはない。

【 質問 】
計測は三菱自動車エンジニアリングか?
・・・・・一部業務委託先である完全子会社である三菱自動車エンジニアリングと三菱自動車開発部門とのコミュニケーションが十分でなかった。過去に遡って事実を調べている。 RVRで机上計算が疑われる。他のクルマについても同様の点検している。三菱本体とエンジニアリングのどちらが主導していたかも調査中。 委託元は性能実験部。委託先がMAE。目標を上げる時にもメニューは出している。最後の最後で、足りなかった。

【 質問 】
国交省は組織的にならねば、不正はできないとしているが?
・・・・・知らなかったということで、責任を逃れることはない。
経営の問題として重く受け止めている。達成が困難の認識はない。「出来る」の認識で開発していた。業務委託の内容は、本来、性能実験部がやるべきだが、MAEでやってもらった。1977年に設立以来、三菱自動車エンジニアリングは開発のパートナー。 4車種に限らず、その他の開発もある。上下関係により、不正を申し出られなかったわけではないとします。2004年から2005年にリコール隠しの問題を徹底的にやった。 問題の根は深いなぁと思っている。個人的ない印象として、閉鎖的な社会、新しいことに挑戦する風土がない。踏み込めなかったのが現状です。

【 質問 】
軽の不正について日産は関わっていないのか?
・・・・・「 日産の関与があったとは考えていない。 」 益子会長
「 NMKVは目標設定にかかわっているが、燃費目標が先に決まるわけではない。燃費を変えるところに日産は関与していない。 開発時に設定していた走行抵抗値を、いま検証してみると、とても出るものではない。 」
相川社長
開発目標については、プロジェクトをまとめている人間から数字が出され、開発現場とキャッチボールして決まっていく。 燃費を上げる際には、関連各部門がクルマに 関わる全部の要素でメニューを出す。 これを性能実験部で集約する。開発の最終盤まで、燃費目標は達成できると思っていた。

【 質問 】
会長の圧力を感じたのでは?
・・・・・益子会長 「 自ら軽自動車の燃費を上げろとは指示していない 」

【 質問 】
調査、計測結果は?
・・・・・三菱の全車種について点検をしている。
走行抵抗の試験は、設定温度が惰行法で20度、高速惰行法で25度。開発期間は日本の冬だったので、タイで試験するほうが良い値が出る可能性があると考えた。 軽自動車の場合、2駆を4駆にするときなどに机上計算していた可能性があると思っている。 走行抵抗の試験データと届け出値の乖離が大きいものを徹底的に確認、調査している。RVRについては、意図的までの確認はできていない。
益子会長 「 軽自動車の改ざんについては、報告は完了した。 」
お客様、取引先、販売会社、社員の家族に迷惑をかけている。早く生産再開したいが、多くの対象者の聞き取りに時間がかかっている。
益子会長 「 外部の目、人材が入りにくい環境がある。外の世界をなかなか見に行かないのが、閉鎖的な社会の原因  」
道筋つけるには、思い切ったことをやらなければならない。摩擦も解消していくには時間軸を具体的に言うのは難しい。


【 質問 】
メーカーの届け出データを信頼することで成り立っている日本の型式指定制度の前提を覆してしまったことについてお聞きしたい。
・・・・・益子会長 「 真摯に受け止めている。申し訳ない 」
自工会副会長職についても、相川社長は「 辞任の意向を伝えた 」と認めた。

【 質問 】
ユーザーへの補償、経営陣の責任は?
・・・・・役員報酬の減額などは、当然考えている。
軽自動車については、乖離した燃料代の補償、プラスアルファの補償は燃費の正しい試験結果をベースに三菱自動車が再度届け出をして、認められてから。少し時間がかかる。今週、販売会社から、お客様にお詫びのメッセージをDMで送っている。

【 質問 】
益子会長は辞めないのか?
・・・・・益子会長 「 会社の将来を見据えて考える。道筋つけなければならない。 」
重工、銀行、商事の三社で株式を33.4%持ってもらっている。人材については支援をしてもらいたい。


一部の記者は組織ぐるみではないのかと食い下がっています。
益子会長は、消費者は納得出来ると思うか?の質問に、
5月18日までに質問にきちっと答えられるようにします。出せると聞いています。
さらに水島工場を維持できるような形で、日産と今後もやっていける道を探したい。解決に全力をあげたい、と答えた。

2時間超に渡った三菱自動車の記者会見は終了。
次は18日。


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-11 19:46 | 三菱自動車 | Comments(10)

三菱自 他車種でも机上計算。でも「燃費値の変更はない

三菱自動車は11日午後、国土交通省自動車局に報告を行った。
『ekワゴン』など軽自動車4車種だけでなく、『RVR』など三菱製の現行9車種についても、「机上計算により算出したものがあることが疑われる」(相川哲郎社長)ことを明かした。

6


「RVRベースになっているモデルの技術的な走行抵抗から、断面積などを机上計算したデータが見えている。今時点でねつ造したということはいえない。全車種について点検を行っているが、RVRは大きなかい離があった」(横幕康次執行役員 開発本部長)
RVR(16型)についての判明で、それ以前の製造のものは調査している。
また、他のすでに販売を終了した車種もその可能性があるが、相川社長は次のように述べた。 「調査と並行して正しい測定方法での燃費も測定している。届け出た燃費とかい離はなかった。燃費は届け出た数字とほとんど変わらない値が出ている」 そのため「燃費届出値を修正する必要はない。販売、生産停止に当たらない。こういう場場合に販売停止すべきという明記はないので、今後の指導を待ちたい」(前同)と、販売体制などの見直しがないことを言及した。
headlines.yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-11 19:27 | 三菱自動車 | Comments(2)

マツダ 発売前の新型CX-4が追突される

車両からしてボルボでしょうか?
発売前の新型CX-4がボルボに追突されました。
その割にはCX-4が無傷にみえますね。
ひょっとしてボルボより頑丈なのか?

7e8d5a0

6


http://www.cqdst.com/qiche/2016-05-09/2645348.html


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-10 19:53 | マツダ | Comments(11)

日産 改良リーフの販売が激減?

マガジンXさんが、本日自販連から公表された
4月国内販売の詳しい資料をツィートしてくれました。
https://twitter.com/CyberMagazineX
三菱、日産の販売減は言うまでもありませんが、
二枚目の資料、日産リーフの販売が343台で、
3月の1614台から大きく後退しています。
まさかこれも三菱のせいにしたりしませんよね?

7e8d5a1


7e8d5a2


7e8d5a0


6


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-10 19:28 | 三菱自動車 | Comments(4)

スズキ会長 三菱自の燃費不正について

スズキの鈴木修会長は10日、2016年3月期決算についての記者会見で、
三菱自動車の燃費データ不正問題について
「燃費競争だけが過熱しているわけではなく、(品質や軽量化など)トータルの競争だ」と述べた。

6


燃費不正が軽自動車販売に与える影響はないとの考えを示し、「顧客は賢い選択をすると理解している」と語った。  今後の国内販売戦略については「シェアよりも1台ずつ大切に売る」と強調。軽自動車業界ではシェア追求のためにディーラーが自社登録した新車を中古車市場で「新古車」として安売りするケースも目立っており、「(コモディティ化した)白物家電の二の舞になる」と過剰な競争に警鐘を鳴らした。
nikkei.com

7e8d5a0

6


https://twitter.com/CyberMagazineX


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-10 18:55 | スズキ | Comments(12)