三菱自販売協会会長「電動、電動いうなら車種を増やしてくれ」

一か月前の新聞記事ですが、
日刊自動車新聞で三菱自販売協会 三浦会長のインタビューが掲載。
三浦会長は東大卒で三菱自動車に入社し、11年勤められた後、秋田三菱に。10年6月三菱自動車販売協会会長に就任、現在に至ります。
内容をみると、メーカーに対して厳しい意見が目立っていました。

7e5d5a11-

◆◆国内販売に携わる立場で、この1年余りをどのように捉えているのか?
三浦会長・・・・・・・ 益子修会長(現CEO)、相川哲郎社長体制で、過去最高益を出すまでになり、自主再建だと言って、電動化の推進などを盛り込んだ10年の計をまとめた。 これで体質も良くなったかなと思っていた矢先に、3回目(燃費不正)の不祥事発覚で、ルノー・日産の支援を仰ぐことになったが、10数年の内にメーカーの経営の基本的な枠組みが3回(ダイムラー、三菱重工・銀行・商事、そしてルノー・日産)も変わることなど考えられないことだ。
00年、04年の最初のリコール騒動で、販社の中には、他メーカーのディーラー権も取得し、生き残ろうとしていた。今となっては、正解だったかなと。早くから、始められた方は、先見の明があったと思う。

◆◆三菱らしさのある商品ラインアップには、非常な思い入れと期待があるのでは?
三浦会長・・・・・・・ パジェロ、ランサーエボリューション、パジェロミニなど、もっと遡ると、ディアマンテ、ギャランと、古くからのお客様には 「 いや、三菱にはいいクルマがあったもんね 」 と言ってもらえる。そういうオールドファンもいますし、若い人にはランエボだったりもする。
一車種でもヒットすれば、商売だから潮目が変わることはある。
例えば、初代のギャラン、パジェロ、ディアマンテ、パジェロミニときたときには、思いっきり潮目が変わった。
国内にどれだけの車種を投入できる意志と力がメーカーにあるかどうかだ。

◆◆販売状況について
三浦会長・・・・・・・ 個々のお客様とのグリップ力は落ちていませんが、総量が減っている。(経営的に)危険な状態にある。それと、お客様の高齢化が進んでいる。若い人たちの他銘柄からの代替がなくなっている分、高齢化している。 「 あんたのところから、ずーっとクルマ買っているからなあ 」 というお客様で、ほとんど、自銘柄の馴染みのお客様に売っているという状況だ。 新車、中古車、車検・サービス、保険、その他とあって、セグメント別に強化してやるけれど、やはり機関車、引っ張るのは新車だから、機関車の力が弱いと全体に影響し、それぞれに総量が減ってくる。
サービスがらみの施策があるから、表面的な損益は回っている。黒字体質は維持しているが、00年当時から、賞与とか、ベースアップとかでは、他系列と、少しずつ差が出てきている。会社を赤字にして、賞与をよそ並みにするか、といえば、そうもいかない。着々と経営されている(三菱の)販社さんもあるが、総じて厳しい。

◆◆人材の確保難が叫ばれているが、メカニック不足など、対応はどうか。
三浦会長・・・・・・・ 人の問題は深刻で、営業、メカニックともに確保できていない。ここ1年ということではなく、00年、04年当時のリコール問題からじわじわときている。元々、自動車業界に入ってくる人が少ない中での取り合いだから、厳しいですよ。値引きで物は売れるが、人の確保はそうはいかない。(地方から見ると)東京に吸い上げられてしまうので、いろんなところに網をかけて、お年寄りでも、異業種からでも、一回辞めた人でも、何でもいいから、とにかく人、定年退職した人も再雇用して、確保しなければならない。

◆◆メーカーは電動化にこだわっているが
三浦会長・・・・・・・ 販社の次世代店舗について、電動車両の普及を目指す 「 電動ドライブステーション 」 構想があるが、もうちょっと売るクルマもきちっと電動化してほしい。アイ・ミーブ(i―MiEV)だけで、ステーションという建物と、売っているクルマとのマッチングができていない。
三菱は、最初にアイ・ミーブを出したけれど、市場インパクトがない。
販売においてアイ・ミーブでは非常に苦労した。しかし、その苦労があったから、(アウトランダーの)PHEVに繋がった。電池の生産量の確保や蓄電池制御の技術など、PHEVに繋がった。こうした販社の努力があったから今があるとも言える。

◆◆ルノー・日産傘下でメーカーには明確なシナジーが期待できると思うが、こと国内の三菱販社にとって、何を期待できるのか
三浦会長・・・・・・・ 日産とブランドは分けると言っているから、お互いにどういう商品を国内に投入するかになる。国内における商品展開においてシナジーを出すまでには、相当な時間が必要になるだろう。ただ、年間10万台ではメーカーは採算が取れないし、我々も苦労しているのだから、緊急避難的に外観を少し変えて、三菱バッチのOEM車を出してくれ、ということは要望している。
三菱販社の総意は、商品ラインアップの充実しかない。
あとは、バリューチェーンだとか、人の採用だとか、設備投資だとかは、「 我々が我々の責任でやりますから、メーカーには商品の投入と広告宣伝をお願いします 」 と言いたい。

このインタビュー後、エクリブスクロスの発売が延期に。
さぞお怒りでしょう

[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-18 19:42 | 三菱自動車 | Comments(18)

日産 新型リーフのデザインを統括した森田氏に聞く

9月6日にワールドプレミアを果たした新型日産リーフ。その内外装は、先代のイメージとは対照的なものへと劇的に変化している。この2代目リーフのデザインを統括した森田充儀(もりたみつのり)PDD(プログラムデザインダイレクター)に、その狙いを聞いた。

7e5d5a18-

--来年発売されるというハイパフォーマンスバージョンの、
デザインの方向性はどうなるのでしょうか?
森田 それに関しては、あまり詳細を申し上げることはできません(笑) ですが言えるのは、リーフに関しては高性能モデルはグレードの一つになりますので、基本的には全然違うものになるというわけではない、ということです。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-18 19:37 | 日産 | Comments(1)

三菱自、ロシアで生産再開

三菱自動車の益子修最高経営責任者(CEO)は18日、モスクワで記者会見し、ロシアでの生産を停止していたスポーツ用多目的車(SUV)「パジェロスポーツ」について、11月から生産を再開すると発表した。  ロシア自動車市場の回復が再開の理由という。  ロシアの経済低迷を受け、パジェロスポーツの現地生産は2015年11月に停止していた。モスクワ南西カルーガ州の工場で生産が再開され、18年は約7000台の生産を見込む。同工場ではSUV「アウトランダー」も製造しており、18年は計約3万台の生産を目指す。 時事通信

7e5d5a17-

益子はそのままロシアにいてください。


[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-18 19:24 | 三菱自動車 | Comments(1)

ホンダ 新型ステップワゴン配送中 ③


[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-18 14:59 | ホンダ | Comments(0)

新型スイスポとスイフトHVの評判「現場の声」は??

2017年9月13日、スズキから新型スイフトスポーツが発表されました(発売は9月20日)。
首都圏のスズキ販売店は「まだ発表したばかりで現車も届いておらず、現段階でのユーザーの反応をコメントするのは難しい。大きく動くのはこれからといったところだ」とコメントしている。「ただ新開発の1.4Lターボエンジンの圧倒的なパワー、強固な足回り、軽量高剛性の新プラットフォームなどによる走りのポテンシャルの高さなど、性能には自信があり、今後徐々に浸透し、販売に加速がつくと期待している。特に70kg軽量化したことと新開発のサスペンションによって、走行性能はそうとう進化したと聞いている。先代型のオーナーからの問い合わせも多く、この秋の目玉となるだろう」と語ってくれた。

7e5d5a12-

いっぽう今年7月デビューの新型スイフトハイブリッドは、発表後約2ヶ月が経過した。
こちらに対してのコメントは以下のとおり。「先に発売したマイルドハイブリッドとの受注構成比は7対3くらいでマイルドハイブリッドのほうが多い。JC08モード燃費はストロングハイブリッド仕様が32.0km/Lでマイルドハイブリッド仕様の27.4km/Lよりも4.6km/Lいいのがウリだ。ただ車両本体価格はマイルドハイブリッドより約30万円高いので、長距離を走行するチャンスの多いお客さんでないと勧めにくい。マイルドハイブリッド車もそこそこに燃費が良いので、こちらを販売実績で超えられない事情もある」と説明する。しかしながら、モーターアシスト方式のマイルドハイブリッドよりもEV走行が独立して可能なフルハイブリッドのほうが「ハイブリッド車としてのポテンシャル」が高いので、今後徐々に売れ出して行く可能性も高い。メーカーのスズキとしては、当面の新商品ラインアップが整ったことで、これまで月販2000~2500台にとどまっていたスイフトシリーズの販売台数を3500~4000台とソリオ並みに引き上げ、登録車月販1万台体制確立の中心的なモデルに育成したい考えのようである。 遠藤徹
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-18 13:41 | スズキ | Comments(5)

【動画】トヨタ 新型ヤリス


[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-18 12:59 | トヨタ | Comments(4)

スズキ 新型ジムニー、2018年に発売。世界戦略車に

スズキは四輪駆動の軽自動車「ジムニー」を20年ぶりに全面改良する。

2018-suzki-jimny-leaked-official-image

2018年をメドに4代目となる新モデルを発売する。
現行のジムニーは1998年に全面改良して発売した。5年前後のサイクルで新型に切り替えることが多い自動車の中で、同じモデルを販売し続ける珍しい車種となっている。新型への切り替えで海外市場での販売増も目指す。 日本経済新聞
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-18 12:41 | スズキ | Comments(3)

三菱自 新型デリカについて

新型デリカについて、2ch掲示板に書き込みがありましたね。

◆◆2017/09/17(日) 13:53
「 パジェロ製造では既に新型デリカの試作車用ラインが有り、各種実験用の車両を作っているが、国交省の嫌がらせてディーゼルの排ガス関連のハードルを上げられて、 ラインを止めて対策中と言う情報も。 」

◆◆2017/09/18(月) 01:03
見積もりついでに新型いつ出るか質問したところ下記の回答貰った。
あくまでディラーマンのコメント何で真意は不明。
・現行は来年2月でオーダーストップ
・2月以降にフロントバンパーの変更マイチェン

※アプローチアングルが小さくなる。事故時の潜り込み防止の基準対応の為との事。
・来年2018年末ビッグマイナー
※ボディー構成やサイズは変更なしで安全装備と顔替えとの事。
延期の理由はディーゼルエンジンの昨今の事情で延びたとの事。

7e5d5a11-


延期についてはやはり国交省の厳しい審査が影響しているようで。
プラドはなんなく通しているのにね。
時期は僕が聞いていたのと、若干誤差があるかも。他は同じ。 
新型は現行の車体をベースに作られるので、社内ではビッグマイナーの位置づけらしいです。
先の燃費不正で三菱はスズキ同様、2年間は審査が厳格に、他社より数か月長く行われます。
読者様の話によると 「 国交省から排ガスの実測値が徐々に悪化するのを何とかしろと言われて手間取ってるらしい。 」
現状審査に通るのが難しいため、制裁が終わる2018年夏まで
おとなしくしているんじゃないかと。

アプローチアングルを小さくするというのが気になりますね。
程度によっては現行ほどの走破性は期待できない?
[PR]

# by ganbaremmc | 2017-09-18 02:52 | 三菱自動車 | Comments(20)