<   2016年 10月 ( 167 )   > この月の画像一覧

【10/30更新】トヨタ 新型C-HR価格表など

価格.comのAWS-210 さんがディーラで、
新型C-HRの車両価格表とオプション価格表を入手してくれました。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000903212/

6

7

7b

また自動車ブログ ワンダー速報 さんで
独自に調べられた情報が記載されています。
・・・続いて、トヨタC-HR(CHR)の燃費性能ですが、ハイブリッドが●●km/L、1.2Lターボが●●km/L、で調整しているみたいです。・・・・
記事はこちらをご覧ください


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-30 08:00 | トヨタ | Comments(17)

日産 ノートe-powerのエンジン稼働率はアクアの半分

7c

7b

7d

7e

6
ノーマル仕様

[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-29 23:02 | 日産 | Comments(9)

【10/29追加】日産 新型ノートのパンフレット


7f

7e81d5a10-



7d

7e

7c

7g

7e81d5a11-

7e81d6a5-

7b

価格.com ダイくん2016 
https://twitter.com/Kei_Nakajima64/status/791909940562530304
https://twitter.com/ryuuzakinaoto/status/791263336348254209
https://twitter.com/kazuya7733/status/791587817784614912


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-29 22:56 | 日産 | Comments(6)

三菱自 増岡氏「今後は●●●を目指している」

みんからで見つけた情報です。
現在も三菱 増岡さんは全国の販社で走行イベントを続けられているようです。
そのなかでちょっと驚いた書き込みがありました。

「 クルマを降りちゃえば「タダのオジサン」で全然構わないと思います。
増岡さんは本当にとても気さくな方です。
今後については、●●●●●を目指しているとのこと。・・・ 」
続きはこちら

読者のイニシャルN子さん、
情報ありがとうございます。 



10月23日、ラリードライバー増岡浩選手による絶壁45°登坂体感試乗会が
青森三菱自動車 西バイパス店にて開催されました。


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-29 21:49 | 三菱自動車 | Comments(7)

【10/29更新】トヨタ SAI、マークXは、カムリに統合

(株)サンコーオートさんのブログより

7

時期はまだアナウンスが来ておりませんが、
5車種に関して、生産終了のアナウンスがまいりました。

SAI、マークXは、カムリに統合。
アイシス、ウィッシュは、プリウスαに統合。
FJクルーザーは遂に、絶版。

時期の正式なアナウンスが到着いたしましたら、また公開をさせて頂きますので、
まずは、生産終了予定のアナウンスだけさせて頂きます。
sankoh-jp.com


みんからで見つけたこんな情報。
「 ビッグマイナーチェンジしたマークX後期型(最終型?)の受注が始まったらしいです。 しかし異様にカッコよくなったと思うのは自分だけでしょうか? どうやらマークⅩはこれが最終モデルとなってしまうようです。・・・・ 」
続きはこちら

すでにディーラ向け内覧会は行われ、
タブレット等で販売資料を見せてもらえるそうです。


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-29 21:30 | トヨタ | Comments(15)

ホンダ 新型フリードで国内販売活気づく

ホンダの国内販売が勢いづいてきた。
新型「フリード」の発売効果により、10月直近の来店者数は前年同月比5・0%増で推移し、既存車種の販売押し上げにも波及してきた。

6



11月からはミニバンラインアップによる販促活動も実施し、
競合他社との顧客獲得競争に力を入れる。
2016年度下期は過去最高の車検到来台数を迎え、入庫誘致活動の前倒しの徹底を進めている。「保有顧客を守ることに力点」(寺谷公良日本本部長)を置いた製販一体の営業活動により、代替促進や車検入庫を確実に獲得する。  例年10月は各社、9月中間決算セールの反動で来場者数と新車販売台数が伸び悩むが、ホンダは9月16日に発売した新型フリードの発売効果で販売現場が活気づいている。発売後1カ月の累計受注台数は、月間販売計画6千台の4倍以上に当たる2万7千台超と好調な出だしとなった。  昨年5月発売の5代目「ステップワゴン」に採用した「わくわくゲート」のような“飛び技”はないものの、「商品力は非常に高い」とホンダカーズ各社の関係者は増販に自信を見せる。そのため、来店客向けに競合車のトヨタ「シエンタ」との比較試乗を実施しているホンダカーズもある。10月中旬にはハイブリッド車(HV)の試乗車も全国に行き渡った。冬到来を控え、小型ミニバン初のHV4WDモデルを武器に降雪地域での商機拡大を狙う。  ホンダの国内販売は、16年度上期(4~9月)を前年同期比2・7%減の32万1683台で折り返した。9月は乗用車メーカー8社の中でホンダとトヨタのみが前年同月を上回った。6~8月の各単月は前年同月を下回ったが、前年はステップワゴンと「シャトル」の新型車や「ヴェゼル」の一部改良効果で水準が高かったことを踏まえると、15年度の失速から回復基調にあると言える。  4月から日本本部のトップを務める寺谷本部長も「16年度上期実績は年初の販売計画にオンベースで推移した」と評価する。16年度の新型車は量販車としてはフリードのみだが、既存車種の特別仕様車投入や一部改良など商品の鮮度は継続して高めている。新型フリード効果をフックに来店誘致と新規顧客獲得を図りつつ、過去最高の車検到来を商機に「守りをさらに強化したオールホンダとなる」(同)ことで、通期販売計画68万5千台の必達につなげる。
日刊自動車新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-29 21:21 | ホンダ | Comments(0)

【動画】スバル 新型インプレッサ 試乗 一般人による丁寧なレポート


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-29 06:31 | スバル | Comments(0)

【動画】スバル 新型インプレッサ 試乗 河口まなぶ


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-28 21:42 | スバル | Comments(0)

三菱自 10月国内販売は好調。北米・欧州は赤字に転落

本日発表された、三菱自2016年中間決算。
大赤字、減配が目につきましたが、
10月国内販売が前年比で大幅増であることが報告されています。

6


三菱自動車プレスより

プレスでも記載されている通り、
納車待ちのお客様が10月に登録できたということですが、
これだけ支持してくれている方がおられるわけです。
益子氏残留で客が減らなきゃいいけど。
なにせ販売店、車種をさらに減らそうと画策しているようなやつで、
発言するたびに100人固定客が減っているような気がします。

あと気になったのが地域別業績の見通しで、
北米、欧州が赤字に転落していること。
北米なんか工場閉鎖で100億の利益を見込んでいたはずです。
結局は為替なのでしょうが、これだけで業績が悪化してしまう、このもろさはどうにかなりませんかね。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-28 21:17 | 三菱自動車 | Comments(3)

三菱自 新顔ekスペース/ekスペースカスタムの画像

読者のヒカル さん、 ツィッターの シン 😎( ´ ▽︎ ` )ノ さんから
年末に大幅改良されるekスペースとekカスタムの画像が、
掲載されているブログを紹介されました。

7a



上の画像はekカスタムの新顔モデル。
こちらのブログでご覧ください


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-28 20:48 | 三菱自動車 | Comments(14)