<   2017年 01月 ( 143 )   > この月の画像一覧

スバル 米国でSTIモデルを複数展開

富士重工業は、2017年内に米国市場に「STI」を冠した
複数のスポーツモデルを投入する。

7a

これに合わせて米国ラリーへの参戦体制も強化する。
米国では衝突安全性能などスバル車の高い安全性が評価され販売が好調に推移している。レース活動を展開するSTIブランドを活用してスバル車の特徴であるスポーツ性の高さをアピールすることで、従来とは異なる新たな顧客層の開拓につなげていく。  同社では子会社のスバルテクニカインターナショナル(STI、平川良夫社長、東京都三鷹市)がレース活動やアフターパーツの企画、限定車の開発などを手がけている。国内ではこれまでのラリー活動や水平対向ターボエンジンと四輪駆動による高い走行性能などによってスポーツ志向の高いファンが少なくない。  一方、過去最高を更新するなど販売好調が続く米国では、米国道路安全保険協会(IIHS)が実施する安全性試験「トップセイフティピック」の高評価など安全性が支持されて販売増に結び付いている。STIブランドの商品は「WRX STI」のみで、高性能モデルとして一部の富裕層に支持される程度にとどまっている。  幅広い顧客層の開拓に向けて、STIブランドを冠したスポーツモデルを米国へ導入していく。その一環として米国で開催される「グローバルラリークロス選手権」への技術支援を本格化するなど参戦体制を強化。米国でのブランドイメージ向上につなげる狙いだ。  国内ではSTIブランドのモデルとして限定車などを定期的に投入している。加えて16年7月には「レヴォーグ」の最上級グレードとして内外装や乗り心地を向上した「STIスポーツ」を追加。今後は他車種での展開も検討している。
日刊自動車新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-30 19:48 | スバル | Comments(1)

ゴーン社長 三菱自の欧米での販売に不満。日産工場で三菱車を生産

日産自動車は、三菱自動車が現地企業に車両生産を委託している新興国地域で、
仏ルノー・日産連合の工場を使って三菱車を生産する方針を明らかにした。

7a


ブラジルとインドが候補とみられる。
工場を互いに活用しシナジーを引き出す。
北米でも生産能力の増強を検討し、世界各地で需要と生産能力に応じた最適な生産体制を築いていく。カルロス・ゴーン社長が29日までに日刊工業新聞社のインタビューに応じ 「 三菱自が生産を委託している地域はたくさんあるが仏ルノー・日産連合の工場の方がはるかに効率的に生産できる 」 と語った。同連合の工場で三菱車を生産し、コスト競争力を高めて拡販を支える。三菱自が現地企業などに車両の生産を委託しているのは、ブラジル、インド、マレーシア、バングラデシュ。このうちブラジルは、三菱自がスポーツ多目的車(SUV)の生産を現地会社に委託している。ルノーと日産はそれぞれ自前の工場を持つため、これらの工場が活用できるとみる。インドでも三菱自は現地企業に生産委託しているが、ルノーと日産が共同運営する工場の活用を検討する。
ゴーン社長は三菱自の販売について 「 米国、欧州、ロシア、ブラジルなど存在感が低い地域があり、成長の余地は大きい 」 との見解を示した。 日産は16年秋、三菱自を傘下に収めシナジーの柱として工場の相互利用を掲げていた。また北米の投資について「需要は拡大しており日産の工場はフル稼働だ。生産能力を増強する必要があるのは明らかだ」と意欲を示した。日産は米国とメキシコに工場があるが 「 新たな貿易ルールが制定されるまで(投資判断の決定は)待たないといけない。ルールが変更されたらそれに合わせる 」 と投資先については米新政権の政策を注視する考え。
日刊工業新聞社

[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-30 18:50 | 日産 | Comments(0)

三菱自 営業赤字が200億円縮小する見通し


7a

三菱自動車の17年3月期の営業赤字は80億円程度と、
当初想定より約200億円縮小する見込み。
燃費不正問題の影響で前期実績(1383億円の黒字)は下回るものの、円安進行で輸出採算が改善している。 同社は1~3月期の想定為替レートを1ドル=110円程度と、10円円安方向に見直す。資本提携した日産自動車から導入した手法で損益管理も厳格にした。
日本経済新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-30 18:43 | 三菱自動車 | Comments(1)

スバル 新型XVに1.6Lエンジン採用

ツイッターでおなじみ、
くるまマイスター検定2級に合格したいわっき君が、
自動車情報ブログを開設。

7a


さっそく当ブログにネタを提供してくれました。
新型XVに関して、ディーラーからの情報をTwitterにて教えていただいたのでお伝えいたします。
まず、
1.6Lエンジンモデル追加!!!・・・・・

続きはこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-30 18:25 | スバル | Comments(4)

【1/29更新】スズキ 新型ワゴンR配車中

7atwitter.com/wankonyan/562882/photo/1


7a
instagram.com/p/BPwzwJNDIeU5Pke98tY0/

新型はワイパーは上につくのですね。


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-29 20:58 | スズキ | Comments(8)

三菱自 どうなる?次期デリカ

日刊自動車新聞でみつけたちょっと前向きなニュース。
11月1日、三菱自動車は都内で部品メーカーとの会合を開き、
益子修社長は、燃費不正のお詫びと・・・・

2017年度の投入を予定する中型スポーツ多目的車(SUV)の画像やミニバン 「 デリカ 」 の新型車のデザイン、その後のモデルチェンジ予定車種が紹介され、開発が順調に進んでいることも示した。

「 これまでの総会と違い雰囲気が良くなった 」。
会場を後にした複数の部品メーカー幹部は三菱自の変化を前向きに受け止め、
ある幹部は「 やる気がわいてきた 」 と述べた。
その一方、燃費不正問題で揺れた水島製作所(岡山県倉敷市)周辺の部品メーカー幹部は「 ストレートには言わなかったが今後影響力を持つ人が紹介されたとの印象を持った。我々からすると前向きにとらえられるかは微妙だ 」 と警戒感をにじませていたそうです。
nikkan.co.jp

6

「 フルモデルチェンジは2018年、正確には18年度ですね。 ダイナミックシールド採用、ガソリン廃止、今より街乗りよりに振る、などなど。まあ、あくまでも営業マンが上から聞いた話ですが、街乗りに振るのにガソリン廃止は困ると営業の方は言ってました。 」
価格.com  ハッピーFバイカー さん

2017/01/29(日) 16:07 某掲示板より
今日ディーラーで他の営業が話してたのを聞くと、かなり低くなるらしい。
最低地上高の話なのか室内高なのかは不明。
オデッセイに外観似てるとか聞こえました。
あくまでも他の人と話してたのをちらっと聞いただけ。

それと先日ブログでも紹介しましたが、
今でもどこかの販社で行われている、デリカ、パジェロの走行イベントで
増岡さんが運転する車に、同乗した方の話によると、
「 三菱モータースポーツの今後については、数年後のパリダカ参戦を目指している 」
と、ご本人から直接きいたようです。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-29 19:27 | 三菱自動車 | Comments(37)

【画像追加】スズキ 新型スティングレーの外装・内装

みんからでもカタログ画像が掲載されています。
こちらのブログは割と鮮明なんで、ご覧ください。
とくに内装の画像は参考になると思います。
htminkara.carview.co.jp/userid/357513/blog/


7d

7e81d5a10-

7c


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-29 15:37 | スズキ | Comments(34)

スズキ 新型ワゴンRはさらに居住性が向上?

スペック表をもとに新旧のワゴンR FZの室内寸法を比較。
調べてくれた方に感謝します。

7e81d5a10-

全高   1,640 → 1,650
室内長 2,165 → 2,450
室内幅 1,295 → 1,355
室内高 1,265 → 1,265
ホイールベース 2,425 → 2,460
重量  790 → 790  ※FXは770kg
燃費 33.0 → 33.4
トルク 6.4kg・m/4,000( 52馬力 ) → 6.1kg・m/4,000( 52馬力 )
変速比  4.006~0.550 → 3.980~0.553
最終減速比 4.572 → 4.064 
モーター出力 2.2 ⇁ 3.1PS/1,000 
モータートルク 4.1 ⇁ 5.1kg・m/100
http://livedoor.blogimg.jp/ganbaremmc/imgs/d/5/d5174e59.jpg
http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/spec_fz.html

室内長と室内幅がの向上ぶりがすごいですね。
幅がこれだけあれば、助手席の人の腕がぶつかるということはなさそうです。
いつも狭さを理由に、自分の肘を女の子の胸にあてたりしてたのに。。。。
別の理由をかんがえなきゃ

[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-28 20:17 | スズキ | Comments(24)

国沢氏 新型スイフトの謎。聞いても知らぬ存ぜぬ


7a



新型スイフトでいくつか聞きたいことがあったため試乗会へ。
知りたいことは、
1)なんでハイブリッド以外アイドリングストップしないのか? 
2)どうして1リッターターボのみ6速ATを採用したのか? 
3)なぜ自動ブレーキはデュアルカメラ式でなくレーザー+カメラ?

4)そもそもなぜ1リッターターボを設定したのか?
するとどうよ! 全て聞いても解りません~。・・・・・・
続きはこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-28 14:46 | スズキ | Comments(19)

三菱自の燃費不正。日産も対応が遅いと措置命令

三菱自動車の燃費不正問題で、
消費者庁は27日、景品表示法に基づき再発防止を求める措置命令と初の課徴金納付命令を出した。
課徴金は4億8507万円。
同社からのOEM(相手先ブランドによる生産)供給で軽自動車を販売していた
日産自動車に対しても措置命令を出した。一連の燃費不正問題で初の行政処分となった。

7a

消費者庁によると、三菱自は「eKワゴン」などの軽自動車4車種と普通車の「パジェロ」など5車種について、カタログとウェブサイトで実際より著しく良く見せかける燃費を表示。表示の燃費は実際の数値を最大で16%程度上回っていた。 日産も「デイズ」など軽自動車2車種で同様の不当表示をした。同庁はこれらが景表法の禁じる「優良誤認」に当たると判断。日産は燃費問題に気付いて三菱自に指摘したが、その後の対応が遅かったとして措置命令の対象とした。 課徴金は、消費者への返金分を差し引くとする景表法に基づいて算定。返金計画が未提出、または不十分と判断した三菱自の普通車など5車種の売上高の3%相当額とした。軽自動車については両社の返金計画を認め、その実施状況を踏まえて判断する。 三菱自の燃費不正は昨年4月に発覚。同社は燃費の基礎データとなる「走行抵抗値」を机上計算するなどして改ざん、国に提出していた。国土交通省は立ち入り検査や独自の燃費測定で不正を確認した。ただ、虚偽申請に罰則はなく、厳重注意にとどまっていた。 三菱自は27日、「措置命令を真摯に受け止め、速やかに対応する。課徴金納付命令も内容を精査の上、適切に対応する」とのコメントを発表。日産は「本件は三菱自動車の一連の燃費不正が原因で、OEM供給されていた当社の車両についても結果として誤表示を招いたのは誠に遺憾。措置命令への対応は消費者庁と協議したい」とした。
日本経済新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-28 14:33 | 日産 | Comments(6)