<   2016年 11月 ( 150 )   > この月の画像一覧

マツダ 内燃機関とEVの車台共通化

マツダは、2018年度までに導入する
先進環境技術の第二世代「スカイアクティブGEN2(ジェネレーション2)」で、
エンジン車と電気自動車(EV)に対応できる共通プラットフォームを開発する。

7

エンジン車の性能向上に加えて、
EVで不可欠な電池やモーターなどの搭載性も考慮したプラットフォームを構築する。
同社では19年に独自技術を用いたEVの投入を計画している。
一方、導入初期はEVの販売ボリュームを見込めないことから、汎用性を持たせたプラットフォームを開発することでコストと性能の両立を目指す。  スカイアクティブは、10年先の商品を見据えた「一括企画」や、ボリューム効果による生産効率化「コモンアーキテクチャー構想」、多品種生産「フレキシブル生産構想」などを取り入れたパワートレーンやシャシーなどの先進技術。12年発売の「CX―5」から全面的に展開している。GEN2はこれを進化させた第二世代技術で、18年度までの中期経営計画「構造改革ステージ2」で実用化し、19年度以降の本格導入を目指している。GEN2で新開発するプラットフォームは、走行性能の引き上げとともに、大容量電池も搭載可能とする。  EVは電池の搭載スペースが必要となる一方で、エンジンの周辺部品が大幅に減るなど、エンジン車とは必要な車両構造や技術が大きく異なる。このためフォルクスワーゲンはEV専用のプラットフォームを開発してコストと性能を追及するほか、トヨタ自動車もEV専門の開発部隊を立ち上げる。一方でEVの販売台数が見込めない富士重工業は、EVも新開発プラットフォームを用いて実用化する方針を掲げている。
日刊自動車新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-25 05:55 | マツダ | Comments(0)

国沢氏「ノートe-powerの高速燃費はライバルより悪い」

国沢さんが日産ノートe-powerを試乗。

『e-POWER』なる新しいECO技術を採用してきた日産ノートに試乗した。
果たしてどんな特徴を持つだろうか? 以下紹介します。
運転席に座りブレーキペダル踏みながらスタートボタンを押すとシステムは起動(基本的にエンジン掛からず)。Dレンジをセレクトすれば、ブレーキ離してアクセル踏むだけで走り出す。 普通にスタートすると、最初のタイヤ数転がりまでモーターで走る。そしてエンジン始動。雰囲気としてはアクアなどトヨタのハイブリッドと同じ(フィットなどホンダのハイブリッドは少し始動時にショックがある)。そのまま加速していくと、エンジン回転数が徐々に高まっていく。これまたトヨタのハイブリッドと同じだ。40~60km/hの巡航状態に入ったならエンジンは掛かったり止まったりを繰り返す。高速道路など100km/h近くで巡航すると普通のクルマと同じずっとエンジン掛かったままである。ここまで読んで「アクアと変わらないということか?」。その通りで、日常の交通モードに乗って走っている限り、違うという雰囲気なし。個性が出てくるのは、少し深くアクセルを踏むような時だ。アクアの場合、アクセル深く踏み込むと、エンジン始動して回転数が上がり始める2秒近くの間、25馬力分くらいの弱い加速しかしない(大きな電池積むプリウスはアクアよりずっとパワフル)。50km/h巡航時にアクセル全開してみたらよく解る。加速が始まるまで案外もどかしいです。

7

 フィットHVなどはアクアより反応鈍く、2秒以上全く加速しない。燃費稼ぐため、エンジンも変速装置も「休め!」の体制になっているからだ。e-POWERはパワフルな電池を搭載しており、アクセル踏んだ直後から60馬力くらいの加速が始まる(さらにワンテンポ遅れエンジン発電も加わった本格的な加速を開始)。なかなかスポーティな感じ。簡単にe-POWERのシステムを紹介しておく。基本は電気自動車のリーフから走行用電池の95%を降ろし、代わりに1200ccエンジンで稼働させる発電機を搭載したと理解して頂ければOK。300kg近いリチウム電池の代わりに、100kg少々のエンジン+発電機を載せた、ということです。発電機を積む電気自動車だと考えればよかろう。したがってエンジンとタイヤは繋がっていない。巡航時もエンジンで発電機を稼働させ、その電力でモーターを回す。ここまで読んで「燃費いいのか?」と思うかもしれない。実車で走行チェックしてみると、70km/hくらいまでの速度域で発進や停止を繰り返すという走り方だとアクアやフィットHVの実用燃費と同等。

高速巡航してしまえば燃費が徐々に厳しくなっていく。
90km/h巡航でアクアやフィットHVの10%落ち程度のイメージ。したがって高速巡航ばかりしているような使い方だと、ライバルに燃費で届かない。しかし高速道路を基本的に使わないような使い方をしているなら、燃費同等。それでいて走りの素直さで大きく勝る。
もう一つ。好き嫌いの評価が分かれそうなのは『ワンペダルドライブ』だ。燃費を引き出すには『ECOモード』を選ばなければならなず、その状態だと『ワンペダルドライブ』をしなければなない。「アクセル踏むと加速」なのは同じながら、戻すとブレーキを弱く掛けた時と同じくらい減速する。慣れないとギクシャクしてしまう。逆に上手に使いこなせばアクセルペダルだけで走り出し、ブレーキペダルを踏まないで停止できる。これを「いいね!」と感じれば、ノートe-POWERの燃費性能をフルに引き出せる上、便利という評価になろう。ディーラーで試乗する際、必ず『ECOモード』を選んでワンペダル走行を試してみたらいい。素直な加速感もぜひ味見を。
allabout.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-24 07:44 | 日産 | Comments(19)

三菱自 新型SUVテストカー再び。内装画像も激写

7

7a

7c

7d

現行RVRベースに開発された新型SUVのテストカーが再び目撃されました。

7b



今回はインテリアも激写。
もはやRVRとは別物です。

As for engines, downsized turbocharged gasoline engines could make its way in the all-new ASX, as well as more compact turbo-diesels. There might even be a plug-in hybird in the works or even a pure electric variant.
記事中で搭載エンジンは、
ガソリンとディーゼルで、どちらも小排気量ターボエンジン。
プラグインHVもあるみたいな文言がありますが
こちらは馬鹿な益子が否定しているんで内燃機関のみとなりそうです。
autoindustriya.com


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-24 06:14 | 三菱自動車 | Comments(11)

VW 米国からディーゼル車の販売をやめる

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は排ガス規制逃れ問題の対象となったディーゼルエンジン車について米国市場撤退の方針を明らかにした。VWの取締役で乗用車ブランドのトップを務めるディース氏が「今後、米国でディーゼル車を販売することはないだろう」と述べた。ドイツ経済紙ハンデルスブラット(電子版)が22日報じた。  ディース氏は「米国での法的な枠組み」に言及し、米国の厳しい環境基準が理由だと示唆した。VWは昨年9月の排ガス規制逃れ問題の発覚後に、問題車種の販売を停止している。
山陽新聞

7

[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-23 20:58 | 海外メーカー | Comments(1)

PHV充電中の発火 原因はトラッキングか


7



11月21日、札幌市東区でプラグインハイブリッド車の充電中に住宅が全焼した火事で警察は、コンセントとプラグの間にホコリがたまり発火する「トラッキング現象」が起きた可能性が高いとみて、調べています。  この火事は、21日、札幌市東区北49条東9丁目の住宅の車庫内で、プラグインハイブリッド車を充電中に火が出て、木造2階建ての住宅が全焼したものです。  警察によりますと、住宅は築40年以上で、車庫内で充電をしていたコンセント付近の燃え方が激しいことから、「トラッキング現象」が起きた可能性が高いということです。  トラッキング現象とは、コンセントとプラグの間にホコリがたまり、湿気を吸収することで漏電し発火する現象です。  家電製品などでも長い間電源プラグをコンセントに差し込んだままにしていると、火災につながる恐れがあり、警察と消防は、火が出た原因を慎重に調べています。
headlines.yahoo.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-23 19:52 | ニュース・その他 | Comments(4)

【動画】スズキ 新型スイフトスポーツ走行シーン


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-23 07:39 | スズキ | Comments(8)

【動画】第三京浜で暴力、土下座させる男 他




[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-22 19:35 | 衝撃的動画 | Comments(3)

【動画】フィアット 124スパイダー試乗 河口まなぶ



マツダ・ロードスターのアーキテクチャを使って作られたイタリア車、アバルト124スパイダー。開発以外はマツダが担当し、実際に広島のマツダの本社工場で作られる。しかも! 日本仕様はマツダの工場から直接国内ディーラーに届けられる珍しい仕組みを持つ。さらに発売は本国よりも早く、世界で一番最初に試乗導入されたのもポイント。しかも! ATモデルはまだこの時点で世界に5台しかない状態だ。ロードスターとは搭載エンジンが異なり、1.4Lのマルチエアと呼ばれるターボを搭載。アバルトチューンによって最高出力170ps、最大トルク25.5kgmを発生する。車両価格は388万円と400万円を切るが、本国では4万ユーロはするので現在の為替から考えると日本で買う方が圧倒的に安いという。マツダが生産したイタリアの名門、アバルトの走りはいかに? 自動車ジャーナリスト・河口まなぶ

[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-22 18:43 | マツダ | Comments(2)

マツダ小飼社長に質問。新型CX-5、北米DE投入やEVなど

マツダは2017年2月に全面改良の新型「CX―5」を日本から順次発売する。
同年後半には、北米市場でディーゼルエンジン(DE)搭載モデルを初導入し、マツダブランドのさらなる価値向上と販売増につなげる構えだ。また、各国で将来的に厳格化される環境規制をにらみ、電気自動車(EV)を19年に、プラグインハイブリッド車(PHEV)を21年以降に投入することも決めた。小飼雅道社長に新型CX―5や今後の戦略などについて話を聞いた。

7

 ― 新型CX―5の特徴は
 「 デザインは極めて磨き込まれたものとなっている。ボディースタイルは曲線で非常にダイナミック。フロントドア下部は地面や背景が映りこみやすい形状だ。内装は高級感かつシンプルなものに全面刷新し、シートも新たに設計した。(現行車の)発売から約5年間にお客様からフィードバックしていただいたものも全て反映した。ぜひ期待してほしい 」

 ― 北米へのDE搭載モデル投入には時間がかかった
 「 12年から導入するとアナウンス後、先延ばしとなり北米のディーラー各社とお客様にお待たせして大変申し訳なかった。動力性能を維持しつつ、トップクラスの燃費性能を目指しながら排ガス規制に余裕を持ってクリアすることに苦労した。低圧縮比化による燃焼で排気ガスをクリーン化する我々の技術に、ローコストな浄化装置を取り付けることでクリアすることができた。車両価格、走行性能、燃費性能など競争力は非常に高いDE車モデルとなっている 」

 ― 想定する競合車は
 「 日産自動車のキャシュカイなど様々なクロスオーバーSUVだ。商品力の強いクルマが多いだけに、新型CX―5は非常に力が入っている 」

 ― EVの投入市場と車種は
 「 ZEV規制といった構造要件で指定されている米国は投入する必要がある。ただ、EVなど電動化は米国を限定したものではなく、他地域にも汎用的に使える技術としてやっていく必要がある。中国でもそういった動きがあり、欧州は25年に最も厳しい排ガス規制を控えている。欧州では電動化に加えて第2世代のスカイアクティブ技術を採用したガソリンエンジンもCO2改善に大きく寄与する。小型車ではハイブリッド車(HV)、場合によっては中型・大型車はプラグインハイブリッド車(PHEV)も必要だろう。車種は非常に絞り込んでいるが、技術的にはかなり広く研究を進めている 」

 ― 電動車両でマツダらしさをどう打ち出す
 「 EVにどういう技術分野が存在し、どこにマツダの目指すべき特性を持たせるかを考えているところだ。『 EVであれば良い 』 ではない。我々は、(リース販売の)デミオEVで採用する巻線切り替え式のモーターや、ロータリーエンジン(RE)を発電機として活用するREレンジエクステンダーなどユニークなユニットを持っている。そうした技術などを組み合わせて、お客様が喜んでいただけるEVをなんとかつくりたい 」

 ― トヨタ自動車との包括的提携の進捗状況は
 「 個別のプロジェクトにおける双方のメリットの是非判断よりも、全体で双方にメリットが見込めるのであれば、それぞれがリソースを出して共同研究・開発をする。そのなかに、電動化や将来のコネクティビティシステムの技術開発などがある。とりわけ、将来の安全・環境技術に関しては協業することで、共通する部分で一緒に開発しておけば活用できるものは必ずある。今は相互に工場見学や情報・文化交流会など行っている 」

7



新色を「ソウルレッドクリスタルメタリック」初採用
マツダは、ボディカラーの新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」を開発したと発表した。来年2月に日本で発売予定の新型「CX―5」に初採用する。新色は同社独自の塗装技術「匠塗(たくみぬり)」による既存の「ソウルレッドプレミアムメタリック」より、彩度を約2割、深みを約5割増した。匠塗の塗膜層はクリア層、透過層、反射層の3層構成。新色では、透過層に新開発の高彩度な赤色の顔料を加えて発色を際立たせた。反射層には高輝度アルミフレークに加えて、光を吸収してシェードの濃さを強める「光吸収フレーク」を採用することで、従来は2層必要だった深みの表現を1層で実現した。
日刊自動車新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-22 18:33 | マツダ | Comments(0)

【動画】トヨタ 新型マークX





トヨタのミドルサイズセダン、マークXが2016年11月にマイナーチェンジをした。開発責任者の西村美明氏に、今回のマイナーチェンジの狙い、強化ポイントについて話を聞いた。・・・・
続きはこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-22 18:12 | トヨタ | Comments(0)