<   2016年 05月 ( 168 )   > この月の画像一覧

堀場製作所 排ガス不正と燃費不正で計測装置の需要が拡大を見込む

堀場製作所が自動車用計測機器事業を強化している。
自動車産業の安定成長を見込み、主力の排ガス測定装置を中心に伸ばす戦略だ。23日には大津市の中核工場が完成。昨年買収した英国の車両開発支援会社との技術融合も進める。2020年には同事業の売上高を、15年比の約6割増にあたる1千億円と掲げる。  同日完成した工場「ホリバ・ビワコ・イーハーバー」は生産性と収益性の改善に向け、京都市南区の本社から自動車計測部門の研究開発や設計、生産に関わる技術者や設備を移転、集約した。  今後は同工場を中心に世界シェア8割を握る排ガス測定装置に一層注力する。世界では欧米以外に中国などアジアでも排ガス規制が強化される方向のため、環境対応車の開発を進める自動車メーカー向けに拡販を狙う。  

7e8d5a2

また、独フォルクスワーゲンや三菱自動車などによる燃費計測の不正問題を受け、
路上での走行試験用の排ガス計測装置も需要が急拡大すると見込む。
研究開発を急ぐ構えだ。  さらに成長エンジンと位置付けるのは昨年に160億円で買収し、堀場厚社長が「20年に1度の買い物」と期待を掛ける英国の車両開発支援会社「マイラ」。広大なテストコースを持ち、排ガス試験など各種性能試験に対応できる。同社のエコカーや自動運転車の開発ノウハウも取り込み、次世代車両の開発で先行を狙う。  同日あったイーハーバーでの式典で、堀場社長は「この工場とマイラの技術を融合し、自動車産業に必要な技術をグローバルに提供していく」と述べ、事業拡大に意欲を示した。
京都新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-24 18:03 | ニュース・その他 | Comments(0)

三菱自 開発部門トップに日産の元副社長

燃費偽装によって信頼を失った三菱自動車は、
不正を行った開発部門を立て直すため、
日産から山下光彦元副社長を迎え入れる見通しであることがわかった。  

7e8d5a2

燃費偽装問題をおこした三菱自動車は、開発部門を立て直すため、「外からの血が必要」だとして、開発部門のトップに、日産の元副社長の山下光彦氏を迎え入れる見通し。山下元副社長は、日産で、電気自動車など技術開発に取り組んだほか、ルノーやダイムラーなどとの提携でも手腕を振るってきた。  一方、財務担当の副社長には、三菱東京UFJ銀行から池谷光司専務執行役員を迎え、三菱商事からは、現在、三菱自動車で常務執行役員を務めている白地浩三氏も副社長に昇格する見込み。  三菱グループをあげて三菱自動車の改革を進める考え。新しい人事は来月の株主総会後に決まる見通し。
動画の閲覧はこちら

産経新聞によると・・・
不正体質の一掃を目指す。
日産は10月の三菱自への34%の出資完了後に会長も送り込む。
提携の柱となるのが国内外の生産拠点の相互活用。
三菱自は欧州や米国での生産から撤退し、現在は国内工場で車両を生産、輸出する。ただ為替変動の影響を受けやすいため日産と日産が提携する仏ルノーの欧米の工場の活用を検討する。軽自動車の生産は提携後も三菱自の水島製作所(岡山県倉敷市)で続ける。 開発面では投資の効率化に向け、日産が電気自動車(EV)、三菱自はプラグインハイブリッド車(PHV)と、それぞれ強みを持つ環境対応車に経営資源を集中させる。日産主導で軽タイプの次世代EVの開発を進めることも決めた。
販売面では東南アジアで三菱自の販売網を活用し、日産車の販売拡大につなげる。
sankeibiz

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-24 17:58 | 三菱自動車 | Comments(9)

フィアット・クライスラーも違法ソフトウエア使用の疑い

独紙ビルト日曜版(Bild am Sonntag)は22日、
欧米自動車連合フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が、
独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)と同じく、
排ガス規制を不正に迂回する違法ソフトウエアを使用していた疑いが持たれていると報じた。  

7e81d5a3-

同紙によると、ドイツ連邦自動車局(KBA)は
欧州委員会(European Commission)とイタリア当局に対し送付した報告書で、
この疑いを通達した。  
ドイツ当局は、VW社が昨年、排ガス試験での不正を可能にする「ディフィート・デバイス(無効化装置)」と呼ばれるソフトを自社製エンジンに搭載していたと認めたことを受け、大規模な排ガス調査を開始していた。  独紙ビルト日曜版によると、KBAがフィアット車の試験を実施したところ、排気制御システムが22分後、つまり標準試験の終了2分後に停止した。 これにより、危険な汚染物質である窒素酸化物(NOx)が、「許容レベルの10倍以上」大気中に放出されたという。  KBAは報告書で、ディフィート・デバイスが使用されていた「十分な証拠がある」と結論付けたとされる。フィアット・クライスラーは同紙の取材に対し、コメントを拒否したという。  フィアット・クライスラーは18日、自社製車両の排ガス問題についてドイツ当局と協議する予定だったが、同問題についてはイタリア当局との協議にしか応じないとして、協議を一方的に中止。ドイツ当局はこれを受け、同社の「非協力的な態度」を批判していた。
.afpbb.com

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-24 00:16 | 海外メーカー | Comments(0)

トヨタ 新型プリウスPHV激写②


7e81d5a1-


facebook.com/evsmart.net/posts/613476758807


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-23 23:26 | トヨタ | Comments(2)

おっ 当ブログにマガジンXさんの方がっ!


嬉しいことがありました。
当ブログにあの、マガジンXさんの方からコメントが。

7e8d5a2
http://ganbaremmc.exblog.jp/24400774/


まるで学校の下駄箱の中に、
女の子からのラブレターが入っていたのと同じ衝撃的な気分です。
i-ryuji という僕のハンドルネームを知っているところから、
かなり前からこのブログのことをご覧になられているようで。
こんなことならここで 「 立ち読みしているとか 」 と書くんじゃなかった・・・
ganbaremmc/archives/40397651.html

ただ、座談会に出席するほど、知識があるわけでもなく、
むしろ読者様のほうがレベルの高いお話ができるかと思います。

でも尊敬している情報誌の方から、コメント頂けるなんて光栄でございます。
これからは下ネタを制限しながら、品の良いブログを目指します。

♂  グヘヘヘヘ。。。。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-23 20:36 | 管理人のボヤキ | Comments(21)

日産 すでに軽の自社生産は諦めていた

日経の 「 支援要請「やはり来たか」 激動・三菱自(ルポ迫真) によると、
再三新聞などで報じられていた、
日産は三菱自との提携を白紙し、軽を自主生産する というのは、違うようです。

7e8d5a0

模索していたのは確かで、その候補としてあがっていたのが、日産追浜工場 (神奈川県横須賀市) 。
しかし場所的に不利で、採算がとれないとか。
それよりも、この不祥事で下落した三菱自株を大量に購入し、
傘下に収めたほうが、時間も手間もかからないという判断なのでしょう。
nikkei.com

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-23 19:35 | 日産 | Comments(0)

三菱自 日産からの刺客、山下光彦氏を開発トップに

三菱自動車は23日、日産自動車元副社長の山下光彦氏(63)を開発部門トップの
副社長として迎える人事を固めた。
燃費改ざん問題で信頼が揺らいだ同部門に日産出身の人材をトップに据えて立て直しを図る。 財務・経理担当の副社長兼最高財務責任者(CFO)には三菱東京UFJ銀行から池谷光司専務執行役員(58)を招く。  三菱商事出身の白地浩三常務執行役員(62)を副社長に昇格させることも内定した。
日本経済新聞

7e8d5a0

画面左端のひとが山下光彦さん
山下氏は日産で2005年から14年まで副社長を務め、現在は上級技術顧問。長年、開発部門を率いてきたほか、仏ルノーや独ダイムラーとのアライアンスでも尽力するなど、提携事業での経験も豊富にある。
ロイター

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-23 19:12 | 三菱自動車 | Comments(1)

三菱電機 日産・三菱自連合が「日立シフト」に動けば面白くない

三菱電機は23日、2020年度(2021年3月期)に向けた経営戦略の説明会を開いた。
「堅い会社」と知られる企業らしく、
これからも堅実路線で成長を目指すが、読み切れない事態が起きている。
自動車機器の主要顧客でもある三菱自動車が日産自動車の傘下に入る影響だ。  

7e8d5a0


「 新しいアライアンスがどういう調達方針をとるかわからないので、コメントのしようがない 」  
三菱電機の柵山正樹社長が23日の説明会の席上で語った「アライアンス」とは、三菱電機自身の提携戦略の話ではない。 同じ三菱グループで、自動車機器事業の主要顧客でもある三菱自動車と日産自動車の提携である。  三菱自動車は三菱電機の自動車機器事業の主要顧客の1社だ。 しかし、三菱自動車は燃費データの不正問題が発覚してからというもの、問題となった軽自動車の生産を停止している。今期は機器を提供する三菱電機も影響を免れず、足元では業績を圧迫するに違いない。  

ただ、中長期でみればプラスに働く可能性もある。
日産・三菱自動車連合が誕生すれば、三菱自動車とのつながりを通じて三菱電機も対日産へのシェアを高められる可能性が生まれるからだ。  一方、三菱自動車の再建で主導権を握る日産は日立製作所との関係が深く、多くの自動車部品の提供を受けている。 逆に、日産・三菱自動車連合が「日立シフト」に動けば、三菱電機にとってはおもしろい話ではない。いまのところ、日産・三菱自動車連合誕生による損得勘定は読み切れない。  三菱電機は23日の経営戦略説明会で、遅くとも2021年3月期には売上高営業利益率を今期見通しの6.1%から8%以上に引き上げる方針を改めて示した。足元では円高や中国経済の減速が業績を押し下げるが、2014年に示した中期目標を変えなかった。  この目標を達成するには、自動車機器事業がけん引することが不可欠だ。もちろん、日産・三菱自動車連合の誕生の影響は織り込まれていない。コストに厳しい日産のカルロス・ゴーン社長の目にかなう品質と価格で機器を提供できれば、三菱電機にとっては大きな好機になるはずだ。
日本経済新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-23 18:58 | 三菱自動車 | Comments(2)

スズキの燃費計測不正。ちょっと納得いかない

三菱自動車が発端となった燃費不正問題が、
スズキに飛び火した。
5月18日、「 国のルールを守っていなかったことに企業としておわび申し上げる 」 と鈴木修・スズキ会長が深く頭を下げた。  

2人の「 修会長 」 の明暗は分かれた。
あるスズキ幹部は、「 鈴木会長の念頭には三菱自のことがあったはず。益子さんが最初の会見に出席しなかったことが批判を浴びて初動に失敗したからだ。 そのため、トップ自ら率先して矢面に立つことを選んだのだろう 」とおもんぱかる。  実際に、会見でのスズキ側の説明は、三菱自との違いをアピールすることに終始した。 スズキは、2010年以降に販売した約210万台について、国の規定である 「 惰行法 」 とは一部異なる方法で燃費を測定していた。 実走しなければならない試験を、タイヤやトランスミッションなど個別パーツごとに室内試験で測定した値を採用し、燃費を算出していた。  鈴木会長は、「 燃費を良くしようと悪意でやったのならば問題だが、( 試験を簡易にするなど ) 善意や無知でやったことならば、制裁については 、人情的に考えなくてはいかんだろう 」 と発言。 同席したスズキ幹部らも燃費性能を高めるための“偽装”の意図は否定し、「 結果的に燃費表示に問題はないのでお客さまに迷惑を掛けることはない 」 ( 鈴木会長 ) と強調した。 .  

7e8d5a0

自動車産業を所管する国土交通省の姿勢も、
対スズキと対三菱自とではまったく異なる。
「 三菱自の不正は、燃費の改ざん、机上計算、国のルールから外れた高速惰行法の3点セット。そのうち一番良くないのが燃費の改ざん。スズキの場合、高速惰行法のように方法が違っていたレベルに近い 」 ( 国交省自動車局 ) 。 三菱自が犯した三つの不正のうち、最も軽い罪に近いとでも言いたげだ。 燃費不正問題を、三菱自固有の問題で収束させようとしているようにも見える。
今回のスズキの問題は、国交省が日本で型式認証を取得するメーカー41社に対して、排出ガス・燃費試験における不正の有無を調査したことで発覚した。  調査結果として、三菱自とスズキ以外の39社が 「 不正なし 」 と返答しているのだが、全て自己申告なので実態はよく分からない。  そもそも、これらの試験には 「 219の試験があるが、そのうち13の試験にはメーカーによる申告値が採用されており」( 国交省 )、三菱自やスズキで問題になった 「 走行抵抗値 」 もその一つである。 各メーカーの申告値が公表されているわけではなく、認証試験の公平性は担保されていない。  また、排出ガス・燃費の試験方式をグローバルで統一する動きがあり、不正問題の中途半端な幕引きは日本の自動車業界の競争力を削ぐことにもなりかねない。
zasshi.news.

僕、スズキの件でちょっと納得いかなかったのが、
テストコースは風が強いから、いいデータがとれない。 
だから違う方法で計測したとあります。 
まぁ、しょうがないかぁ。 と思いつつ、他メーカーも割と厳しい環境下で実走行しているわけで、風が強ければ防風壁などの対応をしているのです。 スズキの場合、その対策費は3億程度。 これすら出せないほど経営は厳しいのか? 6年も? エコ意識や低燃費車に対する意識が高まる中、ダイハツとはどんぐりの背比べみたいな熾烈な燃費合戦を行い、ついには新型アルトで大きく突き放し、誰もが勝者はスズキと認めたのですが、それが誤った計測を行っていた。 でも誤差は大したことないのでいいと思う・・・ スズキのケチケチ商法だけでは、説明できないのでは? というのが僕の見方です。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-23 18:14 | スズキ | Comments(4)

三菱自 益子会長、新型RVR開発遅れの真実を暴露


そういや、週刊文春の三菱自 益子会長のインタビューで、
去年10月の新型RVR開発遅れのことについて触れられていましたね。

2014-Nissan-Pathfin12

一番最初に報道されたのが毎日新聞で、
その後もNHKや各メディアも報じていたのですが、
開発責任者を諭旨退職させた理由は、軽量化に失敗したことを報告しなかった、決して法に触れるような ことはしていない と三菱自は答えています。 これ以上の追及はなかったように思われます。  しかし、益子会長は 「 重量をごまかし、軽くしたものを審査に出そうとした。VWのようになるところであったと 」 と踏み込んだ発言をしていました。 
当ブログでも、読者からの情報で理由は知っていたのですが、 
ついにトップ自らあの件を暴露。 
不正未遂があったことを認めたことになるわけです。
今後、この発言が波紋を呼ぶ?

それで、益子さん自ら明かしてしまいましたので、
保存していた読者からの情報を、当ブログで公開します。
新型RVR開発遅れ発覚後に頂いたコメントです。

「 始めは2WDでのPHEVを考えていましたが、フロントモーターだけでEV走行メインにしようと思うと、モーターが大きくなり重量オーバーになっていました。 ただ、担当者たちはそれに気づいていましたが、
そこの部門長がその情報を握り潰し、その上には問題なく進捗していると報告していました。 しかも、その重量オーバー分の辻褄を合わそうと、勝手に特別に軽量化したパーツを発注し試作車を作りましたました。 
このままではダメだと感じていた担当者達が、上に報告する際にバラして、これらの問題が発覚しました。 相川社長は関与していません。 管理責任という意味での処分を受けただけです。 」


[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-22 20:29 | 三菱自動車 | Comments(7)