<   2017年 05月 ( 188 )   > この月の画像一覧

【動画】三菱自 新しいカーライフを創る 車載AI







[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-31 23:10 | 三菱自動車 | Comments(2)

【追加】復活なるか?ロータリーエンジン搭載の次世代カー

マツダが世界で初めて量産化したロータリーエンジン(RE)を搭載した「コスモスポーツ」を1967年に発売してから30日で50年となった。燃費性能が芳しくなく、2012年に生産を終了したが、マツダはREを技術力の象徴と位置づけ、今も研究開発を継続中。電気自動車(EV)に載せる発電用エンジンや、水素を燃料とする新型エンジンとしての「復活」が期待されている。
「次世代REの詳細については適切な時期に公表します」。マツダは30日、取材に対しこうコメントした。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e5d5a1-

7e5d5a3-

興味深いのは、1966年5月25日、ロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツの試作車のドアを開け、乗り込もうとするスーツ姿の男性の貴重な写真だ。その男性とは、松下電器産業(現パナソニック)の創業者で「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助氏。当時71歳だったそうだ。
松下氏はマツダの当時の社長だった松田恒次氏と「合理主義」を重視した経営哲学で意気投合、さらに、ロータリーエンジンに絶賛して、その生みの親で80年代に社長を務めた山本健一氏とも、交流があったという。その縁でコスモの「第1号車」を松下氏が購入したというのだそうだ。
また、元都知事で作家の石原慎太郎氏が、68年に参院選で初当選し、初登院の日にコスモで国会に乗り付けたというエピソードも紹介。朝日の記事では「復活を望む声はやむことがない」として、「発売から半世紀の節目にどう出るか、注目が集まっている」と結んでいる。
レスポンス

【 追 加 】 山本晋也氏のブログより
ビジネス的に考えたときに、いまさらREを量産するための設備を再整備するというのはなんとも難しいだろうな、と思うわけです。いわゆる株主に言い訳がきかない投資になるのでは?・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-31 22:52 | マツダ | Comments(0)

日産 必死なエクストレイルの在庫処分

7e5d5a6-

twitter.com/AUTECH_23/21530459312128

7e5d5a4-

7e5d5a5-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-31 22:12 | 日産 | Comments(0)

今さらシビックを求めるユーザーがいるのか? 

東洋経済オンライン
ホンダ「シビック」日本復活の意義とこだわり より
toyokeizai.net/

7e5d5a1-

シビックが日本市場で2017年度中にも復活するというニュースが昨年末に流れたときは、正直言って驚いた。失礼ながらも、これを酒のさかなにして「目の肥えた日本市場で、今さらシビックを求めるユーザーがいるのか?」という議論を、クルマ好きの知人との間で交わしたぐらいである。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら
[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-31 21:50 | ホンダ | Comments(3)

【5/31更新】マツダ 新燃費基準第1号「CX-3」週内にも認可

マツダの小型多目的スポーツ車(SUV)が、
2018年10月に義務化される新しい燃費表示基準の適合第1号となる見通しになった。
週内にも新基準の認可を受ける。新基準は燃費値が4種類に増えるほか、数値が悪化する車種もあるため、自動車各社は販売店への周知を急ぐ。 国土交通省はマツダが今夏発売を予定するガソリンエンジンのSUV「CX―3」を新基準で認可する。国内で販売する車種として初めて。
日本経済新聞

7e5d5a1-

記事には結局、「 CX-3 」ガソリンエンジン仕様の
排気量はどのくらいかは記載されておらず。
今号ベストカー「 地獄耳 」では、1.5Lだと遠藤さんは言ってたけど、
口コミ情報では2.0Lなんですよね。

読者様からのコメントです。
「 Dラーの話しでは2.0との事。もう事前予約しています。Dゼルに比べて30万安とのはなし 」 通りすがりさん  「 Dにマイチェンのセールスマニュアル見せて貰ったけど、2.0Lでしたよ。  」 吐くまで乗ったコージーさん

ありがとうございます。
これで1.5だったら、お二人の怒りは凄いでしょうね。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-31 21:38 | マツダ | Comments(7)

多分CG?高速道路で凄い運転をするマツダ CX-3


[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-31 08:47 | マツダ | Comments(1)

「トヨタのPHEV技術を使った車両を2018年に米国で発売」━━スバル吉永社長

SUBARU(スバル)社長の吉永泰之氏は、
トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHEV)技術を使った車両を
2018年に米国で発売することを明らかにした。

7e5d5a4-

2017年5月30日に開催された「 Advertising Week Asia 2017 」のインタビューで語った。
2018年から米国のZEV(Zero Emission Vehicle)規制の対象車種からハイブリッド車(HEV)が外れることに対応する。 スバルは資本関係にあるトヨタからHEVやPHEV技術の供与を受けており、開発を進めている。吉永氏によると、HEVやPHEVのような新しい技術をゼロから開発することは、中堅以下の自動車メーカーにはほぼ不可能であり、大手自動車メーカーとの協力関係が欠かせないという。  「 新しい技術を教えてもらえるルートがなくなったら、中堅以下の自動車メーカーは生きていけない 」(同氏)という。 トヨタのスバルに対する出資比率は現在16.77%だが、これを変える議論は今のところないという。  トヨタにとっての競合メーカーはもはや国内自動車メーカーではなく、ジャーマン3(ドイツDaimler社、同BMW社、同Audi社)や大手IT企業、人工知能(AI)企業に変わりつつある。  このため、「 自動車メーカーが国内の同業を飲み込んだからといって勝てるという時代ではない 」(同氏)という。 トヨタはマツダやスズキと資本関係を伴わない提携をしており、「 そうした仲間づくりが今後は重要になる 」(同氏)という。 techon.nikkeibp.co.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-30 20:12 | スバル | Comments(3)

【5/30更新】トヨタ 新型C-HR、400台が中古車市場に

価格.com で見つけた気になる書き込み

先日グーやカーセンサーの中古車を確認していたら400台を超えるC-HRの中古車が公に存在。
聞けば単なる試乗車の入れ替えではなく、よくある登録台数絡みのようで、巷の「C-HRは大人気車」とは裏腹のに苦戦の販売店も多く、未だ中古車市場には出回らない公にならない未登録車がかなりあるようです。
2017/05/25 17:28  @小さな巨人 さん

ちなみにGグレードで163台中39台、G-Tグレードで160台中24台、Sグレードで42台中21台、S-Tグレードで30台中5台がそれぞれ登録済みではない新車として出品されています。
合計89台ですね。

2017/05/25 23:22 readers さん

7a

この件に関し、サンコーオートWEB担当 さんから、コメントを頂きました。

「 C-HRは転売目的の業者が多く買ってしまい、
業者オーク ションで全然値段がつかない事態になりましたからね。。。
日本専売/ハリアーの発表時には、新車価格よりも中古車が高い状況になり、
今回のC-HRも!と期待した国内の業者が買ってしまいましたが、
世界で販売されているんでダメなんですよね。
戦略としてはブランディングが大事なので、
メーカー主導で、我々ディーラーが中古車として展示することはありません。
ただディーラーで目標販売台数が決められているので、
ディーラー中古車展示場に並んでしまったり、キャンセルでやむなく、という事もあります。。。  」


余談ですが、サンコーオートさんからこんなコメントも頂きました。
管理人さんのサイトを見て買いに来た! という方はお一人いらっしゃいました♪ 本当にありがとうございます。
ganbaremmc.exblog.jp

 w(゚o゚)w オオー!


[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-30 19:57 | トヨタ | Comments(7)

日産、新設計手法の成果さらに刈り取りへ

日産自動車は新設計手法「コモン・モジュール・ファミリー」を採用する中型車について、
2022年までに年産台数を現在比2割増の190万台超に引き上げる。

7e81d5a3-

日産、仏ルノーが対象車種を増やし、三菱自動車も加わる。
設計・調達コスト削減とともに商品力を底上げし、3社連合で世界シェアを上げる。  CMFは日産とルノーが開発した設計手法。エンジンルーム周辺やボディー下部の前・後部など五つのモジュールに分けて開発・組み合わせ、小型から中型車までさまざまな車種を効率良く開発する。設計コストは40%減、調達コストは30%減が見込めるという。  日産は13年にCMFを多目的スポーツ車(SUV)「エクストレイル」を皮切りに、SUV「キャシュカイ」にも採用した。CMFは車格ごとに3タイプあり、CMF―C/DはSUVやミニバンなどの中型車向け。日産とルノーのCMF―C/Dを採用した車両の年間生産台数は、16年で160万台だった。  19年にもCMF―C/Dを、三菱自がSUV「アウトランダー」の新型車で適用する見通し。日産やルノーも採用車種を増やす。これにより日本と中国、韓国では日産とルノーと三菱自、英国やフランスなどの欧州は日産とルノー、米国は日産が同手法による中型車を生産する形となる。  トヨタ自動車や独フォルクスワーゲン(VW)など年間販売1000万台超の自動車メーカーは、モジュール開発を推進している。 トヨタは20年頃までに新設計手法「TNGA」を世界販売台数の半数に導入する計画。日産も1000万台体制に向け開発・生産基盤を固める。
newswitch.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-30 07:37 | 日産 | Comments(0)

【動画】マツダ 新型CX-5試乗 by.テリー伊藤



テリー伊藤氏による、マツダの新型CX-5試乗機です。
ヒットモデルとなった先代からのキープコンセプトで登場した2代目、
さて「車変態」テリー伊藤氏はそれをどう評価したか??

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-30 07:23 | マツダ | Comments(0)