<   2017年 04月 ( 127 )   > この月の画像一覧

ダイハツ 新型ミライースのカスタム仕様


7e72d5a1-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-24 07:19 | ダイハツ | Comments(1)

トヨタ、「TNGA」エンジン 第2世代開発に着手−20年代前半投入

トヨタ自動車は世界各地の燃費規制などをクリアするため、新設計思想「TNGA」に基づくエンジンの第2世代の開発に着手する。TNGAエンジンをベースにもう一段の原価低減や軽量化、燃費改善などを実現、2020年代前半にも投入する。トヨタは今夏から量産するTNGAエンジンで規制を乗り切る計画だったが、想定以上に厳しくなるため設計を新たにする。電動化車両の普及には時間を要すると判断し、エンジンを進化させる。第2世代のエンジンの開発プロジェクトの総称は「DS20」。DS20のDSはダウンサイズの略で、取引先企業に協力要請を始めた。25年には欧州などでの燃費規制が一段と強化される見込みのため「DS50」の総称で第2世代エンジンに追加デバイスを搭載して規制クリアを狙う構想も始動する。TNGAエンジンは、今夏に全面改良して発売する新型セダン「カムリ」に搭載する排気量2500cc直列4気筒ガソリンエンジンが第1弾。当初はTNGAエンジンで燃費規制や環境規制の強化に対応する予定だったが「今の(規制強化の)ペースではクリアは難しい」(トヨタ幹部)と判断した。そのため、TNGAエンジン群の生産立ち上がり順に、すぐさま性能向上と原価低減をより進める第2世代の開発に着手する。ただ「コストありきであれば、(実現は)難しい」(部品メーカー首脳)との声も漏れる。トヨタはサプライヤーの協力を得なければ規制対応は困難と判断しており開発思想を基にサプライヤーの知見を生かしながら一体となって規制クリアを目指す。トヨタは各国の規制強化を見据えプラグインハイブリッド車(PHV)や燃料電池車(FCV)に力を入れ、電気自動車(EV)も開発する。ただ、普及期を迎えるまで時間がかかるためガソリン車も競争力を向上させる。
newswitch.jp/

7e

読者のjomonさん、ありがとうございます

[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-24 00:11 | トヨタ | Comments(2)

ダイハツ 新型ミライースのと生画像カタログ画像(装備表追加)

5e81d5a1-



7e

7e71d5a1-

7e72d5a1-


5e81d5a1-

7e72d5a1-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-23 23:08 | ダイハツ | Comments(16)

【4/23更新】ホンダ フィットのMC、プチ情報

★★某掲示板
6月発売で5月には製造を切り替えるとか言ってた
簡単な資料を見せてもらったが
センシングは確定
上位グレードに装備
GLパッケの上位にセンシング付きグレードがある
値段的には+10万くらいだとか
内外装の一部変更
新カラー追加 ガンメタのような濃いグレー追加OPカラーのグレー廃止
濃い目の青追加
バンパー形状も変更
2017年04月09日

★★価格.com
ディーラー関係者です。
6月下旬発表、7月には店内で展示すると思います。
あまり教えられませんが結構見た目変わると思います。
特にハイブリッドのSパッケージが変わりそうな印象ですね。
2017年04月09日 borsig_303 さん

ディーラー勤務の知り合いに聞きましたが、6月末発表の7月発売だそうです。
メーカーから価格と写真が送られて来ているので、来店してもらえたら見せてもらえるとのことでしたが、4月の終わりにディーラー向けの試乗会があるそうなので、その辺りの話しも聞くために来店させてもらうのは来月になりそうです。
2017年04月12日 もんさん23 さん

7e73d5a1-

★★2017/04/21 23:15
ディーラー向けの新情報出ました。
イメージカラーは紫のような感じの新色になります。
外装はRS、Sパケのバンパーが既にある情報の通りロングでミラーはブラック塗装に
リヤのダミーダクトも無くなってすっきりとしたデザインになっていました。
ヘッドライト周りもシャトルのようなLEDヘッドライトでスモールもラインLEDに
内装はハイブリッドSパケとRSの差が明確になってます。
あとタン色の内装もオプションで選べるようになるみたいです。 
読者 ディーラーのひと さん

★★2017/04/23 19:43 
ディーラーにて写真確認。  グリルデザインはそこまで変わらないけどライトがシャトルとよく似たLEDに変わってバンパーが上品なスポーツ感に変わってる。 sパケとRSのバンパーは大型でノートニスモによく似てる。 RSは前後バンパー下部センターにオレンジライン入りで差別化。 メーターがブルー照明がなくなって現行ヴェゼルとだいたい同じデザインに変わってる。 オモチャっぽさがなくなって視認性が向上しつつコストカットしてる。SパケとRSのデザインはマジでホンダ顔のノートニスモって感じ
読者 ホンダ党さん

★★2017/04/23 22:26

フロントマスクもヘッドライトの内部デザインが大きく変わったのとバンパーの形状変更で大幅に質感が上がってました。発売は7月頭くらいの予定なのでまた新たな情報ありましたらコメントしますね多分ディーラーに行ったら営業マンがこっそり写真見せてくれると思いますよ
読者 ディーラーの人さん

[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-23 22:59 | ホンダ | Comments(6)

最近のマツダの特許を眺めてみると

マツダの登録商標を探しているはずが、特許公報を見つけました。
わけも分からず眺めていると「予混合圧縮着火式エンジン」に関する発明の名称が多く見つかりワクワクしてしまいました。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e73d5a1-




[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-23 07:32 | マツダ | Comments(1)

三菱自 中国にエンジン工場新設

三菱自動車は100億円を投じ中国に年産能力15万基規模のエンジン工場を新設する。日本から輸出していた多目的スポーツ車(SUV)用エンジンを現地生産に切り替え、コストを削減する。中国ではSUVや電気自動車(EV)の需要が急拡大している。世界最大の車市場の変化に対応、経営の柱と位置づけるSUVの競争力を高める。提携先である広州汽車集団との合弁会社、広汽三菱汽車が湖南省に建設する。年内にも着工する。
日本経済新聞

7e


[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-23 07:06 | 三菱自動車 | Comments(0)

【動画】トヨタ 新型レクサスLC



いわっき君がレクサス 新型LCを撮影してくれました。
[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-22 21:37 | トヨタ | Comments(0)

【バンコクモーターショー】タイで圧倒的な人気を誇る日本車は?

タイ国内シェアでトヨタ、いすゞ、ホンダに続くのが三菱だ。
日本では様々な問題が噴出して元気がないが、タイではピックアップ系を中心に人気は高い。特にSUVの「パジェロ」やピックアップの「トライトン」などで絶大な人気を獲得している。 今年特に注目を集めたのが同社が100周年記念として作製したレプリカ「三菱A型」だ。同社資料によれば、三菱「A型」は、日本初の量産乗用車として1917年(大正6年)から試作。1921年まで計22台が製作された。オリジナルは2765cc4気筒/35psエンジンを搭載して7人が乗車できたが、レプリカはボディサイズを大幅にスケールダウンした1人乗り用として製作。エンジンもコルト「1000」などに搭載されたKE43型(977cc4気筒/55ps)を搭載していた。・・・・・・・続きはこちら

7e

[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-22 20:52 | ニュース・その他 | Comments(2)

トヨタ、モデルの統廃合で三位一体ミニバンが登場

7e

トヨタ社内で、エスティマとアイシス、さらにプリウスαを統合する、仰天のプランが持ち上がっていることを突き止めた。ニーズの多様化や少子化で、ミニバンマーケットは昔のような拡大が見込めない。このまま車種数を維持すると、トヨタ車同士でも食い合いが激しくなりかねない。よって、トヨタは早めの車種統合を模索しているようだ。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-22 20:45 | トヨタ | Comments(8)

愉快すぎる中国コピー車6選 上海モーターショー編

中国の自動車産業はオリジナルで作っているメーカーたちを引っ掻き回す諸悪の根源とも言える。でも、これを楽しみのひとつとしてみれば、意外と面白いのかも。
上海モーターショーで見つけた傑作たちをご覧ください。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e


[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-22 20:29 | 海外メーカー | Comments(0)