<   2016年 05月 ( 167 )   > この月の画像一覧

日産販売店が「補償」…偽装車から変更で値引き

三菱自動車の燃費偽装問題に関連し、
軽自動車の供給を受けていた日産自動車の一部の系列販売店が、
顧客に対して事実上の補償を始めたことがわかった。  

6


偽装が判明した軽の購入を客がキャンセルし、別の日産車を購入する際、10万円程度を値引きするなどの対応を取り、客のつなぎ留めを図る。  三菱自が燃費偽装をしていたのは計4車種で、日産向けの「デイズ」と「デイズルークス」の2車種も含まれる。偽装が発覚した4月20日以降、生産・販売が停止され、日産の系列販売店でもキャンセルが相次いでいる。  このため、別の日産車の購入を希望する場合、一部の販売店では10万円程度を値引きしている。対象となるのは4月20日より前にこの2車種を契約したか、見積書を受け取っている客が中心。販売店によって対象となる客の範囲や値引きの条件などは異なるという。  日産は、値引きによって販売店の売り上げが減った場合、その分をいったん負担し、三菱自に請求する方向だ。
headlines.yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-08 17:41 | 日産 | Comments(4)

スバル 直噴ターボ搭載のBRZを12月に発売

6

https://twitter.com/gtrjad/status/728906589101395969


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-07 20:27 | スバル | Comments(5)

三菱軽、中古価格15%値下がり

三菱自動車が燃費データを改ざんした軽自動車4車種について、
中古車業者間で売買される価格が問題発覚前から
10〜15%程度下がったことが7日、
中古車販売大手ガリバーインターナショナルの調べで分かった。

6

問題発覚を受け、仕入れる業者が急減したためだ。  三菱自動車の「eKワゴン」と「eKスペース」が15%程度、三菱自動車が日産自動車に供給した「デイズ」と「デイズルークス」が10%程度それぞれ安くなった。  業者間価格が下がると消費者からの買い取り価格も連動して下がるのが一般的で、両社のユーザーが問題発覚前よりも安い価格で軽自動車を売却せざるを得なくなる可能性がある。
sanyonews.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-07 20:09 | 三菱自動車 | Comments(3)

糞トランプ候補「日本車に38%の関税をかける」

アメリカ大統領選挙に向け、共和党の指名獲得が確実となったトランプ氏は、
日本が現在、アメリカ産牛肉にかけている関税を維持するなら
日本から輸入する自動車にかける関税を大幅に引き上げるなどと独自の主張を展開しました。



アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びで、共和党の指名獲得が確実となったトランプ氏は、6日、中西部ネブラスカ州で演説しました。この中でトランプ氏は、日本から輸入している自動車にアメリカが2.5%の関税をかけていることについて、「日本からの自動車には、ほとんど関税がかかっていない。大量の日本車がアメリカに流れ込んでいる」と述べました。そのうえでトランプ氏は、ネブラスカ州で生産されている牛肉の日本への輸出について、「日本が牛肉に38%の関税をかけるのであれば、われわれは日本の自動車に対しても38%の関税をかける」と述べ、日本から輸入する自動車にかける関税を大幅に引き上げるなどと独自の主張を展開しました。アメリカ産牛肉を巡っては、TPP=環太平洋パートナーシップ協定が発効すれば日本がかけている関税は、現在の38.5%から段階的に引き下げられる予定ですが、トランプ氏はアメリカに不利益だとしてTPPに反対しています。トランプ氏はこれまでも、日本はアメリカ軍の駐留経費の全額を負担すべきだと主張するなど、日本に対する強硬姿勢を続けています。 トランプ氏は日本だけでなく、中国やメキシコ、それにイスラム教徒などに対しても強硬な発言を繰り返しています。共和党の指名獲得が確実となった直後の今月5日には、アメリカのニュース番組のインタビューで、イギリスで来月行われるEU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票について、「ヨーロッパにとって移民はひどい問題で、その多くはEUによって進められた。個人的にはイギリスはEUから離脱したほうがいいと思う」と述べ、波紋を呼んでいます。また、トランプ氏は、これまでにもアメリカに流入する不法移民対策として「メキシコとの国境に壁を築き、その費用をメキシコ側に負担させる」と述べたり、テロ対策として「イスラム教徒の入国を禁止すべきだ」などと主張し、アメリカ国内の各地で抗議活動が相次いだほか、共和党の主流派からも反発の声が上がってきました。さらに、トランプ氏は中国との間の貿易赤字も問題視し「中国が為替レートを操作してアメリカの雇用を奪っている」と指摘していて、今月1日にも支持者を前にした演説で、「中国がアメリカで好き放題にするのを許すわけにはいかない」と中国を非難しました。こうしたトランプ氏の主張に対して、中国外務省の報道官は今月4日の記者会見で「アメリカの人たちには中国との経済貿易関係を理性的で客観的に扱ってもらいたい」と述べています。
nhk.or.jp

こいつ射殺されればいいのに
でも実際こんなことできるの?


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-07 19:46 | ニュース・その他 | Comments(7)

国沢氏「 BMW iシリーズは日本撤退みたい 」


6


昨日聞いたのだけれど、
どうやらBMWの「i」シリーズは日本撤退の方向らしい。
現在、新規の販売促進活動を休止し、
今後もお金を掛けることが無い模様。
理由は超簡単。「売れなかったから」です。・・・・・
続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-07 19:33 | 海外メーカー | Comments(2)

【5/7更新】トヨタ 86ベースのワゴン?



現時点では実際の生産計画はない

トヨタGT86をベースとしたシューティング・ブレークのコンセプト・モデルが、オーストラリアのシドニーで公開された。このコンセプト・モデルは、トヨタ・オーストラリア・プロダクト・デザイン・チームが製作したもので、実際に走行が可能なモデルということだ。

86のチーフ・エンジニアである多田哲哉によれば、「重量バランスも良く、86本来のダイレクトなステアリングを持ち、タイトコーナーでもニュートラルなフィーリングの感じられるモデル」であるという。パフォーマンスは明らかにされていないが、既存のGT86と同じ200psのフラット4が搭載されるものと思われる。

このプロトタイプは、日本のグローバル・スポーツ・ディビジョンでハンドメイドされたモデルで、リアのヘッドルームと大きなラゲッジ・スペースを持つ4シーター・スポーツという性格を持つ。「シューティング・ブレーク・コンセプトは、アクティブなカップルや、ファミリーのセカンドカー向けの高級なオプションだ。」とは、トヨタ・オーストラリアのマーケティング責任者であるブラッド・クランブの弁。また、「ウィークエンドにはサーキットで走ることを楽しめるクルマだ。」ともしている。多田はこのコンセプトの反応を見たいとしているが、それはデザインの研究目的であり、現時点では実際の生産計画はないという。「ただし決して生産計画がないというわけではない。実際に生産されることを望んでいる。このコンセプト・モデルは、トヨタのファン・トゥ・ドライブに対する情熱を示したモデルだ。」とも語っている。
autocar.jp

7e8d5a0

6

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-07 19:15 | トヨタ | Comments(13)

三菱自 2016年4月 米国販売状況

 米国自動車販売速報 によると、
2016年4月 三菱自は、前年同月比 17.7%増 の 9674台 でした。

00000


内訳は・・・・
ミラージュ 3302台 前年同月比 37.2%増
アウトランダー 2729台 前年同月比 118%増
アウトランダースポーツ( RVR ) 2614台 前年同月比 2.2%減
ランサー ( ギャランフォルティス ) 1023台 前年同月比 45.1%減
アイミーブ 6台 前年同月比 62.5%減
ランク一覧表

新顔となったミラージュは米国では受け入れられているようです。
アウトランダーも前年比と比較して倍増という驚異的な伸びです。
ただ、日本での燃費不正が心配で、来月はどうでるか?
欧州ではいまのところ販売増は維持しているようですが、これ以上、影響が広がらず、
コンスタントに売れ続け、予定通りPHEVを米国でも販売してもらいたいものです。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-07 19:12 | 三菱自動車 | Comments(0)

三菱自販社「半減どころではない」

三菱自動車の販売店では、燃費不正問題を受けて客足が遠のく一方、
既に購入した顧客からは苦情や問い合わせが殺到している。

6

不正が判明した軽自動車2車種の販売停止に加え、他の車種も企業イメージの悪化で売り上げの大幅減が避けられず、苦境に立たされている。  三菱自の相川哲郎社長は不正問題の影響について、4月27日の記者会見で「1日当たりの受注台数は半減した」と語った。しかし、東京都内の販売店からは「半減どころではない」との悲鳴が上がっている。  この店の店先には、スポーツ用多目的車(SUV)「アウトランダーPHEV」やミニバン「デリカD5」などが並ぶ。しかし、従業員は「(販売停止となった)軽自動車に比べれば、売れる台数はもともと微々たるもので、いまは売れる車がほとんどない状態だ」と話す。  ゴールデンウイークは例年、遠出などで客足は多くないが、「連休明けは減少が一段と顕著になるのではないか」と不安を漏らす。 
headlines.yahoo.co.jp

三菱自動車の燃費偽装で、下請け企業が苦境に立たされている。軽自動車の生産を止めている水島製作所(岡山県倉敷市)の周辺では、操業停止が下請けに波及し、派遣社員の仕事も失われつつある。三菱自と取引がある企業は全国に多数あり、影響の広がりが懸念される。
水島製作所では、6日も人影はまばらで、門の上に飾られた生産停止中の軽「eKスペース」が静かに雨に打たれていた。そこから約10キロ離れた3次下請け部品工場。田畑に囲まれた自宅脇の倉庫に、納品するはずだった製品の箱が積み上がっていた。
「こんだけ作ったのはええが、誰か補償してくれるんじゃろうか」。
70代の男性経営者はため息をつく。4月20日の偽装発覚翌日から受注も納品も止まった。
30年ほど前に会社を立ち上げ、自動車部品は三菱一本で仕事をしてきた。2次下請けが成型した軽自動車の内装やエンジン周りの部品に、スポンジ状の防音材を手作業で貼り付ける。利益は1個30円ほどで、1日千個前後を納めてきた。従業員3人では手が足りず、近所の女性10人に内職を頼んでいた。「この辺りは、そんだけ三菱系の仕事のすそ野が広いんよ」。問題発覚後、内職を断ると、「一日でも早う仕事を持ってきて」と言われた。「いつまでも生産が再開されなんだら、どうなるんじゃ」と経営者の不安は募る。三菱自の部品を数十年作ってきた倉敷市の3次下請けも生産を止めている。専務(58)によると、売り上げの9割が三菱自だった。問題発覚後、溶接した部品に油をふきかけ、空気が入らないようにポリ袋とラップのようなフィルムを巻いた。「とりあえずさびんようにしとるだけ。ほかのこと、できんしな」

朝日新聞社



[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-07 18:17 | 三菱自動車 | Comments(2)

テレビ東京「WBS」トヨタ 米国進出30年


6

トヨタが米国に進出して30年。
地元雇用に貢献し、収入も大幅に増やしているのですが、
共和党トランプ次期大統領候補は、日本メーカーを目の敵にしています。
実際はどうなのか?
動画の閲覧はこちら
27分10秒~

7e8d5a0


7e8d5a1


7e8d5a2

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-06 19:06 | トヨタ | Comments(2)

日産 まずはデイズ制約者にお詫び料

マガジンXさんのツィートより

6


twitter.com/CyberMagazineX


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-06 18:46 | 日産 | Comments(0)