<   2017年 01月 ( 143 )   > この月の画像一覧

スズキ 新型ジムニーがついに登場か

新号マガジンXの表紙に気になるタイトルがありました。

7a


ジムニー19年ぶりに一新
軽に全力を注ぐスズキは、わずかな隙間も埋めてきますね。
小さいからわかんないけど、スクープ画像かな?
かたや三菱は・・・・
だいたいあの益子の糞ヤローが・・・
やめときましょ。

あとは
日産 エクストレイルPHEV
安全機能と使い勝手が充実 アウトランダーPHEV
インサイト後継車
今週末にいわっきくんと立ち読みしてきます♪


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-24 20:00 | スズキ | Comments(4)

マツダ 新型CX-5は次世代エンジンの搭載が可能

マツダは、新型「CX―5」の一部改良に合わせて
新型エンジンを搭載する。



同車は先代モデルに引き続き先進環境技術「スカイアクティブ」の第一世代(GEN1)を採用しており、エンジンも先代モデルをベースに改良を加えて搭載した。商品改良でエンジンを第2世代(GEN2)に切り替えることでテコ入れを図り、商品力を維持していく狙いだ。  2月に発売する新型CX―5のエンジンは、先代モデル同様に2・0および2・5リットルガソリンと、2・2リットルディーゼルを採用した。細かな改良を加えることで一部グレードではJC08モード燃費は悪化したものの、実用燃費を改善した。  マツダでは現在、大幅な効率改善を図ったGEN2のエンジンを開発しており、2018年度までに実用化する方針を示している。
新エンジンはGEN1の新型CX―5にも搭載可能とすることで、モデル後半の商品力強化に結び付ける。  
CX―5は、スカイアクティブ技術を全面採用する新世代商品の第1弾として初代モデルを12年に発売。マツダの世界販売の4分の1を占めるヒットモデルに成長した。新型ではGEN1を踏襲する一方で、ボディー部品の半数を新設計して静粛性や乗り心地を改善。さらに完全停止まで対応するアダプティブクルーズコントロールや、ハンドル操作に応じて駆動トルクを制御する「G―ベクタリング・コントロール」を採用するなど、商品力を大幅に引き上げた。
日刊自動車新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-24 19:22 | マツダ | Comments(1)

米大統領 日本でアメ車が売れないのは不公平

トランプ米大統領は23日、「米国(の自動車メーカー)は日本国内で販売が増えていないのに、日本は米国に何十万台も輸出している」と主張、対日貿易で障壁があると日本を名指しで批判した。  ホワイトハウスでの経済界首脳との会合で述べた。  トランプ大統領は「この問題は協議しなければならない」と強調。日本に対し、「公正」な貿易を求める考えを明らかにした。中国市場についても「米国製品を売ることがほとんど不可能だ。自由貿易とはいえない」と非難した。  また、法人税率を現行の35%から「15~20%程度に引き下げる」と表明。オバマ前政権下の過剰な規制が企業活動を阻害しているとして「米国内規制の75%以上を撤廃する」と強調した。 
時事通信

7a

政権が変わるたびに、こういうことをいわれません?


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-24 08:13 | ニュース・その他 | Comments(17)

【過去記事】三菱自 パジェロミニ復活へ

2013年5月23日、日刊自動車新聞より
「 三菱自 パジェロミニ復活へ 」


546690_460814030616549_328554808_n

三菱自動車は「パジェロミニ」の事実上の後継車となるオフロード型の軽四輪駆動車を2014年にも発売する。パジェロミニは12年6月に生産を打ち切っており、約2年ぶりの復活となる。

日産自動車との合弁会社であるNMKV(遠藤淳一社長、東京都港区)が開発し、三菱自が生産して日産にも供給する。NKMVは第1弾の背高系ワゴンと第2弾の超背高系ワゴンの投入は公表済み。これに4WD車を加え、ラインアップを充実してシェアアップを目指す。
http://www.njd.jp/topNews/dt/5225/


パジェロミニ復活記事はあちこちでありましたが、
記事にされるということは、そういう計画がやっぱりあったのかと。
ハスラーの売れ行きをみてもまだ作らないのか?
日産もおなじ考えなのか?
そもそも計画をとん挫させているのはだれか?
益子なんでしょう。
こいつが悪い

[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-23 20:25 | 三菱自動車 | Comments(10)

【動画】トヨタ 新型C-HR試乗レポ 河口まなぶ


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-23 18:30 | トヨタ | Comments(0)

ホンダ 新型軽トラ「N-LAB」が人気





2017年1月13日から15日まで幕張メッセにて開催された『東京オートサロン 2017』。
この展示で発表されたホンダのコンセプトカーが「こんなの欲しかった!」と話題となっています。
その車とは「働く車はカッコいい」をコンセプトに作られた『T880』。
軽トラとは思えないその姿、畑だけ走るのはもったいないくらいのカッコよさです! 実用性は従来の軽トラには劣るかもしれませんが、少しくらい不便でもこんな軽トラが欲しいと思う方は多いのでは? 実際の車の様子をモーターマガジンMovieさんが動画で公開されていたので、ご紹介します。
そんなことより、880ってことは軽自動車の新規格で880ccになるのか?
norisoku.com


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-23 18:19 | ホンダ | Comments(0)

三菱自の社員から、けなしてもいいので取り上げてほしいといわれた

日経ビジネス 「 フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える 」より

講演終了後は握手会&写真撮影会のようになったのですが、
最後まで待っていて下さった女性が、三菱自動車の方でした。
「 どんな形でも良いですからウチのクルマを取り上げて下さい! 」
「 え?いま私が書いたら絶対にDisることになりますけど…… 」
「 Disりでも何でも結構です。よろしくおねがいします 」

とこんな話をしました。 
名刺交換をしなかったのでお名前は存じませんが、その意気や良し。若い方はこうでなくていけません。 ようがす。その話乗りましょう。 次の次のクルマは三菱に決まりです。 ところでいま、三菱に乗るとしたら何が良いのだろう……。 やはり燃費偽装発覚の発端となった例の軽自動車ですかね。
business.nikkeibp.co.jp

7a
三菱自動車岡崎応援団 ※記事とは関係ありません

いいですね。
こういう社員が一人でもいたことがうれしいです。
こういう社員を少なくしたのも益子ですね。
やっぱ益子が悪いのですよ。 マスコがね。


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-23 09:50 | 三菱自動車 | Comments(7)

【動画】交差点でもろ衝突。ド派手に横転









[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-22 21:13 | 衝撃的動画 | Comments(0)

【動画】マツダ 新型CX-5試乗レポ


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-22 20:49 | マツダ | Comments(1)

三菱自 高級セダンから完全撤退。役員は日産から買ってください

三菱自動車は高級セダンの販売から撤退する。
日産自動車からOEM供給を受けている2車種の購入の受け付けを停止した。

三菱自は新型の小型多目的スポーツ車(SUV)を含め
2019年度までにSUVの3車種を投入する方針。
資本提携した日産と部品の共同購入などを加速し、得意とするSUVや電気自動車(EV)に経営資源を振り向ける。 販売を停止したのは高級セダン「ディグニティ」(日産名シーマ)、「プラウディア」(同フーガ)でいずれも12年から日産の供給を受けていた。三菱グループの社用車を中心に16年の年間販売台数は計53台にとどまっていた。 

7a

三菱自の国内向け車種ではセダンがなくなるため、
今後は三菱グループの社用車はシーマやフーガなどを活用する見通しだ。 
車種の選択と集中で、今後はSUVやEVを中心に据える。年内にも小型SUVの新型車を売り出す。三菱自はSUVでは大型「パジェロ」、中型「アウトランダー」、小型「RVR」を展開しているが、新型車はアウトランダーとRVRの中間の大きさとする。ガソリン車やディーゼルエンジンなどを搭載する見通しだ。 アウトランダーは18年度、RVRは19年度をめどにプラグインハイブリッド車(PHV)やEVなどを念頭にそれぞれ改良し投入する。 三菱自は今後、PHVを日産に供給するほか、日産グループのルノーがディーゼルエンジンを三菱自に提供するなどの連携を進める。両社の技術を共有し、手薄な領域を補完する戦略を強める。
日本経済新聞

ディグニティもプラウディアも
昨年末には三菱サイトから消えていましたからね。
http://ganbaremmc.exblog.jp/25063929/

益子が悪いのでしょう。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-22 20:44 | 三菱自動車 | Comments(9)