<   2016年 05月 ( 167 )   > この月の画像一覧

NHK特番「新型車に予約殺到!鍵は走行距離」

米国・テスラモーターズが発表した電気自動車の新型車が、
いま世界的に注目を集めている。
販売は来年末からだが、世界中から予約が殺到。予約開始から1週間で32万5000台。
去年世界で最も売れた日本ブランドの車・カローラは1年間で133万8000台。新型車を予約した東京都内在住の男性は、いまは大型の4輪駆動車に乗っているが、生まれた娘のために環境に優しい電気自動車に乗り換えることにした。新型車の価格は日本円で約370万円。1回の充電での走行可能な距離は300キロ台を確保すると強調。電気自動車は2009年ごろからブームが沸き起こったが、普及は進んでいない。国内の新車販売台数に占める割合は1%以下。課題は走行距離。ITベンチャーの企業家が設立したテスラモーターズでは、モーターを動かすバッテリーにパソコンなどに使われる汎用品を大量に使用。独自開発のソフトウエア技術で効率的に管理。バッテリーを生産するための巨大な工場を建設。大量生産で価格を抑える計画。 テスラモーターズ・イーロンマスクCEOは「大量生産能力と最先端テクノロジーで新型車が実現する」と述べた。日本の販売店では、確かな手ごたえを感じているという。テスラモーターズジャパン・二コラヴィレジェ社長は「家族で乗って、長いドライブでも有効、長い旅ができるのを客に提案したい」とコメント。

6

画像元 minkara.carview.co.jp/en/userid/136982/blog

対する日本メーカーでは日産自動車が、電気自動車販売で世界トップを走ってきた。
特別な許可を得て、日産先端技術開発センターで開発の最前線を取材。
切り札は新型の大容量バッテリー。
開発段階だが、蓄電量を増やすことで最大280キロの走行距離を飛躍的に伸ばすことに成功。
日産自動車EV・HEV技術開発本部・矢島和男ダイレクターは「たくさんの(電気)エネルギーをためられる材料に変更しているところが鍵。
走り方によるが500~600キロくらい走れるようになると思う」と話した。
バッテリーの大きさは現状とほぼ同じにおさえ、車内空間が狭くならないようにしようとしている。
課題は劣化で走行距離が短くなること。
交換費用は約60万円。
回収バッテリーを太陽光発電などの蓄電池に再利用しようとしている。
今後販売して、バッテリーの交換費用を下げることを目指している。
矢島ダイレクターは「電気自動車独自の魅力を客にわかってもらう。
飛躍的に台数は伸びると思う」とコメント。
e.jcc.jp/sp/keizai/97083/

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-05 18:32 | 日産 | Comments(1)

三菱自燃費不正 安倍首相「由々しき問題」と批判

三菱自動車の燃費データ改ざん問題について、
安倍首相は、「日本の自動車産業への信頼を傷つける由々しき問題だ」と批判した。

6

安倍首相は「わが国の自動車産業に対する信頼を傷つけるとともに、ユーザーにも大きな不信感を与え、由々しき問題である」と話した。 三菱自動車が軽自動車の燃費データを改ざんし、性能を実際よりも高く見せていた問題について、安倍首相は、ドイツのメルケル首相との共同記者会見で、「由々しき問題で、厳正に対処する」と批判した。またメルケル首相も、排ガスデータを改ざんしたフォルクスワーゲンについて、「司法的な手段をとることになる」と明言した。
headlines.yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-05 18:09 | 三菱自動車 | Comments(13)

三菱自 4月米国販売影響受けず?

アメリカの先月の新車の販売台数は、
ガソリンの値下がりや自動車ローンの低金利を背景に、
前の年の同じ月より3.6%増加し、
好調な販売が続いています。

6

民間の調査会社オートデータが3日発表した先月のアメリカの新車の販売台数は150万6977台で、前の年の同じ月より3.6%増加しました。これは、緩やかな景気の回復に加えて、ガソリンの値下がりや自動車ローンの低金利が続いていることなどによるものです。メーカー別にみますと、販売台数で首位のアメリカのGM=ゼネラル・モーターズは前の年の同じ月より3.5%減りましたが、販売で2位のフォードは3.6%増加しました。一方、日本のメーカーは、販売台数が全体で3位のトヨタ自動車が3.8%、販売5位のホンダは14.4%、販売6位の日産自動車は12.8%そろって増加しました。また、ドイツのフォルクスワーゲンはディーゼル車の不正の影響で9.7%減少しましたが、先月、燃費を巡る不正が明らかになった三菱自動車は17.7%増加し、これまでのところ大きな影響は見られていません。アメリカでは、このところさえない経済指標が続き景気の減速を懸念する声が出ていますが、ガソリン安の恩恵などを受けている自動車販売は好調を維持しています。
nhk.or.jp

ちなみに三菱自の4月米国販売は9,674台でした。
不正が発覚したのは4月下旬ですからね。
5月の状況をみて判断すべきです。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-04 20:43 | 三菱自動車 | Comments(2)

三菱グループ幹部「 相川社長では不安だ 」

三菱自の相川哲郎社長は、三菱重工の社長・会長を10年間務めた
相川賢太郎氏の長男である。
賢太郎氏は「三菱重工の帝王」と評された。
三菱自では14年4月1日付で益子修前社長が会長兼CEO、相川哲郎常務が社長兼COOに就任した。「益子氏が考えていた社長の本命候補が別にいたにもかかわらず、筆頭株主の三菱重工に配慮して相川氏を社長に据えた。社内には『相川社長では持たない。不安だ』との声が渦巻いていたため、結局益子氏が会長とCEOを兼務した」(三菱グループ関係者)  社長に就任することになった相川氏は「もう一度、技術とデザインで三菱自ブランドを構築したい。他社がやれないことをやれと育てられた。この気持を復活させたい」と技術屋の心意気を示した。

14年3月期には懸案だった優先株を処理し、再生に一定の区切りをつけたことから新体制へ移行することになった。益子氏の後任候補には、3人の名前が挙がった。ekワゴンを開発した相川常務・生産統括本部長(当時)、コルトの開発に携わった中尾龍吾常務・商品戦略・事業化統括部門長兼開発統括部門長(同)、益子社長の出身母体の三菱商事からきた一寸木(ちょっき)守一常務執行役員・第二海外営業統括部門長(同)である。
一寸木氏は三菱商事で「もっと出世してもおかしくない人材」と評されてきた。13年4月に三菱自に転じたときは社長含みの人事とささやかれたが、三菱グループでは執行役員からいきなり社長というサプライズ人事はあり得ない。「益子氏は当初、自分の後任として中尾氏を第1候補に、相川氏を第2候補に考えていた。相川氏は根っからの技術屋だが、中尾氏は技術だけでなく経営にも詳しいオールランドプレーヤーだったからだ。中尾氏を社長に据えた場合、益子氏は経営から身を引き全権を委任するつもりだった」(三菱自元役員) 結果は前述のとおりだが、三菱自の経営再建を支援してきた大株主である三菱御三家の意向で決まったと、益子氏は漏らしていたという。相川氏の経営手腕が未知数であるため、益子氏に引き続き経営の最高責任を委ねたと解釈されている。

相川氏の毛並みは申し分ないが、
今回の燃費データ不正では「不正な方法で燃費を良くしていたことは知らなかった」と語っている。
「 相川社長の引責辞任は不可避 」 ( 三菱グループ首脳 )
4月27日付毎日新聞は、「燃費不正 三菱自社長、引責辞任へ」と報じた。
同日付読売新聞は「益子会長辞任へ」としている。もし、益子氏が退任すると、相川氏が代表権を持たない会長になり、中尾龍吾現副社長が社長に昇格する公算が高い。今年4月、三菱商事の機械グループCEOだった白地浩三氏が三菱自の常務に就任している。中尾新体制を白地氏が補佐するかたちが有力だ。  益子氏、相川氏の2人が同時に引責辞任することになれば、中尾氏が会長になって、白地氏が社長に昇格する可能性もある。再び三菱商事から社長が出る体制に戻るわけだ。

6


三菱自の経営危機は、ひとえに人災である。
数々の不祥事や、その温床となった風通しの悪い組織をガンのようにはびこらせたのは経営トップの資質に問題があったからだ。人災の種を蒔いたのは元社長の中村裕一氏である。3期6年の社長の任期を終えた中村氏は、自分の意のままになるイエスマンを次々と社長に据え、院政を敷いた。  中村氏は会長を辞任した後も人事に対する影響力を行使した。河添克彦氏が副社長5人と上席の常務8人を飛び越す抜擢で社長になった人事も、中村氏が決めた。河添氏は重要な場面では中村氏に判断を仰いだという。三菱自凋落の“A級戦犯”として中村氏を名指す声は多い。益子氏が社長になるまでの10年間に6人が社長になっている。益子氏だけが例外で9年務めた。 「身売りしかないんじゃないじゃか」(前出の三菱グループ首脳)  しかし、国内の自動車メーカーのなかで三菱自を引き取る意向のある企業はない。そうなると売却先として、中国企業や自動車ビジネスに進出したグーグルやアップルなどの名前も浮上してくる。いずれの場合でも、上場を廃止して小回りが利く会社にしてから売却するというステップを踏むことになるだろう。
zasshi.news.

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-04 19:13 | 三菱自動車 | Comments(11)

国交省 三菱自は誰が悪いか明らかにせよっ!

軽自動車の燃費データを改ざんしていた三菱自動車に対し、国土交通省が、社内での責任の所在を同社自体が特定し11日までに報告するよう求めていることが2日、同省関係者への取材で分かった。発覚した4月20日から3日間立ち入りし、社員に聞き取り調査したが、話が変遷するなどして詳しい責任関係が判明しなかったため。報告が不十分な場合、道路運送車両法に基づく再度の立ち入りも検討している。同省によるこうした要求は異例。

6

三菱自は、26日に社内調査結果を報告したが、内容は手法などにとどまり、改ざんを始めた理由や、不正への組織的関与については触れられていなかった。
sanyonews.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-03 22:02 | 三菱自動車 | Comments(19)

マツダ 期間工全員に25000円支給

6


マツダは、期間従業員約1600人に特別協力金などとして
一律2万5千円を支給すること を決めた。
正社員だけではなく、期間従業員の待遇改善も進める。
chugoku-np.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-03 21:27 | マツダ | Comments(0)

三菱自 水島製作所で働いている人のブログ

読者の たかさん が、
三菱自 水島製作所で働いている人と思われるブログを紹介してくれました。

6

4月20日 問題発覚の日
「 ・・・・夕方には主要客先の謝罪会見で大騒ぎになるし、係長の前で大泣きするし目の腫れはひかないし、明日からどう生きていけば良いんでしょうね。  」 続きはこちら
4月22日
「 NMKVは50:50なのに何で「OEMの被害者です」みたいな面してんだよコンニャロー!・・・と、酔った勢いで叫んでみるおいちゃんです。 ( ごく個人的な仕事上の愚痴です ) こっち側の人間からしたらね、主導権はほとんどあっち側で、それこそ部品の荷姿ひとつまでも本当に色々と要求されたのよ?・・・・・ 」 続きはこちら
4月26日
「 今日は仕事が始業から50分で終了してしまい、もう何しに職場にいるんだか?という感じで精神的にまいっちんぐでしたよ。・・・ 」 続きはこちら
4月27日
「 親にも「 仕事は大丈夫なの? 」とか言われるし・・・・ 」
続きはこちら
5月2日
「 三菱自動車“不正”車生産の従業員 賃金カットへ という悪意しかないタイトルのマスコミ記事への反応で。
再開するまでずっと自宅待機なんです。それでも解雇じゃなく、減額での賃金を保証してくれてるんです。・・・・ 」 続きはこちら

工場で働く人たちの賃金カットが、マスコミに取り上げられ、
メーカーに対する批判が目立ちましたが、働いている人たちの感情は逆のようですね。
工場の人たちは、本当罪がないのですよ。
この人たちも三菱の車を売るように圧力かけられていたのです。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-03 21:02 | 三菱自動車 | Comments(10)

トヨタ 新型プリウスPHV激写

6


他の画像はこちらへ


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-03 21:01 | トヨタ | Comments(1)

【動画】日産 新型SUV「キックス」公開







日産新型SUVキックスが公開。
記事によると、ブラジル、メキシコの後、80か国で発売。
全長4295mm、全高1590mm、幅1760mm、ホイールベース2610mm。
ライバルはホンダ HR-V( ヴェゼル )。
エンジンは1.6L 4亀頭、110馬力エンジン搭載。
ミッションはCVT、5速トランスミッション。
paultan.org
[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-03 20:53 | 日産 | Comments(0)

国交省 三菱自新型車の型式申請を当面、受け付けない方針

国土交通省は、三菱自動車の燃費不正に関連し、
当面は同社の新型車や一部改良車の型式申請を受け付けない方針を明らかにした。

6


型式指定が受けられなければ新車投入の先送りを余儀なくされる。
すでに既販車の受注が落ち込み始めた中、不正の全ぼうや再発防止策などに国交省が一定の評価を下すまで国内販売は苦戦が続きそうだ。  三菱自が今後、新規や変更の型式申請をした場合の対応について、国交省の藤井直樹自動車局長は「少なくとも基になるデータの真正性が確認できなければ審査のしようがない。その後(の対応)も含め一定の回答が必要だ」と本紙に語った。同省は過去にも同社や三菱ふそうトラック・バスについて、不正事案の解明や安全性が確認されるまで型式申請を受け付けない措置を取ったことがある。

三菱自は不正事件の発覚前、
「アウトランダー」や「eKスペース」「RVR」などを5月から順次、
一部改良し、商品力を高めて販売のテコ入れを図る計画だった。  
藤井局長はまた、生産・販売を停止している軽4車種の生産再開について「生産停止は三菱自自身で判断していること。(今後)どうするかは彼らの判断を見守っていく」と述べるにとどめる一方「25年にわたって国の決めたルールを守っていない。このことについて、会社としてどういう認識だったのか、どういう責任を感じてどういう対処をされるのか、今後、それをしないという保証は一体どこにあるのかを明確にしていただく必要がある」と語った。
日刊自動車新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-03 19:56 | 三菱自動車 | Comments(3)