いらっしゃいませ

おかげさまで「三菱自応援ブログ」は
9年目を迎えることができました!

このブログは皆様の情報と愉快なコメントでもっています。 by.管理人

6ef84897jw1dn88thhiykj


★★★ 姉妹ブログ ★★★
「 
新車速報 Car Drive 」


三菱のクルマも売ってくれるありがたいお店
★★
株式会社サンコーオート ★★


★★ 兵庫三菱編集局 ★★
気になる新車情報やイベント、地域の美味しいお店や観光情報まで、
編集局から皆さんにHOTな情報をたっぷりと発信いたします!


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-07-22 10:43 | Comments(316)

【更新】トヨタ 新型アルファード発見

19e5d5a8-
https://twitter.com/ArancioAtlas/

20e5d5a8-

2018-suzki-jimny-leaked-official-image


みんから エコ爺 さんが、
さらにサイド、後ろ姿を激写してくれました。
画像はこちらでご覧ください


[PR]

# by ganbaremmc | 2017-11-24 22:42 | トヨタ | Comments(7)

三菱エクリプスクロスのキーホルダー

18e5d5a8-
https://twitter.com/bjymalg/

19e5d5a8-

AR体験してアンケート答えると貰えるそうですよ。
そのあとは三菱から鬼のようなセールスが始まると思いますが。

[PR]

# by ganbaremmc | 2017-11-24 21:14 | 三菱自動車 | Comments(0)

トヨタ初の逆輸入車、タイから「ハイラックス」を日本に輸出

トヨタ自動車は、初めてタイの工場から日本への車の輸出を始め、
現地で記念式典を開きました。
激しいコスト競争が続く自動車業界で生産拠点の最適化の流れは続きそうです。

59a4cc23000

トヨタ初のタイから日本への「逆輸入車」となったのは、50年前に販売が始まったピックアップトラック「ハイラックス」です。日本では人気が低迷したことから平成16年に販売を終了し、生産をタイに移管していましたが、山道など悪路での走行に適しているなど一定の需要があるとして、トヨタは13年ぶりに日本での販売を再開し、タイの工場から先月、輸出を始めました。24日はタイ中部にある工場で記念式典が開かれ、タイトヨタの菅田道信社長が「タイからの輸出は世界の120か国以上に拡大してきたが、確かな品質に取り組んだ結果、今回のモデルは日本市場に再び投入された」と述べました。タイから日本への輸出は、日産自動車などがすでに始めていますが、トヨタとしては初めてで、激しいコスト競争が続く自動車業界の生産拠点の最適化の流れは続きそうです。nhk.or.jp
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-11-24 20:42 | トヨタ | Comments(0)

世界初、インフィニティの可変圧縮比エンジン車を試乗

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

日産の高級車ブランドは “革新的テクノロジー” という切り札を手に入れた。
それがこのインフィニティQX50のプロトタイプである。
ここでは試乗レポートをお届けしたい。

日産が所有する米国・アリゾナのテストセンターで、われわれの前に姿を現したのは「可変圧縮比エンジン」搭載のQX50だ。 ジャガーF-ペース、BMW X3を追い詰めるために、・・・・・・・・・続きはこちら


[PR]

# by ganbaremmc | 2017-11-24 20:25 | 日産 | Comments(0)

スバル、21年にも日本でEV発売 第1弾はアウトバック、フォレスターなど候補

SUBARU(スバル)が電気自動車(EV)を2021年にも
日本で発売する方針を固めたことが21日、分かった。

59a4cc2299

群馬製作所(群馬県太田市)で生産する見通しだ。国内では、ホンダも短距離移動に適した小型のEVを20年に発売すると表明しており、既に販売実績がある日産自動車や三菱自動車を交え、次世代環境車をめぐる競争が激化しそうだ。 
第1弾はエンジン車として販売している既存車種の「EV版」を造り、熱心なスバルファンの獲得を狙う。スポーツ用多目的車(SUV)「レガシィ アウトバック」や「フォレスター」、小型車「インプレッサ」などが候補になるとみられる。
日本のほか、スバルの世界販売の6割を占め、環境規制が厳しい米国市場などへの導入も検討する。環境性能の高さと運転する楽しさを両立させた車を開発して消費者に訴える。 スバルは、トヨタ自動車やマツダが設立したEV技術開発の新会社に参加する方向で検討している。将来的には共同開発した技術をEVに反映させる可能性があるが、車両の開発には時間がかかるため、第1弾は独自開発の技術をベースにする見込みだ。 世界的に排出ガスなどの環境規制が厳しくなっていることを受け、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)の開発を急ぐ。18年には米国でPHVを発売する計画だ。電動化モデルに力を入れるため、欧州とオーストラリアで販売しているディーゼルエンジン車からは20年度をめどに撤退する。 スバルは新車の無資格検査問題で低下したイメージの回復を急ぎ、環境対応を強化していく方針だ。 sankeibiz.jp
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-11-24 14:58 | スバル | Comments(0)

三菱アウトランダーPHEV 「日本でオーロラ」篇


[PR]

# by ganbaremmc | 2017-11-24 14:50 | 三菱自動車 | Comments(0)

三菱自 新型エクリプスクロス、1月から受注開始

日刊自動車新聞 11月24日より
三菱自、今年度の新車販売9万台必達へ エクリプスクロス 1カ月で5000台計画

http://www.netdenjd.com/article/detail.php?at=193485

2018-suzki-jimny-leaked-official-image


画像は 北海道三菱自動車販売 苫小牧店ショールームより

記事によると、国内での発売は来年3月になったそうです。
今期、同メーカーの国内新車販売目標台数は9万台。
達成に向けて、正月からエクリプスクロスの受注を開始、
年度内に5000台の登録を目指します。


[PR]

# by ganbaremmc | 2017-11-24 14:31 | 三菱自動車 | Comments(1)