<   2018年 01月 ( 113 )   > この月の画像一覧

苦戦が続く三菱車拡販のためのテコ入れ策 by.永田恵一

筆者が、苦戦が続く三菱車拡販のためのテコ入れ策を考えます!
by.永田恵一

●デリカD:5
今では当たり前となった自律自動ブレーキの類の設定が皆無なので、設定されればデリカD:5の購入に二の足を踏んでいた人も取り込めるのではないだろうか。

●アウトランダー
7人乗りをアピール。アウトランダーの3列目は、ミドルクラスのSUVながら30分程度の移動ならそう文句の出ない広さを備えており、なかなか使えるのだ。このことを思うとCX-8に便乗でもいいから使える7人乗りなのをアピールしない手はないと思う。

●ミラージュ
春に向け、免許を取って初めてのクルマを買う若い層に向けた車両価格100万円で必要な装備が揃う激安MT車なんていかがだろう。謳い文句とグレード名は「免許取得おめでとうございます、MTで楽しむクルマの世界にようこそ、ミラージュ・ウェルカムエディション」。

18e5d5a8-

●パジェロ
アッと驚くショートボディのオープン追加。
2代目パジェロにはJトップという前席の頭上はキャンバストップ、後席のルーフは幌という仕様があったり、SUVがこれだけ増えると変わったモデルを求める人も増えているのか、レンジローバーイヴォークにはコンバーチブルがあったりという昨今を考えれば、パジェロオープンがあったら面白いと無責任には言えるが、さすがに難しすぎるだろうか。
https://www.webcartop.jp/2018/01/195046

ヤフーにも掲載されていますが、
この記事をみた方たちのコメントが多く寄せられています。
結構、三菱に同情されている方が多いようで。
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/

[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-20 19:32 | 三菱自動車 | Comments(1)

【1/20更新】ホンダ ヴェゼルMC情報。一年後にターボ?

ホンダ ヴェゼルの改良が近いようです。

ホンダカーズ行って店長に聞きました。
ホンダセンシング渋滞追従機能追加無し、オートハイビーム追加無し
横浜で研修があり、2018MODELのヴェゼル実物を見たが、ぱっと見2016MODEL と区別つかなかったそうです。 リアに関しては左右コンビランプの間をシルバーメッキで繋いだデザイン。
RSで覚えているのは、雨滴感知オートワイパー、ラゲッジハードボードが追加される。
2ch掲示板 2017/11/27(月) 19:57

ディーラーで資料見せてもらったけど、確かに2月発表発売って聞いたな
価格とかは1月に出てくるだろうとは言ってた
注文受付と同時に契約すれば3月納車らしい
営業が言うには、センシングの渋滞追従はクラス的に考えにくいけど、明確に発表が無いから付くとも付かないとも言えないらしい  とりあえずi-dcdが二世代目になるのと、エクステリアの変更、ライトのLEDにシート形状の変更辺りが大きな変更なんだろう
2ch掲示板 2017/12/02(土) 09:44:57

ホンダ ヴェゼル改良版がマレーシアで目撃されました。
https://indianautosblog.com/2018-honda-hr-v-facelift

13ebbcb5e2

17e5d5a8-

記事の一部を自動翻訳してみました。
正面では、マスクを突き抜けたラインは、フェイスリフトされたホンダHR-Vがスポーティなバンパーを得ることを示しています。 Hondaはおそらく「H」ロゴをより高い位置に配置し、より魅力的な外観のために大きくします。修正されたヘッドランプのグラフィックスも表示されます。グリルとフォグランプのハウジングへの視覚的な調整も同様に存在します。
後部では、スパイ写真からは何の変化も見られません。テールランプは部分的に見えるが、視覚的には変わらない。内部では、ホンダは新しいトリムと室内装飾品とアップグレードされたインフォテイメントシステムを提供するかもしれないが、劇的な視覚的変化は期待されない。

13ebbcb5e2


スパイショットをもとに市販姿を作成
https://www.instagram.com/

13ebbcb5e2


スパイショットをもとに市販姿を作成 ②
https://www.instagram.com/

新年初売り行ってきたぜ
2月登場ほぼ確定
エクステリア、インテリアの画像見せて貰った
ジュエルアイ確定  ※インラインヘッドライトのこと
2018/01/04(木) 10:45 2ch掲示板

ディーラーに確認した。( 2018MODEL )
1 RSにパワーシートオプションが設定された。
( 全ドアワンタッチ式パワーウインドウ、リバースドア連動ミラーがセットになるのかは不明 )
2 RSにAWDは無し
3 HYBRID Zでルーフレール無しを選択できる。
資料によると、クリープ力の変更という記述がある。
モーター発進のトルク変更ではないか?( 恐らくモーター発進力を強める )
2018/01/18(木) 13:09 2ch掲示板

【 追 加 】
担当営業の話しでは今回のマイナーチェンジから、後 一年後にガソリンのターボが出るらしいです。
だから、最低二年位はフルモデルチェンジは無いのではと言っていました。フルモデルチェンジを待っている方にご参考迄に…

2018/01/20 10:15 価格.com 治様さん


[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-20 18:36 | ホンダ | Comments(5)

スバルの燃費データ書き換え疑惑。組織的関与なし。

SUBARU(スバル)が、自動車の生産で燃費データの書き換えが行われた可能性があり調査している問題で、疑惑の対象となっている車両は現時点で少なく、数台にとどまることが19日、分かった。発表から20日で1カ月がたつが、組織的関与は確認されておらず、経営への影響は限定的となる公算が大きくなっている。

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

吉永泰之社長は15日、「ご心配をかけているがきちんとする」と強調。
年度内に調査を終え、内容の公表を目指すとした。
同社は新車の無資格検査問題で昨年12月19日に国土交通省に報告書を提出した。翌20日、報告書をまとめるための聞き取り調査で燃費測定の計測値の変更行為があったとの完成検査員の発言があったことを明らかにし、外部の専門家を交えて調査に入った。
これまでの調査では、書き換えに関する発言をした従業員は1人しか確認されていないもようだ。
三菱自動車の燃費不正では、開発時に国に届け出たデータに不正があったため影響が大きかったが、スバルの疑惑は燃費の測定結果がばらつきやすい新車生産の立ち上げ時のデータが対象。測定では平均値が一定の範囲に収まるかをみるが、数百のデータを取るため、一部が改竄(かいざん)されても平均値はあまり変わらない可能性がある。
自主的に行う燃費測定のため、リコール(回収・無償修理)にもつながらない見通しだ。
産経新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-20 18:30 | スバル | Comments(3)

マツダと日産のパワートレーン開発トップがエンジンの未来を語る

東京ビッグサイト(東京都江東区)で1月17~19日開催の、
自動車業界関係者の商談を目的とした展示会「オートモーティブワールド2018」。
初日の17日には「エンジン革命が実現するサステイナブル社会」をテーマとした基調講演が行われ、約1000人もの来場者が聴講する中、マツダの人見光夫常務と日産自動車の平井俊弘常務、両社のパワートレイン開発トップが登壇した。 ・・・・・・・・・続きはこちら

18e5d5a8-


[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-19 20:29 | ニュース・その他 | Comments(0)

三菱エクリプスクロスのナイトショールーム動画

これまでの三菱エクリプスクロスのナイトショールームが
ユーチューヴに投稿されていました。



他の動画はこちら
S-AWC開発責任者 澤瀬 CTE 本音トーク
開発PM 加川 博之 本音トーク
モータージャーナリスト目線|GUEST: 岡崎五朗氏
モータージャーナリスト目線|GUEST: 齋藤聡氏

読者の scsaさん、教えてくれてありがとうございます。
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-19 19:02 | 三菱自動車 | Comments(0)

「チーム三菱・シチズン夏木」の夏木陽介さんが亡くなる

夏木陽介さんが亡くなられましたね。
俳優のイメージがありますが、読者の 元三菱ユーザーさんによると、パリ・ダカ時で一時代チームを率いて篠塚健次郎さんや増岡さんと共に闘ったひとみたいです。



ウィキペディアによると・・・
自動車好きとして有名で、メルセデス・ベンツ・300SLを所有するなど免許を取得してから当時の高級車・スーパーカーを中心に数百台は乗り換えていると語っている。現在の愛車はジャガー・SS100、ジャガー・Eタイプ2台、レクサス・SC430、ローバー・ミニなど。またラリードライバーとしても活躍しており、1985年・1986年にドライバーとしてダカール・ラリーに出場。その後1987年から1993年までは「チーム三菱・シチズン夏木」の監督として篠塚建次郎・増岡浩らを出場させた。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-19 18:50 | ニュース・その他 | Comments(6)

マツダ、タイでエンジン一貫生産 生産能力3倍に

マツダ タイのエンジン工場にシリンダーブロックなど
主要部品の機械加工ラインを新設し、エンジンの一貫生産体制を整えた。
組み立てラインも増強し、
エンジンの年産能力を約3倍の10万基にした。

19e5d5a8-

投資額は221億円。 
タイ中部チョンブリ県の生産拠点、マツダパワートレインマニュファクチャリングタイランドに追加投資した。 機械加工ラインでは、まず排気量1300ccのガソリンエンジン向けにシリンダーブロック、シリンダーヘッド、クランクシャフトなどの主要金属部品を生産する。5月をめどに1500ccディーゼルエンジン向けの部品生産も始める。従来は日本から部品を供給し、タイでエンジンに組み上げていた。 エンジン組み立てラインの能力は年3万基から10万基に増やした。従来はタイ国内の完成車工場にのみエンジンを供給してきたが、新たにベトナムとマレーシアの工場にもエンジンの納入を始める。マツダは両国向けのエンジン供給を日本からタイに移管する。 マツダは今後4~5年で東南アジア諸国連合(ASEAN)域内での販売台数を20万台規模に倍増させることをめざしている。今回の追加投資で、域内の主力生産拠点としてのタイの位置づけが一段と鮮明になった。 日本経済新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-19 18:35 | マツダ | Comments(0)

マツダ、新型CX-8の累計受注台数1万2000台超。

マツダは19日、昨年12月14日に発売した
3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の受注台数が
1カ月間で1万2000台を超えたと発表した。

20e5d5a8-

月間販売計画1200台の10倍を超える受注実績となる。
30代以下のユーザーが40%を占め、スタイリングや使い勝手の良さが若いカップルやファミリーに支持されているという。 CX-8はマツダの国内SUVラインナップにおける最上位モデルで、ミニバンに代わる新たな市場の創造に挑戦した3列シートのSUV。
同社によると30代から40代を中心に幅広い顧客から支持されており、「多人数乗車を可能としながら、かっこよさを感じる」「内装の細部に至るまでこだわりを感じた」といったデザイン面や、「3列目は座り心地も広さも十分」「車中泊も視野に入れられる」などユーティリティ性能の高さが好評だという。 受注の内訳は、上級機種「L Package」が42%、装備を充実させた「PROACTIVE」が52%。ボディカラーは「マシーングレープレミアムメタリック」が33%、従来から彩度や深みを増した「ソウルレッドクリスタルメタリック」が12%となっており、より高い質感や安全性能を備えた機種やボディカラーが人気だという。sankeibiz.jp

ミニバン時代の終焉か? CX-8登場で注目される3列シートSUVの可能性
投稿日: 2018年1月19日 TEXT: 山本晋也
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-19 18:25 | マツダ | Comments(8)

マツダ 人見氏、毛籠氏、EVにとても消極的

マツダの最高幹部であるお二人は、
EVに対してとても消極的のようです。

20e5d5a8-

人見氏は、「 従来の車両が規則を真に遵守すれば、EVは環境問題対策としては必要ではない 」と話しています。
・・・・・・・・・続きはこちら

北米マツダ社長の毛籠氏は、
EVについは、積極的に販売を推し進めることは意味が無いと話しています。
・・・・・・・・・続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-19 03:20 | マツダ | Comments(6)

トヨタ、燃料電池コスト半減。20年以降に新型車

トヨタ自動車は燃料電池車(FCV)の次期モデルを
2020年以降に発売する方針を決めた。

20e5d5a8-

現行の量産型FCV「ミライ」は価格が割高で、想定より普及が進んでいない。
次期FCVは燃料電池車のシステムなどの製造コストを現行の半分以下に下げ、販売価格を抑える。FCVを中距離以上の走行を得意とする電動車の品ぞろえの一つとして市場を開拓する。

トヨタはFCVの開発を1992年に始め、14年にミライを発売した。

次期FCVは燃料電池車のシステムなどの製造コストを現行の半分以下に下げ、販売価格を抑える。
日本経済新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-19 03:09 | トヨタ | Comments(6)