<   2016年 05月 ( 168 )   > この月の画像一覧

国交省 三菱自新型車の型式申請を当面、受け付けない方針

国土交通省は、三菱自動車の燃費不正に関連し、
当面は同社の新型車や一部改良車の型式申請を受け付けない方針を明らかにした。

6


型式指定が受けられなければ新車投入の先送りを余儀なくされる。
すでに既販車の受注が落ち込み始めた中、不正の全ぼうや再発防止策などに国交省が一定の評価を下すまで国内販売は苦戦が続きそうだ。  三菱自が今後、新規や変更の型式申請をした場合の対応について、国交省の藤井直樹自動車局長は「少なくとも基になるデータの真正性が確認できなければ審査のしようがない。その後(の対応)も含め一定の回答が必要だ」と本紙に語った。同省は過去にも同社や三菱ふそうトラック・バスについて、不正事案の解明や安全性が確認されるまで型式申請を受け付けない措置を取ったことがある。

三菱自は不正事件の発覚前、
「アウトランダー」や「eKスペース」「RVR」などを5月から順次、
一部改良し、商品力を高めて販売のテコ入れを図る計画だった。  
藤井局長はまた、生産・販売を停止している軽4車種の生産再開について「生産停止は三菱自自身で判断していること。(今後)どうするかは彼らの判断を見守っていく」と述べるにとどめる一方「25年にわたって国の決めたルールを守っていない。このことについて、会社としてどういう認識だったのか、どういう責任を感じてどういう対処をされるのか、今後、それをしないという保証は一体どこにあるのかを明確にしていただく必要がある」と語った。
日刊自動車新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-03 19:56 | 三菱自動車 | Comments(3)

三菱自 下請けの補償検討

三菱自動車が燃費データ改ざんに関し、
軽自動車の生産を停止した水島製作所(岡山県倉敷市)の下請けの部品メーカーに、
損失の補償を含めた支援策を検討していることが2日、分かった。

6

同製作所の生産停止は長期化する可能性があり、取引先への影響も拡大しそうだ。  三菱自動車は4月20日、2013年6月以降に生産した軽自動車「eKワゴン」など4車種で燃費データを意図的に改ざんしたと発表し、日産自動車向けも含めた4車種の生産を停止した。  水島製作所には、主に岡山県内の下請け企業が部品を供給しており、生産停止に伴い、こうした取引先の操業にも影響が出ている。
sanyonews

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-02 19:42 | 三菱自動車 | Comments(6)

トヨタ C-HRのハイパフォーマンス仕様を検討

トヨタC-HRのハイパフォーマンス・バージョンが、
検討段階にあることが分かった。

6

C-HRの開発責任者である古場博之は、そのモデルが日産ジューク・ニスモといったホット・クロスオーバーのマーケットに狙いを定めるものと考えている。 われわれの取材に対し古場は、高性能版のC-HRは「具体的な段階に至っていない」としつつも「そんなモデルを担当できるよう働きかけています。社内のゴーサインが必要になりますからね」と語っている。 トヨタのシニア・マネージャーであるレムベルト・セラスも「可能性はあります。どの程度のパフォーマンスアップが必要なのかにもよりますがね。マイナーチェンジで対応するにしても、新たなプロジェクトとして扱うにしても、スポーツ・バージョンというのは筋の通った話になりますから」 来月のニュルブルクリンク24時間耐久レースには、C-HRのレース仕様が登場する見込みだ。そこで好評を得られるかが、今回のハイパフォーマンス仕様が生産化に進むカギとなるのだろう。 レース仕様の方は、公道仕様にも搭載される1.5ℓのガソリン・エンジン(最高出力180ps)を採用する。ただ、C-HRのローンチ時には、出力を上げたモデルが登場するとも言われている。 一方のハイパフォーマンス仕様には、ブレーキやサスペンションのアップデート、およびダイレクトなステアリングと専用のインテリアが与えられる可能性が高い。 新型のクロスオーバー・モデル、トヨタRAV4が、12月に英国デビューを飾ると思われる。こちらのパワートレインは、1.2ℓガソリン仕様と、1.8ℓガソリン+モーターのハイブリッド仕様の予定だ。 C-HRについては、ハイブリッド・モデルが英国でセールスを伸ばすと期待されるが、ハイパフォーマンス仕様の購買層はまた異なる客層なのだろう。しかしながら、今後の開発期間を考慮すると、2018年にショールームに並ぶというのも気が早いように思われる。
autocar.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-02 18:59 | トヨタ | Comments(5)

三菱自動車再生のための必須条件


現在三菱自動車は、ユーザーや日産自動車などから数千億円にも上る補償を求められることが予想され、企業存続が危ぶまれる重大な経営危機に陥っています。仮に今回も三菱グループの支援のもとで再生を図るという決断が為されるとしたら、企業理念軽視、コンプライアンス軽視の企業風土を一変させる必要があります。
そのためには、以下の2点が再生するためのポイントになるもの、と思います。

6


①三菱自動車並びに三菱グループとしがらみをもたない、「プロ経営者」の外部からの招聘
②「プロ経営者」が主導する、「企業理念を軸とした企業風土改革活動」の徹底
三菱自動車が真に再生を果たすには、企業風土の改革が欠かせません。その実現のために、果たして三菱グループは、上記のような施策を実行できるのでしょうか? 今後の推移を見守っていきたいと思います。
株式会社デュアルイノベーション 代表取締役
経営コンサルタント 川崎隆夫
zasshi.news

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-02 18:29 | 三菱自動車 | Comments(12)

三菱自 国交省独自試験開始。バンキシャでも取り上げ





三菱自動車が、燃費データを改ざんしていた問題で、
偽装があった軽乗用車4車種全てを生産する工場がある、岡山・倉敷市でも影響が広がっている。
現在、軽乗用車の生産は停止され、5月末まで、従業員1,300人の自宅待機が決まっている。
関係者によると、自宅待機の場合、賃金の60%が支払われる契約だが、現在、それに加えて手当てを支給するよう、労使間で交渉しているという。生産停止を受け、倉敷市は2日朝、緊急対策会議を開き、取引のある地元企業1社に対して、最大5,000万円を融資する制度や、相談窓口を設置することを決めた。
動画はこちら

6

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-02 18:17 | 三菱自動車 | Comments(6)

【動画】日産 新型SUV「キックス」生姿



6

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-01 22:11 | 日産 | Comments(4)

日産 このCMは失敗だった



日産デイズのCM。
今頃気づいたのですが、終わりまで見ると、
計測装置にデイズを載せて、燃費を計っているシーンをもろだし。
事実は関わっていないのでしょうが、
これは誇大広告といわれても仕方ない?

6

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-01 19:51 | 日産 | Comments(25)

今、中古でekワゴン、デイズを買うと得?

ふと思ったのですが、三菱は今回の不正で、
燃料と下取り価格下落分を補償することを、検討しています。
それなら既に下落し始めている中古のek、デイズを購入したら、
あとから三菱から補償金も貰えてお得なのでは?

6


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-01 18:19 | 三菱自動車 | Comments(11)