<   2016年 12月 ( 169 )   > この月の画像一覧

マツダ 新型CX-5の実燃費はよくなっているはず

マツダの商品本部の竹下仁本部長は、新型『CX-5』の開発から燃費性能の追求は「はっきりと実用燃費の方にカジを切った」と述べ、今後の新モデル開発では実際の使用シーンを想定した性能重視の方針を強調した。竹下本部長は12月25日に、北海道の同社剣淵試験場(上川郡剣淵町)で開いたCX-5などの試乗会で報道陣の取材に応じ、指摘した。新型CX-5の「JC08モード」による燃費は、14.6~18.0km/リットル。従来モデルの14.6~18.6km/リットルとほぼ同等レベルになっている。

7b

竹下本部長は、従来もカタログに掲載される「モード燃費」よりも「実用燃費」を重視してきたが、今回のCX-5で明確に方針を定めたという。新型CX-5では実用燃費性能で「お客様に価値を感じていただける」と、自信も示した。燃費性能の表示方法については、国土交通省が2018年10月から、国連のワーキングチームが定めた新たな国際基準を導入する方針。これにより、実際の走行に近い方法で燃費の審査を行っていく。竹下本部長は「欧州も実用モード重視に変わっていくなど、世界的な流れ」としており、そうした動きに先行して対応する考えを示した。
レスポンス


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-26 18:51 | マツダ | Comments(1)

スズキ 新型スイフトの自動ブレーキは従来のものと違う

7a



んっ!? 何だこの自動ブレーキは?
これまでのデュアルカメラブレーキサポート(DCBS)でなく、
デュアルセンサーブレーキサポートになってるだと!?
DCBSに採用される二眼カメラシステムは、スバルの『アイサイト』と同じ日立製が装備されており、日立側もかなり安く提供しているという事なので、ケチで有名なスズキでも採用できたのだけれども…それでもスズキは結構マジメなので、DCBSよりも性能が劣る様なシステムをワザワザ採用したりはしない筈。・・・・・・
続きはこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-25 11:00 | スズキ | Comments(4)

【動画】日産 新型デイズルークスを販社で撮影


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-25 10:00 | 日産 | Comments(0)

佐川急便が配達中の荷物を投げる蹴る



2016年12月06日の午前11時50分頃に撮影。
落ち葉が舞っている景色を眺めていたら、何やら派手な行動をしている人を発見。
服装からして佐川急便の人でしょうか。
ということは、投げたり蹴ったりしているものは…
投稿者


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-25 09:57 | 衝撃的動画 | Comments(0)

スズキ 新型スイフト、初売りに向けて配車中

7a

[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-24 20:16 | スズキ | Comments(0)

【動画】日産 新型ノート e-POWERを一日かけて試乗



日産 新型ノート e-POWERの実車を1日試乗してきました。
1日試乗 第2作目は「ワインディング編」となります。
私がワインディングで試したかったことは、
上り坂での加速感と下りでのワンペダル操作。
是非ご覧下さい!
by.投稿者


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-24 12:04 | 日産 | Comments(0)

VWが社内公用語を英語へ、ドイツ語団体が株売却で抗議

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が
社内公用語を英語とする方針を発表したことを受けて、
ドイツ語の振興団体「ドイツ語基金は22日、
抗議のためVW株を売却したことを明らかにした。

7b



VWは先週、グループ内の使用言語をドイツ語から英語に切り替えると発表した。
英語化によって自動車業界で最も優秀な人材を採用しやすくなるとしている。 ドイツ語基金は22日に発表した声明で、VWの決定に「失望した」と表明。独経済紙ハンデルスブラット(Handelsblatt)によると同基金は昨年1株当たり100ユーロ(約1万2000円)で200株購入していたVW株を21日に1株当たり137ユーロ(約1万7000円)で売却し、7400ユーロ(約90万円)の売却益を得たという。 VWは1937年にドイツ北部ウォルフスブルク(Wolfsburg)で創設され、世界的大企業に成長した現在も同地に本社を置いている。
afpbb.com

読者の 馬鹿だろう↑ さん、
ありがとうございます。
[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-24 11:44 | 海外メーカー | Comments(3)

トヨタ 新型「プリウスPHV」発売間近!明かされた開発秘話とは?



トヨタ自動車が来年2月中旬とされる正式発売を前に、
新型「プリウスPHV」の先行受注を開始しました。
12月17日(土)には千葉県の袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで、「新型プリウスPHV 先行特別試乗会」が催され、MCを務めるモータージャーナリストの五味康隆氏と、初代に続き新型プリウスPHVの開発を担当した金子将一主査によるトークセッションが開催され、興味深い開発エピソードが披露されました。・・・・・
clicccar.com


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-23 20:08 | トヨタ | Comments(0)

日産に転職「ゴキゲンワーゲン」の元VWジャパン社長、庄司氏

2016年11月、元フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)の社長であった庄司茂氏が
日産自動車に入社することになり、業界内がざわついた。
庄司氏は2015年7月に突如フォルクスワーゲンジャパンを退職。
その後は転職の噂を聞くことがなく、1年以上たったあと、急に日産自動車に入社するという話で、こちらも初耳の人がほとんどだったようだ。
なぜ日産自動車は庄司氏を採用するに至ったのだろうか。

7a



庄司氏は1963年生まれ。早稲田大学を卒業後、伊藤忠商事に入社。自動車第一部に配属後の94年、マツダとの合弁会社(マツダモーターハンガリー)の代表を務める。その後、2009年よりスズキとの合弁会社(スズキモーターロシア)の代表を務めた後、12年にフォルクスワーゲングループジャパンの代表取締役に就任。 日本市場で輸入車販売台数は15年連絡連続ナンバーワンであったフォルクスワーゲンだったが、中でも7代目ゴルフの販売は目覚ましく、庄司氏は「ゴキゲンワーゲン」キャンペーン等を展開し、話題を集めた。 日本市場でのフォルクスワーゲンのブランド力向上にはひときわ力を注いだ人だったと思う。例えばディーラーの女性スタッフのユニフォームを統一する、それからポロGTI、ゴルフGTI、ゴルフRなどにマニュアルモデルを投入し、マニュアルミッションに乗りたいと思う人の期待に応えた。 筆者も実際に庄司氏と話しをしたことがあるが、仕事のできるビジネスパーソンで、クールな人かと思いきや、クルマ好きの熱を感じるアツい方だった。

■VW退職の理由
フォルクスワーゲンを辞めたのが2015年の7月、そしてフォルクスワーゲンのディーゼル問題が発覚したのが2015年の9月に発覚したことから、一部には庄司氏がディーゼルの排ガス偽装問題について知っていたのではないかという噂が流れた。だが、自動車業界のジャーナリストたちは「その可能性は低いのではないか」という意見が多い。「そのことよりもフォルクスワーゲンが日本で思ったように販売を伸ばすことができなかったからだ」という意見が大半を占めた。2013年と2014年は、フォルクスワーゲンは日本市場で販売台数が1位だったが、その間にメルセデスベンツが追い上げてきていた。月間販売台数ではしばしはメルセデスベンツに抜かれることもあり、庄司氏が退職した2015年はトータルでメルセデスベンツが販売台数首位となり、フォルクスワーゲンの15年間首位記録を打ち破ったのだ。 庄司氏は、社長就任当初から2018年には10万台の販売目標を掲げていた。計算すると前年比+10%程度で推移を続けて行かねばならない。具体的にはどうするかといえば、国産車ユーザーにフォルクスワーゲン車への乗り換えを推進するということが一番簡単な手法である。そのためには、フォルクスワーゲンのブランド力のアップ、ディーラー数の増加、そして販売価格を国産車並みに下げる車種を設定するということを行っていかないとならず、かなり苦しんでいたのではないだろうか。

■日産で求められるもの
庄司氏が日産に入社したことで、フォルクスワーゲンの排ガス問題への日本市場での影響などは、ほぼないと見られている。フォルクスワーゲン ジャパンでは、失った信頼を取り戻すため、社員が一丸となり、販売台数の回復に全力を注いでいる。 庄司氏が日産でついたポジションは、日本ネットワーク戦略本部の本部長だ。これは日本のディーラーの再構築や最適化を判断するもので、最終的には日本市場の販売台数増が使命であるといっても良いだろう。業界関係者は、「日本市場のテコ入れのために庄司氏が呼ばれた」と考える人が多い。 日産自動車は2015年の販売台数が、前年比-8.1%と落ち込み、また、日本市場の占有率は11.6%となってしまっている。中国、北米ともに販売台数を伸ばしており、グローバルでは+2.0%にもかかわらず、エリア別に見れば、最も下げ幅が大きく、足を引っ張っている状態だ。カルロス・ゴーンCEOも、5年前に建てた中期経営計画「日産パワー88」に取り組み始めてから、5年で年間販売台数は120万台以上増加し、540万台に達し、持続可能な売上高営業利益率8%の達成に向かって順調に進んでいると述べている。そして、今年は、新型ノート(とくにe-POWER)が、サニー以来30年ぶりに月間販売ランキング1位になるという、日産にとって日本市場を開拓する良いチャンスでもある。そのような中で、弱点を克服するため、庄司氏が選ばれたということだ。フォルクスワーゲンで辣腕ぶ(らつわん)りを発揮した庄司氏には、まさに適職と言えるのではないだろうか。そして、日産自動車には、画期的なEVパワートレーンであるe-POWER、プロ パイロットをはじめとした自動運転技術、燃費偽装問題に端を発した三菱自動車とのアライアンスなど、過去の経験に基づけば、庄司氏が輝けるステージが数多用意されているようだ。どんな規模の会社でも、優秀な人材がもっとも会社の成長を引き上げる原動力なのである。その意味で、庄司氏の転職はお互いにとって良い効果を生み出していくだろう。
モータージャーナリスト 高橋大介
[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-23 19:43 | 日産 | Comments(0)

三菱自 新型ekスペース展示中

7a

7c

7e

7b

2014-Nissan-Pathfinder-Hybrid-taillight-1024x640

7e81d5a10-

★★ 画像お借りしました ★★
姫路三菱自動車販売株式会社 東加古川店
姫路三菱自動車販売株式会社 青山店
兵庫三菱自動車販売株式会社 尼崎店
兵庫三菱自動車販売株式会社 西神戸店
姫路三菱自動車販売株式会社 姫路店

一台でも多く三菱自動車が売れますように


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-23 13:23 | 三菱自動車 | Comments(14)